前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画記/』③★『3・11福島原発事故から1ゕ月後の鎌倉海の様子』★『May in KAMAKURA SEA』=『海は大波、小波で魚は御留守!じゃ』<『沈黙の春』が依然続くね>』

      2020/03/10

  /鎌倉釣りバカ日記」記事再録

 
 前坂 俊之
    (ジャーナリスト)
 
 
5月21日午前5時半、いつものように川越鉄人と1週間ぶりに、鎌倉材木座海岸からキスつりにカヌーで出かけたよ。
あきもせず、いい年こいて、68歳にもなって、毎週毎週やるなんて、ホントに釣りバカ、つりアホだね、とくに鉄人はすごいね。こんな超人、全国にもいないんじゃないかね。        

週に3回だよ、サーフィンが2回、カヌー釣りが1回なので、こんな海男はいないとおもうよ。友人ながらリスペクトよ。ホント!脱帽、最敬礼じゃ。

 
ワシは下手な原稿書きの椅子に縛りつけの習慣病患者なので、歩かないとダメ、ストレス発散にも散手のウーなのよ。先週もまた、いい年こいて飲みすぎとテンプラの食いすぎでダウンしたしね、まあ、釣れなくても大波にもまれて、漕いでいるだけで頭のゴミがきれいに[ヘッド・クリーンアップ]できるものね。すっきりさわやかになるのじゃよ。
         

 
またまた、始まった。ぶつくさ、たわごと、ダ文はいいの。早く本論に入れよ、バカ、釣れたのかーどうじゃ、早くいえ、
 はい、はい、ハイ、もちろんダメにきまってるじゃん、1,2m大波が次ぎ次ぎにくるんだもーんよ。魚も大変じゃ、キスなんてなぎが最高よ、昨日からの強風が収まっていない。        

(上の写真は別物、先週のキスですよ、わしは真実の釣り師よ、ウソはイワンのバカじゃ)
出がけに川越ちゃんがドンと波をかぶったよ。船内の海水をタオルにしませて、再度慎重にスタート。

「風が強いので、長くできないな」といいながら、小坪の逗子マリーナ沖でやりました。        

(この写真は別物、先週のカワハギですよ、これはカット写真じゃ、わしは真実の釣り師よ、ウソはイワンのバカじゃ)

 

1時間ほど全く引かず。大波でドンブラコ、ドンブラコ、竿も上下運動が激しくて、引かないよ。
そのうち、川越鉄人がもっと風も波も強くなるので、鎌倉湾内でやろうとー引き上げを提案すてきた。        

まだ、7時前よ。今日は駄目でね、と思いながら「ここで、あと少ししやってから行くよ」と、、小坪港沖を流すと、やっとピリピリと当たり、20センチほどのキス、続けて、今度は竿先を一気に持って行った、途中もぐんぐん突っ込む。

(上の写真はもんざ丸でシラスを買いに行ったら1匹100円で売っておったコノシロじゃ。お買い得、早速塩焼きで食ったけど、うまかったねー)
なんじゃい、カワハギか、大キスか、キューセンベラか、期待が高まる。さいごまで激しく抵抗して、上がったのはカラフルな熱帯魚のようなキューセン君27センチ、まあまあじゃね。

(上の写真は海上に漂うヒジキ、こいつを圧力釜でやわらかくして、ゴボウ、ニンジン、油揚などいためて、
醤油、酒、みりんを加えてたくと、おいしいヒジキができあがるのよ)

 

こいつは高級魚だよ、瀬戸内海ではタイなみだよ、
このあと、タケノハベラ君のお出ましで、3匹のおみやげでした。今日は日中は30度近く熱くなったので、南風が強くなるのも仕方ないよね。        

(上の写真はヒジキ、こいつを圧力釜でやわらかくなったのを、ゴボウ、ニンジン、油揚などいためて、
醤油、酒、みりんを加えてたくと、出来上がり。 カルシューム、鉄分、ビタミンC,植物繊維満載の鉄人、超人料理よ
、我々スーパーマンコンビの天然生活、原子生活ではないよ、原始生活ののエネルギーじゃ。)

 

8時に上がりました。早すぎて、カヌーをかたずけて、逗子海岸のなぎさ橋コーヒー館にブレックファースト(580円)を食べに言ったね。ここの水出しコーヒーは絶品だよ。
お勧めの絶景、絶品ポイントよ。

 - 人物研究, 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『クイズ『坂の上の雲』>明治陸軍の空前絶後の名将とは・・参謀総長・川上操六の略歴③

  『クイズ『坂の上の雲』>明治陸軍の空前絶後の名将とは・・児玉源太郎ではない参 …

『オンライン講座/不都合な真実で混乱する世界』★『コロナ・ウクライナ戦争・プーチン・習近平・金正恩の大誤算』(5月15日までの情況)(上)

    前坂俊之(ジャーナリスト)   ロシアのウ …

『稲村ヶ崎サーフィン・モンスターウエーブ動画特集⓶』★『稲村ケ崎ビッグサーフィン(2018/9/29am720-8,30)-台風24号の大波を乗りこなすサーフィンーテクニック①』★『台風19号接近中の鎌倉稲村ヶ崎サーフィン (2019/9/10am7)-ついに来ましたビッグウエーブ、約50人の命知らずのサーファーが『決闘中!』

  稲村ケ崎ビッグサーフィン(2018/9/29am720-8,30) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(92)記事再録/★『戦略思考の欠落』(49) 「日本の『インテリジェンスの父』川上操六参謀次長が密命して、シベリアに送り込んだ『日本の007、満州馬賊隊長の花田仲之助」★『坊主となってウラジオストックに潜入した』

    2016/02/12 &nbsp …

この夏の思い出/稲村ヶ崎サーフィン総集編ー台風15号のビッグウエーブ、明日はもっとスゲーゼ!』★『サーファー勇士たちが大波と格闘し、迫力満点だったよ。』

 この夏の思い出/稲村ヶ崎サーフィン総集編   稲村ガ崎サーフィン速報(831/ …

『日米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々」★『水野広徳年譜●『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども戦を忘るる時は必ず危うし』』

米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々 前坂 俊之( …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(181)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)①』『2014年現在の直面する5大国難は?!』ー 「福島原発の処理問題」「迫りくる大地震」「1000兆円突破 の国家債務」「急速に進む超高齢化・人口激減・少子化・ 認知症800万人」など、国難は複雑性を増している。 リーダーと同時に国民全体のインテリジェンス が求められる。』★『 「国、大なりといえども、戦いを好む時は必ず亡ぶ。国、平和といえども戦いを忘れた時は必ず危うし](史記)』

 2014/09/18/日本リーダーパワー史(524)(高橋是清のケー …

no image
日本グローバル/リーダーパワー史(660)本田復活/その逆転突破力の秘密ー『有言実行』『CEOと煩雑に対話』『個人技よりミランの勝利を』『若手の怠慢を「アホか!」と一喝!」「ケイスケ・ホンダ? 彼はとても賢いね。 私に頻繁に会いに来るよ。 日本人はイタリア人と違って、 思ったことをそのまま口にするね」(動画あり)

  日本リーダーパワー史(660) 本田復活/その逆転突破力の秘密ー『有言実行』 …

no image
『2022年はどうなるのか講座(上)/2022年1月15日まで分析)』★『コロナエンデミックから世界大変動の第2幕へ』★『オミクロン株2ゕ月遅れで日本に襲来』★『再び、後手後手の対応の岸田政権』★『中国冬季五輪ボイコット問題』★『ヒトラーのベルリン五輪に騙された米欧』

  前坂俊之(ジャーナリスト)   2021年11月から新型 …

no image
知的巨人の百歳学(141)-日本画家・奥村土牛(101歳) は「牛のあゆみ」でわが長い道を行いく』★『スーパー長寿の秘訣はクリエイティブな仕事に没頭すること』』

  『60歳から代表作を次々に出した奥村土牛』 芸術に完成はあり得ない …