前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(240)-『生き方の美学』★『死に方の美学』★『山岡鉄舟、仙厓和尚、一休禪師の場合は・・』

      2018/07/31

人間いかに生き、いかに死すべきか

脚本家の橋本忍氏が7月19日に亡くなった。

100歳。黒沢明の名作『羅生門』(1950)「生きる」(同52)「七人の侍」(54)「隠し砦の3悪人」(69)など計8本の脚本をてがけ、『ベニス映画祭』「アカデミー賞外国映画賞」などでグランプリなどを受賞、「世界の黒沢映画」のスタッフとして橋本氏も最高の栄誉に輝いた。このほか「切腹」「上位討ち」「日本沈没」「砂の器」などの脚本、監督もつとめた日本を代表する脚本家、映画人であった。

 

私は黒沢監督、橋本脚本の映画が大好きで、特に「黒沢映画」は各30回以上は見てきた。中でも「人間いかに生くべきか」に悩んでいた大学生当時に見た「生きる」にはいたく感動した。

ガンで余命半年と宣告された初老の市役所市民課長が絶望の淵に落ち、徘徊し自分の人生に問い直し、何を終活して死んでいったかというヒューマニズムにあふれた作品だ。お役所仕事の実態や社会矛盾に鋭いいメスをいれ、親子の断絶や人生を根源的な問うた映画で、1972年度の「映画史上最高の作品ベストテン」(英国映画協会)の第12位にランクされた。

私はこの映画は何十回も見てきたが、自分も齢とともに「どう死すべきか」をより真剣に考えるようになった。75歳を迎えた今は「死生学」「禅の本」の本に凝っている。

生死の超越こそ禅の大課題

さて、日本の仏教の究極の境地は生死の解脱(げだつ)であり、その境地に達すれば「悟り」を開いたという。生死の超越こそ禅の大課題であり、禅師は臨終にのぞみ、いかに従容として死を超越したかが問われる。その臨終の遺言を「遺偶(ゆいげ)」という。
禅家の遷化(死に方)は3つ。座脱(坐禅を組んだまま死ぬ)、立亡(杖をついたまま死ぬ)、火定(かじょう、火中に死ぬ)がある。

山岡鉄舟のケース

明治維新の立役者『江戸城無血開場』を成し遂げたのは西郷隆盛、勝海舟、山岡鉄舟である。ゼンの大家の山岡鉄舟は晩年は胃ガンを病んた。1888年(明治21)七月十七日夕、風呂から上がると夫人に、「白い衣を持ってこい」と命じ、白衣を着て、皇居に向かって一礼して、蒲団に入った。その夜,ガンが破裂して危篤状態に陥った。

親族、門人、知人が二百人ばかり馳せ参じて、鉄舟の病床をとり囲んだ。勝海舟が駆けつけ、「オレを残して先に逝くのか。ひとり味なことをやるではないか」というと、「もはや用事がすんだから、お先にゴメンこうむる」と鉄舟は答えた。

同夜、鉄舟は「みんなさぞ退屈であろう。俺も退屈だから」といって三遊亭円朝に命じて落語をやらせた。円朝も満座の雰囲気に打たれ、涙声で落語をやると、鉄舟はフトンにもたれ微笑ながら聞いていた。

十九日午前九時、弟子に向かい「しばらく人払いをしてくれんか。昼寝の邪魔になるから」という、一同が別室に退席すると、鉄舟は身を起こして蒲団を離れ、皇居に向かって「結跏趺坐」=(けっかふざ)は、仏教の瞑想する際の座法)した。しばらくすると右手を差し出したので,弟子がウチワを渡した。鉄舟は目をつむって、そのウチワの柄で字を書いていて果てた。

仙厓(せんがい)和尚の「死にとうない」

博多には当代随一の禅僧・仙厓(せんがい)和尚(1750-1837)がいた。禅一筋に生き、戯画を描いては大衆に禅をとき大変親しまれていた。臨終が迫り、弟子が遺偶をお願いした。

固唾をのんで弟子たちが見守っていると、なんと、「死にとうない、死にとうない」と書いた。

「立派な遺偶が出てくるもの」と信じこんでいた弟子たちはびっくり仰天、「もうちょっと、気の利いたことを書いていただけませんか」と恐る恐る申し出た。「ああ、そうか」と仙厓はあっさりにうなずいて、筆を持ち直して、「死にとうない、死にとうない」の横に「ほんとに」と書き足した。

いかに高名な禅僧でも、これが本音かもしれない。臨終の床で酒脱にあらわし仙厓の人気を一挙に高まった。

「生死一如」―生きることは死ぬこと、よく生きることはよく死ぬこと。日本は今や「人生90歳時代」を迎えているが、「延命医療」『長寿介護』、クスリづけで、生かされている面が多分に多い。

最後に、一休さんの「禅のクスリ」を一服。

一休禪師の遺言状

応仁の乱(1467 -77)によって焼け落ちた京都・大徳寺の持住を一休宗純が命じられたのは81 歳の時。一休は寺の再建を果たすと、さっさとやめ、一四八二年に亡くなる直前に遺言状をしたためた。

その開封には厳しい条件をつけた。

「この遺言状は決して開けてはならん。しかし将来、大徳寺が危機存亡の淵に立ったときは、その限りではない。ただし、開封する前に役僧が集まって二週間、真剣に討議し、しかも名案が浮かばない場合にのみ開けてもよい」

約100年後、大徳寺の存亡にかかわる重大事件が勃発した。役僧が集まり、鳩首会議を繰り返したが、解決策は全く浮かばない。

さらに一週間、遺言を守って、会議を連日続けたが、万策尽き果て、最後の手段は一休の教えにすがるしかない、と全員一致した。

おそるおそる遺言状を取り出し、全員緊張しながら開封した。

そこには次のように書かれていた。

「なるようにしかならん。心配するな」

 

 - 人物研究, 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑶日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか③『現在の北朝鮮問題と同じケース、一国平和主義に閉じこもっていた鎌倉日本に対して世界大帝国『元』から朝貢(属国化)に来なければ武力攻撃して、日本を滅ぼすと恫喝してきた!、国難迫る!』

日本の「戦略思想不在の歴史」⑶ 日本で最初の対外戦争「元寇の役」の内幕 第4回目 …

no image
日本リーダーパワー史(655) 『戦略思考の欠落』(48)日清戦争敗北の原因「中国軍(清国軍)の驚くべき実態ーもらった「売命銭」分しか戦わない➡中国3千年の歴史は皇帝、支配者の巨額汚職、腐敗政治で「習近平政権」も続いている。

日本リーダーパワー史(655) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(48)   …

「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)③ーピカソが愛した女たち《マリ=テレーズ・ワルテル」》

    2015/06/03『F国際ビジネスマンの …

『リモートワーク/世界文化遺産/東大寺に参拝する観光動画(2018/4/1,30分)『(Nara Sightseeing)桜満開の奈良公園でシカと遊ぶ外国人観光客は大興奮』★『スゲー!迫力ー東大寺の見所の1つ、南大門にある運慶ら作の8,5m巨大な金剛力士(仁王)像の大迫力!』★『春らんまんの東大寺大仏殿の美しさ(4/1)-外国人観光客も荘重華麗な美しさにに感動す』

(Nara Sightseeing)桜満開の奈良公園でシカと遊ぶ外国人観光客は大 …

no image
知的巨人の百歳学(140)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習え!』★『「日本経済の創始者」/「日本資本主義の父」渋沢栄一(91歳)』★『「論語とソロバン」の公益資本主義を実践、その哲学は「会社の用はわがものと思え。会社の金は人のものと思え」★『年をとっても楽隠居的な考えを起さず死ぬまで活動をやめない覚悟をもつ』

記事再録・2017/08/06/百歳生涯現役入門(177) 渋沢栄一1840年( …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集①「才能ではなく、熱意こそがハシゴをつくる」パナソニック創業者 松下幸之助ほか10人

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集①>          前坂 俊之選 …

no image
人気記事再録/百歳学入門(183)-現在、65歳以上の人は「2人に一人が90歳以上まで生きる時代」★『義母(90歳)の『ピンコロ人生』を見ていると、「老婆(ローマ)は1日にしてならず」「継続は力なり」「老いて学べば死しても朽ちず」の見事な実践と思う。

      2017/10/29 &nb …

no image
鎌倉カヤック釣りバカ料理編』『カヤックパドル漕ぎ筋トレ貯金5千回、美味なカワハギ玄米おじやで健康長寿間違いなし

  『鎌倉カヤック釣りバカ日記・料理編』(7/28) &nb …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(102)記事再録/『明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわたる対立、紛争、戦争のルーツは『朝鮮を属国化した中国」対「朝鮮を独立国と待遇した日本(当時の西欧各国)」とのパーセプション、コミュニケーションギャップの衝突である』★『 明治9年の森有礼と李鴻章の『朝鮮属国論』の外交交渉の見事なすれ違いにルーツがある』

 2017/03/16日本リーダーパワー史(780)記事転載 前坂俊之 …

no image
オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『米大統領選挙とサイバー戦争』★『強いものが生き残るのではなく、状況に適応したものが生き残る。『適者生存の原則』(ダーウイーンの法則)を見るまでもなく、米国のオープンソース・オープンシステムには復元力、状況適応力、自由多様性の組み込みソフトが内蔵されているが、3千年の歴史を自尊する中国の旧弊な秘密主義システム(中華思想)にはそれがない』(6月15日)

      米大統領選挙と「サイバー戦争」  前坂 俊之(ジャーナリスト)    …