前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

◎『「申報」からみた「日中韓150年戦争史」(77)下関条約1ヵ月前『中国は絶対に倭人の領土割譲要求を許すわけ にはいかないを諭す』

      2017/07/06

 

◎『「申報」からみた「日中韓150年戦争史」

日中韓のパーセプションギャップの研究』77

 

 

1895(明治28)10 光緒21年乙未214日【申報】


以下は、下関条約(日清講和条約)が1895417日に下関の春帆楼

で締結される約1ヵ月前の中国紙「申報」の論説です。

 

 

 

中国は絶対に倭人の領土割譲要求を許すわけ

にわいかないことを諭す』

 

 

倭奴(日本),きわめて横暴かつ傲慢だ。わが軍が平壌から退却すると,ついに大軍を率いて鴨緑江を渡ってきた。そして彼らは,「中国は惰弱で無能だ」と見てとるや,軍をほしいままにして,長躯して一気に奉天などの諸都市を蹂躙した。

こうした行為は,ほとんど昔の倭寇と変わらない。わが軍は身を顧みず.命をかけて防御するけれども.いかんせん彼らは死をも恐れず,相変わらず横暴に振る舞うので,とうとう美しいわが国土も,だんだんと敵どもに占領されてしまった。

 

昨秋より数えあげれば,九連城・寛旬・海城・牛荘・蓋平・熊岳・復州・金州・鳳皇庁・旅順の諸処がしだいに陥落してしまった。先ごろは,奉天から山東までやってきたので,威海衛・劉公島・寧海州・登州までもが敵の手に落ちてしまった。ああ,いったいだれ

がこうした事態を招いたのだろうか。

 

いや.今となっては過去はとがめぬことにしよう。李傳相はすでに重ねて講和会議に赴くよう朝廷の特命を受け,陛下においとまを告げ,都を出発してから,かなりの日数になる。

ところで.この堂々たる季傳相は.以前から倭奴に尊敬されており.したがって,このたび,外交折衝に赴けば.必ず戦争状態から講和状態へと移行させることができると私は信じている。そうすれば.東北一帯にいる数千万の人民の生命も保たれ,家庭の破壊も免れる。

 

このような一髪千釣の重い任務は,李傳相でなければいったいだれが当たることができようか。とりわけ倭人は横暴非道で,わが聖清の地の要地に無断で踏み込んだ。そして.わが軍の兵士が恐れをなし,追撃して敵陣を落とすことができないでいるのを前もって知っていたので,倭は得意満面で.いろいろな方法で脅迫し,とうとう領土割譲を望み.また賠償金を求めてきたのだ。

 

したがって.わが国の使者があまりに強硬な態度をとると.必ず事態は決裂してしまうだろう。逆に柔軟な態度で臨んでも.敵方を調子づかせるだけでなく,国の威厳をも損なってしまうだろう。

 

だから,強硬・柔軟2つの態度をバランスよく並用して臨めば,すべてうまくいくのだ。こうすれば,講和の処理を速やかに行うことができるではないか。愚見を申し述べるならば,日本がもし領土割譲を要求すれば.わが国としては絶対に従うわけにはいかない。なぜならば,日本は旅順を奪い取った後.その地に野戦病院を設けて.負傷した日本の兵士を収容して治療に当たっており,さらに銀行を開設して兵士が給料を受け取り,国内に送金して家族の費用に充てられるようにしているからだ。

 

 

ああ.奉天はわが聖祖神宗の発祥の地だ。今わが軍の勢いでは,敵を破ることはできない。しかしそうかといって,たとえ尺寸の地であっても,軽々しく人に与えることなどできようか。

旅順は天然の要塞の地であり,その地形は強固で,この他を手に入れたならば,北洋の門戸を抑えることができる。逆に,この地を失ってしまうと,敵に攻められてしまう。もし日本軍が長駆して侵入してきたとしたら,われわれには防戦できる土地はない。

 

ああ,倭人の計略はどうしてこんなにもずる賢いのだろうか。幸いにもわれらが傳相は,穏健・慎重で神技のように敵を料ることができるので,両国の会議のときには,おそらく決して境内の地を割譲しろという要求に従わないだろう。

 

倭人は数えきれないほど多くの気力を使い.また万国の非難を甘んじて受けて,わが聖清の地を侵したのだ。それが傳相のひと言を急に聞き入れて.手ぶらで帰るだろうか。

 

いや,倭は口から出任せに,いろいろと要求してくることだろう。それではわれわれは,いったいどう対処すればいいのだろうか。

それはつまり.領土割譲よりも賠償金を支払う方がいいと言えよう。なぜならば,倭国は国庫が鳴き,民衆が窮乏しているからだ。倭国の人民は以前,紙を衣服としていたが,あつかましくも「紙こそが体にいちばん適している」と言うのだ。

 

 

今倭国は.米穀が足りず,人民は皆,サツマイモとナマコとで飢えをしのいでいる。そして以前,その君主はたびたび金持を脅して.無理やり財宝を献上させていた。ところがこのごろは.脅して巻き上げることさえもできなくなってしまったのだ。そこでやむを得ず.上野の故徳川将軍の祠堂にある金製の獣環と塊吻を11つ壊して,銀に換えて軍需に充てている。このことを倭の新聞はひた隠しにして載せていないが,市中では人々が口々にうわさしあっている。以上のことから.目下の倭人の気持がわかるだろう。もしわが国から

戦費の賠償を受けることができるならば,彼らは2度と矛先をわが国に向けることはないだろう。

 

 

しかし.あらかじめ心しておかなければならないことがある。

それは,日本人の性格は奇怪なところが多く,往々にして一方的に約束を破るということだ。また,信じられないでたらめな言葉が,ときとして彼らの口からは出るということだ。

 

彼らがもし,ある土地を担保にして.われわれが賠償金をすっかり支払い終えるのを待ってから撤兵しようと欲するなら,わが国は決して迎合したり,妥協したりして,その術中にはまってはならない。

また.万一きちんと賠償金を支払ったにもかかわらず.兵を撤退させず.依然としてこれらの地を不法に占拠し続けるなら.倭はうそつきの名を甘受することになるだろうが,わが国もこれを解決するのに.またまた大いに苦労するに違いない。

 

そうなるくらいなら.むしろあらかじめ準備を周到にして断固として争う方がよい。そうすば,おそらく日本人は奸計を用いることができず,わが中国も平穏を取り戻すことができるだろう。また,その後この問題をめぐってごたごたが起こったとしても.傳相には成算がある。そして傳相の計略はすでに熟しているので.小生がよけいな策をめぐらしてもなんの役にも立たないのだ。

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
高杉晋吾レポート⑪「脱原発」「脱ダム」時代の官僚像ーー元、淀川水系流域委員長 宮本博司氏へのインタビュー(上)

高杉晋吾レポート⑪   ダム推進バリバリの元国交省エリート、宮本博司が …

no image
日本メルトダウン(937)『焦点:中国でロボット産業ブーム、制御不能な地方債務を露呈』●『中国、南シナ海の各礁で航空機格納庫を建設か=米シンクタンク』●『「都議会のドン」がいなくなれば、問題は解決するのか?』●『手詰まりの日銀に求めたい「撤退する勇気」』●『[江川達也]<日本の学校に足りないのは「戦争」という授業>アホの巣窟・戦後日本を正すために』

    日本メルトダウン(937)   中国、南シナ海の各礁で航空機格 …

no image
近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(87)-『憲政の神様/尾崎行雄の遺言/『敗戦で政治家は何をすべきなのか』<1946年(昭和21)8月24日の尾崎愕堂の新憲法、民主主義についてのすばらしいスピーチ>

2010年8月17日 /日本リーダーパワー史(87)  &n …

no image
日本リーダーパワー史(718)★『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行』「鍛錬を続けよ<鍛とは千日(3年)、錬とは一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書)『一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書) 。「常に人に笑われてきた悔しい歴史が、僕の中にはある。 これからもそれをクリアしていきたい」。

  日本リーダーパワー史(718)  『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行 …

no image
『オンライン/75年目の終戦記念日/講座④』歴代宰相で最強のリーダーシップは1945年終戦を決断実行した鈴木貫太郎(77)ー山本勝之進の講話『 兵を興すは易く、兵を引くのは至難である』★『プロジェクトも興すのは易く、成功させるのは難い』●『アベクロミクスも7年間も先延ばしを続けていれば、 最後はハードランニング、国家破産しかない』

   2016/10/31   …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー「21世紀は2020年から始まる。コロナウイルス共生の「新日常」へ』★『2020年が21世紀の<ITスマホ5Gネット革命>の幕開けになる』(5月25日)

「21世紀は2020年から始まる」―コロナウイルス共生の「新日常」へ &nbsp …

no image
日本メルダウン脱出法(648)「中国のアジア開銀(AIIB)参加問題で、日本は米国に追随し、外交失敗をするか、近衛外交<中国は相手にせず>の二の舞を踏むのか

     日本メルダウン脱出法(648) 「中国主導のアジア開銀(AI …

『オンライン現代史講座/2・26事件の原因の1つは東北凶作による女性の身売りが激増』③『アメリカ発の世界恐慌(1929年)→昭和恐慌→農業恐慌→東北凶作ー欠食児童、女性の身売り問題→国家改造/超国家主義/昭和維新→5・15事件(1932)→2・26事件(1936)、日中戦争、太平洋戦争への道へと転落した』

昭和七年(1932) 悲惨、娘身売りの残酷物語ー売られ行く娘たち  凶作地の惨状 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(119)/記事再録☆<日本は21世紀の新アジア・グローバル主義のリーダーをめざせ>★『 アジアが世界の中心となる今こそ,100年前に <アジア諸民族の師父と尊敬された大アジア主義者・犬養毅(木堂)から学ぼう』★『亡命イスラム教徒を全面的に支援した唯一の政治家』★『藩閥、軍閥と戦い終始一貫して『産業立国論』を唱えた政治家』★『最大の功績は中国革命の父・孫文を宮崎滔天を中国に派遣して日本に亡命させ匿い全面支援した、いわば中国革命を実現したゴッドファーザーこそ犬養木堂なのだ』

     2015/01/21日本リーダーパワー史 …

no image
日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8)山県有朋首相は『国家独立の道は、主権線(日本領土)を守るほかに利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説したが、これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8) 「福沢諭吉の「日中 …