前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(58)』『巨大地震の前兆か、全国各地で深海魚が多数、定置網にかかる異変』

   

 


   
  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(58)

 

 

地震はいつかはやってくる、備えを怠るな!

巨大地震の前兆か、全国各地で深海魚が多数、

定置網にかかる異変相次ぐ、』

 

 

F国際ビジネスマンのコメント>


これは海流や水温の変化だけでは説明出来ない現象ではありませんか?
東海、東南海、南海の三連動地震の発生が極めて近いシグナルではないでしょうか?
海洋学会、水産学会、地震学会の
合同タスクフォースを作り、深海の調査を急ぎ、学者としてリスクを背負った仮説を至急出す
べきと思いますが、如何?
世論の批判を浴びても、踏み込んだ判断を急ぐべきです。
狼少年を恐れてはいけないと思います。
最近のニュースで静岡の焼津市の人口が激減し高台の藤枝市に移動しているそうです。
このペースを国が工面して大移動を促す事です。

 

 

◎「室戸岬沖、網に深海魚105匹 専門家「海に異変か」 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2201L_S4A420C1000000/

 

 

<まとめ>地震】3.11前と酷似 各地で深海魚!リュウグ
ウノツカイ、
ダイオウイカ メガマウス イルカ大量迷走

http://matome.naver.jp/odai/2137829303432568801

 

 

 

 

『東京湾でもダイオウイカ捕獲 横須賀沖、全長3.6メートル 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3104Y_R30C14A3CC1000/

 

 

 『伊予灘地震的中させた学者が3か月以内の南海トラフ地震予測

 

http://www.news-postseven.com/archives/20140321_247049.html

 

 

 

◎「南海トラフ地震、大阪府の経済被害は28.8兆円 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2400P_U4A120C1CC0000/?bu=BFBD9496EABAB5E6B39EB5B1F9B79FB5E293E1B79F91
B4E0FDA6B38A82B3A0E1A7BEA29CAA86B0A5E1E4809783A79AB98A

 

 

 

【ニュース映像】日本海異変 ダイオウイカが1日で2匹

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー史(753)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」を検証する①(20回連載)」★『6ヵ月間のロシアの異常な脅迫、挑発に、世界も驚く模範的な礼儀と忍耐で我慢し続けてきた 日本がついに起った。英米両国は日本を支持する」』

 日本リーダーパワー史(753)– 『日本戦争外交史の研究』 世界史の中の『日露 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑮」ペリー来航45年前に起きたイギリス東洋艦隊の「フェートン号」の長崎港への不法入港事件」★『ヨーロッパでのナポレオンの戦争の余波が<鎖国日本>にも及んできた』

「 日本外交史➀(幕末外交)」などによると、 1808年10月4日(文化5年8月 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉓』●『南アのマンデラ元大統領が危篤に』●『ブラジルで大規模デモが』

      『F国際ビジネスマ …

no image
<まとめ>『日清戦争,日露戦争』の戦略を立案した参謀総長・川上操六の<最強のインテリジェンス>こそ明治躍進のカギ②

 <まとめ>川上操六について②   『日清戦争』『日露戦争』 …

no image
世界リーダーパワー史(949)3週間後に迫ってきた米中間選挙(11/6)の結果はどうなる?ー米中新冷戦に突入へ 

世界リーダーパワー史(949)   3週間後に迫ってきた米中間選挙(1 …

no image
日本リーダーパワー史(678)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(57) 『福島安正大佐のインテリジェンスが10年後に『日英同盟』(核心は軍事協定)締結へつながった。

日本リーダーパワー史(678) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(57) 『福 …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(5)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史連載70回中、52-62回まで)『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』(59)『(日清戦争開戦3週間後)- 日本の謀略がすでに久しいことを論ず』★『もし朝鮮から中国勢力が排除されたならば,すぐさま ロシア艦隊が出現し,その国土にもロシア兵が到来するだろう。 ロシアは日本が朝鮮半島でわがもの顔に振る舞うことを許さない(ニューヨークタイムズ)』●『日清戦争開戦4週間後、日本の朝鮮侵略(英タイムズ))』

『英タイムズ』からみた『日中韓150年戦争史』(52)「浪速(東郷平八郎艦長)の …

no image
『W杯サッカー回想録』★『2014年7月/ザックジャパンW杯の完敗の原因とは?」★『「死に至る日本病」(ガラパゴス・ジャパン・システム)であり、日本の政治、経済、スポーツ、社会全般に蔓延する―』★『ストラジティー(戦略)なし。NATO((No Action, Talk Only)「話すばかりで、何も決められない決断しない日本)』

  2014/07/04  日本メルトダ …

no image
<裁判員研修ノート⑨> 『無実を訴えて62年』―加藤新一事件の再審で無罪判決が下る

無実を訴えて62年―加藤新一事件の再審で無罪判決            前坂 俊 …

no image
  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑥『日露戦争の原因となった満州・韓国をめぐる外交交渉決裂』●『<ニューヨークタイムズ記事>1903年4月26日 「ロシアの違約、日本は進歩の闘士」』

   『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑥ 日露戦争の原因となっ …