前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(58)』『巨大地震の前兆か、全国各地で深海魚が多数、定置網にかかる異変』

   

 


   
  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(58)

 

 

地震はいつかはやってくる、備えを怠るな!

巨大地震の前兆か、全国各地で深海魚が多数、

定置網にかかる異変相次ぐ、』

 

 

F国際ビジネスマンのコメント>


これは海流や水温の変化だけでは説明出来ない現象ではありませんか?
東海、東南海、南海の三連動地震の発生が極めて近いシグナルではないでしょうか?
海洋学会、水産学会、地震学会の
合同タスクフォースを作り、深海の調査を急ぎ、学者としてリスクを背負った仮説を至急出す
べきと思いますが、如何?
世論の批判を浴びても、踏み込んだ判断を急ぐべきです。
狼少年を恐れてはいけないと思います。
最近のニュースで静岡の焼津市の人口が激減し高台の藤枝市に移動しているそうです。
このペースを国が工面して大移動を促す事です。

 

 

◎「室戸岬沖、網に深海魚105匹 専門家「海に異変か」 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2201L_S4A420C1000000/

 

 

<まとめ>地震】3.11前と酷似 各地で深海魚!リュウグ
ウノツカイ、
ダイオウイカ メガマウス イルカ大量迷走

http://matome.naver.jp/odai/2137829303432568801

 

 

 

 

『東京湾でもダイオウイカ捕獲 横須賀沖、全長3.6メートル 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3104Y_R30C14A3CC1000/

 

 

 『伊予灘地震的中させた学者が3か月以内の南海トラフ地震予測

 

http://www.news-postseven.com/archives/20140321_247049.html

 

 

 

◎「南海トラフ地震、大阪府の経済被害は28.8兆円 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2400P_U4A120C1CC0000/?bu=BFBD9496EABAB5E6B39EB5B1F9B79FB5E293E1B79F91
B4E0FDA6B38A82B3A0E1A7BEA29CAA86B0A5E1E4809783A79AB98A

 

 

 

【ニュース映像】日本海異変 ダイオウイカが1日で2匹

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(859)「日本をもっと優秀な国にするために最初にすべきこと 卓越性、多様性、流動性をつけたければ「逆」の排除を」)●「若者のフェイスブック離れが進む“SNS疲れ”の深層」●「中国のアジア戦略が失速、日本への態度も軟化? 強硬な戦略がもたらした「不都合な結果」とは(古森義久)」●「日本株式会社:よみがえった国家介入主義M&Aブームの陰に経産省あり(英FT紙)

日本メルトダウン脱出法(859) 日本をもっと優秀な国にするために最初にすべきこ …

no image
日本リーダーパワー史(718)★『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行』「鍛錬を続けよ<鍛とは千日(3年)、錬とは一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書)『一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書) 。「常に人に笑われてきた悔しい歴史が、僕の中にはある。 これからもそれをクリアしていきたい」。

  日本リーダーパワー史(718)  『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行 …

★5日本リーダーパワー史(778)『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南からの魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

★5日本リーダーパワー史(778)ー 『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のイ …

no image
 日本メルトダウン(992)-『トランプ氏、キューバ国交再断絶を示唆 「より良い取引」要求』●『イラク派遣隊員29人が自殺 帰還隊員らが語ったPTSDの恐怖』★『“トランプ人事”で地金が見える? 躍起の各国と喜色満面・安倍首相が得た「果実」』●『焦点:債券から株への「大転換」、今回は本物の可能』◎『GPIFに現れた予期せぬ助っ人、収益増へ力強いレバレッジ効果』◎『ゆがむ韓国経済、財閥偏重の「疑似資本主義」が迎えた限界』●『東芝がまた不正会計、ついに「監理銘柄」入りか』

 日本メルトダウン(992) トランプ氏、キューバ国交再断絶を示唆 「より良い取 …

no image
速報(178)『日本のメルトダウン』ー『「2号機自発的核分裂」と「JCO事故」の比較』◎『キセノン検出は再臨界の可能性 は多分ない』

速報(178)『日本のメルトダウン』 『「2号機自発的核分裂」と「JCOバケツ臨 …

no image
速報(389)『日本のメルトダウン』『太平洋に影を落とす1914年の記憶-第1次世界大戦を 髣髴させる日米中の緊張』(FT)

          &nbsp …

no image
正木ひろしの思想と行動(’03.03)

―ジャーナリストとしての正木ひろしー戦時下の言論抵抗― -Hiroshi Mas …

no image
●日本の司法の犯罪と無責任ー「袴田事件:再審開始を決定、衣類血痕のDNA型鑑定を「新証拠」と認定」ー

     ●「袴田事件:再審開始を決定 静岡地裁 …

no image
 世界も日本もメルトダウン(964)『東大よりプリンストン 渋幕・渋渋、国際人の育て方 渋谷教育学園理事長 田村哲夫氏』●『やばいぞ内申書優等生、仕事がなくなるかもー またもやらかした文科省、改善のはずが改悪に』●『ドゥテルテ大統領の超法規的殺人に隠された真実』●『トランプは負けた。アメリカ民主主義も負けた。』●『  石原慎太郎、伸晃、宏高親子は「永田町で終わった人」』●『ボブ・ディラン氏、ノーベル賞の熱狂と距離』

   世界も日本もメルトダウン(964) 東大よりプリンストン 渋幕・渋渋、国際 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(166)記事再録/「日清戦争勝利の秘密」日本軍《死んでも戦う)対中国軍(売命銭分しか戦わぬ)の圧倒的な差

  2015/08/03   &nbsp …