前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(103)昭和天皇による「敗戦の原因分析」②『軍備は平和確保のための一手段である』ところがその軍備の力を使用したがる軍人があった。

      2015/07/02

終戦70年・日本敗戦史(103

 ー昭和天皇による「敗戦の原因分析」➁ー

    ①立憲君主国に於て、国務と統帥との各最上位者の
完全なる意見の一致をもって上奏し来りたる事柄は、
かりに君主自身内心に於ては不賛成の
事柄なりとも、君主はこれに裁可を与うるを
憲政の常道なりと確信す。
②国民の不満を負うて軍が立ち上がり、軍の中心勢力の少壮
客気の者達が手段を選ばざる無謀を敢てするも、抑止
することは難事中の難事であった。
③鈴木首相と米内海相とは「大勇」があったのでよく終戦
の大事を為し遂げた。
④なぜ日本人種は嫌われたかー(イ)白色人種の有色人種に
対する優越感(ロ)日本人の独善性 
(ハ)日本人の教養の不足(二)日本人の宗教の
異なること
 ⑤わが国の国民性は付和雷同性の多いことが、戦争防止の
困難の1つであった。この欠点を矯正して国民の
教養を高め、宗教心を培って確固不動の信念を
養う必要がある。
    ⑥『軍備は平和確保の為の一手段である』。
平和の為に軍備をするといいながらその軍備
の力を使用したがる軍人があった。
⑦敗戦の結果とはいえ我が憲法の改正も出来た今日に
於て考えて見れば、我が国民にとって勝利の結果、
極端なる軍国主義
となるよりも却って幸福ではないだろうか。

以上は「<防衛庁防衛研究所戦史部監修・中層裕次編「昭和天皇発音言己録集成(下巻)」 ㈱芙蓉書房出版 2003年>

の中から1946年4月ごろと思われる「天皇の敗戦記録」の部分を転載させていただいた。

 

 聖談拝聴記録原稿③ 《側近日記214-217頁

◎「結論」

以上緒論及び本文に於て戦争の原因とその防止の不可能なりし所以をは々述べて来たが、結論として概括的に私の感想を話そう。

先ず我が国の国民性に付いて思うことは付和雷同性の多いことで、これは大いに改善の要があると考える。近頃のストライキの話を聞いてもそうであるが、共産党の者が・その反対者を目して反動主義者とか非民主主義者とか叫ぶと、すぐこれに付和雷同する。

戦前及び戦時中のことを回顧して見ても、今の首相の吉田(茂)などのように自分の主義を固守した人もいるが、多くは平和論乃至親英米論を肝に持っておっても、これを口にすると軍部から不忠呼ばわりされたり、非愛国者の扱いをされるものだから、沈黙を守るか、又は自分の主義を捨てて軍部の主戦論に付和雷同して戦争論をふり廻す。

かように国民性に落ち着きのないことが、戦争防止の困難であった一つの原因であった。将来この欠点を矯正するには、どうしても国民の教養を高め、又宗教心を培って確固不動の信念を養う必要があると思う。

又このことが日本民族の向上ともなり、世界に向かって人種平等を要求する大きな力ともなることと思う。

次に軍備のことであるが、抑々軍備は平和確保の為の一手段である。しかるに従来の有様を見ると、平和の為に軍備をするといいながら・軍備が充実すると、その軍備の力を使用したがる癖がとかく軍人の中にあった。

最後に為政者に付ての感想であるが、以上述べたような国民と軍人とを指導すべき人物として、この困難に当った近衛(文麿)、東條((英機)、鈴木(貫太郎)、米内(光政)に付て1言すると、近衛は思想は平和的で・ひたすらそれに向かって邁進せんとしたことは事実だが、彼は自分に対する世間の人気ということを余りに考え過ぎた為、事に当って断行の勇気を欠いたことは、遂に国家を戦争という暗礁に乗り上げさして終い、次に立った東條の最後の努力をもってしてもこれを離礁せしめることが出来なかった。

これに引きかえ鈴木首相と米内海相とは・政治的技術に於ては近衛に及ばなかったけれども、大勇があったのでよく終戦の大事を為し遂げたのである。

以上は他人に関する感想であるが、私自身としては不可抗力とはいいながらこの戦争によって世界人類の幸福を害い、又我が国民に物心両方面に多大な損失を与えて国の発展を阻止し、又、股肱と頼んだ多くの忠勇なる軍人を戦場に失い、かつ多年教育整備した軍を武装解除に至らしめたのみならず、国家の為粉骨努力した多くの忠誠の人々を戦争犯罪人たらしめたことに付ては、我が祖先に対して誠に申し訳なく、衷心陳謝するところである。

しかし負け惜しみと思うかも知れぬが、敗戦の結果とはいえ我が憲法の改正も出来た今日に於て考えて見れば、我が国民にとって勝利の結果、極端なる軍国主義となるよりも却って幸福ではないだろうか。

歴史は繰り返すということもあるから以上の事共を述べておく次第で、これが新日本建設の1里塚とならば幸いである。

戦争の原因

1、列国が人種間題によりて日本の発展を阻止したこと(人種間題によらぬ列国相互の競争はさほど国民的憤慨を巻き起こすものではない)

なぜ日本人種を嫌ったか

(イ)白色人種の有色人種に対する優越感

(ロ)日本人の独善性

(ハ)日本人の教養の不足

(二)日本人の宗教の異なること

2、軍人の戦争癖なぜ戦争癖に陥ったか

(イ)真の武士道のすたれたこと(愛之を律するに義を以てし、之を貫くに力を以てす 之を武士道という)(これは木下の独自の見解なれど)

(ロ)政治家に対する信頬心が軍人になくなったこと

三、国民の付和雷同性――なぜ付和雷同性になったか

(イ)国民の教養の不足

(ロ)国民の宗教心の薄いこと

将来の日本

①、日本人種に対する白人の尊敬心と信頼心とを高めること、どうすればよいか

(イ)日本人の教養を高め、眼界を広くする

(ロ)日本人の宗教心を刷新する

(現状をもってすれば、国民の宗教心が溌剌になれば基督教徒は増加するであろう)

②、軍備が撤廃された以上、是非とも国の威力を強靭にしておかねはならぬことーーーどうすればよいか

(イ)義によりて律し 力によりて貫く愛の教育

(ロ)たくましき体躯の養成

③、為政家に対する国民の信頼心を高めることーーどうすればよいか

(イ)為政家自身の自覚

(ロ)為政家達に対する陛下の御工夫

 

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑫ 1902(明治35)年8月27日『ノース・チャイナ・ヘラルド』★「満州の将来ーロシアは満州から撤退すると中国に約束したが,その約束を実行しない限り、日露戦争は避けられない』●『ロシアの植民地獲得の常套手段は、まず軍事的な行動で占拠し、強引な居座り、条約無視、人口を増加させて、商業経済を活発化させ、軍事基地を建設して、自国の領土に組み込む。交渉しても満州からの撤退は絶対あり言えない。』

     ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑫  19 …

no image
日本リーダーパワー史(834)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )⑥』★『シベリア鉄道のおどろくべき秘密』●『ドイツ皇帝からの親書を金子が読む、大統領は親友だから見せないが、話すよ』●『日本海海戦勝利にル大統領 は大喜びして、熊皮を明治天皇に プレゼントした』

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑥> ―「坂の上の雲の真実」ー 『日本海海戦勝利に …

no image
<イラク戦争とメディア>『グローバルメディアとしてのアラブ衛星放送の影響』―アルジャジーラを中心にー(上)

静岡県立大学国際関係学部紀要「国際関係・比較文化研究第2巻第2号」〈2004年3 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉖「開戦2ゕ月前の「英タイムズ」の報道』ー『極東情勢が改善されていないことは憂慮に耐えない』●『ロシアは中国に対し.いまだにあらゆる手段を用いて,ロシアの満州占領に関し協定を結ぶように仕向けようとしている。』★『日本が満州でロシアに自由裁量権を認めれば,ロシアは朝鮮で日本に自由裁量権を認めるだろうとの印象を抱いている。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉖ 1903(明治36)年 …

no image
日本リーダーパワー史(819 )『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉞『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑥』★『明治32年1月、山本権兵衛海相は『陸主海従』の大本営条例の改正を申し出た。』★『この「大本営条例改正」めぐって陸海軍対立はエスカレートが続いたが、児玉参謀次長は解決した』

 日本リーダーパワー史(819 )『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」 …

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …

no image
世界/日本リーダーパワー史(920)米朝首脳会談開催(6/12)―「結局、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)は先延ばしとなりそう』★『米朝会談の勝者は金正恩委員長か!』(下)

結局、一番問題の非核化(CVID)についてはどうなったのか。 前坂俊之(静岡県立 …

no image
日本リーダーパワー史(918)記事再録『憲政の神様/日本議会政治の父・尾崎咢堂が<安倍自民党世襲政治と全国会議員>を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』①『総理大臣8割、各大臣は4割が世襲、自民党は3,4代目議員だらけの日本封建政治が国をつぶす』

  2012/02/23 日本リーダーパワー史(236)転載 < …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊵『黄夢●(田へん宛)君の『扶桑攪勝集』の後に書す』1891(明治24)年8月

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
日本リーダーパワー史(874)『日中韓、北朝鮮の関係はなぜ、かくも長くギグシャクともめ続けるのか➀』★『130年前の朝鮮をめぐる日中の対立・戦争が今回の件も含めてすべての根源にある』★『憲政の神様・尾崎行雄の名解説「本邦の朝鮮に対して施すべき 政策を諭ず」を読む』★『日本公使館を焼き打ちした壬午軍乱の賠償金40万円(現在の金に換算して約5兆8千億円)を朝鮮発展のために還付した日本政府の大英断』

日本リーダーパワー史(874) 平昌オリンピックを前に日本と韓国、北朝鮮、中国の …