前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(102)昭和天皇による「敗戦の原因分析」①憲法改正もでき、勝利の結果、極端なる軍国主義となるよりも 却って幸福ではないだろうか」

   

終戦70年・日本敗戦史(102

 ー昭和天皇による「敗戦の原因分析」①ー

    ①立憲君主国に於て、国務と統帥との各最上位者が完全なる意見の一致を
もって上奏し来りたる事柄は、かりに君主自身内心に於ては不賛成の
事柄なりとも、君主はこれに裁可を与うるを憲政の常道なりと確信す。
②国民の不満を負うて軍が立ち上がり、軍の中心勢力の少壮客気の者達が
手段を選ばざる無謀を敢てするも、抑止することは難事中の
難事であった。
③鈴木首相と米内海相とは「大勇」があったのでよく終戦の大事を為し遂げた。
④なぜ日本人種は嫌われたかー(イ)白色人種の有色人種に対する優越感
(ロ)日本人の独善性 (ハ)日本人の教養の不足(二)日本人の宗教の異なること
 ⑤わが国の国民性は付和雷同性の多いことが、戦争防止の困難の
1つであった。この欠点を矯正して国民の教養を高め
、宗教心を培って確固不動の信念を養う必要がある。
    ⑥『軍備は平和確保の為の一手段である』。
平和の為に軍備をするといいながらその軍備の力を
使用したがる軍人があった。
⑦敗戦の結果とはいえ我が憲法の改正も出来た今日に於て考え
て見れば、我が国民にとって勝利の結果、極端なる軍国主義
となるよりも却って幸福ではないだろうか。

 

以上は「<防衛庁防衛研究所戦史部監修・中層裕次編「昭和天皇発音言己録集成(下巻)」 ㈱芙蓉書房出版 2003年>

の中から1946年4月ごろと思われる「天皇の敗戦記録」の部分を転載させていただいた。

 

政談拝聴記録原稿Ⅰ(木下道雄 「側近日記」 211-212頁)

 

◎ 緒言

第一次世界大戦後の講和会議に於て、我が国代表によりて、主張せられたる人種平等に関する日本国民の叫びは、列国の容るる所とならず、黄白の差別観は世界の各地に残存し、かの加州移民拒否の如き、又豪州の白豪主義の如きは、我に相当の発展力を有しながら、しかも国土狭小にして人口の過剰と物資の不足とに悩む日本国民をして憤慨せしむるに充分なものであった。

のみならず、私が英国を訪問して相互の親善に努力したに拘わらず、その直後に於て日英同盟は廃棄せられ、又軍備縮小に関する列国の対日圧迫は年に月に強化し、青島は還付を強いられ、かつ支那に於ける排日教育は列国の弱者に対する同情の下にその根底頗る固く、為に日支の関係は悪化の一途をたどるの外なきに至った。

しこうして、この国際的悪条件に対処すべき我が国の政治力は政党腐敗の結果、漸く衰弱の相を呈し、もはや政党者の手に政治を委せていては国家の前途危うしという感が国民大衆の間に弘く浸潤しっつあったかかる国家の危機に際しては、国民の心気は自ら鳴動するものである。

この情勢に乗じ、国民の不満を負うて軍が立ち上がったのであるから、たとえ軍の中心勢力たる少壮客気の者達が手段を選ばざる無謀を敢てすることがあっても、これを抑止するということは難事中の難事であった。

なぜならば、これら無謀な行動も国家の窮状打開という愛国的行動と一脈相通ずるかの観を呈していたからである

私はこれら無謀な行動が招来すべき結果に付て、非常に憂慮したが故に、機会ある毎に軍の首脳者に諭すところがあったが、当時下剋上の風潮流行し、首脳者の訓戒も部下に徹底しない、さればといって私自身直接に下級将校を両論することは軍の指揮統率の上からいって許されること (以下不明)

二一年?月?日 聖談拝聴記録原稿② 《側近日誌二一三貢》

◎ 「立憲君主国に於ける君主の常道」

立憲君主国に於て、国務と統帥との各最上位者が完全なる意見の一致をもって上奏し来りたる事柄は、かりに君主自身内心に於ては不賛成の事柄なりとも、君主はこれに裁可を与うるを憲政の常道なりと確信す。

もし君主に於て自己の意に満つるときは裁可し、満たざるときは拒否するに於ては、これ名に於ては立憲君主なりといえども、実に於ては専制君主というべきなり。

朕をしてこの確信を得せしめたるは1つの苦き経験なり。それは即位後間もなく起たる彼の満州に於ける張作霧爆死事件なり。多くの日本人は知るところなかりしも、当時世界の与論はごうごうとして日本軍に非難をあびせ来れり。

朕はよって首相田中義一に事の真相の調査を命じ、もし事件が日本人の手によって行われたるものならば、厳重処罰すべきことを厳命せり。調査の結果は、遺憾にも右事件は日本軍に属する若干の将校の計画実行せるものなること判明し、首相は朕に対し厳重処罰すべきことを言明上奏したるのみならず、内大臣及び西園寺元老には尚詳らかに事件を説明し、犯行者を軍法会議の審問に付すべきことを言明したる由なり。

しかるに事件拡大の兆しを察するや、首相は前上奏をもって朕に約するところに反し、改めて閣議決定をもって事を有耶無耶に付せんとする上奏を為し来れり。ここに於て朕は首相に対し其の食言を責め、辞表の提出を求めた。

首相これに服し、ここに田中を党首としたる政友会内閣は倒壊するに至れり。

 

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(146)「戦陣訓」と戦時国際法違反(ジュネーブ条約)のダブルミスで大量集団自決と捕虜虐殺

終戦70年・日本敗戦史(146) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
日本リーダーパワー史(636)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29) 『川上操六の日清戦争インテリジェンス② 『広島大本営」設置と「ワンボイス」で陸海軍を指揮したリーダーシップと決断力「山県有朋を解任」

日本リーダーパワー史(636) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29)   …

no image
日本リーダーパワー史(919)記事再録『憲政の神様/日本議会政治の父・尾崎咢堂が<安倍自民党世襲政治と全国会議員>を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』②『総理大臣8割、各大臣は4割が世襲、自民党は3,4代目議員だらけの日本封建政治が国をつぶす』②

日本リーダーパワー史(919) 『売り家と唐模様で書く三代目』② 前坂俊之(ジャ …

no image
近刊(4月1日)の『明治三十七年のインテリジェンス外交』(祥伝社刊)の紹介します

明治三十七年のインテリジェンス外交―戦争をいかに終わらせるか           …

no image
日本リーダーパワー史(827)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊶』★<記事再録>『日清戦争では世界中の大半が、中国の勝利を予想。イタリアに最初にわたった日本女性・ラクーザお玉 (最初の女流画家)はお百度参りして日本の勝利を祈願した。 ところが、いざ開戦すると連戦連勝に本人もイタリア人もびっくり仰天!』

 日本リーダーパワー史(827)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した …

no image
●「日本の新聞ジャーナリズム発展史」(上)『 日本での新聞の誕生・明治期』『 大新聞と小新聞の発展』★『日露戦争と新聞 』★『大正デモクラシーの担い手となった新聞』★『関東大震災と新聞』

「日本の新聞ジャーナリズム発展史」(上)   2009/02 …

no image
日本リーダーパワー史(640) <ロシア通第一人者の田中義一は日露戦争勝利に貢献。帝政ロシアの封建的軍隊をみて、日本陸軍の「良兵即良民」化に取組み、在郷軍人会を組織した④

  日本リーダーパワー史(640) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(33)  …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑦「中国側が属国視した琉球(沖縄)処分をめぐる対立がすべての発端」

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプションギャ …

no image
日本リーダーパワー史(522)『「明治の国家参謀・杉山茂丸に学ぶ」⑦「児玉源太郎、桂太郎と 「日露戦争開戦」の秘密結社を作る」

   日本リーダーパワー史(522)   『「明治大発展の国家参謀・杉山茂丸の国 …

no image
『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』―『治外法権の国辱的な条約改正案』●『ノルマントン事件の領事裁判権の弊害ー英国人船長、外国人船員26人は救難ボートで助かり、日本人乗客25人は溺死した』

 『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』 ―『治外法権の国辱的な条約 …