前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(154)再録/『昭和戦前の大アジア主義団体/玄洋社総帥・頭山満を研究せずして日本の近代史のナゾは解けないよ』★『辛亥革命百年⑬インド独立運動の中村屋・ボース(ラス・ビバリ・ポース)を全面支援した頭山満』★『◇世界の巨人頭山満翁について(ラス・ビバリ・ボースの話)』

      2019/11/18

  日本リーダーパワー史(74)記事再録 

前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 大正四年の冬、インドの志士ラス・ビバリ・ポース(昔時の変名・タクール)が日本退去を厳命され、横浜出港のその乗船が上海,香港に寄港すると共に、その地の英国官憲の手に捕えられて無尋問のまま死刑を執行される絶体絶命の危機に陥った。
 
その生命は風前の灯となった時、大慈悲の人類愛に燃ゆる頭山翁の手が動いて、非常手段により神隠しを演じてポース氏を救助したことは頭山翁の眞骨頂を示す有名な話だが、ポースはこの大恩人たる頭山翁を始め、当時の同情者を毎年一度は欠かかさず招待して謝恩の会を、当時の隠れ家・新宿中村屋で開くことにしていた。したの写真は昭和七年のその会である。
 

(右から頭山翁夫人、犬養毅、その後はポース氏、頭山翁、内田艮平氏、大崎正吉氏、左は鈴木梅四郎氏で、いとも和やかを歓談の光景)          

 
 なおこの国際的大事件の眞相はすでに世人周知の事であらうが、ここに事件について努力された光輝あるその人々の芳名を記録して後世に伝えたい。
 
その第一は頭山翁その人である。翁が沈思黙考、この事のアジア民族の威信に関する重大案件たるを想ふと同時にその鉄石の意思は牢固として定まり、電光石火の間にこれに処すべき手配は定められた。
 
相手方は英国政府を代表する英国大使と石井菊次郎外相と日本政府であったが、これに対する頭山翁側でポースを援護のために翁の意志を体して起ったのは、
 
 杉山茂丸、内田良平、寺尾亨、佃信夫、中村粥、宮川一貫、美和作次郎、的野半助、相馬愛蔵、大原剛、萱野長知、大崎正書、宮崎滔天、大川周明、本城安太郎、葛生能久、水野梅暁、白石好夫らの諸氏であった。 

◇世界の巨人頭山満翁について(ラス・ビバリ・ボースの話)

 
 私は一九一五年、政治上の理由の下に変名して日本に亡命避難した。当時、支那革命の巨頭・孫文も日本に来ておられた事を聞いた。偶然に或るインド人から孫文の居所を聞いたので面会に行ったところ孫文は大へん喜んだ。それ以来、孫文と親善の間柄になって度々往復した。
 
孫文の方から一度、私に向って、遅かれ早かれ貴君の本名が英国にわかるので英国として貴君を引渡してもらうために努力しないとも限らぬから、今の内に日本の有力者と知合になっていたらどうであるか、という話があって、孫文の友人であった宮崎滔天に連れられて頭山翁の宅を訪問し、日本語はわからぬので宮崎氏を通じて頭山翁と色々の話をした。
 
その時に私の感想としては、頭山翁に合うた時に、丁度インドの昔の仏教聖人に合うた時のような感じがした。白い髭を生やしてじっとして沈黙を守ってすわっておられる頭山翁の姿は、インドの古代の聖者を思いひ出させたのだ。その後日本政府から退去の命令を受け、危いところを領山翁に匿まわれ、後に自由になって今日に至っておる。
 
 私が頭山翁を一番尊敬する点は、頭山翁の人類に対する愛情という事である。日本人であっても外国人であっても、何所の国の人でも悩み苦しんでいる人のために頭山翁は何時でも心配されておるのだ。翁の愛情は単なる人類界に限られておるというわけでなく、動物に対しても翁は同じ様を愛情を持っておるのだ。一度私はある米国人の友人を連れて行って、翁に紹介した事があった。その時に友人を翁に紹介して次の如き事をいうた事があった。
 
「先生、この人は人間が非常に好くって人にだまされてばかりいます』
 
翁はそれを聞いて静かに次のように言った。
 
「そうですか、それはだますよりだまされた方が好いです』
 
私がその事を英語で米国人の友人に通話すると、友人は涙を流しながら、「こういう言葉は私として始めて聞いたのだ、こういう場合に一般的な人は将来においてだまされない様にと云うべきものなのに、翁の
「だますよりだまされた方がよい」というた事を聞いて翁が精神的にどれ程、進んでおられるかという事を確信した」というのであった。
 
この一つの例によりても翁の人格がどれ程高いものかという事が証拠だてられておるのだ。郎ち、翁は精神万能主義の下に生活せられておるという事はこれによりて表されておる事だ。翁の言行が一致しておると云う事は翁の一つの特性である。
 
 翁は何時でも犠牲心を充分に持っておる。自分の慾を犠牲にして個人のため社会、国家、全人類のためになる事なれば自己のすべてを捨てて犠牲になるという事が今日まで数多くあり、また、翁の一番の楽しみ得る事は、もらう事にあらず、与える事にある。即ち翁は自己を犠牲にし他を幸福にするという主義を持っておられるのだ。
 
 人によっては、翁を浪人の親方、あるいは政治家である用に解する者もおるが、しかし翁はそれらよりも、ずつと優しくて全人類に対する愛情を持っておられる。故に寧ろ人類主義者と呼ぶ方が一番適当である。私は福島に講演に行った事がある。その時、福島のある友人は私に頭山翁は日本の大立者であるというた事があった。私はそれを反駁し、頭山翁は日本の大立者であるということは翁の人格を無視することに他ならない。
 
翁は日本の大立者でなく世界の大立者で、全人類界の大立であることを認めなければならない。翁は単なる日本の宝物でなく、世界の宝物であり、世界の巨人である。
 
<参考文献「頭山満翁写真伝」(藤本尚則著、昭和10年)>

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日中韓近代史の復習問題/『現在の米中・米朝・日韓の対立のルーツとしての中国・韓国の外交詐術は変わらない』★『記事再録/日本リーダーパワー史(705) 『日清戦争の引き金の1つとなった防穀令事件 <1889年(明治22)>』★『最後の最後の最後まで、引き延ばし、拒否戦術で相手をじらし土壇場にならないと妥協しないのは中国/朝鮮側の常套手段』

  2016/04/24  /日本リーダ …

no image
日本リーダーパワー史(663) 『昭和の大宰相・吉田茂のジョーク集』③吉田首相は五次にわたる内閣で、実数79人、延べ114人の大臣を『 粗製乱造』した。その『吉田ワンマン学校」で「果たしてステーツマン(政治家)を何人つくることができたのか」

  日本リーダーパワー史(663) 『昭和の大宰相・吉田茂のジョーク集』 ③  …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(63)「30年代に原発ゼロ」戦略の意義』(9・17)『世界平和アピール七人委の提言を噛みしめる』(9・14)

  池田龍夫のマスコミ時評(63)   ●「30年代に原発ゼ …

no image
日本メルトダウン脱出法(730) 「 2000年後もソクラテスを嘆息させる強行採決―民主主義と衆愚政治を混同していませんか」●「中国経済、見極めが難しい本物と偽物-本当に7%成長なのか? GDP統計に疑いの目」(英FT紙)

 日本メルトダウン脱出法(730) 2000年後もソクラテスを嘆息させる強行採決 …

no image
『ガラパゴス国家・日本終戦史⑥ 「 ロジスティックで敗れた太平洋戦争」『1千兆円の債務を抱いて10年後の展望は?」

     1年間連載開始―『ガラパゴス国家・日本終 …

no image
日本メルトダウン脱出法(737) 「 世界の全ての人々にネットを、ザッカーバーグ氏とゲイツ氏」●「アベノミクス相場、風向き変わり出した「第2ステージ」●「プロレス国会」が終わって本当の問題が始まる 国の滅びる原因は戦争だけではない

   日本メルトダウン脱出法(737)   世界の全ての人々にネットを、ザッカー …

no image
★新連載<片野 勧の戦後史レポート>①「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)①『婦人参政権の獲得 ■平和なくして平等なし』(市川房枝の活躍)

  「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)① 片野 勧(フリージャーナリス …

no image
日本のメルトダウン(527)「安倍首相を望んだことを悔む米政府(英FT紙) 「歴史問題は日本の国際的地位を低下させかねぬ」

  日本のメルトダウン(527)   ●「安倍首相 …

no image
正木ひろしの思想と行動(’03.03)

―ジャーナリストとしての正木ひろしー戦時下の言論抵抗― -Hiroshi Mas …

no image
世界/日本リーダーパワー史(917)米朝首脳会談開催(6/12)―「結局、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)は先延ばしとなりそう』★『米朝会談の勝者は金正恩委員長か』(上)

米朝首脳会談開催―「すべてはこれからはじまる」 前阪俊之(静岡県立大学名誉教授) …