前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

アルジャジ―ラの戦争報道―One Opinion The Other Opinion

   

1
東京新聞2003年10 月7 日夕刊文化面掲載

前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部教授)
Toshiyuki/Maesaka
1・・戦争報道で世界的に有名に
9.11同時多発テロからイラク戦争までの戦争報道で、世界で最も有名になったのは
中東カタール二四時間ニュース衛星放送『アルジャジーラ』である。
「今回のイラク戦争をどのように報道したのか」―『アルジャジーラ』とその後、続々生
まれた中東衛星メディアを対象に、このほど調査に出かけた。
関西国際空港から約10 時間、イラクの2つ隣のペルシャ湾に突き出した人口約60
万の小国・カタール。その首都ドーハの土漠の中に巨大なパラボナアンテナが林立す
る『アルジャジーラ』のこじんまりした本社がある。
『アルジャジーラ』(独立公共財団)は96年に英国BBCのアラビア語放送に従
事していたアラブ人ジャーナリストたちがそっくり移籍して、アラブで初のアラブ語2
4時間ニュースチャンネルとしてスタート。
言論の自由の全くなかった中東で、初のフリーなメディアとしてアラブ各国の
政権や王政、社会問題などのタブーに挑戦し、反体制派も招いた討論番組やニ
ュースで歯に衣着せぬ批判を報道して、中東に一大旋風を巻き起こした。
「ウサマ・ビンラディン」の映像の独占放送以来、「中東のCNN」として、世
界的なメディアにのし上がり、世界中の視聴者は約3500 万人に増えた。
しかし、米政府からはテロリスト寄りの報道として度々批判され、取材拒否さ
れたりやイラク戦争中のバクダッド支局が米軍からの攻撃され、記者2 人が死
傷するなど激しいバッシングにあっている。
2
八月末、気温四五度という炎暑の中、本社を訪ねて、アドナン・シャリフ氏(編集責任
者)に「アルジャジーラ」のイラク戦争の報道の指針について質した。
2・・社是の『一つの意見があれば、もう一つの意見もある』
「私たちの編集方針は創立以来『一つの意見もあれば、もう一つの意見もある』という
ことで、戦争もこの方針で取組みました。両方の意見を伝え、公平性や中立性を保と
うと追求し続けて、イラクの旧政権からもアメリカ政府からも脅されました。
私たちは双方から攻撃されるのです。どこかで紛争があった際には、双方から反対さ
れるのです。多様な意見を伝えることにこだわり続けたからなんです。
最近出来たテレビはアルジャジーラつぶしのものです」
と、シャリフ氏は強い危機感をにじませた。
中東では「アルジャジーラ」に対抗し、イラク戦争前に、サウジ、ヨルダン、UAE(ア
ラブ首長国)など各国が出資し、『アルアラビアTV』(UAE・ドバイ本拠)を設立
し、UAE(アラブ首長国)も国営放送『アブダビTV』(アブダビ本拠)のニュー
ス枠を大幅に充実させて、3つどもえの報道合戦の第二ステージに突入してい
る。
『アルアラビアTV』のサラ・ナジム編集長は「戦争報道で質の高いニュース、
歴史的な背景にも迫る報道を心がけている」。『アブダビTV』のモハメド・ドー
ランチャド副編集長も「戦争報道では、一方に偏らないさまざまな視点、多様
な見方、意見をバランスをとって報道した」という。
3・・「アルジャジーラ」のスター記者・アツルーニ特派員の逮捕
取材から帰国した9 月はじめ、この戦争で最も有名な従軍記者の「ビンラディン」のビ
デオ映像を報道した「アルジャジーラ」のスター記者のタイシール・アツルーニ特派員
がスペインで「アルカイダの協力者であった!?」という容疑でスペイン警察によって
逮捕された、というニュースが飛び込んできた。
米英流の民主主義の根本である客観報道主義を学んで、ジャーナリズムの原則を
忠実に守った忠実に放送したことで、「アルジャジーラ」が攻撃される羽目になっ
たのは何とも皮肉である。
3
① 前坂俊之の経歴
前坂俊之(まえさか としゆき)
静岡県立大学国際関係学部教授。マスコミ論専攻。1943年生。毎日新聞
記者を経て93年から現職。著書に「戦争と新聞(上下)」「メディア学の現在」
「海軍大佐の反戦・水野広徳」「ブロードバンドコンテンツビジネス」など
多数。

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
海軍省記者クラブ黒潮会・<内外諸情勢が無気味な気配をただよわせる開戦前夜の報道秘話と大本営の内幕>

    歴史読本「太平洋戦争の証言」(昭和45年9月号)        &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』『中国紙『申報』 からみた「中国が行っている冊封の儀と 属国の国力強化について」(1884(明治17) 年2月9日付)

日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』130年前の『中国 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(24)南シナ海、尖閣諸島の紛争は戦争に発展するか。『中国の夢』(中華思想)対『国際法秩序』 (欧米思想)との衝突の行方は!(下) 2049年に『中国の夢』が実現したならば、正しく『世界の悪夢』となるであろう。

    日中北朝鮮150年戦争史(24) 南シナ海、尖閣諸島での紛争は …

no image
<まとめ>『国難の日本史』『日本の決定的な瞬間にリーダーはどう決断、行動したのか』(ピンチはチャンスなり)

  <まとめ>『国難の日本史』    『 …

no image
書評/河田宏著「第一次世界大戦と水野広徳」三一書房(1996)★『中野正剛と水野広徳を論議させたところはまるで「三酔人経綸問答」』

書評「図書新聞」(1996年6月15日)掲載 河田宏「第一次世界大戦と水野広徳」 …

no image
日本リーダーパワー史(515)-日清戦争120年②開戦のきっかけとなった高陞号事件での東郷平八郎の国際性

  日本リーダーパワー史(515) 日中韓150年パーセプシ …

no image
F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(239)ー『カショギ事件の真相はトルコ政府はこの殺人事件をリアルタイムで監視し、千載一遇のチャンスと捕え,国際世論を味方につけてムハンマド皇太子を失脚させ,スンニ派盟主としてトルコの立場を強化しようと計画したもの」<エルサレムポスト紙(JPOST)11/20>

  Shedding light on the Saudi-Turke …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねるー英『タイムズ』など外国紙が報道する120年前の『日中韓戦争史②<日清戦争は朝鮮による上海の金玉均暗殺事件で起きた』

  2011年3月4日の記事再録 英『タイムズ』などが報道する『日・中 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(104)/★『記事再録/<まとめ>日本最強の外交官・金子堅太郎ーハーバード大同窓生ルーズベルト米大統領を説得して、 いかに日露戦争を有利に進めたか、その驚異のディベート・テクニック』★『『ルーズベルト大統領は「旅順陥落」に大喜びー黙っていると”Silence is Consent”。 どしどし反論せよ』⑤』

     2015/01/22の連載記事 …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツ⑧』記事再録/1894(明治27)年7月13日付『英国タイムズ』『(日清戦争2週間前)「朝鮮を占領したら、面倒を背負い込むだけ』★『日本が朝鮮を征服すれば,この国が厄介きわまりない獲物であることを思い知らされる一方,中国にはいつまでも敵意を抱かれることになる』

『中国紙『申報』などからみた『日中韓150年戦争史』㊽『英タイムズ』「(日清戦争 …