前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

アルジャジ―ラの戦争報道―One Opinion The Other Opinion

   

1
東京新聞2003年10 月7 日夕刊文化面掲載

前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部教授)
Toshiyuki/Maesaka
1・・戦争報道で世界的に有名に
9.11同時多発テロからイラク戦争までの戦争報道で、世界で最も有名になったのは
中東カタール二四時間ニュース衛星放送『アルジャジーラ』である。
「今回のイラク戦争をどのように報道したのか」―『アルジャジーラ』とその後、続々生
まれた中東衛星メディアを対象に、このほど調査に出かけた。
関西国際空港から約10 時間、イラクの2つ隣のペルシャ湾に突き出した人口約60
万の小国・カタール。その首都ドーハの土漠の中に巨大なパラボナアンテナが林立す
る『アルジャジーラ』のこじんまりした本社がある。
『アルジャジーラ』(独立公共財団)は96年に英国BBCのアラビア語放送に従
事していたアラブ人ジャーナリストたちがそっくり移籍して、アラブで初のアラブ語2
4時間ニュースチャンネルとしてスタート。
言論の自由の全くなかった中東で、初のフリーなメディアとしてアラブ各国の
政権や王政、社会問題などのタブーに挑戦し、反体制派も招いた討論番組やニ
ュースで歯に衣着せぬ批判を報道して、中東に一大旋風を巻き起こした。
「ウサマ・ビンラディン」の映像の独占放送以来、「中東のCNN」として、世
界的なメディアにのし上がり、世界中の視聴者は約3500 万人に増えた。
しかし、米政府からはテロリスト寄りの報道として度々批判され、取材拒否さ
れたりやイラク戦争中のバクダッド支局が米軍からの攻撃され、記者2 人が死
傷するなど激しいバッシングにあっている。
2
八月末、気温四五度という炎暑の中、本社を訪ねて、アドナン・シャリフ氏(編集責任
者)に「アルジャジーラ」のイラク戦争の報道の指針について質した。
2・・社是の『一つの意見があれば、もう一つの意見もある』
「私たちの編集方針は創立以来『一つの意見もあれば、もう一つの意見もある』という
ことで、戦争もこの方針で取組みました。両方の意見を伝え、公平性や中立性を保と
うと追求し続けて、イラクの旧政権からもアメリカ政府からも脅されました。
私たちは双方から攻撃されるのです。どこかで紛争があった際には、双方から反対さ
れるのです。多様な意見を伝えることにこだわり続けたからなんです。
最近出来たテレビはアルジャジーラつぶしのものです」
と、シャリフ氏は強い危機感をにじませた。
中東では「アルジャジーラ」に対抗し、イラク戦争前に、サウジ、ヨルダン、UAE(ア
ラブ首長国)など各国が出資し、『アルアラビアTV』(UAE・ドバイ本拠)を設立
し、UAE(アラブ首長国)も国営放送『アブダビTV』(アブダビ本拠)のニュー
ス枠を大幅に充実させて、3つどもえの報道合戦の第二ステージに突入してい
る。
『アルアラビアTV』のサラ・ナジム編集長は「戦争報道で質の高いニュース、
歴史的な背景にも迫る報道を心がけている」。『アブダビTV』のモハメド・ドー
ランチャド副編集長も「戦争報道では、一方に偏らないさまざまな視点、多様
な見方、意見をバランスをとって報道した」という。
3・・「アルジャジーラ」のスター記者・アツルーニ特派員の逮捕
取材から帰国した9 月はじめ、この戦争で最も有名な従軍記者の「ビンラディン」のビ
デオ映像を報道した「アルジャジーラ」のスター記者のタイシール・アツルーニ特派員
がスペインで「アルカイダの協力者であった!?」という容疑でスペイン警察によって
逮捕された、というニュースが飛び込んできた。
米英流の民主主義の根本である客観報道主義を学んで、ジャーナリズムの原則を
忠実に守った忠実に放送したことで、「アルジャジーラ」が攻撃される羽目になっ
たのは何とも皮肉である。
3
① 前坂俊之の経歴
前坂俊之(まえさか としゆき)
静岡県立大学国際関係学部教授。マスコミ論専攻。1943年生。毎日新聞
記者を経て93年から現職。著書に「戦争と新聞(上下)」「メディア学の現在」
「海軍大佐の反戦・水野広徳」「ブロードバンドコンテンツビジネス」など
多数。

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(181)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)①』『2014年現在の直面する5大国難は?!』ー 「福島原発の処理問題」「迫りくる大地震」「1000兆円突破 の国家債務」「急速に進む超高齢化・人口激減・少子化・ 認知症800万人」など、国難は複雑性を増している。 リーダーと同時に国民全体のインテリジェンス が求められる。』★『 「国、大なりといえども、戦いを好む時は必ず亡ぶ。国、平和といえども戦いを忘れた時は必ず危うし](史記)』

 2014/09/18/日本リーダーパワー史(524)(高橋是清のケー …

no image
リクエスト再掲載/日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信設備の兵站戦略こそ日清戦争必勝のカギ 「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」

日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信 …

無題
日本リーダーパワー史(712) 陸軍軍人で最高の『良心の将軍』今村均の 『大東亜戦争敗戦の大原因』を反省する②「陸海軍の対立、分裂」「作戦可能の限度を超える」 「精神主義の偏重」「慈悲心の欠如」 「日清日露戦争と日中戦争の違い」「戦陣訓の反省」

  日本リーダーパワー史(712)  『良心の将軍』今村均(陸軍大将) …

no image
終戦70年・日本敗戦史(134)満州事変報道で、軍の圧力に屈し軍縮論を180度転換した「朝日」,強硬論を突っ走った『毎日』,敢然と「東洋経済新報」で批判し続けた石橋湛山

終戦70年・日本敗戦史(134) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
「集団的自衛権の行使」について、政府の安保法制懇座長代理の国際大学・北岡伸一学長の記者会見(2/24)90分

    「集団的自衛権の行使」について、政府の有識者会議「安 …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(2)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』(連載70回中、21ー35回分)★『申報、英タイムズ、ルー・タン、ノース・チャイナ・ヘラルドなどの外国新聞の報道から読み解く』●『朝鮮半島をめぐる150年間続く紛争のルーツがここにある』★『「 日本か朝鮮を狙うのは有害無益な ことを論ず」(申報)』●『 西欧列強下の『中国,日本,朝鮮の対立と戦争』(英タイムズ)』●『 長崎事件を語る」 (日本は国力、軍事力で中国には全くかなわない)申報』

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 ㉑「 日本か朝鮮を狙うのは有害 …

no image
★『世界日本史/歴史メモ➀』-『西郷隆盛(南洲)のおもしろエピソード』★『お妾さんを囲うのではなく、猟犬2頭を飼っていた西郷どん』★『元勲となっても長屋に住む』

  藤田東湖と橋本左内を高くい評価した西郷隆盛   西郷隆盛 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より③」★『中華思想対西欧キリスト教思想の文明の衝突』★『自由、平等、人権、博愛精神の西欧思想が中国人には全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップが疑惑を増幅し戦争になった』

  明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』 支那(中国)人の脳中に …

no image
日中韓近代史の復習問題/『現在の米中・米朝・日韓の対立のルーツ』★『よくわかる日中韓150年戦争史ー「約120年前の日清戦争の原因の1つとなった東学党の乱についての現地レポート』(イザベラ・バード著「朝鮮紀行」)★『北朝鮮の人権弾圧腐敗、ならずもの国家はかわらず』

  よくわかる日中韓150年戦争史ー「約120年前の日清戦争の原因の1 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑰「甲申事変の処理をめぐる日中外交の展開」「申報」

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプションギャップ …