前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(650) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(43)『三国干渉』に日清戦争の立役者・川上大本営上席参謀はどう対応したか①『余の眼晴(がんせい)が黒いうちは、臥薪嘗胆10年じゃ』と

   

 

日本リーダーパワー史(650)

日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(43)  

国難『三国干渉』に日清戦争の立役者・川上操六

大本営上席参謀はどう対応したのか①

『余の眼晴が黒いうちは、臥薪嘗胆10年じゃ』と決然と言い放った

前坂俊之(ジャーナリスト)

三国干渉での川上操六の対応―

日清戦争の立役者・第一の殊動者は何といっても大本営上席参謀として用兵の枢機に参与した川上中将である。

野戦の指揮官、前線の軍司令官は、山県有朋(第一軍司令官)、大山嚴(満州軍総司令官)、野津道貫(第五師団長)、山地元治(第一師団長)、桂太郎(第二軍司令官)と先輩、同輩の一騎当千の第一線で指揮していた。

こうした猛将、勇将、闘将らの全体を束ねて、機略縦横、帷幄のうちで作戦を練りあげ、果敢に指揮し、勝ちを千里の外に獲得した謀略知将の統帥の采配ではモルトケ流の川上の右にでる者はなかった。まさに、空前絶後の名将と呼ばれたゆえんである。

日清戦争を総括してみると、初めの政府の方針は、朝鮮における日清両国の均勢をはかり平和的を解決を計るであった。しかし、川上は征韓論以来、30年にわたるわが国の混乱の元凶であった朝鮮問題を一挙に解決するためには、ここで、清国の傲慢を一挙にたたき、そのメンツをたたきつぶすしかないと決戦に打って出た。モルトケ戦略をそのまま適用、実行して、両雄の陸奥宗光外相とタッグを組んで、強引に開戦に持ち込んだ。

川上は普仏戦争をまねて、北京攻略をも視野に入れていた。

また、川上上席参謀は、陸海軍も一体的に指揮(ワンボイス).川上は当初より海上権の掌握が勝敗のカギを握るとみており、豊島海戦が終わるや否や、大本営は聯合艦隊に対し、敵艦を撃破すべしとの命令を下した。

ワンボイスの川上の一声である。9歳先輩の郷友の樺山 資紀(かばやま すけのり)中将は軍令部長は重責を帯びていたが、ー身を挺して「西京丸」に搭乗して、慎重な連合艦隊司令長官・伊東祐亨中将にハッパをかけた。この結果、黄海海戦はわが海軍の勝利に帰した。同じ薩摩閥の川上と先輩樺山の意気はピッタリとあっていた。

もう1つ指摘できるのは先輩,大将連に囲まれて川上中将の統率することの難しさである。大本営の川上中将と出征した大将連とのコミュニケーションギャップ、その調整、その緩和に手間取ったことは事実だが、これを見事に統制して20万の精兵を意の如く、遺算なく動かしてほぼ完勝の結果を残したのは大本営主席参謀として川上のインテリジェンス、マネージメントの勝利といえる。

当時、川上の大陸の指揮下には、陸軍の宿老としては山県第一軍司令官、大山第二軍司令官あり、その先輩たちと同輩としては野津第五師団長、山地第一師団長、桂第三師団長と大物がズラリを並んでいた。

参謀次長として大本営の作戦計画に参与している間は、「前線の判断優先」の行動をある程度認めざるを得ないが、この先輩・同輩たちに明治天皇裁可の統帥、指揮命令を下すのが川上上席参謀の任務であり、責任である。

この間の軋轢、製肘、板挟みの苦労が絶えなかったが、川上は万難を廃し、筋を通し統帥権を立てに山県を解任するなど、縦横無尽に統帥して戦果を挙げて最後の勝利を勝ち取ったのは、ひとえに川上のリーダーパワーの賜物だった。

『三国干渉』下る。

川上は、軍部の代表として、遼東半島割譲の最強硬論者だった。軍兵士の多教の犠牲をはらい、鮮血を注いで占領した土地を割譲するなどもってのほかで、政治上、国防上からも当然の要求であると考えていた。

日清戦争はアジア問題を解決するための序幕であって、次に来るべきのは、対ロ戦争であるとの認識を持っていた。その点で、遼東半島の割譲はわが国の大陸政策の欠くべからざる必須条件であるとの認識では山県も変わりなかった。

ただ軍部内に異論はあり、谷干城などは遼東半島、台湾割譲にも反対を態度をとっていた。

川上の予想に反し、講和会議成立直後に三岡干渉問題が起り、その恫喝、脅しで、遼東半島を放棄せざるを得なくなった。まさに青天の霹靂、痛恨事である。川上の心中察するにあまりある事態であった。

明治28年5月18日、小松宮彰仁親王征清大総督が旅順を出発して、凱旋の途につき川上は他の幕僚とともに随行し、21日、神戸に帰国、30日、東京に帰着した。

川上が30日、凱旋して新橋駅に到着するや、川上家の使者として曽木幸輔が出迎へて凱旋の祝辞を述べた。川上はただ『嗚呼(ああ)』と嘆声を一言もらしたのみであった。

翌日、曾木は川上にあって理由を質したところ、川上は自ら眼をさしていった。

「予の眼晴(がんせい)は黒いか」

曽木がうなずくと『余の眼晴が黒いうちは、臥薪嘗胆10年じゃ』と決然と言い放った、という。

川上が興した戦争と言われた日清戦争の大勝もつかの間、ハゲタカのような強国同士の「遼東半島」の強奪に、ビスマルク、モルトケの『大国はいざ自国の国益を守るためには。平気で国際法を踏みにじる行動に出る』との忠告をかみしめていた。

  • 川上は憤然として、遺恨10年を胸に『臥薪嘗胆(がしんしょうたん)』(将来の成功を期して苦労に耐えること。薪の上に寝て苦いきもをなめる意から。▽「臥」はふし寝る意。「薪」はたきぎ。「嘗」はなめること。「胆」は苦いきも。もとは敗戦の恥をすすぎ仇あだを討とうと、労苦を自身に課して苦労を重ねること)するが、その無念さがにじみ出ている。

日清戦争は川上だけでなく、日本にとっての初めての対外戦争であり『戦争とは外交であり。外交とは戦争である』というモルトの極意をまだ十分、会得していなかったのである。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉖』『アジアでの米国のプレゼンスに隙が出来れば、中国軍は電光石火の早業に・・

     『F国際ビジネスマンのワールド …

no image
速報(91)『日本のメルトダウン』ー脱原発に動き出した世界、何をしてよいかわからず『座して死を待つ』状態の日本

速報(91)『日本のメルトダウン』 脱原発に動き出した世界、何をしてよいかわから …

no image
日本メルトダウン脱出は可能か(596)●『世界経済を苦しめる需要低迷の呪い- 英FT紙)◎「1937年」の真の教訓とは何か」

    日本メルトダウン脱出は可能か(596) & …

no image
日本のメルトダウン(525)「人類はロボットによって二分されるのか」 「全く的外れな日本の「ドイツの脱原発を見習え」論」

  日本のメルトダウン(525)   ●「人類はロ …

no image
人気記事再録/『世界が尊敬した日本人⑧『地球を彫ったイサムノグチ』(2008年5月)★『世界から尊敬された日本人ではなく、日本主義と戦い、それを乗り越えることでコスモポ リタンとなった。』

2009/02/10 /『世界が尊敬した日本人⑧』   前坂 俊之 ( …

no image
日本リーダーパワー史(627)日本の安保法制―現在と150年前の「富国強兵」政策とを比較するー「憲法で国は守れるのか」×「軍事、経済両面で実力を培わねば国は守れない」(ビスマルクの忠告)

   日本リーダーパワー史(627) 日本の安保法制―現在と150年前の「富国強 …

no image
 日本メルトダウン(994)―『かつての「政財官」鉄のトライアングルの『日本株式会社』、「世界で最も成功した共産国日本」、「社会主義国家以上に社会主義的な日本の会社主義」は昔の夢、いまや「アジアの後進国」に転落し、「小中学生の数学テストではシンガポール、香港、韓国、台湾にぬかれて5位。これではIT競争力の復活は絶望的、日本沈没待ったなしを示す赤信号情報9本』●『  20代兄弟が生んだ1兆円企業、モバイル決済「ストライプ」の躍進』●『アジアの富豪一族資産ランキング」発表、日本は二家族がトップ50入り』

 日本メルトダウン(994)   20代兄弟が生んだ1兆円企業 モバイ …

no image
『日中韓150戦争史』(58)★「明治維新後の日朝交渉が長期に停滞した理由、「江華島事件」は起るべくして起った。

  『中国紙『申報』などからの『日中韓150戦争史』  日中韓のパーセ …

no image
終戦70年・日本敗戦史(65)徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑮ 日本は官学の形式、独善教育によって亡んだ。

 終戦70年・日本敗戦史(64) A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れた …

no image
★新連載<片野 勧の戦後史レポート>①「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)①『婦人参政権の獲得 ■平和なくして平等なし』(市川房枝の活躍)

  「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)① 片野 勧(フリージャーナリス …