前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

森田実氏が書評で絶賛した新刊紹介『8・15戦災と3・11震災―なぜ悲劇は繰り返されるのか』(片野勧著、第三文明社刊)

      2015/01/01

                                                                                                       新刊紹介

『8・15戦災と3・11震災―なぜ悲劇は繰り返されるのか』   片野 勧著   第三文明社刊  2,200円(税別)

 

人間をかえせ! ふるさとをかえせ! ――戦災と震災を体験した壮絶な人生に迫る渾身
のドキュメント!



[目次]
はじめに

第一章 ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ
 Ⅰ 二つの国策に翻弄されて
 Ⅱ 原発は人類と共存できない
 Ⅲ 長崎で被爆した

第二章 3・10東京大空襲から3・11東日本大震災へ
 Ⅰ 東京の空は真っ赤だった
 Ⅱ 戦災孤児と震災孤児

第三章 仙台空襲と津波
 Ⅰ 山河破れて国有り
 Ⅱ 地方中小都市は「無防備都市」だった

第四章 艦砲射撃・釜石と津波

 Ⅰ 曖昧なまま放置される戦争責任
 Ⅱ 徹底した防災教育

第五章 郡山空襲と福島第一原発
 Ⅰ 「大本営」の虚偽・誇大報道
 Ⅱ 内部被曝の恐ろしさ

第六章 サハリン引き揚げと福島第一原発
 ポツダム宣言受諾を拒否

第七章 中国引き揚げと福島第一原発
 原発さえなければ

第八章 特攻とフクシマ
 生命を賭けた若い航空兵たち

第九章 原町空襲と福島第一原発
 Ⅰ わが町わが村の〝私たちの戦争体験〟
 Ⅱ 明かりのない〝死の町〟

第十章 第四の震災県青森・八戸空襲と津波
 Ⅰ 全国有数の漁業基地
 Ⅱ 戦没者慰霊碑(英魂之碑)の前に立って
 Ⅲ 地球上で最も美しい場所
おわりに

[著者プロフィール]

片野勧(かたの・すすむ)

1943年、新潟県生まれ。フリージャーナリスト。日本ペンクラブ会員、日本マス・コミュニケーション学会会員。著書に『メディアは日本を救えるか』(蝸牛社)、『マスコミ裁判一戦後編』(幸洋出版)、『日本の空襲』(第二巻、共著、三省堂)、『捏造報道一言論の犯罪』(音羽出版)、『戦後マスコミ裁判と名誉殿損』(論創社)、『明治お雇い外国人とその弟子たち』(新人物往来社)ほか。

 

森田実の言わねばならぬ 2014.7.2(その6)

平和・自立・調和の日本をつくるために【732

《本を読む》片野勧著『8.15戦災と3.11震災』(第三文明社、2014年7月3日刊、2200円+税)/人間をかえせ!ふるさとをかえせ!戦災と震災を体験した壮絶な人生に迫る渾身のドキュメント!

「人生は大(おおい)なる戦場である。作者は則ちその従軍記者である」(島崎藤村)

 

本書の著者の片野勧さんには申し訳ないのですが、「片野勧」とい名は本書で初めて知りま
した。私は新人ノンフィクションライターかと身勝手に思い込み、読み始めました。読了し驚きました。凄まじいほどの取材力、粘り強さ、とくに丹念さに圧倒されました。

これほどの徹底的取材をする高い能力をもつノンフィクションライターの登場によって日本のノンフィクション界に新風を吹き込むことになるのではないか、と感じました。


 ところが本書奥付のプロフィールを見ると、すでにかなりの著書を書いておられます。年齢もそれほど若くはありません。片野勧という高い能力をもつノンフィクションライターの存在を知らなかったのは、私自身の不勉強すなわち自分自身の愚かさの結果だと気づきました。片野勧さんは新聞記者、編集者として長年研鑽を積んでこられたベテランのジャーナリストなのです。


 [「8.15」と「3.11」]というテーマの設定は、たいへんオーソドックスなものだと思います。「8.15」とは「1945(昭和20)年8月15日」のことです。「3.11」とは「2011年3月11日の東日本大震災」のことです。この2つの大事件(大災害)を歴史の節目としてとらえる視点は、日本の現代史の正しいとらえ方だと思います。


 1945年8月15日を境に日本は大きく変わりました。価値観も変わりました。皇国史観に代わって欧米の社会科学が尺度になりました。天皇制に代わって議会制民主主義が国の柱になりました。 1945年を境にして日本はアメリカ型合理主義の価値観によって支配される時代になりました。


 このアメリカ合理主義の時代を「3.11」が終わらせました。東日本大震災による大災害により日本人の価値観は「アメリカ型合理主義」から「自然尊重・宗教重視」の価値観に変わったのです。「科学」中心から「宗教」中心時代に変わったのです。私はこのような視点から、著書を書きたいと思いながら、執筆できぬまま、3年以上の歳月が流れてしまいました。


 片野勧著『8.15戦災と3.11震災』を読み始めてすぐに、これはすごい著書だと思いました。片野氏は真実をもって語らしめるというノンフィクションライターの本道を進んでいるのです。このために旺盛なエネルギーを発揮して、多くの人に会い、現場に立ち、真実を追いました。50人を超える生きた証言によって「8.15」と「3.11」の連続性と非連続性を見事に描き出したのです。


 片野進氏のプロフィールを本書の奥付から引用します。

1943年、新潟県生まれ。フリージャーナリスト。日本ペンクラブ会員、日本マス・コミュニケーション学会会員。著書に『メディアは日本を救えるか』(蝸牛社)、『マスコミ裁判一戦後編』(幸洋出版)、『日本の空襲』(第二巻、共著、三省堂)、『捏造報道一言論の犯罪』(音羽出版)、『戦後マスコミ裁判と名誉殿損』(論創社)、『明治お雇い外国人とその弟子たち』(新人物往来社)ほか。》


 偉大な実力をもったドキュメンタリー作家の登場を、日本のジャーナリズムのために喜びたい気持ちです。多くのこの時代の生き証人が登場します。よく名の知られた人もいます。しかし著名であるか否かは、その人の人生の価値を決めるものではありません。

社会の一隅を照らし続けてきた人々の真実の人生が解き明かされました。全国民の皆さん、本書を読んでください。日本民族の歴史がここに描かれています。

 

 - 戦争報道 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
世界史の中の『日露戦争』⑭<インテリジェンスの教科書としての日露戦争>『ノース・チャイナ・ヘラルド』

  世界史の中の『日露戦争』⑭ 英国『タイムズ』米国「ニュー …

no image
日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』『中国紙『申報』 からみた「中国が行っている冊封の儀と 属国の国力強化について」(1884(明治17) 年2月9日付)

日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』130年前の『中国 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『トランプ米大統領とホワイトハウスの内情を暴く『Fire and Fury』は全米でベストセラー1位に』★『ほら吹き、ナルシズム、攻撃的性格のトランプ氏の「精神状態」を専門家70人から「認知症検査」を求める声』

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 ドナルド・トランプ米大統領とホワイトハウ …

no image
 日本メルトダウン(992)-『トランプ氏、キューバ国交再断絶を示唆 「より良い取引」要求』●『イラク派遣隊員29人が自殺 帰還隊員らが語ったPTSDの恐怖』★『“トランプ人事”で地金が見える? 躍起の各国と喜色満面・安倍首相が得た「果実」』●『焦点:債券から株への「大転換」、今回は本物の可能』◎『GPIFに現れた予期せぬ助っ人、収益増へ力強いレバレッジ効果』◎『ゆがむ韓国経済、財閥偏重の「疑似資本主義」が迎えた限界』●『東芝がまた不正会計、ついに「監理銘柄」入りか』

 日本メルトダウン(992) トランプ氏、キューバ国交再断絶を示唆 「より良い取 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1051)>『無知の虚人』トランプの暴走運転で「大統領機(エアーフォースワン)」は墜落急降下過程に入った。』●『コラム:ロシア疑惑、トランプ氏の弁護に4つの「落とし穴」』★『トランプのロシアゲート コミー証言で瀬戸際』★『駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏』●『共和党内は「トランプ後」に向けてそわそわ』●『日本はAIIBに参加すべきではない–中国の巨大化に手を貸すな』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1051 …

no image
『日本敗戦史』㊱『近代最大の知識人・徳富蘇峰の語る『なぜ日本は敗れたのか➁』「リーダーシップ・長期戦略の欠如」

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊱   『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―『 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(88)若槻泰雄「日本の戦争責任」ー「どうして日本の軍隊は残虐行為をしたのか」「バターン死の行進」①

  終戦70年・日本敗戦史(88) 若槻泰雄「日本の戦争責任」ー 「ど …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(82)記事再録/ ★明治日本の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」『官僚制度』を作った大久保利通の最期の遺言①』★『地方会議を開催して、旧体制、無能な役人、官僚をクビにして大号令を発する日に、会議に臨む途中で大久保内務卿(実質的な総理大臣)は暗殺された。今、<超高齢少子化人口減少社会>の危機を前に、その行財政改革失敗の遠因が大久保の作った官僚制度であることを考えると、大久保の決断とビジョンを振り返ることは大変有益であろう。』

2012-04-14 /日本リーダーパワー史(252)再録   大久保 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなるー『2018年、米朝戦争はあるのか』③『歴代米大統領がこれまで米朝戦争に手を出さなかった理由』★『「選択肢は予防戦争しかない」―米外交誌「ナショナル・インタレスト」の衝撃レポート』★『ジョセフ・ナイ教授は「キンドルバーガーの罠」について警告』

『2018年、米朝戦争はあるのか』③ 『アメリカ国内の米朝戦争への危機感は日本よ …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねるー英『タイムズ』が報道する120年前の『日清戦争までの経過』③-『タイムズ』1894(明治27)年11月26日付『『日本と朝鮮』(日本は道理にかなった提案を行ったが、中国は朝鮮の宗主国という傲慢な仮説で身をまとい.日本の提案を横柄で冷淡な態度で扱い戦争を招いた』

記事再録 英紙『タイムズ』が報道する『日・中・韓』三国志 <日清戦争はなぜ起こっ …