前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(208 )』★『サウジ主導で中東3カ国がカタールとの外交断絶-湾岸危機深刻化 』●『トランプは、中東でサウジを中心としたスンニ派連合を再結成して、イランを中心とするシーア派連合と対峙する古典的な戦略をとる様です。』

      2017/06/07

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(208)』

サウジ主導で中東3カ国がカタールとの外交断絶-湾岸危機深刻化 – Bloomberg

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-05/OR20KF6JTSL501

 

サウジなど中東5カ国がカタールと断交 「テロ集団を支援」と非難

http://www.bbc.com/japanese/40156001

 

米大統領、在イスラエル大使館のエルサレム移転を先送り

http://jp.reuters.com/article/usa-trump-israel-idJPKBN18T067 

空虚な言葉だけが飛び交った、自覚なきトランプの中東歴訪

http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2017/05/post-31.php

 <F氏のコメント>

 先日のトランプ  サウジアラビア訪問 の際の、イスラム過激派を一掃しろと言う、トランプの要請に従った結果です。

エルサレム ポスト紙によると、カタールはパレスチナのハマスやレバノン ヒズボラ、エジプトのイスラム同胞団など

イスラム過激派幹部の別宅、別荘があったり、イランとの連携も緊密で、以前から過激派へ資金提供をして来た強力なシンパだそうです。

どうやらJPOSTによれば、トランプは、中東でサウジを中心としたスンニ派連合を再結成して、イランを中心と

するシーア派連合と対峙する古典的な戦略をとる様です。

今  早稲田の桜井啓子教授の「シーア派」中公文庫を読んでいますが、数的には極めて劣勢なシーア派、

イランの大規模な宗教学院には全世界からシーア派教義の留学生が引きも切らず、

スンニ派に比べてアヤトゥーラを頂点とした遥かに強固な組織作りが出来ています。

インドネシアのイスラム教徒の教育までやっています。

イランの最高指導者ハメネイが全世界のシーア派教徒に暴力ジハードを宣言すれば、

ISISレベルのテロではおさまらないのでは?自国のリスクも極大にはなりますが。

又イランのミサイル、核技術は北朝鮮の全面協力に支えられています。イスラエルが最も恐れるところです。

何にしましても、イランの軍事、外交活動、最高指導者の言動から益々目が離せません。

又JPOSTは中東和平は、イラン後見人のプーチンとトランプの話し合いが成立しなければ、

成功しないと断言しています。

 - IT・マスコミ論, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(277)『世界危機”不安は喉元を過ぎて忘れられたのか」●『橋下徹氏とテレビ」「日本の家電はガラパゴスへの道』

速報(277)『日本のメルトダウン』  ◎『世界危機”不安 …

images
日本リーダーパワー史(659) 『昭和の大宰相・吉田茂のジョーク集』②歴代宰相の中でも一番、口の堅い吉田じいさんは公式でも突っけんどんな記者会見に終始、新聞記者と個人的に会談した事実は少ない。『総理番記者』は『新聞嫌いの吉田ワンマン』取材用に生まれた」●「伊藤博文の大磯邸”滄浪閣“を買取り、自邸の『海千山千楼』に改築した。

  日本リーダーパワー史(659) 『昭和の大宰相・吉田茂のジョーク集』② 歴代 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』VW不正事件―4兆円どころか、もっと天文学的数字になるのではない でしょうか?何にしても、一人のリーダーの狂気が悲劇的な結末を招いたのです。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』 VW不正事件―4兆 …

no image
梶原英之の政治一刀両断レポート(1)「政治の売り切れ」救うのは総選挙――『敗戦』に政治ゴタゴタはつき物

梶原英之の政治一刀両断レポート(1)   「政治の売り切れ」救うのは総 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(56)記事再録/<国難日本史ケーススタディー④>林董(ただす)の『日英同盟論を提言ー欧州戦争外交史を教訓に』 <「三国干渉」に対して林董が匿名で『時事新報』に日英同盟の必要性を発表した論説>

2012-03-10 /<国難日本史ケーススタディー④>林董(ただす)の『日英同 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑤ 「ノース・チャイナ・ヘラルド」<1906(明治39)年 6月29日付>の論評「朝鮮の情勢』など

 「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併合への道 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(36)記事再録/『東西冷戦の産物として生れた現行憲法』★『わずか1週間でGHQ(連合軍総司令部)が作った戦後憲法草案①』★『「マッカーサー憲法」草案は4日から10日までのわずか1週間の超スピード作業でつくられ、十二日に印刷されたが、この間、厳重な機密保持が成功して、日本側には一切知られることはなかった。』

    2013/01/04 &nbsp …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉗「長崎事件に対しての英側の見解」(英「ノース・チャイナ・ヘラルド」)

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
新刊出版です-「カメラがとらえた昭和巨人伝―昭和の100人 (洋泉社MOOK)」(団塊世代には超懐かしの本ですよ)

   「カメラがとらえた昭和巨人伝―昭和の100人 (洋泉社 …

no image
<国難日本史ケーススタディー④>『日英同盟論を提言するー欧州戦争外交史を教訓に林董の外交論』②

<国難日本史ケーススタディー④> 林董(ただす)の外交論を読む② 『日英同盟論を …