前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

クイズ>国難の研究―誰が日本を潰したのか・東郷平八郎が日米戦争反対の海軍軍令部長をどなりつけた開戦のトラウマ

      2015/01/01

               <クイズ>国難の研究―誰が日本を潰したのか
 
日本海海戦で完勝した聖将・東郷平八郎が日米戦争に反対の海軍
軍令部長をどなりつけた。これがトラウマとなり、昭和
16年の開戦
決定の海軍賛成につながった『歴史秘話』。
 
                前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
以下は昭和戦前の新聞界きっての海軍記者・新名丈夫(毎日新聞)の東郷平八郎の功罪、老害についての秘話である。歴史の因果関係、歴史上の人物の表裏、功罪を知る上で、大変参考になる。いま、第3の敗戦に当たって、かって戦後復興、経済発展を担ったトップが政財官、マスコミ界、学会の長老組となって、居座って保守老害化して、国を誤らせているケースが再び繰り返されている。
 
 
 
新名丈夫『秘録大東亜戦争、開戦太平洋編』(富士書苑1954年)より、>
 
 
 
  神様でなかった東郷元帥
 
 
 1931(昭和)年9月満州事変がひきおこされた当時、ある日のことであった。
 谷口尚真(たにぐち なおみ)大将は、
「満洲事変を、ひきおこしてはならない」と、事件に反対していた。それにたいして東郷元帥が海軍省に出むいて行って、どなりつけたのである。
 
 谷口大将は主張した。
「満州事変は結局、対米英戦争となるおそれがある。それにそなえるためには軍備に35億円(当時)を要する。日本の国力ではこれはまったく不可能なことである」というのであった。
 
 東郷元帥は烈火のように怒った。
 「そんなことをいうなら、軍令部は毎年作戦計画を陛下に奉っているではないか。いまさら対米戦争ができぬというならば、陛下に嘘を申しあげていたことになる。また、東郷も毎年この計画に対し、よろしいと奏上しているが、自分も嘘を申しあげたこととなる。いまさらそんなことがいえるか」
 
 東郷元帥のいうことはまったく理屈にならぬ屁理屈であった。軍令部とか参謀本部が毎年作戦計画をたてて御裁可を受けるのは、万一にそなえるための単なる平時の計画にすぎないのであって断じて戦争計画ではない。
ことはどこの国でもおなじである。
 
  東郷元帥の、あまりといえば、あまりの暴論に、谷口軍令部長はあつけにとられて、黙ってしまった。
 東郷元帥の怒りは、ほんとうは前の年のロンドン軍縮のときのいきさつから出ていた。東郷元帥は非常な強硬派であったが、谷口大将は条約派であった。強硬派の軍令部長の加藤寛治が帷幄上奏(いあくじょうそう)まで決行して、辞職したあとを、谷口が部内をおさえ、外部の策動にも動かなかった。
いらい谷口と加藤の対立は尖鋭化していた。
 
加藤はたえず東郷元帥に谷口の悪口を訴えていた。元帥はこれに動かされ、谷口は何事にも弱いと非難していた。
 
 東郷元帥の、谷口にたいする腹いせが転じて海軍の平和主義にたいする痛罵となった。アメリカにたいして戦争ができぬというのか、という悪罵になった。もし、そうなら、毎年うそいつわりの作戦計画をつくり、それを奏上していた責任をおうて、大臣も部長も腹をきれ、自分もその際をきろう、というのである。
 
 相手は、日本海軍で神様のような存在の東郷元帥であった。なんびとも東郷に反対することはできなかった。批判することさえできなかった。東郷平八郎は絶対であった。元帥の叱咤-東郷元帥のこのときのことばが、ついに日本海軍をあやまらせ、ひいては日本を亡ぼすものとなってしまったのである。
 
満州事変にも、その後の支那事変にも、三国同盟にも、さらには太平洋戦争にも、海軍はなぜ反対をおし通すことができなかったか、国民の疑問とするところであるが、その根本はここからきていた。海軍は戦争はできぬ、ということがいえなかったのである。海軍は戦争はできぬという言葉が、このときいらいタブーになってしまった。
 
 第三次近衛内閣の和戦決定のとき、陸軍は海軍にたいして、海軍は戦えぬといってくれ、と申し入れたのにたいし、海軍がついにそれをいえなかった根本は遠くさかのぼって、この東郷元帥の一喝からきている。東郷のことばはそのまま部内のタブーとなっていた。そして、十年後の第三次近衛内閣の海相・及川古志郎の頭を支配していた。
 
 単に、戦えるか、戦えぬかを割切らなかっただけではない。責任のがれも考えたのである。
 
 和戦決定の重大問題に直面しながら、海軍部内では、軍令部も海軍省も、近衛から下駄をはかせられるな、ということをいった。
 
 そして、及川海相は近衛首相にたいし、
「海軍によって陸軍をおさえ得ると思われているかもしれないが、閣内一緒になっておさえなければだめである。総理が陣頭に立たなければだめである」
 
という態度にでた。荻外荘(てきがいそう)会見の2日前、鎌倉の近衛の別荘に、及川海相が呼ばれたときのことであった。
 
 東条陸相から海軍にたいし申し入れがあったとき、海相は「海軍として返事すべきではない。首相が解決すべきものである」と逃げたのである。
 
 「なぜ、男らしく、戦えぬといわなかったのか いかにも残念である」 と新名は痛切に思った。-

 太平洋戦争が惨敗に終った年の幕から翌年にかけて、海軍で生き残った最高首脳者が何回も集まって戦争を検討する会を開いたとき、井上成美大将が及川大将に食ってかかった。
 
 「全責任は私にある」
 
 及川大将は答えた。そして、それがいえなかった二つの理由をあげた
 
第一が満州事変当時の東郷元帥のどなり込みであった。
 
第二には「近衛に下駄をはかせられるな」という部内の論であった。
 
 東郷元帥は日本海海戦の英雄ではあったかもしれないけれども、元帥の言動は日本海軍には大きなわざわいをなした。
ロンドン軍縮のとき、元帥は海軍の最長老としては、海軍の軍紀-軍は政治に干与すべからずーということについてこそ、発言すべきであるのに、単純な元帥は部内の一部のみか部外の策動にのり、事態を紛糾させて、非常な問題を起した。
 
 第二次世界戦争の発火点となった満州事変にさいしても、前途を深憂する首脳者にたいして、かくのごとき言動をし、それがついに太平洋戦争の開戦にまでひびいた。
 
 さらに、さかのぼっていえば、そもそも日本海海戦というものが、いかにも東郷艦隊の猛訓練で鍛えられた百発百中によって、ロシア艦隊を盤破したように宣伝され、訓練ということが日本海軍の神話にされ、ワシントン軍縮のときも東郷元帥は、訓練に制限なしと叱咤したものであるが、東郷を英雄たらしめた当の日本海海戦は、実は決して訓練だけによって敵を撃渡したのではなく、科学によって勝ったのである。
 
   
 日本艦隊の大砲の照準装置には、レンズが入っていたのに、ロシア艦隊はクロス・へアの照準器しか持っていなかったからなのである。その事実をいわずして、ただ精神をいったのであった。
 
 ことはネルソンの場合も同じである。一八〇五年十月二十一日、トラフ7ルガルの海戦でネルソソはフランス艦隊を撃減し、ナポレオンをして、永久に英本土上陸を断念させ、いらい今日にいたるまで世界海軍の英雄にまつりあげられているが、かれの勝利も、たまたま英艦隊が風上にあって敵と会したことが、決定的な勝因であったのだ。
 
 だが、それはいわれずに、ただ、ネルソン功だけがたたえられた。科学がすべてである近代の海戦において、科学によって勝利を得た艦隊司令長官が、神様あつかいをされていたところに、歴史を間違えて国民を誤まらせた悲劇がある。
 
<新名丈夫『秘録大東亜戦争、開戦太平洋編』(富士書苑1954年)より、>
 
 
 
 
 
 
 
 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(818)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉝『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑤』★『児玉は日露外交交渉は不成立の見通しを誤る』★『ロシア外交の常套手段である恫喝、武力行使と同時に、プロパガンダ、メディアコントロールの2枚舌外交に、みごとにだまされた』

 日本リーダーパワー史(818)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」し …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(20 )尖閣問題で一触即発!『尖閣事態、米国識者は日本の国家危機とみている』●『中国の脅威で必要性高まる改憲 アジア専門家が指摘 古森義久』●『「尖閣諸島」…中国の傍若無人ぶり強い姿勢で報道する』●『中国はなぜ尖閣で不可解な挑発行動をエスカレートさせるのか』●『米外交専門誌「尖閣で日中衝突なら中国が5日間で勝つ」』

   日中北朝鮮150年戦争史(20 ) 尖閣問題、中国の主張には2つの誤りがあ …

no image
世界/日本リーダーパワー史(958)『ファーウェイ幹部逮捕で本格化、米国の対中防諜戦米国と諜報活動協定を結ぶ国が増加中』★『 AIの軍事利用で世界最先端を進み始めた中国』★『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー』

世界/日本リーダーパワー史(958) 『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑬『開戦5ヵ月前の『英ノース・チャイナ・ヘラルド』報道―『開戦の直接原因となった『鴨緑江の竜岩浦(朝鮮領)に軍事基地を建設したロシア』●『英タイムズが報道した『ロシアの極東総督に強硬派のアレクセーエフ提督が就任』

     『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑬ 1903(明治3 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑰『開戦4ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』報道ー『ロシアがもし撤退を遅らせるなら,世界の前で破廉恥な背信を断罪される』●『ロシアの日本に対する待遇は協調的とは逆のもので,現実に欲しいものはなんでも取り,外交的にも,絶大な強国のみがとってはばからぬ態度で自らの侵略行為を正当化している』★『ロシアの倣慢な態度は,人類に知られた事実に照らし,正当化されない』

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑰ 1903(明治36)年10 …

no image
日韓コミュニケーションギャップの研究(2003/11/27)-「一番近くて遠い国・韓国」★『日韓両国、国民のスレ違いを生む歴史、宗教、国民性、民族的、文化的な背景の違いを考える』

日韓コミュニケーションギャッについて(2003、11、27)           …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(150)再録★<『英タイムズ』(1906(明治39)年12月28日付記事)が報道したよくわかる日本史『海洋民族/海洋国家日本の900年の歴史★蒙古襲来から日露戦争までの海の道>―今こそ、第3の鎖国を解き、アジア太平洋海洋国家へ飛躍しようせよー

    2011/11/28 &nbsp …

no image
 日本リーダーパワー史(831)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )③』★『ル大統領だけでなく、ヘイ外務大臣、海軍大臣とも旧知の仲』●『外交の基本―真に頼るところのものはその国の親友である』★『●内乱寸前のロシア、挙国一致の日本が勝つ』

2011年12月18日<日本最強の外交官・金子堅太郎③> ―「坂の上の雲の真実」 …

no image
日本リーダーパワー史(242)『150年かわらぬ日本の弱力内閣制度の矛盾』(日本議会政治の父・尾崎咢堂のリーダーシップ)

日本リーダーパワー史(242)   <日本議会政治の父・尾崎咢堂 …

no image
日本リーダーパワー史(614)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑨『日中韓の誤解、対立はなぜ戦争までエスカレートしたか」ー中国・李鴻章の対日強硬戦略が日清戦争の原因に。簡単に勝てると思っていた日清戦争で完敗し、負けると「侵略」されたと歴史を偽造

    日本リーダーパワー史(614) 日本国難史にみる『戦略思考の欠 …