前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(141)』『ロシア機墜落ー中東情報は、やはりイギリスが早い。BBCの報道が常に他を圧しています」

      2015/11/07

  • 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(141)』

  • 『ロシア機墜落ー中東情報は、やはりイギリスが早い。

  • BBCの報道が常に他を圧しています」

  • BBC News: Sinai plane crash: Russia ‘should suspend Egypt flights’

    http://www.bbc.com/news/world-europe-3474321

BBC News: Russian plane crash: Russia suspends Egypt flights‏

http://www.bbc.com/news/world-europe-34743216

<F氏のコメント>

とうとうプーチンも、ロシア機のエジプト行きを中止しました。ロシア セキュリティー トップの進言を受け入れた格好です。

エジプト観光客のトップはロシアからで、30%を占めるそうです。プーチンは最後まで我慢して、サッサと逃げたイギリス他 西欧諸国に比べて、点数を稼いでいます。

エジプトの観光業、そしてエジプト政府への打撃は底無しです。

出発直前に貨物室に爆弾を置いた、という報道に各紙収斂しています。

フライトレコーダー、ボイスレコーダーいずれも、爆発瞬時まで健全に作動していたとも伝えています。

私見ですが、ムスリムのスンニ派が多数を占める中東は、ISのシンパがゴロゴロいる訳ですから、空港の保安検査要員の抱き込み など容易い?事で、これから同種の事件が続発するのではありませんか?

次は、ISへの本格的な爆撃を開始したトルコの民間機がターゲットでは⁇

 

BBC News: Sinai plane crash: Russia ‘should suspend Egypt flights’

http://www.bbc.com/news/world-europe-34743216

  • <F氏のコメント>

    BBCの報道が常に他を圧しています。爆弾が貨物室に置かれていた、と断言しています。

とうとう しびれを切らして、ロシアのセキュリティー部門トップが、最終的に原因が特定されるまで、エジプトへの飛行をやめるべきと言い出しています。 威信を重視するプーチンがどうするか?見ものです。

BBC News: Russian plane crash: Curbs on Sharm el-Sheikh travel widen‏

http://www.bbc.com/news/world-europe-34740887

 

<F氏のコメント>

イギリスがシャルムエルシェイク空港への発着を禁止しましたら、西ヨーロッパ諸国が一斉にこれに追随しています。じゃじゃ漏れのセキュリティーチェックだった様です。杜撰なチェックは中東一だったとか。

唯、被害者ロシアは、事故後もいつも通り飛ばしている様です。面子に賭けてもISには負けないぞ、という事でしょうか? プーチンのこの後の対応が見ものです。乗客の命よりも国家の威信を大事にしています?

現地に滞在する英国人は、手荷物のみ機内持ち込みが許され、貨物は不可の条件でドンドン帰国させている様です。エジプト政府のセキュリティーチェックを全く信頼していません。

ムバラク政権時代のエジプトは、シナイ半島はバス路線でイスラエルと往き来出来ました。今では、シナイ半島はエジプトきっての、反政府勢力の跋扈する危険地帯になっているそうです。

BBC News: Russian plane crash: Curbs on Sharm el-Sheikh travel widen‏

http://www.bbc.com/news/world-europe-34740887

VW、ガソリン車9万8千台も不正…独運輸相 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)‏   http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20151105-OYT1T50048.html?from=ytop_main4

<F氏のコメント>

<F氏のコメント>

この記事、いよいよ ガソリン車にも火が点き始めました。車全部にやっているのでは⁇

工業技術の開発に必死に取り組む他メーカーを
横目に、管理ソフトで誤魔化して涼しい顔をしている。いずれバレテ大事になると思わない精神、やはりドイツ人の狂気、地球全体を誤魔化す事の罪の意識が無い。

E・トッドが、ドイツの経営者にもクレイジーが出てくると、言っていますが、その通りになりました。

 

ロシア機墜落で動向が注目される「爆弾のプロ」ーISシンパの世界では「大成果」、模倣する者が続出か

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45193

シナイ半島のロシア機墜落をめぐる各国の思惑とは?

http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2015/11/post-784.php

エジプト行き全旅客便運航停止、ロシア「保安改善確認まで」

http://jp.reuters.com/article/2015/11/06/russia-egypt-flight-idJPKCN0SV2HU20151106

オバマ、ロシア機墜落は爆弾が原因の「可能性」

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/11/post-4075.php

ロシア機墜落、「イスラム国」が機内に爆弾設置の可能性=関係者

http://jp.reuters.com/article/2015/11/05/egypt-crash-usa-bomb-idJPKCN0ST33220151105

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(859)「アメリカ初代大統領・ワシントン、イタリア建国の父・ガリバルディと並ぶ世界史の英雄・西郷どん(隆盛)ー奴隷解放に取組む」★『奴隷解放』のマリア・ルス号事件がある。

  「世界史の英雄・西郷どんー奴隷解放に取組む」                 …

no image
百歳学入門(95)「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>10ヵ条③ー「天才は1%の霊感と99%が汗である」

   百歳学入門(95)  「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>③ & …

no image
<最強の外交官・金子堅太郎⑨>『外交交渉の極致―ポーツマス講和会議で日本を支持したルーズベルト大統領』(終)

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑨>  ―「坂の上の雲の真実」ー 『外交 …

no image
◎『「申報」からみた「日中韓150年戦争史」(77)下関条約1ヵ月前『中国は絶対に倭人の領土割譲要求を許すわけ にはいかないを諭す』

  ◎『「申報」からみた「日中韓150年戦争史」 日中韓のパーセプションギャップ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(194)』★『BBCがリオの閉会式、安倍首相のマリオ姿で土管から出てきたサプライズを報道!』● 『安倍マリオ、海外の人たちが大喜び「こんなすごい光景見たことない」【リオ五輪】●『 五輪閉会式、「安倍マリオ」が話題に!世界の反応は?』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(194)』 Tokyo …

no image
速報(34)『日本のメルトダウン』47日目ー『事故とリーダーシップ、日本経済の転落が始まる』

  速報(34)『日本のメルトダウン』47日目 ◎『事故とリーダーシッ …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』 &nb …

no image
日本リーダーパワー史(863)『昭和15 年の東京大会は幻のオリンピッ クに終わった』★『グローバリズムの中での『大相撲騒動』の行方ー 「田舎相撲」か「国際スポーツ・SUMOU」かーその瀬戸際にある』

グローバリズムの中での『大相撲騒動』の行方ー 「相撲」か「SUMOU」かーその瀬 …

ダウンロード-1-150x150
 ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(9)『金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」● 『(日本軍の出兵に対して)彼等の驚愕想ふ可し』は現在の日中韓北朝鮮外交 に通じる卓見、戦略分析である』★『近年、日本のアジア政略は勉めて平和を旨とし事を好まず、朝鮮は明治十七年の甲申事変以来、 殆んど放擲し、清国関係には最も注意して事の穏便を謀り、言ふべきことをいわず、万事円滑 を旨としたのは、東洋の平和のため』★『傲慢なる清国人らの眼を以て見れば、日本人は他の威力に畏縮して恐るに足らずと我を侮り、傍若無人の挙動を演じている』

  ★5日本リーダーパワー史(776)ー   ★『アジア近現代史復習問題』 福沢 …

no image
日本リーダーパワー史(607)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』③「高杉晋作のインテリジェンスがなければ、明治維新も起きず、日本は中国、朝鮮の二の舞になっていたかも知れない」

   日本リーダーパワー史(607) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落 …