前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変③』- 『ドイツ、ロシア、フランス、イギリスらの清国侵略に民衆が立ち上がった義和団事件が勃発』★『清国侵略の西欧列強(英国、ドイツ、フランス、ロシアら)の北京公使館は孤立し、敗北の危機に陥り、日本に大部隊の出兵を再三、要請した。日本側は三国干渉の苦い教訓からなかなか出兵に応じず・』

   

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変③』-

7月6日、日本政府は「北清事変の出兵」の閣議決定を行なったが、その戦略的な分析、要旨は次の通りである。

 過日、北清の事変に対し閣議決する所の要旨は、我国の責任頗る重大なると、財源豊ならず軍資乏しきを以て、先づ英国、その他の各国に照会し、然る後に方針を決定しようとしたが、形勢は日に日に危機的状況となり、猶予できなくなった。

更に列国の援軍が未だ速に到着せず、北清国の形勢が益々急を告げ、列国の運命はほとんど我国の決意如何に係ることが明白になってきた段階で、我国は

①列国を助けて長駆、北京を突くか、

②又は天津連合軍の急を救い、その敗北から脱れさせるか、

の二者其択一を迫られた。

 現在、清兵は北京と盧台方面より天津を合同で攻撃しようとしており、その距離は近いが、天津にある列国連合軍は二万を超えず、孤軍で立てこもっており、その城壁、塁壁は堅牢でなく糧食も不十分のため、敵の攻撃に長く耐えられない。

そのため、英国はインドより、フランスはベトナム(安南)は、東京より、それぞれ援軍を派遣してこれを救おうとしているが、その大沽に到着するのは本月下旬より八月上旬以降のことである。

ドイツ本国からの援軍に至っては、距離的に最も遠いため早くても九月初旬となる。外からの救援はこず、内は大沽、天津の道を絶たれ、糧食、弾薬も尽きてまもなく冬がくれば、天津は遂に陥落をまぬがれないだろう。

もし天津にして陥落せば、大沽もまた守ることはできず、不幸にも全軍滅亡を見るに至るやもしれず。

もし不幸にしてこの敗北をみれば、四方の義和団の暴徒が相競って反乱を起こし、南西地方に波及すれば、その勢は各地総督の力を持ってしても制することは不可能である。

全清国を挙げての無政府状態となるであろう。この時に当っては、列国に大兵ありといえども、これを容易に鎮圧することはより困難となる。

以上を軍略上から検討すると、我国はよろしく先づ2、3個師団の兵を発して天津を救い、列国諸軍とともに道を分て北京を突き、清国政府を膺懲して反正の実を挙げるべし。

もし、結氷の時期近くになって初めて兵を出せば、北京の攻略はできないであろう、そして禍乱はいよいよ大きくばり征服は困難となる。

又、政略上よりこれを観れば、英、仏、独は皆遠く出兵はを到、多数の援軍を送ることはできない。ロシアは清国と国境を接すといえども、西シベリアを隔て、急に大兵を送る能力はない。北清地方に大軍を行る便利な国は独り我国のみである。

今や各国公使は北京にあっては危急に迫り、孤軍奮闘し天津を守っており、援軍を送ることはできない。

敵軍は優勢を以てこれに臨み、人々はかまびすしく救援を望む声が大きくなっておりて、我国は地理の便を有し、数十万の陸兵を擁し、各国の増兵できるのは数千にとどまっており、敢て出兵しなければ、内は国民の世論により政府当然の職責を怠ったとの批判を招き、外に列国は遂に我国の異図ありと疑い、又は、前年の仇(三国干渉)に報いるものとみて猜疑、と為し、猜忌(さいき、ねたましく思ってきらうこと)は永く解けず、怨を後世にのこすことを恐れる。

今や列国の援兵、未だ到らず、天津、大沽の軍敵に苦むの時にあたりて、急に大兵を以て之に赴けば、彼の地の重囲を解き、進で北京の乱を平定することができる。反乱鎮圧の巧は我国に帰し、各国は永く我国を徳とするであろう。

かつ北清の禍乱(義和団の乱)が長く鎮圧できなけらば、南清国が禍を被ることになれば、わが国民経済は過半が敗亡に帰し、財政も遂に其の累を免れることができない。

これを要するに軍略上においても、政略上においても、我国は急に出兵することが国益であり、この際、既に動員を命じたる一師団の兵は、先づ急にこれを出兵する必要を認む。

   明治三十三年七月六日閣議 

                  (総理大臣 花押)

 ついで同日、青木外相は在ロシア小村、在英松井臨時、在仏栗野、在独井上、在オーストラリア牧野、在伊大山、在米鍋島各公使宛に、次のように通知した。

  本大臣は緊急の必要に応ぜんがため、帝国政府は、直に混成一個師団を派遣することに決定せり。之を合するときは、清国派遣の帝国軍隊は総計二万二千人に上るべし。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<日本最強の外交官・金子堅太郎①>『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー驚異のディベート・テクニック①』

<日本最強の外交官・金子堅太郎①> ―「坂の上の雲の真実」ー 『ルーズベルト米大 …

no image
宮本康昭氏(弁護士、元裁判官)が「戦後司法の転換点をふり返るー司法の危機から司法改革」の動画会見【100分】

  日本記者クラブのシリーズ「戦後70年 語る・問う」⑬ で弁護士の宮 …

no image
『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(5)』「ベネチアふらり、ぶらり散歩(4/19-4/28)「ベネチア・サンマルコ広場の巻➂」

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(5)』 「ベネチアふらり、ぶらり散歩(4/1 …

no image
★『2018年(明治150年)の明治人の歴史復習問題』-『西郷どん』の『読めるか化』チャンネル ➀<記事再録まとめ>日本歴史上、最大の英雄・西郷隆盛を研究せずして 『日本の近現代史』『最高の日本人』を知ることはできないよ①

2018年(明治150年)の明治人の歴史復習問題― 『西郷どん』の『読めるか化』 …

no image
速報(398)まとめ『3・11から丸2年になる』日本のメルトダウンの連載21回(4/12)―40回(4/24)までを振り返る』②

速報(398)『日本のメルトダウン』     ● <まとめ> …

no image
★『世界日本史/歴史メモ➀』-『西郷隆盛(南洲)のおもしろエピソード』★『お妾さんを囲うのではなく、猟犬2頭を飼っていた西郷どん』★『元勲となっても長屋に住む』

  藤田東湖と橋本左内を高くい評価した西郷隆盛   西郷隆盛 …

no image
百歳学入門(173)-『生死一如』★『百歳天女からの心に響くメッセージ』―60,70/洟垂れ娘への応援歌」★『108歳 蟹江ぎん、107歳きんギネス長寿姉妹』★『「人間、大事なのは気力ですよ。自分から何かをする意欲を持っこと」』★『悲しいことやつらいことをいつまでも引きづらない。クヨクヨしないことよ。』

 百歳学入門(172)-『生死一如』 『百歳天女からの心に響くメッセージ』―60 …

no image
鼎談『幕末から昭和・日本を変えた30人の男を選ぶ』〈保坂正康×前坂俊之×原武史〉「週刊現代」(8月14日号)で鼎談をおこなう

『幕末から昭和・日本を変えた30人の男を選ぶ』〈保坂正康×前坂俊之& …

no image
日本リーダーパワー史(595)『安倍・歴史外交への教訓(3)ビスマルク直伝のメルケル『鉄血外交』を学ぶ–「1871年(明治4年)岩倉使節団へのドイツ・ビスマルクの忠告、大久保利通、伊藤博文はビスマルクに心酔し、明治国家を建設した

日本リーダーパワー史(595) 『安倍・歴史外交への教訓(3) ビスマルク直伝の …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(709 ) 『日中韓150年史の真実(12)記事再録★『明治のトップリーダー・川上操六参謀次長のインテリジェンス、情報戦略,ロジスティックスに学べ』

  日本リーダーパワー史(709) 日中韓150年史の真実(12) < …