前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「オンライン講座・大谷翔平「三刀流(投打走)」のベーブ・ルース挑戦物語⓵』★『大谷の才能を世界に最初に報道したのはニューヨークタイムズ』(2013年7/10)が日ハム・大谷投手 を取り上げて日米野球論を展開」★『NTYは日本のマスメディア、スポーツ紙の低レベルとは段違いのスポーツビジネス、リーダーシップ論、選手論を分析』』

   

『それから8年後、大谷は31本の本塁打を放ち、MLBのスーパースターを射止めた、「彼は人間じゃない、異星人だ!」と連日。大フィーバーしている』

2013/07/14  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ』記事再録

◎『Pitcher Who Stayed in Japan Doesn’t Stay on Mound

 『マウンドに上がらないピッチャーが日本にいた』

NYT  by  KEN BELSON , July 10, 2013

F国際ビジネスマンから以下のホットニュースが届きました。

「NYTが日ハムの大谷選手を取り上げています。両刀使いの大物としては、ベーブルース以来とか、19才の若者が、投打の類い稀な天分を持ち、その多彩な可能性が多くの日本人の強い興味と関心を呼んでいるとか、指摘しています。
それにしても、この大谷が齎している興奮は何とした事でしょう。小生もワクワクしながら見ています。

<F氏コメント>

1. 記者の Ken Belson 氏は現在NYC在住、NYTには2001年に入社、東京支局勤務でビジネス担当、日本在住が長く日本通の一人、2009年からスポーツ担当。猪瀬東京都知事のオリンピックに関する最近の問題発言のインタビュアーでもある。松井秀喜に関する記事も多数。

2. 19才のプロ野球新人が日本プロ野球に投じた波紋は極めて大きいものがある。

将来のメジャー移籍を約束させられている、

投打の潜在能力が天才的であり、その才能の開花について、日本ハム球団が、国民注視の中、大きな責任を約束している。それが入団の条件にもなっている。投打の才能が群を抜いているので、当分は投手と打者として出場する。

<参考までに、日ハムの成績をお送りします。>

ヒルマン監督の逸材振りが目立ちます。再建したのは彼だと言う事がハッキリしています。
マスコミも、過去の日本人監督の無能振りを広く指摘する必要があると思います。

◎『Pitcher Who Stayed in Japan Doesn’t Stay on Mound

 『マウンドに上がらないピッチャーが日本にいた』要約

日本を見放そうとした大谷は、ファイターズを除いた日本のチーム全てを遠避けた。ファイターズはドラフトで大谷を引き当て、米国行きでなく日本でベースボールキャリアをスタートする様に説得した。

彼等には、ドラフトを前に進めるだけの実績があった、ファイターズは高卒のダルビッシュ有をドラフトで引き当てた。彼は日ハムのエースとなり、チームがペナントを数回取ることに貢献した、その後テキサス・レンジャーズとの高額の契約にサインした。

しかし彼の態度は、彼が新奇な者でも何でも無いことを示している。100打席にも満たない中で、大谷は、左打席に入り右腕で投げる、二塁打13本、1ホームラン、そして内容のある3割以上の打率を上げた。

5回の先発で、防御率4.21, 2勝零敗である。外野手としてオールスターゲームにも選抜された。彼は又、1951年以来、高卒ドラフト新人で、投手として勝利投手となり、初年度で投手以外のポジションでもプレイした最初のプロ野球選手となった。

大谷の記録は、投手で他のポジションもこなすことで最も有名なプレイヤー、ベーブルースのそれとは程遠いものである。

1918年、ルースは11本のホームラン、3割の打率、防御率2.22の13勝7敗の記録であった。ESBの記録によれば、1900年以来、同一シーズンで少なくとも10ゲームで投げ、他のポジションで少なくとも10ゲームプレイした選手はたった13人しか居ない。1947年以降では、誰もいない。

ダルビッシュが去って、チームの印象的な活動を維持するというプレッシャーが大谷に掛かっている。投手で行きたいのか野手で行くのか、この不安を抱えた10代にとって高い注文であった。

今シーズン、チームはスタートで出遅れていたが、4位に上がって来ている。ファンも、大谷がこのチームの上昇をキープしてくれる事を望んでいる。

“私は、大谷が次のダルビッシュなって欲しいと思っている、彼が次のベーブルースになれるかどうかは分からない、しかしそれは誰が分かっているの?”と普段はレフトスタンドのファイターズ応援席に座っているクドウ・カツミ氏は云う。

<松井氏が大谷にエール 常識打ちれ!

http://www.daily.co.jp/baseball/2013/07/04/0006129031.shtml

 

 - 人物研究, 現代史研究, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本敗戦史(48)日本兵残酷物語「内務班」,召集令状「赤紙」1枚(約100円)で消耗品として戦場で大量死。映画「二等兵物語」を見て戦争の実態を勉強しよう

日本敗戦史、終戦70年(48)   「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(120)ー戦国時代の医者で日本長寿学の先駆者・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓」★『日本人の健康長寿の古典的な実践をおこない、貝原益軒よりも先駆的な業績であろう。』

 2013年6月20日/百歳学入門(76) 日本長寿学の先駆者・曲直瀬 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(29)★現代史復習、記事再録『外国の新聞が報道した120年前の日清戦争の「三国干渉」の内幕と【腐敗した清国軍の実態】ー南シナ海紛争と同じ中国人民軍の実態!

  日中北朝鮮150年戦争史(29) ◎『外国の新聞、ロシア紙「ノーヴォエ・ヴレ …

『稲村ヶ崎サーフィン・モンスターウエーブ動画特集⓶』★『稲村ケ崎ビッグサーフィン(2018/9/29am720-8,30)-台風24号の大波を乗りこなすサーフィンーテクニック①』★『台風19号接近中の鎌倉稲村ヶ崎サーフィン (2019/9/10am7)-ついに来ましたビッグウエーブ、約50人の命知らずのサーファーが『決闘中!』

  稲村ケ崎ビッグサーフィン(2018/9/29am720-8,30) …

no image
日本リーダーパワー史(880)-『明治裏面史』★『幕末から明治の日露戦争勝利までの約50年間は「西郷隆盛・従道兄弟政権時代」であり、日本大発展の『坂の上の雲」を築いた。

  日本リーダーパワー史⑤ 明治以来、最高のリーダーは誰だ!?西郷従道 …

no image
『オンライン講座/東京五輪開催での日本人の性格研究』★『 緊急事態宣言下の五輪―開催も地獄、中止も地獄』★『あと40日余の東京五輪はますます視界不良に包まれている』★『 日本人には何が欠けているのか?論理の技術、科学的思考法だ。西欧の近代合理主義と中国文化圏(古代中華思想)を分ける方法論の違いは、中国・日本の教育制度は.ただ記憶力だけを重視している』

前坂 俊之(ジャーナリスト) 6月9日、東京五輪開催、経済対策、新型コロナ問題な …

no image
片野勧の衝撃レポート(64)戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印された核の真実(上)

  片野勧の衝撃レポート(64) 戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印 …

『リモートワーク/鎌倉カヤック釣りバカ/フィッシング』(2020/5/14/am6-9)-『海に出れば心は晴れる。サッチモやロッド・スチュアートの「この素晴らしき世界よ」「セーリング」のメロディーが流れてきて、思わず涙があふれるよ

前坂俊之(ジャーナリスト) 鎌倉カヤック釣りバカ日記(2020/5/14/am6 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミック研究』★『新型コロナと世界の沈没②―コロナ共存社会は数十年続く』★『コロナ感染者、世界で2000万人突破(8月15日)』★『米中対決のエスカレートは加速一方』★『大国の興亡」の歴史、覇権国の行方は?』★『『3ヵ月をきった米大統領選挙の行方』』

            前坂 俊之(ジャーナリスト)  米中 …

no image
『昭和天皇が田中義一首相を叱責した張作霖爆殺事件の真相』

                                    2009 …