前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(137)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー歌手・淡谷のり子(92)、最後の長岡瞽女・小林ハル(105) 

   

 

 知的巨人たちの百歳学(137)

『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー

歌手・淡谷のり子(92)、最後の長岡瞽女・小林ハル(105) 

  • 「若く美しくありたいなら、トイレは我慢しないことよ」淡谷のり子

  • 「すべては神様、仏様のお導き。すべてを受け入れ許すことで、自分も救れる」(小林ハル)

「若く美しくありたいなら、トイレは我慢しないことよ」

92歳 歌手 淡谷のり子(1907年8月12日~1999年9月22日)

ブルースの女王、そして日本のシャンソン界の先駆者。地方コンサートを本格的に始めたのは72歳からであった。北海道から沖縄までハードなスケジュールだったが、嬉々としてこなした。冒頭の言葉と「嫌いなことはくたびれるけど、好きなことをするならむしろ若返るものよ」。これが淡谷の健康の源である。

彼女の健康を支えたものは食事と独特の美容法だ。

大の和食党で朝食はご飯と味噌汁と梅干、そして納豆、漬物、シャケ、野菜サラダが定番。食後には果物。肌に悪いとコーヒーは飲まず、よく飲んだのがレモンスカッシュと牛乳、中国茶である。

若い頃は大酒飲みのヘビースモーカーだったが、歌手生命の寿命を縮めるからと禁酒・禁煙。昭和26年、資生堂にエステティックサロンが誕生すると全身美容の常連となって美肌の手入れを始める。

仕事の無い日は一切、化粧をしない。肌を痛めることを知っていたからだ。毎日ぬるめのお湯に小一時間ほどつかり、その日の疲れを取る。

80代からは自宅の庭や周辺の散歩を日課とした。医師に骨の老化を指摘されたからだ。日々のボイストレーニングも格好の健康法となっていた。「複式呼吸はヨガや気功など東洋の健康医学の基本理念。私の歌い方は複式呼吸の唄法だから、それが自然に健康へと導いていたのかもしれません」。

「若く美しくありたいなら、トイレは我慢しないことよ」。これは女優マレーネ・デートリッヒの受け売りである。年を気にして水分補給、排尿を我慢すると肌はかさつき、溜まった尿の毒が肌や美容に悪影響を与えるという。日々の積み重ねが美肌を保った。

「この年になっても歌える幸せを噛みしめています。喜んで聴いてくださるお客様の心が私を呼ぶのです

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「すべては神様、仏様のお導き。すべてを受け入れ許すことで、自分も救われる」

105歳 最後の長岡瞽女 小林ハル (1900年1月24日~2005年4月25日)

小林ハルが瞽女(ごぜ)として入門したのは5歳のときである。

厳しい師匠の下での稽古は幼いハルを泣かせた。三味線の弦を押さえる指はすぐに皮がむけて血が吹き出る。真冬の寒稽古では足が凍傷になり歩行困難となった。さらに強制的発生で喉を痛め、咳をすると出血した。家族のためこうした稽古を14年間、21歳になるまで続けた。

瞽女の世界では師匠と姉弟子は絶対であり、口ごたえや批判などは許されない。それ犯せば厳しい折檻が待っている。生死にかかわる罰をハルは何度も受けた。師匠が教えてくれた唄とは違う唄を唄い、山中に置き去りにされた。

男もののシャツを洗濯したとの理由から、殴る、蹴るの折檻を受けた。年上の手引き役の女からは逆恨みをかい、杖で局部を傷つけられて子供が産めない体となってしまった。それでもハルは詫びを入れるしかなかった。瞽女としてしか生きられなかったからである。

21歳のときにようやく独立。親方となって収入と生活は安定したかに見えた。しかし4歳の養女を急性肺炎で失ったり、弟子の男関係や不祥事に悩まされ続け、穏やかな生活はなかなかやってはこなかった。こうした逆境にあってハルが会得したもの、

それが冒頭の言葉。

「嘆き悲しんだり、怒りに任せても仕方ない。すべてを受け入れてこそ人生なのだ」。

73歳で瞽女を廃業。養護盲老人ホームに入所して初めて穏やかな生活と心境を手にしたハルは、自身がもつ瞽女唄の全曲の記録録音作業を開始、78歳で文化庁から無形文化財に選ばれ、79歳で黄綬褒章、102歳で吉川英治文化賞を受賞した。辛酸続きの忍従生活がもたらした晩年の幸福である。

 - 人物研究, 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
知的巨人の百歳学(151)ー 東西思想の「架け橋」となった鈴木大拙(95歳)―『禅は「不立文字」(文字では伝えることができない)心的現象』★『「切腹、自刃、自殺、特攻精神は、単なる感傷性の行動に過ぎない。もつと合理的に物事を考へなければならぬ」』

東西思想の「架け橋」となった鈴木大拙(95歳) 前坂 俊之(ジャーナリスト) J …

no image
人気記事再録/『世界が尊敬した日本人⑧『地球を彫ったイサムノグチ』(2008年5月)★『世界から尊敬された日本人ではなく、日本主義と戦い、それを乗り越えることでコスモポ リタンとなった。』

2009/02/10 /『世界が尊敬した日本人⑧』   前坂 俊之 ( …

『オープン講座/ウクライナ戦争と日露戦争➄』★『国家予算、軍事力とも約10倍のロシアに日露戦争開戦に踏み切った児玉源太郎の国難突破決断力②』★『ロシアと戦ってきっと勝つとは断言できないが、勝つ方法はある』★国破れて何の山河じゃ。ロシアの無法に譲歩すると国民は必ず萎縮し、中国、インドと同じ運命に苦しみ、アジアは白人の靴で蹂躙され、植民地からの脱却は何百年も先となるぞ』

   2017/05/27日本リーダーパワー史(815)記事 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(131)/記事再録★『陸軍軍人で最高の『良心の将軍』今村均(陸軍大将)の 『大東亜戦争敗戦の大原因』を反省する①パリ講和会議で、日本は有色人種への 「人種差別撤廃提案」を主張、米、英、仏3国の反対で 拒否され、日本人移民の排斥につながる。

  2016/05/26日本リーダーパワー史(711)記事再録 Wik …

『オンラインぶらり動画旅行/明治維新の源流/山口県萩市の『松下村塾』への旅①』★『日本の聖地ー萩藩主毛利氏の廟所(萩市の東光寺)500基の灯篭と眠る志士たち』★『明治維新発祥の地ー吉田松陰の『松下村塾」、山口県萩市の松陰神社境内』

   2015/04/02 明治維新のふるさとー山口県萩市の …

no image
日本リーダーパワー史 ⑯ 日本のケネディー王朝・鳩山家のルーツ・鳩山和夫の研究③

日本リーダーパワー史 ⑯  日本のケネディー王朝・鳩山家のルーツ・鳩山和夫の研究 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(13)記事再録/<本物のリーダー、偉人とは~、この人をみよ> 『 大津波を私財を投じた大堤防で防いだ濱口悟陵 』★『 梧陵66歳の生涯は社会、公共、コミュニティーのために多額の私財を投入じて貢献した稀有の人物です』。

2012-06-01 /日本リーダーパワー史(262) 前坂 俊之(ジャーナリス …

no image
★5『生涯現役/百歳学入門<161>』●「平均寿命」と「健康寿命」 その差が大きい日本の課題』●『「1日1万歩」は間違い? 5000人研究で判明! 「1日8000歩」と「20分の中強度運動」が運動の黄金律』●『なぜイギリスの老人は「貯金140万円」で楽しく生きていけるのか 日本人は定年後を心配しすぎ!?』●『カークダグラス100歳ー未来への道』●『 スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのか 幸福度世界1位「北欧の楽園」に学ぶ老いと死』

   生涯現役/百歳学入門<161>   「平均寿命」と「 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(137)再録/-『太平洋戦争と新聞報道』<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年の世界戦争史の中で考える>➀『大英帝国への植民地主義への道』★『ロシアの大膨張主義が日露戦争の原因』

     2015/08/13『世田谷市 …

no image
 日中朝鮮,ロシア150年戦争史(50)ー副島種臣外務卿(外相)の証言②『明治の外交の争点はいつも朝鮮問題』 日清、日露戦争の原因は朝鮮をめぐる清国、 ロシア対日本の紛争である。北朝鮮問題のルーツ・・

 日中朝鮮,ロシア150年戦争史(50) 副島種臣外務卿(外相)の証言―② 『明 …