前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン/日本リーダーパワー講座』/野球の神様・川上哲治の『V9常勝の秘訣』とはー ①「窮して変じ、変じて通ず」 ②「スランプはしめたと思え」 ③「むだ打ちをなくせ」 ④「ダメのダメ、さらにダメを押せ」

   

 

  日本リーダーパワー史(154)

 「国難脱出に名将から学ぶ」(野球の神様・川上哲治の『常勝の秘訣』とは)

  
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
川上哲治は現役時代から“打撃の神様”と言われ、また監督としては読売ジャイアンツの黄金時代を築き上げ、 V9 (9年連続セリーグの優勝・日本一)を達成した。愛称は「打撃の神様」、「哲」、「ドン川上」。現役では最高齢のプロ野球解説者        

 

川上が巨人の監督になった最初のシーズンで負けが続き、ドン底のスランプに陥った。禅の教えを受けていた正眼寺の梶浦老師から川上に電話があり、「励ましか」と思い、電話に出ると、開口一番「おめでとう」と言う。

 川上がア然として、言葉に窮していると、「しめたと思いなさい」と励ました。          
 しばらくして、川上はこの言葉の真意がやっと理解できた。ドン底ということは、もうこれ以上落ちない、あとは上がるということだ。チーム全員が真剣に立ち向かえばカベは破れる、スランプに感謝しろ、という意味だとわかった。
 王選手の一本足打法によるホームラン王への道も、スランプを克服するための特訓の中から生まれた。人一倍熱心な王選手は、一日三百球から四百球も打った。スランプの壁を感じたら逃げてはいけない。トコトン練習して突き破り脱出すべきで、スランプを克服するたびに一回りも二回りも大きく成長する。スランプこそ飛躍のチャンスなのだ。
 
 
 
『川上哲治の回想』なる文章が(「底なし釣瓶で水を汲む」谷耕月編、柏樹社、1986年刊)に載っているので、紹介する。
 
わたしが初めて梶浦逸外老師にお目にかかったのは、正力松太郎さんのご紹介がきっかけであった。
 当時、わたしは、現役をやめるか、続けるか、コーチとして残るか、あるいはユニホームを脱いで評論家としてやっていくか、いくつかの選択に迫られていた。わたし自身としては、二十余年間の野球生活から離れて、二年なり二年なり、別の角度から人生を見直してみたい、という気持であった。   
       
ところが正力さんは、「まだやれる。そう引退を急ぐことはない」といわれた。また水原監督からは、「現役でやれないとしてもコーチでやってくれないか」ともいわれた。三者意見が別れている時、正力さんは、そんなに結論を急がないで、ワシが紹介するから、日本で一番やかましくて高潔といわれる梶浦逸外という老師のもとで、1ヵ月ぐらい坐禅をしてみて、それから今後の方針を決めたらどうか、とすすめられた。   
       
正力さんの添書をもって正眼寺を訪ねたのは、昭和三十三年の十二月であった。          
この時、逸外老師はわたしに数々の質問をされたが、ある質問の答えにわたしが「球が止まって見えた」と答えたのに対し、「よし、君は野球で一応のところは得ている。しかし、それだけでは駄目だ。それをもっと掘り下げて、諸事万般に応用が効くように修行することだ。今、自分が見えるところに酔っていたら、野球だけの人生で終わってしまう。
 
技術の面では本物であることには間違いないが、しかし氷のように固まってしまっている。これから私も指導するから、君もそのつもりで氷を水に溶かす修行をしなさい。水に成り切れば、高い所も低い所も自由に流れることができ、顔も洗えれば飲むこともできる。そして最終的に、野球道というものをつくり上げていくことを約束するなら許そう」といわれた。   
       
 わたしは、大変ありがたいお言葉と受けとり、その二日後から約1か月の僧堂生活に入った。僧堂での老師の指導は恐ろしく厳しいものであったが、遷化されるまでの20余年間、その修行は続いた。                

 厳格な老師は、「一方、やさしい人でもあった。監督に就任してからのことであったが、わたしのチームが三戦、四戦と敗けが続いていた時、老師から電話があって「おめでとう」いってこられた。
 
わたしには、何の意か分からなかったが、「四連敗もしていればこれ以上悪くはならんだろう。これからは登るだけだ。これが勝ち続けていたのでは、いつ敗けるのだろうかと心配でたまらん」とおっしゃる。
 
「窮して変じ、変じて通ず」とは、老師からよくいわれた言葉だが、敗けた時にはその敗因を考え、二度と失敗しないように心掛けることになるから、ひいては勝つことに通ずることを教えられた。まさに、あの九連覇の因は正眼寺にあった、と思っている。
 

 

【川上哲治】ムダ打ちを嫌った「野球の神様」               

 

不滅のV9を達成した巨人の川上哲治監督は、昭和13年、熊本工から巨人軍へ入った。当時、巨人には専任のコーチはおらず、「選手同士で技術の教え合いをしてはいけない」という不文律があった。
先輩選手の技術や方法を〝盗む”以外になかった。川上は技術を盗む〝チエドロボウ″に徹して、バッティングはみるみる上達した。
 
川上選手は現役引退までに最高殊勲選手3回、首位打者5回、ホームラン王2回、球界初の2000本安打などの記録を作り〝打撃の神様〟と呼ばれた。その打撃の神様の打撃のh秘訣は「むだ打ちをなくせ」であった。
 
 200打数で60安打の3割バッターは逆に140本のムダを打っている。2割5分のバッターは150本のムダ打ちである。3割と2割5分の差は結局、ムダ打ちが10本多いか、少ないかの差につきる。この10本を確実にものにすれば、2割5分から3割バッターになれるわけだ。
「何としても打ってやろう」という気魄、気力、精神の集中、一球一球をムタにしないことが、この差を生むのだ。
 
●ダメ押しだけではダメで、ダメ押しのダメ押しのさらなるダメ押しをおせ
 
 川上はマスコミから〝非情の監督″とか、冷酷とかいわれたが、勝つためには不評など一切気にしなかった。五点、六点もリードした試合でも、スクイズで加点した。大差のゲームでもダメ押しの点を取った。相手チームにやる気をなくさせ、「なんともいやらしいチームだ」との印象を植えつければ、それだけ精神的優位に立てる。
 勝負において 「カッコいい勝ち方」 とか、「いやらしい勝ち方」 とか区別するのが、おかしい。ルールにかなっていれば、いやらしい勝ち方などあるはずがない。          
 試合するからには勝たねばならない。その場その場で全力を尽くす。
「勝負の心」 に徹する。勝つためにはあらゆる手段を使う。
 とはいっても、あくまでルールを守った上でのことだが、ダメ押しだけではダメで、ダメ押しのダメ押しのさらなるダメ押しで、点を拾い、相手につけ入るスキを与えず、勝ち続けていって、やっとペナントで優勝できるのである。」
 
 
〝打撃の神様″はついに〝V9″という不滅の連勝記録を達成し、〝監督の神様″になった。
川上監督の優勝のときの言行録をたどってみよう。
 
Vl  (昭36) 「今年の経験を踏み台にして」
V2 (昭38) 「勝ちとった日本一」
VS (昭40) 「日本一になって」
V4 (昭41) 「連続日本一になって」
V5 (昭42) 「為せば成る」
V6 (昭43) 「野球も人なり」
V7 (昭44) 「得るは捨てるにあり」
V8 (昭45) 「勝負は天なり」
V9 (昭46)   「子は親の鏡」
V10(昭47)      「野球是道」
V11(昭48)      「日々優勝」
 
 
常勝ジャイアンツのサイ配を振いながら、川上監督の心は変化していった。
36~38年ごろは、ただただ「必勝」 の精神に燃えた。40年、41年は「常勝」
の精神で戦い、42年、43年と勝ち進むにつれて「常勝」は「不敗」にかわり、つづく5連覇、6連覇で「不敗」は「無敗」の精神にかわった。以後は「無敗」の精神に貫かれて9連覇を達成したのである。
まさに、日本のスポーツ界での空前絶後の名選手であり、名監督である。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(115)●「安倍妄言」に、米韓両国も戸惑う(7/30)」○「沖縄知事選の動向を気にする安倍政権(7/28)」

   池田龍夫のマスコミ時評(115)   &nb …

no image
速報(339)◎東アジア安全保障の進化を阻む日韓の歴史問題』◎『橋下徹氏は日本版ポール・ライアンか』 

速報(339)『日本のメルトダウン』   ◎東アジア安全保障の進化を阻 …

no image
百歳学入門(110)世界が尊敬した日本人ー数百億円を投じ仏教を世界に布教した沼田恵範(97歳)

百歳学入門(110) 世界が尊敬した日本人 数百億円を投じ仏教を世界に布教した沼 …

no image
日本興亡学入門⑤ 『リーダーと知識人不在の日本の悲劇―脳死状態の日本』

日本興亡学入門⑤                                 …

no image
『オンライン/江戸時代の武士道講座』★『 福沢諭吉が語る「サムライの真実とは・」(旧藩情全文現代訳9回連載一挙公開)』★『 徳川封建時代の超格差社会で下級武士は百姓兼務、貧困化にあえぎ、笠張り、障子はりなどの内職に追われる窮乏生活.その絶対的身分差別/上下関係/経済格差(大名・武士からから商人への富の移転)が明治維新への導火線となった』

『オンライン/武士道講座』『時代考証のないNHK歴史大河ドラマのつまらなさ」 & …

144699118376826386177_12187916_897592163649865_7767816102445601598_n_20151108225944
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(225)/★『明治大発展の国家参謀・杉山茂丸の国難突破の交渉力」➃『『軍事、外交は、嘘(ウソ)と法螺(ほら)との吐きくらべで、吐き負けた方が大損をする。国家の命脈は1にかかって嘘と法螺にある。『 今こそ杉山の再来の<21世紀新アジア主義者 が必要な時」』

 2014/08/09 /日本リーダーパワー史(520)記事再録 &n …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑫『英ノース・チャイナ・ヘラルド』/『日露開戦半年前ーロシアは戦う用意ができていること,そして,満州ですでに得ている地位から1インチたりとも退かないことだ。』★『「戦争になるのか,ならないのか,すべては日本にかかっている。日本は朝鮮において守らなければならない大きな利益を持っている』●『ロシアは,木材伐採権を口実に,満州と朝鮮との国境をなす鴨緑江の両岸を要求し,河口の朝鮮側にある竜岩浦の湾を要塞化しているが,朝鮮に対する侵略であり,日本に対する脅威だ。』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑫   1903(明治36) …

no image
速報(125)『孫正義氏「自然財団」理事長にスウェーデン・エネ庁長官』『福島原発周辺居住の45%の子供が内部被ばく』

速報(125)『日本のメルトダウン』      『 …

no image
日本リーダーパワー史(253)川上操六(32)外伝・軍閥内反主流派―鳥尾・三浦・谷・曽我の4将軍―国際平和主義の主張

日本リーダーパワー史(253)  空前絶後の参謀総長・川上操六(32) 外伝・軍 …

no image
★人気リクエスト記事再録『百歳学入門(200)』<知的巨人たちの往生術から学ぶ②>『森鴎外、中江兆民、一休、熊谷守一の<死に方の美学>』★『よく生きることは、よく死ぬこと、生者必滅、生死一体の実践』●『「立って半畳、寝て1畳、天下をとっても2合半』

百歳学入門②ー知的巨人たちの往生術から学ぶ② 2010/01/21      前 …