前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(333)記事再録★『日本議会政治の父・尾崎咢堂の国難突破力③>』★『世界に例のない無責任政治、命がけで職務に当たらず 辞任しても平気で再び顔をだす3代目政治家』③』

   

 

 

2012年2月25日/日本リーダーパワー史(238)記事再録

 
 
 前坂俊之(静岡県立大学名誉教授)
 
1942年(昭和17)10月26日、尾崎の不敬罪事件の東京地裁での第一回公判で、尾崎は次のように証言、日本政治の病根を鋭く告発した。
大東亜戦争という第2の敗戦となった「日本病」(死に至る病)も、自らの伝染病を克服して、免疫をつくる自己改革とそれによる国の改革、革命を成し遂げられなかったために、70年後に現在の三度目の日本病が再発したのである。
 
尾崎は1931年(昭和6年)からの、いわゆる15年戦争を総括して、その中での日本政治が崩壊、政治家の中で国難、亡国に敢然と立ち向かった者が誰もいなかったことを痛烈に批判している。これを読むと、まさしく今の亡国の政治家と恐ろしいほどにダブって映って来る。彼の主張の要旨は次の通り。
 
① 中米英を敵に回して大戦争を行い、国務大臣(総理大臣、各大臣)は命のあらん限り、国家のために尽くさなければならぬのに、内閣がコロコロ変わる。これでは本当の仕事が出きぬ。
 
② 負けている蒋介石は一向に変わらないのに、日本の内閣がぐらぐら変わって軽蔑されて、敵を助けた結果になった。
 
③ 近衛文麿をはじめ歴代宰相の無責任はけしからん。
 
④ 政治家の責任として、再び公人としては世の中に顔を出さぬという程の決心を以て辞職し、その後は死人同様に余生を送らなければならぬ。
 
⑤ 昔流にいうならば、その責任が果たせなければ、割腹してお詫びをしなければならぬのが、封建時代の思想である。
 
⑥ 全世界いずれの所にもこんな無責任な政治事例はない。
 
⑦ 『ヨーロッパ」では、総理大臣級が責任の尽くせぬために2人が自殺者がした
 
以下は『尾崎咢堂全集第9不敬罪事件の真相』(昭和30年、公論社)より
 
尾崎行雄(おざきゆきお)は安政5年(1858年12月生れ)で、明治7年に慶応義塾に入り、福沢諭吉の教えをうけて、政治家の道を志した。
 
70年前の太平洋戦争中の1942年(昭和17)の尾崎の証言は
『現在の政治とピッタリと重なる』           
 
<米英と開戦の時は血祭になる覚悟だった>と証言した
 
 このような老朽(この時、尾崎は86歳)の身としては、ろくな働きは出きませんから、唯一死以て自分の目的を達する、というより外には有効な働きはないと考へておる。その死に方次第に依っては、私が生きて十年や二十年働くよりか、天下後世のために効力があろうと思って色々と考へておるのです
 
その事について昨年の如きはいよいよ自分の命を捨て、国家に尽くす時が来たと思って、これも法廷に提出してあると思いまするが、近衛内閣に対する質問書をたずさえました。それを弁ずれば、多分私は反対者のために殺されるであらうということでありまする故に、辞世まで詠んで、議院に行ったのであります。
 
一番、その時に心配したのは内政―国内の政治と外交と両方であります。内政においては、私は、今でもまだ心配して居りまするが、支那事件(日中戦争)というが如きー今日ではそれが転じて、米英までも敵として戦っておりますがー大事件のある場合においては、いやしくも、国務大臣たる者は命のあらん限り、国家のために尽くさなければならぬ筈のものであるのに、その国務大臣が、支那事件の起った頃から、何故か四、五回かわって居ります、
 
 
総理大臣―がこれでは本当の仕事が出きるとは私の良心では考へられぬのであります。
負けた方の蒋介石ですらも、ちゃんと、ああしておるのに、勝ちながらも、この方は内閣がぐらぐら変わるということでは、どう考へても敵が容易に降参する気遣いはなく、敵を助くると同じ結果になる。
 
それゆえに政治家たる者が内閣大臣となって、国家に勤務する以上は命の績く限り、陛下の思召にかのう限りは、どうしても死ぬまで働かなければならぬ。
 
殊に戦争中の如きは、どうしても途中で辞するなどということのあるべきはずのものではない。
 
 然るに、何だか出たり入ったり勝手にやっておって、少しもその責任を感じないように私には見えるのであります。各大臣の辞職のやり方も出方もー近衛などは二度も出たり入ったりしたと思います、けしからことだ。命の績く限りは続けなければならぬ。
 
もしどうしても出来ぬというならば、政治家の責任として、再び公人としては
世の中に顔を出さぬという程の決心を以て辞職し、その後は死人同様に余生を送らなければならぬ。
 
しかるに、辞職した後も平気で世間に顔出しをしており、矢張り公人として立って居るというが如きは、如何にも、無責任のことである、全世界いずれの所にもこんな事例はないかと思います。
 
今度の戦争の起ったー支那事件の後に起った『ヨーロッパ」では、わずかまだ二年余りでありまするが、それでも、一もう総理大臣級の人が責任の尽くせぬために、自殺した者が確か二人ほどあると思います。
 
それから、死ぬまで働いた者のイギリスの「チェンバレン」である、彼は死ぬまで働いて辞職すると間もなく病気で死んだ。代って出た「チャーチル」は七十有余の老人であるが、あれだけの激務に当たってーこれも一身上の都合からいったら辞したいでありませしょうけれどもー矢張り命がけで死ぬまで働いておる。
 
どこの総理大臣でも皆、命賭けで働いてるのに、日本だけはぐらぐら変るのはどう云いうわけかー私には分かりませぬ。それが決して陛下の思し召でないということだけは、私は確信しております。
 
内閣がかわる度毎に、相手に、多少軽蔑の念を起させることはもう申すまでもない。負ける方で変わらぬのに、勝つ方が変わるというような、無責任なことではいけないから、何とかしてこれを直さなければならぬ。
 
昔流にいうならば、一旦大任を受けて、その責任が果たせなければ、割腹してお詫びをしなければならぬのが、封建時代の思想である。今は割腹などはすべきではあるまいが、再び世間に顔出しはしない、という位の責任心がなければならぬと私はつねに主張しておるのである。
 
この説は、今日公に、主張させないのであります。新聞にも書かせない、演説もさせない、これをはっきりいい得るのは、議院だけであるから、私は議院でいおうと思って、そのために書類を作製しましたけれども、議員等が妨害し
てー 演壇に登るには相普頭数が賛成しなければ登ることは出来ませぬーその賛成者すら容易に得られぬのである。
 
 
かくて国家の安危休戚に関係する大問題についても、世間は平気でこれを看過しし、たまたま、これを憂慮する者があっても、これを警告することすら出来ないのです。
 
私はこの事態を大いに心配しておる。どうか今後の国務大臣たる者は、もう少し責任観念―政治上の責任、道徳上の責任-を起し、命の限り、国家のために尽くす位の考へは持たせたいと思っておるのであります。
 
                        (つづく)

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(122)「吉野文六氏の苦悩と外交密約の罪」(4・13)「両陛下パラオ訪問と世界平和への努力」 (4・10)

池田龍夫のマスコミ時評(122)  吉野文六氏の苦悩と外交密約の罪(4・13) …

no image
速報(121)『日本のメルトダウン』『前原氏は論外、野田氏も不適格』『日本原子力学会という責任を逃れようとする人たち』

速報(121)『日本のメルトダウン』 『前原氏は論外、野田氏も不適格―次の首相に …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねるー英『タイムズ』など外国紙が報道する120年前の『日中韓戦争史④』<清国新聞『申報』<明治27年(1894)8月20日付>『日本の謀略がすでに久しいことを諭す』

  清国新聞『申報』<明治27年(1894)8月20日付> 『日本の謀 …

no image
★「3・11福島原発事故から5年」―(動画60分)黒川清元国会事故調委員長が日本記者クラブで3/4日、記者会見した。『世界は変わっている。日本は変われるのか』 『失敗から学ぶ姿勢あるのか、変わらぬ日本に強い危機感を持つ』

  『世界は変わっている。日本は変われるのか』 『失敗から学ぶ姿勢ある …

no image
新刊『日本の華族―その栄光と挫折の一部始終』(共著) 新人物文庫 667円

新刊「日本の華族―その栄光と挫折の一部始終」(共著)新人物文庫667円 &nbs …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(125)』東芝の再興は開発型人材、創業型人材がどれだけいるか、異能の有無が問われます。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(125)』 「東芝は不採算事 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(78)』 笹井芳樹博士が語った「これまでの道のり」と 「再生医療の未来」(科学雑誌Newton)

   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウ …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(217)>『エルサレム、神殿の丘事件はアラブとイスラエルの緊張状態の実態を白日に曝しました。』★『イスラエル政府が対応を誤ると第?次中東戦争の導火線となるか、パレスチナ人の一斉蜂起(インティファーダ)に直結する、と米欧を心配させている事件です。』
no image
日本リーダーパワー史⑱ 1億のインド不可触民を救う仏教最高指導者・佐々井秀嶺

日本リーダーパワー史⑱   1億のインド不可触民を救う仏教最高指導者・ …

no image
日本メルトダウン(959)『石原慎太郎氏、都のヒアリングを拒否 「全面協力」一転【豊洲問題】●『小池百合子氏VS森喜朗氏「3兆円超え」東京五輪予算で本格バトル、これまでの経過は?』●『都議会は「閉鎖的」で「チェック機能が不全」で「私利私欲にまみれている」?!』●『  大成建設、五輪会場99.99%落札に疑問の声』●『自民都議会幹事長が政治資金で銀座クラブ通い』

     日本メルトダウン(959)    石原慎太郎氏、都 …