前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『新型コロナと世界の沈没―コロナ共存社会は数十年続く可能がある⓷』(8月15日)★『「大国の興亡」の歴史、覇権国の行方は?』★『時代は、時代に後れる者を罰する』★『『3ヵ月をきった米大統領選挙の行方は?』

   

 『新型コロナと世界の沈没―コロナ共存社会は数十年続く可能がある⓷』(8月15日)

              前坂 俊之(ジャーナリスト)

  • 「大国の興亡」の歴史、覇権国の行方は?

 米中激突に関連して「大国の興亡」の歴史について調べてみました。グーグルWikipediaによると、大国の興亡史のサイクルは古代ローマ帝国(2200年間)「モンゴル帝国」(430年間)、「元朝」(147)「大清帝国」(268)、「江戸時代」(250年間)、「大英帝国」(338年間)、「オランダ海上帝国」(350年間)「ソビエト連?邦」(70年間)「ナチス・ドイツ」(12年間)「大日本帝国(80年間)などで、人類の歴史は戦争に次ぐ戦争の栄枯盛衰の歴史だったことがわかります。

ツキジデスの罠(『過去五〇〇年の世界史で既存の覇権国(米国)と新たな台頭国(中国)が対峙した場合には75%の割合で戦争ぬ発展する』ケースは計一六回あり、そのうち一二回で戦争になったという恐ろしい研究データも公表された。戦争勃発の確率は実に七五%だよ。つまり、米中戦争の可能性は高くなっていること。中国人民共和国の誕生から70年目が過ぎたところでの「米中熱戦」の勃発で旧ソ連と同じ崩壊の岐路に立ったのかもしれない。逆からいうと混乱状態の米国は衰退から崩壊への瀬戸際かもしれないね」

 「エイミー・チュア著「最強国の条件」(20011年、講談社刊)によると、「ローマ帝国のように永続した帝国は『多様性(多民族共存国家)と寛容性のある国が最終的に覇権を握る」と結論している。中国の今回の香港民主化を力づくで抑え込んだやり方みると「最強国の条件」である「非多様性(ウイグル族、香港市民への弾圧)と非寛容性(漢民族中心主義)、非信頼性(情報統制、言論の自由への弾圧、隠蔽体質)など、古来からの封建的中華思想(華夷秩序)の残滓が強固に残っており、「覇権国の条件」がいずれも欠落している。その中国が国連を金とムチで抑えて、グローバルスタンダードを握ろうとしているので、自由主義の危機といえる」

  • 『時代は、時代に後れる者を罰する』ー

「社会主義国の崩壊について1つのエピソードを紹介したいと思います。1989年10月7日、ソ連共産党書記長ミハイル・ゴルバチョフがドイツ民主共和国(東ドイツ)建国四十周年を記念する式典に参加した時のスピーチ原稿の一節がこの『時代は、時代に後れる者を罰する』です。

一九八五年、ゴルバチョフは共産党書記長になり、崩壊寸前のソ連を救うためグラスノスチ(情報公開)とペレストロイカ(再構築、改革)に取り組んだ。その平和的な改革でハンガリーや、ポーランドではいち早く非共産主義政権が誕生したが、一番遅れたのがかたくなに強権共産主義を守るホーネッカー議長率いる東ドイツだった。

ゴルバチョフはホーネッカーとの会談で「改革か、引退か」を強く迫ったが、ホーネッカーは自国発展説をまくしたてて拒否した。ベルリンの壁が崩壊したのはそれから約1ヵ月後の11月10日だった。

今、冷戦崩壊に次ぐ、2020年の「withコロナ」時代、「第3次地球温暖化・デジタル世界大戦」に突入した。この時代の大変革に遅れた国家、企業、個人は,明日の世界で生き残れないであろう。ダ―ウインの「強い者、大きいもの、マンモスが生きのこるのではない。時代の変化に順応したものだけが生き残る」のですね。マンモス米中巨大国もこの例外ではない」

  •  『3ヵ月をきった米大統領選挙の行方』

「そのトランプ大統領の再選を問う米大統領選挙(11月3日)が3カ月後に迫ってきた。コロナ前にはトランプ氏の楽勝が予想されていたが、この半年間で情勢は激変した。

  • トランプ氏の「コロナ対策」のオウンゴールはどこまで続くのか
  • 米GDPがコロナ前の水準に回復するのは22年以降になる(米議会予算局)との見通しで、トランプ大統領頼みの米経済のV字回復は難しい情勢となってきた。
  • 米中貿易関税戦争は「中国敵視論」「中国包囲網」から「対中新冷戦」に突入した。
  • 一方、民主党のバイデン候補の支持率は月ごとに増加、7月19日付ワシントン・ポストの調査によると、バイデン氏55%、トランプ氏は40%と15ポインとの大差となった。当選の行方を左右する激戦区(6区)は前回はいずれもトランプ氏が勝利したが、今回はバイデン氏が全区で6~11ポイント上回った。高齢者のトランプ支持も低下した。共和党内の穏健派や、保守系の無党派層からもトランプ離れが加速している。」

 「勢いにのるバイデン候補は7月28日、黒人票、ヒスパニック票などを取り込むため「8月第1週」に「4人の黒人女性を含む女性副大統領候補を決定する」と発表した。バイデン氏は当選すれば、就任時には史上最高齢の78歳となるため1期4年で職を退くとの見方も出ている。また、もしも、バイデン氏が職務を遂行できなくなった場合、大統領の継承順位1位の副大統領が、大統領の業務を引き継ぐので、いやがうえにも女性副大統領候補に注目が集まった。バイデン氏が発表時のメモがカメラで撮影され、インド系移民の母親とジャマイカ系の父親を持つカマラ・ハリス上院議員(55)が上がっていたので、がぜん注目された」

(A)「バイデン候補は8月11日、予想通り黒人女性のカマラ・ハリス上院議員(55)を選びましたね。ハリス氏は検察官出身で地元カリフォルニア州司法長官を経て2016年に上院選で初当選し、現在は1期目です。トランプ政権の移民政策を厳しく批判するなど、鋭い弁舌で論戦力にも定評がある。両氏は12日にバイデン氏の地元、東部デラウェア州でそろって演説に臨んだ。、ハリス氏は、「アメリカが平等と正義に向かって今も進まなければならない中、バイデン氏は自分を伴走者に選んだ。トランプ大統領は最初から新型コロナ対策に真剣に取り組まなかった。アメリカはリーダーシップを必要としている。われわれは、よりよい未来を選択できる」と決意を表明した」

 

「窮地に追い込まれたトランプ氏は7月30日、ツイッターを発し「大統領選で郵便投票が広範囲に導入されれば歴史上、最も不正確で詐欺的な選挙になる。国民が確実、安全に投票できるまで選挙日程を延期すべきだ」と自分に不利になる選挙日と郵便投票に反対を表明した。これには、共和、民主両党から猛反対が出て、トランプ氏も態度を変えて、「選挙を延期させたいのではなく、郵便投票の不正が嫌なのだ。」と弁明した。」

 「選挙日程の変更は、大統領に権限がないことが憲法に明記されており、投票日(11月3日)を変更することはできない。コロナパニックの影響で投票所に足を運ばない郵便投票制度を導入する動きは、各州で広がっており、すでに郵便投票を実施した州もある。2016年大統領選では、不在者投票と郵便投票を合わせると、およそ4分の1が郵送投票だった。しかし、

  • 「死者や投票権を持たない元受刑者に用紙が送られた例もあり誰でも投票用紙を受け取れる不正投票が増える(トランプ陣営)」
  • 郵便の到着遅れや選管担当者は手作業で開票して署名をいちいち確認するのに通常の2倍も人手と時間がかかり開票、決定が遅れる。当日から何週間、訴訟に発展した場合には数か月、何年もかかる事例も出ている。
  • 不正投票や集計のコンピューターのハッキングによる数字改ざんリスクもある。現に、ロシアゲート事件、ウクライナ事疑惑などでロシアによる選挙介入や中国の政府系のハッカー集団による選挙妨害も発覚しており、今回もCIA,FBIは最大級の警戒体制を敷いているのです」

 「結局、これからの3ヵ月、ますます窮地に追いつめられたトランプ大統領はどうでてくるのか。精神医学の米専門家たちが危惧している「病的自己愛」(嘘をつき、盗み、騙し、裏切りなどなんでもする性格)と「ソシオパス(他人への共感が欠落した社会病質者)の同氏だけに何を仕掛けてくるか民主党は警戒を強めている。

https://www.newsweekjapan.jp/watanabe/2017/10/post-37_3.php

トランプ氏は「選挙結果を受け入れるか」との記者の質問に「選挙で不正が行われれば辞めない」と答え、自身のツイッターでは「2024年以降の4年毎の選挙スローガンを掲げる映像や、「トランプ2188」「トランプ9000」「トランプ4Eva(フォーエバー)」などとも投稿して『歴代最強の大統領だ』と自画自賛を繰り返している。

「米民主主義の危機、トランプ氏は負けても辞めない可能性を考えて、米国民は備えよ」((ニューズウイーク日本版、7月21日電子版)との民主党派のニュースも出ている。「言論の自由」「過激なトークバトルの国」でのトランプ大統領対バイデン候補の「仁義なき戦いの最終死闘編」がいよいよ迫ってきた。)

   

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

1616
★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(169』『オーストリア・ウイーンぶらり散歩③』国立歌劇場見学ツアーに参加した』

★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ (169)』 『 ウイ …

no image
日本メディア(出版、新聞、映画など)への検閲実態史➀『世界、日本の検閲史』★『徳川時代の検閲制度』★『「明治初期の言論恐怖時代″』★『大正の大阪朝日新聞「白虹事件」』★『出版警察の核心・検閲は発売頒布禁止で』 

日本メディア(出版、新聞、映画など)の検閲史 ➀    20 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊳興亜説について(榎本武揚の興亜会の設立)明治23)年8月

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
知的巨人の百歳学(146)ー『憲政の神様・尾崎行雄(95歳)の『私の長寿と健康について』>『 生来の虚弱体質が長寿の原因である』

『憲政の神様・尾崎行雄(95歳)の『私の長寿と健康』> ① 生来の虚弱 …

no image
日本リーダーパワー史(674) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(56)●『福島安正大佐は『情報鎖国』『情報低国』時代に世界的な戦略情報家、インテリジェンスに』「シベリアには英仏独のスパイが50年前から活動、対ロ戦争は英、仏、独のいずれかを味方としべし」

 日本リーダーパワー史(674) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(56)   …

no image
<日本最強の外交官・金子堅太郎①>『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー驚異のディベート・テクニック①』

<日本最強の外交官・金子堅太郎①> ―「坂の上の雲の真実」ー 『ルーズベルト米大 …

no image
再録『世田谷市民大学2015』(7/24)-『太平洋戦争と新聞報道』<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年の世界戦争史の中で考える>③

『世田谷市民大学2015』(7/24)- 戦後70年夏の今を考える 『太平洋戦争 …

no image
宮本康昭氏(弁護士、元裁判官)が「戦後司法の転換点をふり返るー司法の危機から司法改革」の動画会見【100分】

  日本記者クラブのシリーズ「戦後70年 語る・問う」⑬ で弁護士の宮 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『新型コロナと世界の沈没―コロナ共存社会は数十年続く可能がある①』(8月15日)★『コロナ感染者、世界で2000万人突破』★『感染者、死者数が欧米のように跳ね上がる可能性は低い』★『日本の死亡率は欧米より大幅に低いのはなぜか 』

  『新型コロナと世界の沈没―コロナ共存社会は数十年続く①』(8月15 …

no image
 日中北朝鮮150年戦争史(41)『日中歴史復習問題』★「日清戦争の内幕ー中国人民軍(清国軍)もらった「売命銭」分しか戦わない、汚職腐敗軍隊。 中国3千年の歴史は皇帝、支配者の巨額汚職、腐敗政治であり、「習近平政権」(1党共産党独裁)にも延々と続いている。①

 日中北朝鮮150年戦争史(41)   日清戦争敗北の原因「中国軍(清 …