前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<クイズ>世界一の『プレーボーイ』 は誰じゃー滞仏三十年、使った金五百億、プレーボーイの薩摩治郎八

      2015/03/16

世界一の『プレーボーイ』 は一体、誰じゃ 
 
滞仏三十年、使った金五百億、プレーボーイの薩摩治郎八
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
世界の王侯貴族や大富豪の金の使い方の歴史をみると、まず自分の城や豪華な大邸宅、別荘、庭園に贅をつくす。かとおもえば、欲望のおもむくまま女性に金をつぎ込み、多くの女を金で囲う者も少なくない。芸術のパトロンとしてコレクションをして、美術館などを建てて文化を振興するーなどは上の部の趣味だが、日本の金持ちの道楽も似たり寄ったりである。
明治の大富豪の家に生まれ、パリを舞台に生涯約500億円を湯水のように使い果たしたという伝説の人物・薩摩治郎八はこの類型を大きくはみ出している。人生そのものを芸術的な創造に高めようとしたのじゃな。
薩摩治郎八は一九〇一年(明治二十四)、父方は『明治の綿業王』、母方は『毛織王』という東京でも指折りの大富豪の貿易商の下に生まれた。幼い頃、隅田川付近にあった大名屋敷跡の豪邸の庭に大池があったが、ボートを遊びをしながら『坊ちゃん、大きくなったら、外国商船でも集めるか』など海外雄飛を夢見ながら育った。実家には外国商人がよく出入し、地下にはワイン庫があり、フランス人コックがフランス料理を作り、食事にワインはつきものというヨーロッパ貴族風の生活の中で成長したのよ。
一九一九年(大正八)秋、薩摩は十九歳でロンドンに渡り、オックスフォード大学で学び、英国流のダンディーな貴公子に変身した後、芸術の都、恋の都・パリに乗り込んだ。昭和のダンディー・白洲次郎の1年先輩。
オックスフォードでは、毎月1万円(今に換算すると約三千万円)の仕送りがあり、英、仏流の男の美学を身につけるためのゼイタクなお授業料だった。白洲がカ―マニアでスピード狂だったが、薩摩は恋と冒険にのめり込む。
薩摩はイケメンで身長170センチと当時の日本人では大きく、日本人で初めてハリウッドスターとして活躍した早川雪洲よりもハンサムといわれたほど。一時前のフランスではアラブの王族の王子や石油王たちがモテモテだったが、1920年代、日本人などまだまだ少なくもの珍しい上に、日露戦争後なので「強い日本」「日本男子=サムライ」、ジャポニズム、エキゾチズムからロンドンでもパリでももてもてだったのじゃな。
薩摩は有り余る金を藤田嗣治や日本人画家たちにパトロンとしてポンと気前よく金も出した。仏政府が計画したパリ大学都市に留学生のための『日本館』の建設資金に約50億円をポケットマネーから出すなど『東洋のロックフェラー』との評判をとり、パリの社交界や政財界の要人を魅了した。
この芸術に理解のあるパトロンを昼の顔とすれば、夜は恋に命を燃やした。当時,パリで一番といわれた美人女優のエドモンド・ギーと愛人関係になるかと思えば伯爵夫人、女優、モデルたちと次々にラブフェアーをくりひろげ、モンパルナスなどパリの下町をも好んだ治郎八は踊り子、娼婦らとも次々に甘美な情事にふけった。
 一九二六年(大正15年)、三月、治郎八は山田英夫伯爵の令嬢・千代子と結婚した。パリ・モードでフランス人モデルと並んでファッション誌『ヴォーグ』に何度も登場した美人。2人の生活は贅沢を極め、冬場は暖かいカンヌの最高級ホテル「マジュスチック」で、夏はドービルのホテル「ノルマンディー」で暮らす王侯貴族もおよばぬ豪華な生活ぶりで一ヵ月の生活費は一億五千万円にものぼったというのじゃから、日本人として最高のぜいたくをしたというわけ。
「こんな生活は虚栄だと世間から指弾されるかもしれないが、私は生活と美を一致させようとした一種の芸術的創造であった」と治郎八は自伝で回想する。
 
結局、千代子は早死し、薩摩は1人で遊びに熱中するが、その日常生活ぶりはー。最高級レストラン『マキシム』には彼の専用席があった。この指定席にマリー・ローランサン、女流作家・コレットや色々の女性たちを毎晩のように連れてきた。
当時、画家や芸術家たちは粗末なかっこうでネクタイなどしていないが、英国紳士の治郎八はエルメスの動物柄のネクタイをしめ香水をたっぷりふっていた。
香水マニアの薩摩はパリでも常にキャロンの『ニュイ・ド・ノエル』(降誕祭の夜)の銀製の香水入れを携帯して美女を口説いてまわっていた、という。芸術のパトロンであると同時に、恋愛と冒険に情熱を燃やしてエロスとロマンの人生を送ったのである。レジオン・ド・ヌール章、フランス文化勲章などはいて捨てるほどの勲章をフランス政府から授与されている。
 治郎八をよく知るパリ日本大使館情報部長・柳沢健は「日本で、彼ほどの行動的な夢の探究者を僕は知らない。あえて探せば、大谷光瑞師がいるが、大谷師は古風ともいえる事業家的な夢と情熱を持っていただけで、薩摩のような芸術、美の感覚はなかったね」と語っている。
薩摩は在パリ30年で、1951年、すっからかんで帰国した。取材に訪れた週刊誌記者に「カネなんか残してもしかたないね。どうせ、祖父がポカンと作った財産です。私が無くしてしまったって、どおってことありません。何も後悔はないですよ」と語っていた治朗八は1976年2月、75歳で華麗な生涯を終えた。
彼は美の追求と華麗な恋の体験を「巴里・女・戦争」(同光社、昭和29年)、「せ・し・ぼん」(山文社、昭和30年)「なんじゃもんじゃ」〈美和書院、昭和31年〉で語っているが、これは井原西鶴の「好色一代男」の国際プレイボーイ版といってよいものであり、日本最高のプレイボーイの自伝の傑作である。
プレーボーイをめざしたい諸君!、まず、これをよんでから外国女性を口説きにいきたまえ。

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オンライン講座/日本戦争報道論①」★『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑫「森正蔵日記と毎日の竹ヤリ事件⑤まきぞえをくった二百五十名は硫黄島 で全員玉砕した』★『挙国の体当たり―戦時社説150本を書き通した新聞人の独白』森正蔵著、毎日ワンズ)は<戦時下日記の傑作>森桂氏に感謝します』

  2014/10/09 記事再録 120回長期連載中『ガラ …

no image
『オンライン鈴木大拙講話』★「東西思想の「架け橋」となった鈴木大拙(95歳)―『『長寿の口癖は「わしは死神と競走で仕事をする」★『死を恐れるのは仕事を持たないからだ。ライフワークに没頭し続ければ死など考えるヒマがない。死が追ってくるより先へ先へと仕事を続ければよいのじゃ』』★『禅は「不立文字」(文字では伝えることができない)心的現象』★『「切腹、自刃、自殺、特攻精神は、単なる感傷性の行動に過ぎない。もつと合理的に物事を考へなければならぬ」

  前坂俊之×「鈴木大拙」の検索結果 28 件 http://www. …

no image
人気記事再録/百歳学入門(183)-現在、65歳以上の人は「2人に一人が90歳以上まで生きる時代」★『義母(90歳)の『ピンコロ人生』を見ていると、「老婆(ローマ)は1日にしてならず」「継続は力なり」「老いて学べば死しても朽ちず」の見事な実践と思う。

      2017/10/29 &nb …

no image
知的巨人の百歳学(114)徳富蘇峰(94歳)の長寿人生論「体力養成は品性養成とともに人生の第一義。一日一時間でも多く働ける体力者は一日中の勝利者となり、継続すれば年中の勝利者、人生の勝利者となる』★『世界的作家の執筆量ベスト1は一体だれか。『近世日本国民史』(百巻)の徳冨蘇峰か?!』

 知的巨人の百歳学(114) 体力養成は品性養成とともに人生の第一義。 …

[『オンライン講座/平櫛田中(107歳)、鈴木大拙(96歳)の教え」★「六十、七十 はなたれ小僧、はなたれ娘、人間盛りは百から、百から」 平櫛田中』★『人間は過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。老人は過去から、未来に生きるスイッチに切り換えなさい」(鈴木大拙)』

      2017/11/28&nbs …

「われわれは第3次世界大戦のさなかにある(NATO元最高司令官)」のに「75年たって憲法改正できない<極東のウクライナ日本>」★『よく分かる憲法改正論議』★『マッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年以上たった現在まで延々と 論争するほど無意味なことはない』

   2019/11/03 『リーダーシップの日本 …

no image
『オンライン/日本経済150年史での代表的経営者の実践経営学講座』★『日本興業銀行特別顧問/中山素平(99歳)昭和戦後の高度経済成長の立役者・中山素平の経営哲学10ヵ条「大事は軽く、小事は重く」★『八幡、富士製鉄の合併を推進』『進むときは人任せ、退く時は自ら決せ』

  2018/05/12 /日本リーダーパワー史( …

no image
『世界サッカー戦国史』④『西野サッカーはベスト16位に辛くも食い込み、さらにベルギー戦(7/3)での奮戦が期待される』★『西野監督の「名将」の証ーポーランド戦最後の15分間でコロンビアの勝利にかけた決断力(勝負勘)こそ、2次リーグへの突破を決めた名将の戦略』

『世界サッカー戦国史』④ 前坂 俊之(ジャーナリスト) 予選敗退確実とみられてい …

『オンライン講座/総理大臣と日銀総裁の決断突破力の比較研究』★『<男子の本懐>と叫んだ浜口雄幸首相は「財政再建、デフレ政策を推進して命が助かった者はいない。自分は死を覚悟してやるので、一緒に死んでくれないか」と井上準之助蔵相を説得した』

 2019/10/23  『リーダーシップの日本近 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミック研究』★『新型コロナと世界の沈没②―コロナ共存社会は数十年続く』★『コロナ感染者、世界で2000万人突破(8月15日)』★『米中対決のエスカレートは加速一方』★『大国の興亡」の歴史、覇権国の行方は?』★『『3ヵ月をきった米大統領選挙の行方』』

            前坂 俊之(ジャーナリスト)  米中 …