前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(120)/記事再録☆『今年は中国建国70周年だが、中国革命の父は毛沢東ではなく、孫文である」☆『その孫文を全面支援した宮崎滔天を中国に派遣して日本に亡命させて来いと指示したのが犬養毅(木堂)です』★『中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い』

   

日本リーダーパワー史(116) 中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い

  2018/01/22/記事再録

辛亥革命百年(18)犬養毅の仕掛けた中国革命・滔天と孫文との出会い

 前坂俊之(ジャーナリスト)

 
 
宮崎滔天は、二〇人の農民をつれてシャムに渡った。
 
ところが、時期がおくれて現地の日本移民会社は解散していた。シャム農務相や現地日本人の援助はあったが、移民の大部分は適当な職をえられず、大半風土病におかされるという惨憺たる有様であった。
それでも、彼はシャム移民事業の有利なことを説くために帰国し、広島移民会社を訪ねたりしている。しかし、一緒にシャムに行ったのは、末永節(筑前)・平山周(福岡)・前田九二四郎である。
 
そのとき妻の槌に送った手紙には、次のようにある。
「貧乏の事に至っては元是身に付いたる病気にて仲々一寸には直り不申、御苦心の程を察すれば腹裂くるはかりに候へども、しばらく辛抱仕りおり候。実際貧苦に身を没し居るものゝ苦しみは云ふまでなき処に候へども、最愛の妻子をこの貧困にゆだねて出て行く夫の心も又大分苦しきものにて候。昨日維新豪傑談なる書を読みて梅田源次郎の物語りに至って我同情を寄せ大いに慰め申候……」。
 
しかし、移民事業は惨憺たるものだった。彼もコレラに罷って九死に一生をえている。しかし、彼はシャム(タイ)の山林事業を有望とみて、それを説くために翌年ふたたび帰国する。ところが、もっとも信頼していた兄弥蔵が死亡した。
 
弥蔵は商館の番頭に身をやつしながら孫文の輩下と連絡をとっていた。二兄の死で悲観しながら、しかし彼はシャム殖民事業をといてまわる。妻への手紙(一八九六年10月19日付)に、こういっている。ここに犬養との出会いがはじまる。
 
「殖民の事は犬養毅が中心となって成立に力を尽し居申候。今朝は同人の紹介にて小村外務次官に面会してシャムの形勢を話し、殖民政策の必要を説きたり。
小村次官も大に同感を表せられ、賛成の事を明言せり。彼等もシャムの東方政策上重要の争点なることは知り居るものゝ如し。犬養の外楠本正隆・尾崎行雄等大に尽力することトなり、四、五日内進歩党本部に於て代議士六、七名集り
シャムの事情を聞くとの事也。談話が下手で極困り居候……」。
 
宮崎が犬養に会ったのはこの時がはじめてであった。これが辛亥革命のスタートになる。
 
 
『三十三年の夢』にはこう書いている。

「兎に角、余は改進党嫌なりき。而して木翁(犬養毅)は現に其党の一人なるが故に、余は進んで之と会見するを欲せずして、屡々友人(可児長鋏)の勧告を拒めり。然れども彼はロを極めて其人物を賞説し、心を尽して余を勧誘せり。是に於て余が心終に動けり。乃ち南万里と相携へて木翁を其寓に訪ふ。天縁なる哉。余が方針の一転機は此時に在」。
 
一転機というのは、シャムの山林事業のために会いながら、犬養から叱られた。「其顔ではちっとも金儲けは出来ぬよ。さッぱり中止したが好い」といわれ、「金儲けも一生の事業だ。金儲けして而して後に天下の事をやる。
成程正当の順序の様だが、さう甘くゆくもんじゃない。がらにないこたァ中止が好い。中止して直に本職に掛かるが好い。ナニ、天下の事は分業法でやるさ。儲かってゐる奴の分から使って行くさと。鳴呼、彼は余が志望を知るや知らずや。可児君は切りに余が膝をつつけり。余は遂に志支那にあることを告げ、且つ援助を与へられんことを乞へり。彼曰く、諾、暫く昼寝でもして待って居たまへと。一語泰山よりも重し。乃ち二兄の死により消耗せる余が志願うは頓に復活せり。余は失望の谷を出でて再び希望の天地に入ることを得たり。木翁は余が心的再生の母なる哉」。
 
つまり、宮崎を支那(中国)への志を正面から受け止めて、師父となったのは犬養木堂だったのである。
 
 
一八九七年(明治30)、木堂の斡旋で、宮崎と南万里と可児長鋏の三人は外務省から支那実情視察に派遣されることになった。彼は、内幸町の下宿で「昼寝」をしているうちに商品北芳の因叢面に報い、頭山満に四〇円借りて上野桜木病院に入院したり、大森で静養したりして、一人出発がおくれたが、とにかく香港で落合った。
香港・広東などでは革命派(一八九二年孫文が結成した興中会の会員)の人びとに会っている。そして、孫文がやがて日本に来ることを聞いて、旅行を中止して帰国する。横浜について陳白を訪れると、そこにすでに孫文が着いていた。孫文は彼のことも弥蔵のこともよく知っていた。
「余の喜びや知るべきな。但其挙止動作の漂忽にして重みなき処、人をして
にわか失望の心を生ぜしめぬ。……以為らくモット貫目なくてはと。鳴呼余や東洋的観相学の旧弊に陥りて自ら覚らざるものなり」。
しかし、すぐさま彼は孫に魅せられる。
 
そこで、「東都に入りて先づ木翁に謁し、告ぐるに孫君のことを以てすれば、彼は好い土産ものだ、兎に角逢って見ようぢゃないかといふ。更に外務省に至り、小村次官に謁して事情を告ぐれは、兎にかく、報告書を作れと云ふ。乃ち革命結社の現物(孫文のこと)を捉へ来りたれは、直接逢ふて話しをして呉れと答ふるに、彼は吃驚七そんな事して貰ってはと云ふ。然れども官員様は官員様なり。余等は余等なり。如何に官員様が驚きたまふとて、余等は余等の為す所をなさざる可からず。終に木翁(犬養毅)・平翁〔平岡浩太郎〕の高義によりて東京に一軒を構へ、南万里のお雇語学教師の名義を以て、孫・陳二君と同居することとなれり」。(『三十三年の夢』)
 
 小村次官は反対であったが、犬養が大隈外相(第二次松方内閣)を説き、外務省勅任参事官尾崎が府知事と談判して、東京府の「開市場外僑居証」(滞在ビザ)(一八九七年一〇月三日付)をえた。こうして、犬養の庇護のもと、宮崎滔天
と孫文の交友がはじまり、中国革命の拠点が東京にスタートすることになった。
 
 
 

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(154)野球の神様・川上哲治の『常勝の秘訣』とはー「窮して変じ、変じて通ず」

 日本リーダーパワー史(154)  「国難脱出に名将から学ぶ」 (野球 …

no image
日露300年戦争(6)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『「露寇事件」はロシアの大植民地主義者のレザノフの対米、対日植民地化の戦略の一環として生まれた』

  以上が「露寇事件」の概要だが、ロシアの植民地政策の先頭に立ったレザ …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『京城釜山間の通信を自由ならしむ可し』(「時事新報」明治27年6月12日付』★『情報通信の重要性を認識していた福沢』●『朝鮮多難の今日、多数の日本人が彼地に駐在するに際して、第一の必要は京城と我本国との間に通信を敏速にすること』

 ★『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8) 「北 …

no image
クイズ「坂の上の雲」ーー極秘「明石工作」は日露戦争約1年後に暴露されていた(2)

クイズ「坂の上の雲」   極秘「明石工作」は日露戦争約1年後に暴露され …

no image
速報(317)『事故は小トラブルが集まった時に中、大事故が起きる』『原発は民主主義が実現できない国に運営する資格はない』

速報(317)『日本のメルトダウン』   ◎『『6月27日 事故はちい …

no image
日本リーダーパワー史(436)世紀の難事業・4号機燃料棒取 出しが18日から開始。安倍政権はこれこそ 「統帥権」を発揮せよ

  日本リーダーパワー史(436) 失敗は絶対許されない世紀 …

no image
日本リーダーパワー史(951)-「ジャパンサッカー『新旧交代の大変身』★『パスは未来(前)へ出せ、過去(後)でも、現在(横)でもなく・』(ベンゲル監督)★『老兵死なず、ただ消え去るのみ、未来のために』(マッカーサー元帥)

日本リーダーパワー史(951) ジャパンサッカー大変身―「「パスは未来(前)へ出 …

no image
『外紙」からみた『日中韓150年戦争史』(54)日清戦争の原因 『日本側の言い分』英紙「ノース・チャイナ・ヘラルド」

『中国紙『申報』や『外紙」からみた『日中韓150年戦争史』          日 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑻」「高杉晋作のインテリジェンスと突破力がなければ、明治維新も起きなかった。

●「高杉晋作のインテリジェンスがなければ、 明治維新も起きなかった。 古来密接な …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊿(日清戦争開戦1週間前)-『戦いに及んでは持久戦とすべきを論ず』

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプションギャ …