前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(75) 生死をこえる究極の心得とは・・撃墜王・坂井三郎の話

   

日本リーダーパワー史(75)
生死をこえる究極の心得とは・・撃墜王・坂井三郎の話
<坂井三郎のリーダーシップ>
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
坂井三郎(さかいさぶろう)いうまでもなく太平洋戦争における日本海軍のゼロ戦(戦闘機)のエースパイロットである。日中戦争から太平洋戦争を通じ、激戦のガダルカナル島や硫黄島上空の最前線の戦闘を含めて200回以上の出撃し、各敵機64機を撃墜した日本の撃墜王、世界最高のパイロットでもあった。
 
敗戦後は海軍時代の経験をふまえ、太平洋戦争や人生論の本を多数執筆した。自ら自伝とも言うべき「大空のサムライ」は各国語に翻訳され、100万部を突破する世界的ベストセラーとなった。
 
言うまでもなく、戦闘機乗りは1対1のサムライの決闘、アメリカなら西部劇のガンマンの決闘に匹敵する近代兵器を駆使した殺し合い、死を賭けての戦いである。
 
究極の死を賭しての勝負の世界での心の持ち方はどうすればよいのか。
 
戦争、殺し合いという非常時態を如何に切り抜けてゆくのか。

戦闘時に要求される心の平静さをいかに保つことができるのか、
 
この心得は政治家、リーダー、官僚らの指導層には特に求められる精神修養、修業である。
 
決闘、対決、勝負に際して平常心を保つ事がどれほど重要であるか、安穏な生活にどっぷりつかって、災害も、戦争も、

国家倒産も関係ない、ミーイズムにひたっている我々には想像を絶することである。

 
零戦パイロットの坂井三郎氏の語る生死一如の絶体絶命のピンチの切り抜け方法とは・・・

ー坂井氏は次のように述べている。

 

坂井三郎の話
 

「俗に戦闘機乗りの六割頭(ろくわりあたま)と言って、飛行機に乗ると地上の六割ぐらいしか頭が働かんもんです。
 
エンジンの騒音のせいもあるでしょうが、何よりも敵機を見るとカッとしてしまうもんなんです。
こう、喉(のど)の奥から金玉があがってくるような気持になって気がついてみたら本能的に敵機の方に向けて躍りかかっていたという状態になっちゃうんだなあ。
 
結局、戦闘なんていうものはどっちかが強いから勝つというわけじゃない、どちらがミスが少ないかによって決まるんです。
 
特にタンクに被弾したとか機銃、弾丸が無くなったなんて危機的状況に落ち入った時が危ないんです。そんな時は決まって誤った対処法しか頭に浮かんでこないんですな、不思議なくらいに。
 
そうして更に致命的なミスを重ねてしまう。頭が逆上しているからで、それを押えて平常の頭脳の状態に戻さなきゃいかんわけです。
 
私はへソの下に力を入れて体全体はリラックスさせる、そうしておいて正面を静視するという方法をとりました。
 
あとで聞いたら、これが坐禅の法と相通ずるものがあるそうなんですよ。しかし、危険な状況でそういう落ち着いた感度をとるというのは、ふだんちゃんと訓練しとかなきゃできないですな。

私は地上にいるときいつもさっきの方法をやって練習してました。
 
米軍のほうでは、危険に落ちいったらまず時計を見よ。それで何時何分か口で言えたら、はじめて何か行動をとれと教えてるそうなんですよ。
 
それからあの戦争全体を通して私を支えてきた信念は、自分はいつか死ぬだろう、しかしそれは今日ではない、という事でした。

<以上は「太陽」1974年7月号『特集禅』より>
 
『双方で互いの戦闘機の背後を取ろうとグルグルまわっていると遠心力で血液が下がって視界が失われるほど苦しい。
 
自分が苦しい時は相手も苦しい。同じ苦しみなのだが止めると負ける。負けないためには「頑張り」である。「負けないぞ、頑張るぞ」って精神で生き抜いてきた』
 

「前は自宅の玄関から階段付近に鉄棒を渡し、暇な時に懸垂やぶら下がりをしていた。70歳過ぎて悠々と懸垂を披露する姿に、多くの来客は驚嘆させられた。」(Wiki)
 
 
 
【究極のリーダーシップとは】
①些細なことでも部下に対して嘘をつくな。

②反対意見を述べる者を大事にせよ。
 

③部下、同僚たちの面前で部下を叱るな。
 
④失態をもたらした部下の叱り方にも手順がある。
 
⑤部下の前で上司、同僚の悪口を言うな。
 
⑥部下の持ってくる軽い情報も聞き留めよ。
 
 ⑧手柄の横取り絶対禁物。
                                  
⑧責任から逃げるな。
 
⑨ポーカーフェイス、これもリーダーの特技だ。
 
 

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史 ⑩ 日露戦争での大山厳、山本権兵衛の軍配問答にみるリーダーシップ

日本リーダーパワー史 ⑩日露戦争での大山厳、山本権兵衛の軍配問答にみるリーダーシ …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(15)日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力⑧『「蹇蹇録』の結論「他策なかりしを信ぜむと欲っす」(これ以外の策はなかった)最後の1戦だった」

  日中北朝鮮150年戦争史(15) 日清戦争の発端ー日本最強の陸奥宗光の外交力 …

no image
『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑰★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』★『10年前の鎌倉沖は豊饒の海だった』★『美しい鎌倉海』で海の恵みをいただいて「天然生活」ー釣った魚をおいしく食べる。

    2016/06/23 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(361)国難突破の日本史最強のリーダーシップー山本権兵衛『海軍建設経営CEO」の決断力①』

日本リーダーパワー史(361)          <国難突破の日 …

no image
日本リーダーパワー史(203)『辛亥革命100年』・今後の日中関係のヒント②日本最大の革命家・宮崎兄弟はスゴイ!

    『辛亥革命100年』・今後の日中関係を考えるヒント② …

m1111
『日米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々」★『水野広徳年譜●『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども戦を忘るる時は必ず危うし』』

米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々 前坂 俊之( …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(16)日清戦争の発端の1つ甲午農民戦争(東学党の乱)はなぜ起こったのか。『閔族一派専横の時代』の内政の腐敗、紊乱、貪官汚吏の収賄,苛斂誅求に対する百姓一揆だった。

    日中北朝鮮150年戦争史(16) 日清戦争の発端ー日本最強の陸 …

no image
日本リーダーパワー史(67) 辛亥革命百年⑧孫文と国民外交を展開したパトロン・犬養毅②

日本リーダーパワー史(67) 辛亥革命百年⑧孫文と国民外交を進めた犬養毅② <鵜 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(228)/グリコの長寿創業者 江崎利一(97歳)『 「私の座右銘は、事業奉仕即幸福!。事業を道楽化し、死ぬまで働き続け、学び続け、息が切れたら事業の墓場に眠る」』

    2012/03/12 &nbsp …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉖ 『大日本帝国最後の日(8月15日)米内海相の突破力「陛下一人残して死ねない」

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉖   『大日本帝国最後の日― (1945年8月1 …