前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本経営巨人伝⑫大沢善助ーーーわが国電気事業の先駆者・大沢善助の波乱万丈人生

   

日本経営巨人伝⑫大沢善助
 
わが国電気事業の先駆者・大沢善助
<波乱万丈の京都財界の大立者>
 

 

回顧七十五年
昭和4
大沢善助
大沢善助 1854-1934
(解)前坂俊之
00.09
8,500
大空社
 
前坂 俊之(静岡県立大学名誉教授)
 
大沢善助はわが国の電気事業の先覚者であり、明治大正期に京都財界の重鎮的な存在の実業家である。
大沢は安政元年(一八五四)二月、京都市上京区で侠客の父大垣足音松の二男として生まれた。母は五歳の時に亡くなった。大沢は二人の義母に特に厳しく育てられ、苦労しながら成長し、明治三年(一八七〇)、十六歳で父の親分で武家、宮家への人入れ稼業の元締めをしており「会津の小鉄」として有名だった大侠客・大沢清八の養子となり、名を幸助と改名した。
 
明治四年に家を出て寺町通丸太町の自宅で自米屋を営んだ。近くには米国から帰国したばかりの新島裏が住んでおり、同志社英学校(同志社大学の前身)を開校した。ここに米を卸したのが縁で新島と知り合い、親しくなった。

大沢と新島を結び付けたのは新島の義兄にあたる山本覚馬であった。山本は旧会津藩士で、維新後は京都府顧問として、府政を援助し、京都の政財界のリーダー役として、初代の府会議長、商工会議所会頭なども務めた。同志社の設立にもかかわっており、この山本の知遇を得たことが、その後の大沢の活躍に大きな力となった。

 
大沢は米相場に手を出して失敗、鮮魚商、古道具屋、押絵細工、瀬戸物商などの商売を転々とするが、外国人相手の商売をしたことで、貿易への関心を一層深めていった。
 
 明治十三年に新島嚢から洗礼を受けて、以後、大沢は敬度なカトリック信徒として生涯を過ごすことになる。新島から要請されて大沢は同志社の社員(現在の理事)にも就任した。
 同十五年(一八八二)十月、京都商工会議所(現在の商議所の前身)が山本らによって設立されたが、大沢は二十九歳と最年少ながら七人の発起人のメンバーの一人になった。
 
 この間、明治十四年に京都府知事となった北垣国道は「京都の再生」の決め手として琵琶湖の水を運河によって京都に送って、工業を興そうという琵琶湖疏水工事計画を打ち出した。
 これは当時、わが国最大の土木工事で、巨額の工事費を要するため、京都府民はその負担をめぐって議論が沸騰した。大沢は同十七年に府会議員に選ばれており、「断固計画は推進すべき」と、賛成の大演説をぶって全面的に応援した。
 
 翌年、工事費一二五万円をかけて着工になったが、大沢は疏水常務員に就任して、工事の進行の藍督を行うなど、完成まで全面的に協力した。この関係で電気事業への知識と関心を深めた。
 
 疎水工事は二十三年に完成したが、疎水は水上運搬にも利用され、水力発電のために蹴上発電所が作られた。
 明治二十三年(一八九〇)五月、大沢は京都市魅屋町に柱時計の製造工場を作った。明治六年に太陽暦が採用され、海外製の「ボンボン時計」などの時計の輸入が増加し、国産化を要望する声が強く出されていた。
 
 このため大沢は事業に乗り出し、時計製造を始めるために、当時、時計製造の中心であった名古屋に長男徳太郎を派遣して約一年間、技術の習得に努めさせた。徳太郎は部品から生産、組み立て、仕上げ、製品まで一貫した生産に取り組んだ。
 
 その後、大沢商会は貿易に手を広げて神戸、シドニーにも支店を設けるなど、明治後期には大きく発展した。大正八年(一九一九)には、同商会を株式会社として、大商社への成長の基礎を作った。
 
 日本での電気事業は明治二十年(一八八七)の東京電燈会社(現・東京電力)の営業でスタートしたが、大沢は同二十二年に友人の田中源太郎、西村七三郎らと京都電燈会社を創設し、二十五年には三十九歳で社長となり、以後、昭和二年に退くまでの三十五年間にわたって経営の舵取りを行ってきた。
 
 大沢は横板的な経営と技術的な革新に取り組み、従来の直流式の低圧配電方式を高圧式に変えて、疎水事業の水力電気を採用した。
 明冶二十五年に電気と時計製造を結び付けて、京都時計製造会社を作り、市の水力発電所の完成によって、一馬力の電力の供給を受けて、時計製造に利用した。これが日本最初の電力利用の工場となった。
 明治三十三年(一八九五)、大津市までの遠距離送電に成功し、京都府八瀬村に一六〇キロの水力発電所を建設し、一旦ハ〇キロの発電を行い、京都に送電したが、これも電燈会社による自力水力発電の最初のものであった。
 
 大沢在職中の京都電燈は資本金だけでみても五二〇倍の大躍進を遂げた。
 電気を利用した電気鉄道にも二早く取組み、明治二十七年(一八九四)、大沢は京都電気鉄道を組織して線路を敷いて、京都で開催された第四回内国勧業博で七條から岡崎公園の会場までに水力発電を利用した電車を走らせた。これが最初の電気鉄道の創設であり、その後二番目の名古屋電鉄の創設、経営にも当たり、続いて越前電気鉄道の創設にもかかわった。
 
 このほか、大沢の事業は多方面にわたり、北陸においても水力電気を開発し、釜山電燈を経営、日本水力、大同電力、京都陶器など十以上の会社の創設や経営に参加し京都商工銀行、商工貯蓄銀行、四十九銀行、産業、共立貯蓄両銀行、九十二銀行の合併、救済にも尽力した。
 
 府会議員、市会議員にもなっており、同三十二年には府議会議長になるなど府、市政にも貢献した。長い間、京都商工会議所副会頭としても活躍した。
 このほか、新島喪との関係で同志社大学の創設、同志社女子校の発展にも尽くし、鹿児島、北海道の開拓事業や免囚保護事業にも貢献した。
 
 大沢は生涯、二度も下獄している。明治四十四年に京都電気鉄道の通行税をめぐる横領事件で起訴され、大正七年には京都市長選挙でまきぞえをくった形で逮捕、有罪となっているが、いずれも大沢の予期せぬことで、いわば奇禍ともいうべきものであった。
 
 大沢はカトリック信徒として、信仰心が厚く、いかなる苦難があっても神の試練だとして、こうした事件にも敢然と耐えてきた。また、身分制度が未だ強く残っていた京都という風土の中で、大沢は侠客のせがれであることを、隠し立てすることなく平然と口にしてはばからない気骨の人でもあった。
 
 昭和九年(一九三四)十月、大沢は八十歳で亡くなった。
 大沢幸助の伝記については、大沢善助著『回顧七十五年』(昭和四年、非売品)、三浦豊二『大沢善助翁』(大沢幸助翁功績記念会、昭和四年)、田村栄太郎著冒本電気技術者伝』(科学新興杜、昭和十八年)などがある。本書は『回顧七十五年』の復刻である。経済人の伝記というと、とかく無味乾燥なものが多いが、本書は一味違い、波瀾万丈の大沢の生涯を本人がザックバランに語っており、興味深いばかりでなく、京都の明治、大正の政治経済史を知る資料としても貴重である。
 
                          (2000年執筆、静岡県立大学国際関係学部教授)

 - 人物研究 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(137)ークイズ<超高齢社会>創造力は老人となると衰えるのか<創造力は年齢に関係なし>『 ダビンチから音楽家、カントまで天才が傑作をモノにした年齢はいずれも晩年』★『 ラッセルは97歳まで活躍したぞ』

クイズ<超高齢社会>・創造力は老人となると衰えるのか <創造力は年齢に関係なし、 …

no image
百歳学入門(245)-『2018年/敬老の日、厚労省は100歳以上の高齢者数を6万7824人と発表した』★『百歳著名人500人リスト(93歳から118歳まで)2018年3月作成』

百歳学入門(245) 厚生労働省は15日、100歳以上の高齢者数を6万7824人 …

no image
世界が尊敬した日本人(87)究極の個人サービス「クロネコヤマト」宅急便を創設 した小倉昌男(80) 

 世界が尊敬した日本人(87)      究極の個人サービス …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(654) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(47) 「川上操六のインテリジェンスー 日清戦争後、野党の河野盤州領袖を説得して、 陸軍6個師団増強に協力させた驚異の説得力」

日本リーダーパワー史(654) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(47)   …

102707
『オンライン/日本リーダーパワー史講座』★『明治維新から152年ーこの間に最高のリーダーシップを発揮した人物は一体誰でしょうか?、答えは「西郷隆盛」ではない、弟の西郷従道ですよ!ウソ、ほんとだよ』★『『バカなのか、利口なのか』『なんでもござれ大臣」「大馬鹿者」と(西郷隆盛は命名)『奇想天外』「貧乏徳利」(大隈重信いわく)』

 2015/01/01日本リーダーパワー史(512)記事再録 ★「フリ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(79)記事再録/ ★『日本史を変えた大事件前夜・組閣前夜の東條英機』★『近衛文麿首相は「戦争は私には自信がない。自信のある人にやってもらいたい」と発言。東條は「(中国からの)撤兵は絶対にしない」と答え、「人間、たまには清水の舞台から目をつむって飛び降りることも必要だ」と優柔不断な近衛首相を皮肉った。

  2004年5月 /「別冊歴史読本89号』に掲載 近衛文麿首相は「戦 …

無題
日本リーダーパワー史(712) 陸軍軍人で最高の『良心の将軍』今村均の 『大東亜戦争敗戦の大原因』を反省する②「陸海軍の対立、分裂」「作戦可能の限度を超える」 「精神主義の偏重」「慈悲心の欠如」 「日清日露戦争と日中戦争の違い」「戦陣訓の反省」

  日本リーダーパワー史(712)  『良心の将軍』今村均(陸軍大将) …

no image
日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳

1 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳 前坂 俊之 (静 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(308)★関 牧翁の言葉「よく生きることは、よく死ぬこと」★『一休さんの遣偈は勇ましい』★『明治の三舟とよばれた勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟の坐禅』

関 牧翁のことば「よく生きることは、よく死ぬこと」 関牧翁(せき ぼくおう、19 …

no image
日本リーダーパワー史(637) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(30) 『川上参謀総長のリーダーシップと人事抜擢の要諦』日露戦争前、田中義一をロシアに派遣,徹底調査を命じた(1)

日本リーダーパワー史(637) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(30)   …