前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(239)ー『カショギ事件の真相はトルコ政府はこの殺人事件をリアルタイムで監視し、千載一遇のチャンスと捕え,国際世論を味方につけてムハンマド皇太子を失脚させ,スンニ派盟主としてトルコの立場を強化しようと計画したもの」<エルサレムポスト紙(JPOST)11/20>

      2018/12/19

 

Shedding light on the Saudi-Turkey rift It appears that Erdogan and the Muslim Brotherhood are one, and that included sympathizer, and colleague Jamal Khashoggi.
 
 

本件、エルサレムポスト紙(JPOST) 11/20掲載と些か旧聞ではありますが、「カショギ事件」の意味に重大な新たな視点を提供しております。論点を整理すると、

1)カショギ氏殺害に関する米欧、中東各国のマスコミ報道では、サウジアラビアの実質的な最高権力者ムハンマド皇太子(MBS)が、直接関わり殺害を指示したか如何か?に焦点が当てられている。

殺害が実行された現場は、トルコ、イスタンブールのサウジアラビア総領事館内であり、結論に繋がる一連の状況証拠はトルコ政府の諜報部門が現場から採取したものである。エルドアン大統領は事件収束後に、部下から事後報告を受けて状況を把握し、情報を小出しに、演説の中で流す体裁をとっていた。

報道の大勢は、カショギ氏対ムハンマド皇太子、両者の関係に関するものでMBSの責任を厳しく追及するものであった。

本稿で、筆者マイク・エバンス氏は、カショギ氏の入国がサリド王子(サウジ米国大使でMBSの弟)の進言を受けたものであり、並行して十数人の拘束部隊がプライベートジェットで入国し、これら一連の入国から領事館内への入場そして騒動まで、トルコ当局が常時監視していた、としている。事態は、エルドアン大統領もリアルタイムで報告を受けていたとする。

2)領事館内での殺害までは予測不可能でも、捕捉拉致は事前に見通しており、容易ならざる事態の推移を現認し、トルコ当局が領事館責任者に対し抗議行動を開始する余裕があったにも関わらず、カショギ氏の人道上の救助を何故開始せず静観を続けたのか?大いに疑問であると、エバンス氏は指摘している。

3)従来から、サウジとトルコは、イスラム教徒の大勢を占めるスンニ派の
盟主の座をめぐり緊張関係にある。エルドアン大統領は、2014年8月に大統領就任以来、民主的な選挙制度も取り入れているが、圧政抑圧的で専制君主的なイスラム教指導体制を強化する方向に進んでいる(イランの政教一致、専制体制の方向と一致する)。エジプトで20世紀初頭に生まれた、西洋からの独立とイスラム文化の復興を掲げるイスラム主義運動、「イスラム同胞団」との親和性も非常に強く、サウジ、エジプト、湾岸諸国の親米現政権はこれを大変嫌っている。

4)脱イスラム、近代化、西洋化のスピードを上げているサウジMBSを苦々しく思い、その追い落としを狙うトルコ現政権は、今回のカショギ事件を千載一遇のチャンスと捕え、この殺人事件をリアルタイムで傍観捕捉しながら、これを材料に国際世論を味方につけてムハンマド皇太子を失脚させ,トルコのスンニ派盟主としての立場を一気に強化しようと計画したのが、本事件の真相であると言う。
(カショギ氏はエルドアンの政治的犠牲者でもあったと、筆者エバンス氏は言う)
以上

* マイク・エヴァンス氏はニューヨークタイムズ 紙の売れっ子著作者であり、イスラエルの。第9代大統領、シモン・ペレスがエルサレムで創立したイスラエル歴史博物館のファウンダーの一人でもある。

 

「 Shedding light on the Saudi-Turkey rift 」
 「サウジアラビアとトルコの亀裂が浮き彫りになってい る。」2018/11/20   By Mike Evans, JPOST

 

この戦いはカショギ氏とサウジとの間ではなく、サウジアラビアのムハンマド 皇太子とトルコのエルドアン大統領との衝突だと多くの人 は認識している。

カショギ氏はサウジアラビア大使館に足を踏 入れたが、歩いて出て来ることはなかった。一連の行動はカショギ氏に麻酔をかけ、サウジ政府に対する反逆の嫌疑で裁判にかけるために故国へ連れ戻そうとするものであったと思われる。

いくつかの情報によると、カショギ氏は首を絞められたのではなく、麻酔を打たれた後、窒息させられた、と言う。

私はモサドのある高官やエジプトの情報当局者からの情報でムハンマド皇太子(MBS)はカショギ氏を逮捕して、 彼を裁判にかけるミッションを承認していたという。イスラエルがアルゼンチンに逃亡していたアドルフ・アイヒマンの逮捕で実行したように。

 

不運なことに、秘密裏にカショギ氏を飛行機で連れ戻す様命じられていた一団は、薬剤の過剰投与のミスによって彼を死なせてしまい、パニック状態になった。そのために事件のもみ消し、誤魔化しが始まった。

その後間もなく、私は2度以上この話を聞かされた。ムハンマド皇太子殿下、サウジの副首相で国防大臣のムハンマド皇太子殿下にあった。 トルコによる猛烈な責任追及があるにもかかわらず、サウジ 側はカメラが領事館の回廊で働いていることに気がついていた。トルコ当局者はカショギ事件を早速アル・ジャジーラ、サウジアラビアと仲の悪いカタール国の公式TV局にリークした。カショギ事件以来、同局は24時間、サウジ皇太子の関与を指摘できるあらゆる手段についてこのニュースを流し続けた。

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(145)』 エマニュエル•トッドのグローバル・トレンド『近い将来台頭するドイツ帝国とアメリカ合衆国の衝突を極めて危惧する』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(145)』 エマニュエル …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史⑿」ー『日本には元々「情報戦略」という場合の「情報」(インテリジェンス)と『戦略(ストラジティ)』の概念はなかった』★『<明治の奇跡>が<昭和の亡国>に転落していく<戦略思想不在>の歴史を克服できなければ、明日の日本はない』

「戦略思想からみた日清・日露戦争」 「日本人と戦略思考、インテリジェンス」につい …

no image
速報(21)『日本のメルトダウン』33日目ー10年後から今の混乱をフィードバックする時間思考力を持て●

速報(21)『日本のメルトダウン』33日目 ◎5、10年後から今の混乱をフィード …

ダウンロード
百歳生涯現役入門(176)『生涯現役/晩年の達人の渋沢栄一(91歳)①』晩年(70,80,90歳代)の人生を充実し、生涯現役で、元気で働いて『傍楽(はたらく』、臨終定年の『ピンコロ』人生こそ理想』★『日本資本主義の父・渋沢栄一(91)の「百歳生涯現役・晩年の達人」のノーハウ』

 百歳生涯現役入門(176)   平均寿命ではなく『健康寿命』とは「健康上の問題 …

no image
地球メルトダウン(1)「もう手遅れ?地球温暖化」-「南極で史上最高気温17.5度 地球温暖化の関係を専門家解説」●「温暖化と貧困、両方に効く解決策はあるか」

地球メルトダウン(1)-「もう手遅れ?地球温暖化」 「”地球温暖化& …

no image
日本リーダーパワー史(99) 日本最高の名将川上操六⑮山県有朋陸軍法王を解任、一喝したすごい男

日本リーダーパワー史(99) 名将川上操六⑮山県有朋陸軍法王を解任、一喝したすご …

no image
速報(87)『日本のメルトダウン』☆『原発行政訴訟を起こした江藤貴紀氏に期待する』

速報(87)『日本のメルトダウン』   ☆『原発行政訴訟を起こした江藤 …

no image
 日本リーダーパワー史(767)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む➀『婦人女子、老翁、老婆、分別もない小児の首に、縄を掛けてこれを絞め殺すとは果していかなる国か。』『この社説が『脱亜論」のきっかけになり、日清戦争の原因ともなった』

   日本リーダーパワー史(767)   『朝鮮独立党の処刑』『時事新 …

no image
日本リーダーパワー史(707) 安倍首相の<多動性外交症候群>『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し てはならない②『日露首脳会談】プーチン氏、北方領土で日本マネー取り込み「愛国機運」背景に軟化の余地なし』●『北方領土「新たな発想」、局面打開の具体策は見えず「この3年、何も動かず」露ペースに懸念』●『なぜ今、日露首脳会談? 実現に意欲の安倍首相、大局的な狙いを海外メディアが考察 』

日本リーダーパワー史(707) 安倍首相は『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し …

qqq
『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』⑤『ロシア革命への序曲、血の日曜日、戦艦ポチヨムキンの反乱など本格的な武力闘争へ』

『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』⑤ 『ロシア革命への …