前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『世界サッカー戦国史』④『西野サッカーはベスト16位に辛くも食い込み、さらにベルギー戦(7/3)での奮戦が期待される』★『西野監督の「名将」の証ーポーランド戦最後の15分間でコロンビアの勝利にかけた決断力(勝負勘)こそ、2次リーグへの突破を決めた名将の戦略』

      2018/07/16

『世界サッカー戦国史』④

前坂 俊之(ジャーナリスト)

予選敗退確実とみられていた西野サッカーはベスト16位に辛くも食い込み、7月3日のベルギー戦での奮戦が期待される。これまでの戦いは事前の予測を覆す大健闘と言いえるし、西の采配が光り、今後の日本サッカーのレベルを1段と引き上げたことはまちがいない。

これまでの試合をふりかえると

コロンビアとの緒戦では日本はいきなりPKのラッキーに恵まれた。しかもコロンビアのハンドでMFが一発退場という2重のオマケつき。これをベテラン香川が確実に決めて1点先取、一挙に試合の流れを有利に進めた。

それからコロンビアの猛攻が始まったが、サイドの攻防で原口と長友が踏ん張ってコロンビアのスピーディな足を止め、ディフェンス陣、大迫まで全員総がかりの懸命の守りで得点を許さなかった。

後半にコロンビアに一瞬のスキを突かれて同点にされたが、すぐ投入された本田のコーナーキックを大迫がヘッドで見事に決めて強豪コロンビアを2-1で撃破した。

W杯で南米チームをアジア勢が破ったのは大会史上初めてという。

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=42407

https://the-ans.jp/news/26913/

W杯出場組のベテランを要所に配して、日本のお得意の守備に徹しながら、丁寧なパス回しで、少ないチャンスをものにしてワントップの大迫の決定力に賭けた西野戦略が成功した。相手の歴史的ミスと勝利の女神が日本の味方をした辛勝といえよう。

2戦のセネガル戦では

勝てば早々に2回戦進出が決まる最重要な試合だった。決戦となるといつも日本は弱い。日本の持病の『決定力不足』とミスが再発し、この試合を分けた。前半11分に川島のパンチングのミスで出た。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20180625/jpn18062518030085-n1.html

これを西野が抜擢したドリブル突破力、得点力のある乾の一撃で1-1に戻すと、

これまた後半残り20分で投入したホンダがコーナーキックのボールをゴールに決めて2-2の同点に追いついた。「ビッグボイス」と批判の絶えなかった本田が決戦の土壇場で『結果力』を示した。

勝つことはできなかったが、セネガルとの実力差は歴然で弱体チームを率いた引き分けにも持ち込んだのは西野の戦略、采配の勝利と言えるだろう。

本田圭佑がセネガル戦で日本人初の3大会連続ゴール
https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806250000048.html

http://www.chunichi.co.jp/article/worldcup/russia2018/news/CK2018062602000157.html

ここでも、ポーランドの攻撃力は弱く、鉄壁の防衛陣ンの守りで令のパス回しで何度かチャンスはあったが、決定力がなく、後半にポーランドに先制点1を許した。前回ミスをした川島守護神を変えなかったが、西野監督のその信頼に答えて、川島はスーパーセーブで失点を最小限度におさえた。

これで負ければ二次リーグの進出に赤ランプが灯った。コロンビア対セネガルの試合が後半の終了15分前にコロンビアが1-0でセネガルに勝っており、このままコロンビアが勝てば、フェアプレイ点でセネガルを上回り日本が2回戦に進出できることが分かった。

http://www.goal.com/jp/%E8%A9%A6%E5%90%88/%E3%82%BB%E3%83%8D%E3%82%AC%E3%83%AB-%E5%AF%BE-%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A2/970kuscu5xzn5zx9k2l4508o9

西野監督「名将」の決断力、結果力

西野監督は即座に決断し、内田を急きょ投入し、危険を冒してせめてファールから失点するケースをさけて、パス回しでポーランド側にボールを渡さず時間稼ぎの戦術に転換した。場内からは大ブーイングが鳴りやまない。日本側サポーターからも『なぜ攻めないか』の批判も出た。世界中のメディアからはバッシングを受けた。

長谷部「真実は結果の中にしかない」 負けているのに消極ボール回し、一か八かの戦術の功罪

https://www.sankei.com/sports/news/180629/spo1806290052-n1.html

警告2枚差で日本歓喜 フェアプレーポイントとは https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806290000029.html
日本-ポーランド戦ラスト10分に海外も様々な反応
https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806290000675.html

 

この最後の15分間で時間切れでコロンビアの勝利を見抜いた「一か八で」勝負に出た西野監督の決断力(勝負勘)こそ、2次リーグへの突破を決めた戦略勝利であった。西野監督は「凡将」ではなく「名将」のこれが証である。
オリンピック、W杯などは参加するだけではなく、上位入賞、トップを目ざさない国はない。ましてや、ドーピングを組織的にやったロシアなど各国が批判する資格などはない、(中国も韓国も)
なぜなら、これはルール違反の行為ではなく、各国でもやっている試合戦術の1つであり、フアンに申し訳ないなどと謝罪の言葉など不必要である。
勝負の世界では➀勝負に勝って試合に負け②試合に負けて勝負に勝った③負けるが勝(負けるとその後は奮起して勝つ、④勝とおごりが生じて負けに通じる➄負けえ惜しみの遠声などなど、いろいろのことわざがある。

西野監督はベスト16位からもう1歩前に進みたいので、この戦略をきめた」だけであり、このような批判の声は承知の上の決断、正論であろう。

日本は「武器を持ち合わせているのか…」 英紙が“16強格付け”で日本を最下位に

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180701-00028197-theanswer-socc

つづく

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60>封印された核の真実 「戦後も大政翼賛会は生きていた,「逆コース」へ方向転換(上)

片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60> 封印され …

no image
日本メルトダウン脱出法(625)◎「アルカイダは「ISISを容認せず」◎「日韓よ中国を利する歴史論争から脱け出せ」

  日本メルトダウン脱出法(625) ◎「残忍ISISの支配の実態は http: …

no image
日本リーダーパワー史(704)「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑩『林董(ただす)外務次官の証言する朝鮮防穀令事件の真相』防穀令により朝鮮地方官がワイロを貪った。

日本リーダーパワー史(704) 日中韓150年史の真実(9) 「福沢諭吉はなぜ「 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(81)記事再録/ ★『明治維新の元勲・大久保利通の性格は典型的な武士気質の「寡黙不言・決断断固実行型」★『ほとんど口をきかない。いつも葉巻タバコをふかし、全く寡黙で、周囲から恐れられた。』

 2016/11/09/ 日本リーダーパワー史(526) 西 …

1111
日本リーダーパワー史(694)『ブレブレ」『右往左往』「他力本願」の無能なリーダーが日本沈没を加速させているー日本の決定的瞬間『西南戦争』で見せた大久保利通内務卿(実質、首相)の『胆力』『不言実行力』「不動心」を学ぶ①

日本リーダーパワー史(694) 『ブレブレ」『右往左往』「他力本願」の日本の無能 …

no image
速報(264)◎『(文部科学省は)何の責任も取らないまま、この程度の事故で収まったと言い続けている (小出裕章)』ほか3本

  速報(264)『日本のメルトダウン』   ◎『3月13日 …

no image
日本メルトダウン脱出法(738)「まれに見る「不仲」に終わった米中首脳会談】●「将来の海面上昇、90センチ以上に、NASA」●『グーグル検索で大統領選の結果も「操作可能」米研究」

   日本メルトダウン脱出法(738)   まれに見る「不仲」に終わった米中首脳 …

ダウンロード-1-150x150
 ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(9)『金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」● 『(日本軍の出兵に対して)彼等の驚愕想ふ可し』は現在の日中韓北朝鮮外交 に通じる卓見、戦略分析である』★『近年、日本のアジア政略は勉めて平和を旨とし事を好まず、朝鮮は明治十七年の甲申事変以来、 殆んど放擲し、清国関係には最も注意して事の穏便を謀り、言ふべきことをいわず、万事円滑 を旨としたのは、東洋の平和のため』★『傲慢なる清国人らの眼を以て見れば、日本人は他の威力に畏縮して恐るに足らずと我を侮り、傍若無人の挙動を演じている』

  ★5日本リーダーパワー史(776)ー   ★『アジア近現代史復習問題』 福沢 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史(17)記事再録/ガラパゴス日本『死に至る病』―国家統治/無責任欠陥体制『大本営』『大本営・政府連絡会議』『最高戦争指導会議』 『御前会議』の内幕

   2017/08/16日本敗戦史(46) &n …

no image
知的巨人たちの百歳学(176)記事再録/「東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」(アサヒ、サッポロビールの前身)・馬越恭平【88歳) 「健康10ヵ条」ー「2つの養生<体の養生と財布の養生とは怠るな>」 「四気の保持を忘れぬこと―元気、勇気、長生き(気長の意味) 、腹の落付き(沈静)の四つ」

  2015/09/16   &nbsp …