前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(875)『日中韓、北朝鮮の三角関係はなぜ、かくも長くもめ続けるのか②』★『本邦の朝鮮に対して施すべき政策を論ず②』(尾崎行雄の対中国/朝鮮論策、明治12年12月)

      2018/02/15

(尾崎行雄の対中国/朝鮮論策、明治12年12月)

『本邦の朝鮮に対して施すべき政策を論ず②』

わが政府は50万円のうち40万円を環贈して「望むらくはこの金を開明の用に補填こと」と付文した。朝鮮政府はこれを感激し「庶幾くは(こいのぞむこと)この厚誼に托し日月邁征し、共に興隆をはからん」旨を答えたという。

朝鮮政府がわが皇帝(明治天皇)が友邦・朝鮮に対する至誠に感じ、永くこの感謝を忘れることなく、鋭意邁進を図れば、ひとり朝鮮の幸福のみならず、日本もまた、これによって幸福を分受することができる。私はこの盛挙を聞いて、大いに喜ぶと同時に、わが政府の近隣外交は、この一事に止まらないことを希望する。

(中略)

朝鮮がもしこれに感じて、少しでも日本へを猜疑心をやわらげ、心を開いて我と交際するに至らば、協心戮力(きょうしんりくりょく. 意味, 心と力を合わせて、互いに協力して物事に取り組むこと)以て対島の東西峡を扼守 (やくしゅ、要所をおさえて守ること、防衛すること)し、日本海を守り、両国の独立安寧を維持する端緒を開くことができる。ただし、端緒を開いても朝鮮が再び猜疑の念を起こすことがあれば日本海の扼守の大計はたちまち破壊して、終に他邦(中国・ロシア)らの乗ずる災いが起きかねない。

そのため、これに次ぐ政策がなければ、朝鮮は必ず猜疑の念を再燃させる日がくる。

そうすれば、今日の償金を遺贈した効果は立所に亡くなる。故に、韓人をして疑念を除て、永く我が厚誼に感ぜしめんと欲せば、単に償金遺贈を以て満足せず、更に方法を求めて彼が歓心を繋ぎ、これを固くしなければならない。

余輩がその1,2の策を略述せん。

朝鮮に大院君なる者あり、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E5%AE%A3%E5%A4%A7%E9%99%A2%E5%90%9B

国王の近親でかつて久しく政権を握り、明治十五年七月の乱(壬午事変)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AC%E5%8D%88%E8%BB%8D%E4%B9%B1

では、その蜂起させたという嫌疑を受けて、清国宮延に拘引された。以後、清国に留まり、禁固のされているが、朝鮮保守党に嘱望されており、その名声は極めて高い。

そして、熱心に大院君を仰望する者は、皆な日本を怨み、我国を敵視する者なり、この勢力は甚だ大きくて、開化党(独立党)=親日党

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E5%8C%96%E6%B4%BE

は容易にこれに対抗できない。このため、保守頑固党の歓心を博さねば、いまだ朝鮮国民多数の歓心を得たとはいえない。

私の提言する政略は、日本が朝鮮政府のために清国宮延にかけ合って、大院君を放帰(釈放し、帰国させる)ことにある。

朝鮮が独立国でることは欧米諸国の等しく認めているところである。ところが、清廷は故なく朝鮮内政に干渉し、多くの兵隊を朝鮮内に秩序、安寧を保護する名目で駐留させている。清延の内政干渉に独立心ある者はみな憤激している。京城(ソウル)に駐留する清兵は無規律、無節制で、乱暴狼藉を働き、上下人民の皆なが苦しんでいる。

そのために、日本が朝鮮のために、宮廷に掛け合て、その干渉を止めさせ、駐留兵を撤退させれば、朝鮮は日本を徳とし、その疑念を棄ててわれを信頼するであろう。

清国の政府、人民共に腐敗しており、各々の私利私欲をむさぼり、政治人民にやさしいものでなく、人民の訴えは上に届かず、国の名はあっても国も実はない。その点は内情に通じたものは皆承知するところで、居留する欧米人の中には、公然と清国を評してすでに無政府の状態に沈滞しているという者が多い。

故に泰平無事の日には、その辺幅(外見。うわべ)を弥縫(びほう、とりつくろう)施し、独立一統の大帝国たる対面を装うことを得るといえども、一旦ことある場合は政令多端にして破綻百出す。

 

政府はいまだ人民保護の義務を果たすことはできないのみならず、

その人民もまた国家の何者たるかを知らず、各々、利益のある所に走て、糧を敵にもたらす者、皆な是れなり。

今日に及んで、なお一国の体面を失はず、一統の政府ある所以の者は、人民は愚昧、無気力にして、官吏となって賄賂をむさぼることを希う以外に、更に政治思想がないためのみ。余輩をして忌憚なくなくこれを評せば、清民の如きはいわゆる無縁の衆生、釈迦再生すと雖も決して済度すべからざる者なり。

しかして、野郎自ら尊大にして、すこしも琢磨改進の道を知らず、動もすれば己が独立だに保持する能力がない危機にあいながら、却て他国の内政を干渉し百方を牽制して、その開明進歩を妨害するとは何の心ぞや。

清国政府の朝鮮の内政に干渉するや、朝鮮の進歩開明を妨げること極て大なり、この弊害をこうむる者は、ひとり朝鮮の一国に止らずこれと親交、密接して、文明の利益に浴せんと欲する者は皆なこの被害者となる。

眼を転じて、清国の利害如何を観察するも、実際、付庸国でない者を強いて、付庸国の名をつけて、時にその内政に干渉してその人民の嫌悪、憤激の念を誘起し、そのために富強国と葛藤を生ずる原因をつくるのは、決して得策ではない。

つづく

日本リーダーパワー史(874)『日中韓、北朝鮮の関係はなぜ、かくも長くギグシャクともめ続けるのか➀』★『130年前の朝鮮をめぐる日中の対立・戦争が今回の件も含めてすべての根源にある』★『憲政の神様・尾崎行雄の名解説「本邦の朝鮮に対して施すべき 政策を諭ず」を読む』★『日本公使館を焼き打ちした壬午軍乱の賠償金40万円(現在の金に換算して約5兆8千億円)を朝鮮発展のために還付した日本政府の大英断』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/28271.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』―『治外法権の国辱的な条約改正案』●『ノルマントン事件の領事裁判権の弊害ー英国人船長、外国人船員26人は救難ボートで助かり、日本人乗客25人は溺死した』

 『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』 ―『治外法権の国辱的な条約 …

no image
速報(200)『日本のメルトダウン』●『冷温停止宣言のウソを許すなー「ニューヨークタイムズ」の疑問は当然』

速報(200)『日本のメルトダウン』   ●『冷温停止宣言のウソを許す …

no image
日本リーダーパワー欠落史(748)『 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題』  欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?』 プーチンの恫喝外交に再び、赤子(お人よし外交) の手をひねられるのか!?北方領土の悲劇―ロシアの残虐殺戮、無法占領の責任を追及せず、 2島返還で経済援助までつける安倍外交の失敗』★『戦争終結後に非戦闘員3700人を大虐殺』●『軍人ら約60万がシベリアに送られ、強制労働に従事させられ、6万3000人が死亡した』

  日本リーダーパワー欠落史(748) 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問 …

no image
日本メルトダウン脱出法(781)「老後に夢も希望もない! 現役世代に忍び寄る「下流中年」の足音」●「米研究機関が警告、中国の情報工作に惑わされるな 虚偽の情報を発信し、メディアも操作」

日本メルトダウン脱出法(781) 老後に夢も希望もない! 現役世代に忍び寄る「下 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(630) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所を設立した荒尾精 「五百年に一人しか出ない男」(頭山満評)ー表の顔は「漢口楽尊堂店長」、実は参謀本部の海外駐在諜報武官。

日本リーダーパワー史(630)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23)   …

syouinn
日本リーダーパワー史(559)世界が尊敬した日本人ー明治維新を点火した草莽の革命家・吉田松陰

  日本リーダーパワー史(559)     世界が尊敬した日本人 明治維新を点火 …

no image
日本メルトダウン脱出法(886)『ドイツ提唱「ソブリンと銀行の共倒れ」防止策、ユーロ圏に亀裂』●『本当は人工知能が仕事を増やすという試算』●『天からの新札? ヘリコプターマネーは日本に恩恵をもたらすか(浜田宏一)』●『起業をして成功する人の7つの共通点』●『LINE元CEO森川亮氏が「成功」を捨て去れるわけ』

   日本メルトダウン脱出法(886)   ドイツ提唱「ソブリンと銀行 …

no image
日本興亡学入門⑤ 『リーダーと知識人不在の日本の悲劇―脳死状態の日本』

日本興亡学入門⑤                                 …

no image
人気記事再録『「新聞と戦争」の日本史』<満州事変(1931年)から太平洋戦争敗戦(1945)までの戦時期の新聞>

2009/02/10  「戦争と新聞」を検証する  講演録 1995年2月15日 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(115)ブリヂストン創業者 ・石橋正二郎(87歳)の「楽しみを楽しむ」これがいちばんの健康法

2015/08/19/知的巨人たちの百歳学(115) 石橋正二郎(87歳)の ① …