前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 地球の未来/世界の明日はどうなるー『2018年、米朝戦争はあるのか』④『米国内情勢―ロシアゲート事件、米アラバマ州の上院補選で 共和党敗北、中間選挙(11月)の行方はどうなる・・』

      2018/01/23

『2018年、米朝戦争はあるのか』④

  • 米国内情勢―ロシアゲート事件、米アラバマ州の上院補選で
  • 共和党敗北中間選挙の行方は・・

『ロシアゲート事件の捜査が進んでいますね。 モラー特別検察官がトランプ本人から直接、事情を聴取する意向を昨年12月に伝達したと報じられた。トランプ氏はロシアとの共謀を否定しており、無実の証明するために、事情聴取に応じる意向を示している、という。

特別検察官の捜査は➀2016年大統領選へのロシア政府の干渉をトランプ本人が認識して関与していたのか、②昨年5月に連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任したことが司法妨害あたるかどうかがポイントで、今後の捜査が注目される』

ロシア疑惑 特別検察官、バノン氏に召喚状 大陪審で「証言を」

https://mainichi.jp/articles/20180117/dde/007/030/036000c

コラム:2018年の世界はどうなる、重要な「5つのポイント」https://jp.reuters.com/article/column-2018-apps-idJPKBN1ET07A

 

「ただし、この特別検察官の捜査がトランプ大統領の弾劾には直接的につながらない。弾劾裁判には下院議会の過半数が同意し、その上で上院で3分の2の賛成が必要となるので、今年の中間選挙(11月)までは与党の共和党が協力する可能性は低い。現時点で弾劾裁判から罷免へという可能性はかなり低い、といえる。

世界中が呆れるトランプを辞めさせられない理由

https://news.biglobe.ne.jp/international/0116/jbp_180116_9384674406.h

米国憲法第4条では「大統領、副大統領および合衆国のすべての文官は、反逆罪、収賄罪その他の重大な罪または軽罪につき弾劾の訴追を受け、有罪の判決を受けたときは、その職を解かれる」と規定されています、今のところトランプの側近などがこれに該当する可能性はあるが、トランプの場合は難しいといえる』

『その中間選挙(11月6日)ですが、与党・共和党が過半数維持できるかが焦点です。

アメリカ議会上院は100議席のうち、現在、与党・共和党が51議席、野党・民主党は49議席です。上院の100議席のうち34議席と下院の435議席すべてが改選されます。現時点の世論調査では、中間選挙で民主党に投票すると答えた人が48%なのに対し、共和党は37%で民主党が大きくリードしています。歴史的に中間選挙は政権与党に不利になることが多いため、共和党にとって厳しい戦いとなるという見方が強い。
トランプ大統領の支持率は低空飛行が続くが、好調な経済や雇用を武器に、減税、インフラ、オバマケア撤廃撤廃の「3本柱」で巻き返しを図っている。今後の「ロシア疑惑」「北朝鮮との対決」がどうなるかによって大きく左右される」

米アラバマ州の上院補選で共和党敗北

『昨年12月12日の米アラバマ州の上院補選では、民主党のダグ・ジョーンズ候補(63)が複数の未成年の少女とわいせつ行為を行った疑惑が報じられた共和党のロイ・ムーア候補(70)を下して当選しました。共和党の地盤の同州で民主党が上院選に勝利したのは25年ぶりのことで、共和党にとって衝撃的な敗北となりました。この補選の結果、上院議席は共和51、民主49と一段と接近し、共和党が法案を通すのはさらに難しくなりました。』

 

『お騒がせトランプ劇場のドタバタ喜劇で、今年に入ってトランプ大統領の超暴露本『Fire And Fury(炎と怒り)』(トランプ米大統領のホワイトハウスへの道と、政権を握って最初1カ月を記した)が全米中を騒然とさせているね。

3年前にトランプが大統領選へ出馬した段階で、泡沫候補としてマスコミから総攻撃され「犯罪者」「詐欺師」「ウソつき」「性格異常者」のレッテルを張られた、その人格の正体が、この本の中で完膚なきまでに暴露されている。

かつては世界をリードしたアメリカ合衆国の大統領とその政治システムのかくも無残に崩壊した例は世界史上でまれなケース。これもインターネット、Google,Youtubeの「世界見える化シアター」のおかげです。まさしく、間違ってなってしまった史上最低、最悪の大統領であろう。このドタバタ悲喜劇を見ていると、安倍首相がましに見えてくる。中国・習近平皇帝よりもね」

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『トランプ米大統領とホワイトハウスの内情を暴く『Fire and Fury』は全米でベストセラー1位に』★『ほら吹き、ナルシズム、攻撃的性格のトランプ氏の「精神状態」を専門家70人から「認知症検査」を求める声』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/28132.html

『確かに、この本の内容は捧腹絶倒だね。トランプの無能さや精神的な不安定さを徹底して描き出している。サンケイ(1月5 日付)によると、

➀トランプだけでなく大統領選の陣営のほぼ全員が大統領にならないと考えていた。

③メラニア(大統領夫人)も夫から大統領にはならないだろうと約束されていた。大統領選の夜、勝利が近づいたとき、トランプは幽霊を見たような様子で、メラニアも喜ぶどころか涙ぐんでいたという。

④トランプの長女のイバンカ(大統領補佐官)は夫のクシュナー(大統領上級顧問)と政権入りした後、初の女性大統領を目指して将来出馬することについて夫婦で真剣に話し合った。

⑤トランプ氏は非常に無知で、憲法の説明に行ったナンバーグ氏は、合衆国憲法修正第4条まで来たところで、トランプ氏が退屈そうな仕草をしていた。

⑥トランプ大統領は同じ話を何度も繰り返す。「彼との1時間の会議では、54分間、話を聞くことになるが、それは、繰り返し同じ話だ。」と側近は話したなどなど,ビックリ仰天です。

 

ホワイトハウスの寝室でトランプは1人でカギを閉めて、閉じこもり毎日毒殺されることを恐怖しながら、街で売っているハンバーガーを食べ続けて、怒りのツイッター(フェイクニュース)を撃ちまくっている。その数、これまでに2000本を超えたというから、これまた異常ですね。

これはアメリカ大統領の喜劇だけではなく、全人類の悲劇ともなる。2018年の世界は果たしでどうなるか、おちおち眠っていられないね」

トランプ暴露本『炎と怒り』が政権崩壊を引き起こす可能性

https://www.newsweekjapan.jp/sam/2018/01/post-5.php

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

333333333333
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(158)』「イスラエルに魅せられて再訪 2016 /1」レポートその(7)クムラン(Khirbet Qumran) の死海写本』 ”20世紀最大の考古学的発見”

 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(158)』   「 …

no image
日本リーダーパワー史(276)『原敬と小沢一郎を比較すれば』①『日本の歴代首相でリーダーシップNO1は原敬であるー

日本リーダーパワー史(276)   『原敬と小沢一郎を比較する』① 『 …

no image
速報(74)『日本のメルトダウン』ー動画まとめ10本『汚染除去装置が動いても課題―小出裕章』ほか

  速報(74)『日本のメルトダウン』 動画まとめ10本『汚染除去装置 …

no image
速報(41)『日本のメルトダウン』57日目ー◎『菅首相よくやった!ー『浜岡原発ストップがやっと実現。』(動画ビデオ)

速報(41)『日本のメルトダウン』57日目 ◎『菅首相よくやった!ー『浜岡原発ス …

no image
日本メルトダウン脱出法(882)『米、監視対象に日本初指定=為替介入をけん制』●『恐怖と怒り招いた日銀マイナス金利、4月会合打つ手なし-早川元理事』●『広島宣言に「誤訳」を忍び込ませた外務省―英語では「非人間的」とは書かれていない(古森義久)』●『日本の「報道の自由」は香港や韓国より下なのかー国連を利用して「醜い日本人」を世界に売り込む活動家(池田信夫)』

 日本メルトダウン脱出法(882)   米、監視対象に日本初指定=為替介入をけん …

no image
日本リーダーパワー史(715)★『財政破綻必死の消費増税再延期」「アベノミクス大失敗」 「安倍政権終わりの始まり」を議論する<君よ、国をつぶすことなかれ、子供たちに大借金を残すことなかれ>これを破ればレッドカードだ。

  日本リーダーパワー史(715) <『財政破綻必死の消費増税再 …

no image
新刊「追悼山本五十六」新人物往来社編 新人物文庫(667円)を出版しました。

  新刊「追悼山本五十六」新人物往来社編 新人物文庫(667円)を出版 …

no image
日本リーダーパワー史(475)<日本最強の参謀は誰だったのかー「明治国家の大参謀」杉山茂丸の研究①>

  日本リーダーパワー史(475)   <日本最強 …

no image
日本メルトダウン脱出法(698)話題の一冊を書いた元国家戦略担当相が指摘 「財政破綻」「ハイパーインフレ」◎プーチン大統領と安倍総理が接近 〜日米関係悪化のリスクにヒヤヒヤする外務官僚

   日本メルトダウン脱出法(698)   話題の一冊を書いた元国家戦 …

no image
村田久芳の文芸評論『安岡章太郎論」①「海辺の光景へ、海辺の光景から』

  2009,10,10          文芸評論  &n …