前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(69)『日本のメルトダウン3ヵ月』 ー『村上春樹、スピーチ全文』『東電の不作為は犯罪的とIAEA元事務次長の一問一答』

   

速報(69)『日本のメルトダウン3ヵ月』
 
『村上春樹氏、スピーチ全文』『東電の不作為は犯罪的」
IAEA元事務次長一問一答
             
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 

●『「東電の不作為は犯罪的」IAEA元事務次長一問一答』
産経2011.6.1120:22
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110611/erp11061120230007-n1.htm

(国際ビジネスマンのコメント)『本件、指摘事項は
本当に同感です。不作為、不作為の連続で、この強気と驕り高ぶりの
背景は何なのでしょうか?、精神病理学的にも、メスが必要です。組織心理学。
 
経産省も東電の鼻息を伺って居ましたから、もう自分達が国家なりと思ったのでしょうね。
 
東電と経産省そして御用学者集団の国家犯罪です。東京裁判ならぬ福島裁判の法廷を、そろそろ準備して行かなければなりません。今迄、国策?、自民党の利益誘導、集票システムのために地元の健全な意識を封殺して来たやり方は、弾劾されるべき。
 
原発の操業、建設は、地元の意思を120%尊重して決めるべき、それも事前の買収工作厳禁で、安全安心問題の議論をトコトン詰め、住民投票で決めるべき、と思います。
 
先日のNYTの主張通りです。』

 

●『汚染水処理施設システムに不具合 福島第一原発』
朝日2011年6月11日22時12分
 
(同コメント)「やはり、予想通り不良が出ました。米国のキュリオン社との契約分、タンクの溶接部、との報道もあります。
 
超重要事項の場合、業者の作業の全工程にクライアントが自社社員を派遣し、張り付いて監視し、一緒になって造る、手戻り無く一発で完成するやり方が必須です。
 
特に、米国への発注品は入念な点検が必要です。彼らは不良品作りの天才です。
クライアントの緊急性など何処吹く風、現場作業は常にマイペースです。笛吹けど踊らずです。
東電は、今回は如何だったのでしょうか?トヨタでしたら、日本一厳しい会社です、
一回で片を付けたと思います。
 
●『出向拒否の官僚に「省内に残せない」 経産省人事に波紋』
 
注目の古賀氏の追い出し作戦が、政府と経産省の連携?で始まりました。ご存知の事ですが
 
●『村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文(上)』
毎日新聞 2011年6月10日 18時55分(最終更新 6月10日 19時09分)http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html?toprank=oneday
●『村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文(下)』
毎日新聞 2011年6月10日 19時00分(最終更新 6月10日 19時09分)
●動画『原発』ー映画から学ぶ原発の危険性1』
http://www.youtube.com/watch?v=pNjT1DyrtbU
 
『原発を反対する』署名運動 がオンラインで簡単に出来ます!!! 下記に紹介しています。ご協力下さい!
(この動画は音が小さいので、すみませんがイヤフォンのある方は繋げて聞いて下さい。)

この映画のオリジナルは、東京原発という2004年に公開されたもので、
お時間、ご興味ある方は是非ご覧下さい。
原発の事、日本という国をもっと理解して、自らの選択で、安全で暮らしやすい国にしていきましょう。
■署名運動オンライン(この二つは1分以内で出来ます)
1、福島原発反対ーSTOP原発!SAVE福島!
http://www.shomei.tv/project-1730.html2、上関原発建設反対署名
http://www.antinuke.net/kaminoseki/#オンライン以外(ご面倒かもしれませんが、協力して頂ける方は、こちらもお願い致します)
原発震災を防ぐ全国署名連絡会
http://www.geocities.co.jp/genpatusinsai/


 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ(21)』『最悪のシナリオから考えるー電力改革し,分権化を進めよ』

『池田知隆の原発事故ウオッチ(21)』   『最悪のシナリオから考える …

no image
日本メルトダウン脱出法(805) 「 “欧州の頭脳”ジャック・アタリが世界のリスクと新秩序を大予言!」●「国際通貨って何?中国はまだ猛勉強中」 ●「日本発ロボットイノベーションの現実味」●「日本の100億円緑化事業が遊牧民の自然を破壊する」

 日本メルトダウン脱出法(805)   “欧州の頭脳”ジャック・アタリ …

no image
速報(179)『日本のメルトダウン』動画『TPP・政治・原発を一刀両断する」(ジャーナリスト3人会)11/4』(50分)

速報(179)『日本のメルトダウン』   動画『TPP・政治・原発を一 …

no image
日本メルトダウン脱出法(734)昭和史を一言にすると『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び(大東亜戦争)、天下安しといえども戦を忘るる時は必ず危うし(現在の安保法案論議の世論)』

 日本メルトダウン脱出法(734) 安保法案成立(9/19日)  昭和史を一言に …

no image
日中ロシア北朝鮮150年戦争史(45)『日本・ロシア歴史復習問題』★「日清戦争後のロシアによる満州強奪」―西欧列強のアジア経営と米国の極東進出、ロシアのチベット問題の謀略

  日中ロシア北朝鮮150年戦争史(45)『日本・ロシア中歴史復習問題』★ (資 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(144)』エマニュエル•トッド著「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書) 新書 を読んで

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(144)』 エマニュエル•ト …

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(286)/★『高杉晋作のインテリジェンス突破力②』●『上海租界地には「犬と中国人は入るべからず」の看板。ここは植民地である』★『内乱を抑えるために、外国の経済的、軍事的援助を受けることは国を滅ぼす』★『大砲を搭載した蒸気軍艦を藩に無断で7万両で購入幕府軍を倒すことに成功した、倒幕の第一歩!』

    2017/11/16 /「戦略思想不在の歴 …

no image
日本リーダーパワー史(683) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(62)『世界史の中の『日露戦争』<まとめ>日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)

  日本リーダーパワー史(683) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
 日本メルトダウン( 985)『トランプ次期米大統領の波紋 』―『トランポノミクスが招くかもしれない悪性インフレ』●『安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指導者」か』●『トランプ政権に“史上最強”の海軍長官が誕生か? 海軍を中心に「強い米軍」の復活を誓うトランプ新大統領』●『当選後の会見開かぬトランプ氏、76年以降で最長の日数に』●『土壇場のトランプが打ち出した「350隻海軍」計画 「偉大なアメリカ海軍」は復活できるのか?』

 日本メルトダウン( 985) —トランプ次期米大統領の波紋  &n …

no image
日本リーダーパワー史(976)ー『150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス』★『世界に先駆けて『奴隷解放』に取り組んで勝利したマリア・ルス号事件(明治5年7月)を指導した』

  150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス 前回、一 …