前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(217)>『エルサレム、神殿の丘事件はアラブとイスラエルの緊張状態の実態を白日に曝しました。』★『イスラエル政府が対応を誤ると第?次中東戦争の導火線となるか、パレスチナ人の一斉蜂起(インティファーダ)に直結する、と米欧を心配させている事件です。』

   

 

https://www.meij.or.jp/kawara/2017_073.html

https://www.meij.or.jp/kawara/2017_075.html

https://www.meij.or.jp/kawara/2017_076.html

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-40711049

<F氏コメント>

上記のURL, 上の三つは中東調査会レポート、4番目はBBCニュースです。ご存知の通り、今最もホットなテーマで、イスラエル政府が対応を誤ると第?次中東戦争の導火線となるか、パレスチナ人の一斉蜂起(インティファーダ)に直結する、と米欧を心配させている事件です。漸く日本のTVにも出始めました。JPOST紙ではトップ記事で毎日報道でした。

現在パレスチナ人を始めイスラム教徒がこの事件で、全員、かつてないほどカッカとして頭に血が上り、ユダヤ人警官、軍人を標的とした刺殺事件 stabbinngが続発しております。

米大統領、国連事務総長も動いて、ネタニャフ首相に衝突沈静化の対策を至急講ずる様、要請しておりました。

御承知の様に、1967年の第三次中東戦争で当時ヨルダン領であった東エルサレムがイスラエルの実効支配となり、主題の「神殿の丘」(temple mount)も現在イスラエルの管轄下です。

しかしながら、この神殿の丘に位置する金色屋根の聖地「岩のドーム」(紀元690年)と聖地アル=アクサー・モスク(紀元710年)は、イスラム指導者の運営管理に当初から委ねられています。「嘆きの壁」の部分は、当初からユダヤ教徒の運営管理となっています。

(御承知と思いますが、金色の岩のドームの中の「聖なる岩」は、ユダヤ教ではアブラハムやダビデ王が祭祀を行ったとされ、 イスラム教でもアブラハムが預言者の一人とされる他、ムハンマドがこの岩で昇天体験をしたとされる)

事の発端は、この丘で業務として警戒に当たっていたイスラエル警官2名がパレスチナ人に射殺され、再発防止対策としてイスラエル政府が、金属探知機、監視カメラを急遽設置した事に始まり、これにイスラム教徒側が前例がないと大反発し、参拝拒否と大規模抗議活動を始めた事です。

岩のドームそしてモスクに参拝するイスラム教徒は、イスラエル警察と軍の監視下でゲートを潜って、OKが出なければ入場できないこととなり、これが前代未聞の新たな規制、イスラム教徒の自由がユダヤ教徒によって剥奪されたと怒り心頭となった訳です。

この騒ぎを見て、イランの最高指導者ハメネイ師はすかさず、メッカ巡礼の全てのイスラム教徒はイスラエルの蛮行を非難するシュプレヒコールを唱えろとご託宣です。平和条約を結んでいるヨルダンでさえ、アンマンのイスラエル大使館で即テロ事件が発生しました。アラブ各国のイスラム教徒は「神殿の丘」が名実ともにユダヤ人・イスラエルの支配下に入ってしまうのではと、オーバーに言えば半狂乱に陥った感です。

小生も勉強不足で、「嘆きの壁」(western wallでユダヤ教徒の管理下)と神殿の丘の位置関係が、同じ構造物の地続きのものと初めて分かりました。モスクはイスラム教徒、壁はユダヤ教徒という分担だけであれば衝突は起きにくい訳ですが、岩のドームという一つの存在がこの二つの宗教の聖地としてダブっており、これの所有を巡り、歴史的に常に両派の争いの種となっている様です。

ご承知の通り、今日現在は、ネタニャフ首相が米国政府やサウジのサルマン国王、国連事務総長などからの強い要請を受けて、金属探知機や監視カメラなど今回新たに設置したものを急いで全て撤去したため、騒動は終息しつつある様です。 この措置でネタニャフ首相は、右派のユダヤ教徒などから聖都エルサレムのイスラエルへの本格的な帰属が遠のいたと猛烈に非難されています。一方トランプ政権からは善行表彰の賞賛です。

 

今回の非常事態が露呈したものは、神殿の丘にユダヤ教徒とイスラム教徒の宗教的かつ政治的争いが象徴的に凝縮されていること、神殿の丘の運営管理が現在イスラム教徒に任されていることが重要な緩衝材になりムスリムも精一杯我慢していること、神殿の丘の運営管理の動向と帰趨は全てのイスラム教徒が耳をそば立て、重大な関心事として注視し、中腰になってこと起きれば一斉蜂起する準備を行っていること、などです。

今ではこれもトーンダウンしていますが、トランプが米国大使館をテルアビブからエルサレムに移すと宣言しました。エルサレムをイスラエルの正式の首都として認めるということですが、これは神殿の丘が名実ともにイスラエルの支配下に入るということです。以前からパレスチナもエルサレムを首都とすると主張してきました。

もしこれが実行に移されれば、金属探知機設置の騒ぎどころではない、米国とイスラエルが全イスラム教徒を益々敵に回す事態となります。(トランプは選挙期間中に米国ユダヤ人協会に対し首都移転を確約しています)イスラム教徒の心中の変化をどれほど読んでいたのでしょうか?藪を突けば大蛇が出てくるのですが。 出来そうにもないことを約束しています。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(265)★『世界を震撼させた3月の7日間』 ② 菅前首相のリーダーシップー外国紙は評価、日本のマスコミは酷評!?

  速報(265)『日本のメルトダウン』   <福島原発事故 …

no image
日本リーダーパワー史(636)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29) 『川上操六の日清戦争インテリジェンス② 『広島大本営」設置と「ワンボイス」で陸海軍を指揮したリーダーシップと決断力「山県有朋を解任」

日本リーダーパワー史(636) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29)   …

no image
梶原英之の政治一刀両断レポート(1)「政治の売り切れ」救うのは総選挙――『敗戦』に政治ゴタゴタはつき物

梶原英之の政治一刀両断レポート(1)   「政治の売り切れ」救うのは総 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(11) 日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力④『陸奥が徹底したこだわった宗属関係の謎とはー』李朝は、宗主国「清朝」の代表的属国。 朝鮮国王は、清国皇帝の奴隷のまた奴隷である。

日中北朝鮮150年戦争史(11)  日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。 …

no image
世界リーダーパワー史(939)― 安倍首相が三選―歴代首相でトップの最長政権(2021年9月までの通算10年間弱)を達成するか』★『安倍首相の解決スピード不足と出口戦略がないために、現実の「人類史上初の超高齢化・少子化・人口減少、消滅自治体、国家財政のパンク、迫りくる巨大災害」にキャッチアップできていない。』

世界リーダーパワー史(939) 安倍首相が三選―歴代首相でトップの在任期間(21 …

no image
日本の〝怪物″杉山茂丸(すぎやま・しげまる)(一八六四~一九三五)

1 日本の〝怪物″杉山茂丸(すぎやま・しげまる)(一八六四~一九三五 …

no image
知的巨人の百歳学(126)『天才老人/禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』➂★『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)』★『すべきことに三昧になってその外は考えない。結果は死か、 生か、苦かわからんがすべき仕事をする。 これが人間の心構えの基本でなければならなぬ。』

 記事再録/百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 …

no image
速報(193)『日本のメルトダウン』『独国債下落―ユーロ存続はメルケルの決断に』『日本「グローバル人材」育成戦略をどう見るか』

速報(193)『日本のメルトダウン』   ●『独国債下落―ユーロ存続は …

no image
日本リーダーパワー史(584)「エディー・ジョーンズ・ラグビー日本代表HCの<世界に勝つためのチームづくり>日本ラグビー界は「規律を守らせ、従順にさせる練習をしている」●「選手のマインドセット(心構え)し、自分の強みを把握して最大限に生かすこと」

  日本リーダーパワー史(584)  エディー・ジョーンズの必勝法ー …

no image
日本メルトダウン脱出法(854)「偶然ではない!トランプとオバマの政策はそっくりだ」●『「斬首作戦」に慌てる北の独裁者、核発射の危険性も』●『真剣に考えた方がいい100歳まで生きるリスク』●『インタビュー:消費増税強行、かなりのリスク=浜田内閣官房参与』

   日本メルトダウン脱出法(854) 偶然ではない!トランプとオバマの政策はそ …