前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(217)>『エルサレム、神殿の丘事件はアラブとイスラエルの緊張状態の実態を白日に曝しました。』★『イスラエル政府が対応を誤ると第?次中東戦争の導火線となるか、パレスチナ人の一斉蜂起(インティファーダ)に直結する、と米欧を心配させている事件です。』

   

 

https://www.meij.or.jp/kawara/2017_073.html

https://www.meij.or.jp/kawara/2017_075.html

https://www.meij.or.jp/kawara/2017_076.html

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-40711049

<F氏コメント>

上記のURL, 上の三つは中東調査会レポート、4番目はBBCニュースです。ご存知の通り、今最もホットなテーマで、イスラエル政府が対応を誤ると第?次中東戦争の導火線となるか、パレスチナ人の一斉蜂起(インティファーダ)に直結する、と米欧を心配させている事件です。漸く日本のTVにも出始めました。JPOST紙ではトップ記事で毎日報道でした。

現在パレスチナ人を始めイスラム教徒がこの事件で、全員、かつてないほどカッカとして頭に血が上り、ユダヤ人警官、軍人を標的とした刺殺事件 stabbinngが続発しております。

米大統領、国連事務総長も動いて、ネタニャフ首相に衝突沈静化の対策を至急講ずる様、要請しておりました。

御承知の様に、1967年の第三次中東戦争で当時ヨルダン領であった東エルサレムがイスラエルの実効支配となり、主題の「神殿の丘」(temple mount)も現在イスラエルの管轄下です。

しかしながら、この神殿の丘に位置する金色屋根の聖地「岩のドーム」(紀元690年)と聖地アル=アクサー・モスク(紀元710年)は、イスラム指導者の運営管理に当初から委ねられています。「嘆きの壁」の部分は、当初からユダヤ教徒の運営管理となっています。

(御承知と思いますが、金色の岩のドームの中の「聖なる岩」は、ユダヤ教ではアブラハムやダビデ王が祭祀を行ったとされ、 イスラム教でもアブラハムが預言者の一人とされる他、ムハンマドがこの岩で昇天体験をしたとされる)

事の発端は、この丘で業務として警戒に当たっていたイスラエル警官2名がパレスチナ人に射殺され、再発防止対策としてイスラエル政府が、金属探知機、監視カメラを急遽設置した事に始まり、これにイスラム教徒側が前例がないと大反発し、参拝拒否と大規模抗議活動を始めた事です。

岩のドームそしてモスクに参拝するイスラム教徒は、イスラエル警察と軍の監視下でゲートを潜って、OKが出なければ入場できないこととなり、これが前代未聞の新たな規制、イスラム教徒の自由がユダヤ教徒によって剥奪されたと怒り心頭となった訳です。

この騒ぎを見て、イランの最高指導者ハメネイ師はすかさず、メッカ巡礼の全てのイスラム教徒はイスラエルの蛮行を非難するシュプレヒコールを唱えろとご託宣です。平和条約を結んでいるヨルダンでさえ、アンマンのイスラエル大使館で即テロ事件が発生しました。アラブ各国のイスラム教徒は「神殿の丘」が名実ともにユダヤ人・イスラエルの支配下に入ってしまうのではと、オーバーに言えば半狂乱に陥った感です。

小生も勉強不足で、「嘆きの壁」(western wallでユダヤ教徒の管理下)と神殿の丘の位置関係が、同じ構造物の地続きのものと初めて分かりました。モスクはイスラム教徒、壁はユダヤ教徒という分担だけであれば衝突は起きにくい訳ですが、岩のドームという一つの存在がこの二つの宗教の聖地としてダブっており、これの所有を巡り、歴史的に常に両派の争いの種となっている様です。

ご承知の通り、今日現在は、ネタニャフ首相が米国政府やサウジのサルマン国王、国連事務総長などからの強い要請を受けて、金属探知機や監視カメラなど今回新たに設置したものを急いで全て撤去したため、騒動は終息しつつある様です。 この措置でネタニャフ首相は、右派のユダヤ教徒などから聖都エルサレムのイスラエルへの本格的な帰属が遠のいたと猛烈に非難されています。一方トランプ政権からは善行表彰の賞賛です。

 

今回の非常事態が露呈したものは、神殿の丘にユダヤ教徒とイスラム教徒の宗教的かつ政治的争いが象徴的に凝縮されていること、神殿の丘の運営管理が現在イスラム教徒に任されていることが重要な緩衝材になりムスリムも精一杯我慢していること、神殿の丘の運営管理の動向と帰趨は全てのイスラム教徒が耳をそば立て、重大な関心事として注視し、中腰になってこと起きれば一斉蜂起する準備を行っていること、などです。

今ではこれもトーンダウンしていますが、トランプが米国大使館をテルアビブからエルサレムに移すと宣言しました。エルサレムをイスラエルの正式の首都として認めるということですが、これは神殿の丘が名実ともにイスラエルの支配下に入るということです。以前からパレスチナもエルサレムを首都とすると主張してきました。

もしこれが実行に移されれば、金属探知機設置の騒ぎどころではない、米国とイスラエルが全イスラム教徒を益々敵に回す事態となります。(トランプは選挙期間中に米国ユダヤ人協会に対し首都移転を確約しています)イスラム教徒の心中の変化をどれほど読んでいたのでしょうか?藪を突けば大蛇が出てくるのですが。 出来そうにもないことを約束しています。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
新刊発行・ビジアル版『明治・大正・昭和 近代日本の1000人―維新から終戦までエピソードで読む人間ドラマ』世界文化社 2800円 2010年8月刊

新刊・ビジアル版『明治・大正・昭和 近代日本の1000人―維新から終戦までエピソ …

no image
日本リーダーパワー史(72)辛亥革命百年⑪頭山満の孫文支援について

日本リーダーパワー史(72) 辛亥革命百年⑪頭山満の孫文支援について &nbsp …

no image
百歳学入門(236)『百歳挑戦・鎌倉バカ仙人のカヤック釣り日記』(9/15) 人気動画再録「60,70はなたれ小僧、生涯現役、カヤック人生」★『定年なし、年齢差別なし、老人観の全く違う米国では65~74歳はベビーオールド(赤ちゃん老人)、75~84歳まではリトルオールド(小さい老人)、84~94歳はヤングオールド(若い年寄り)、95歳以上がリアルオールド(真の高齢者)』

 2014/09/15 記事の再録/百歳学入門(99) 『百歳挑戦・鎌 …

no image
★人気記事再録『国葬にされた人びと』(元老たちの葬儀)『伊藤博文、大山厳、山県有朋、松方正義、東郷平八郎、西園寺公望、山本五十六、吉田茂の国葬はどのように行われたか』

『国葬にされた人びと』・・元老たちの葬儀 <別冊歴史読本特別増刊『ご臨終』200 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(78)記事再録/ ★歴史の復習問題ー日清戦争『三国干渉』後に、 ロシアは『露清密約』(李鴻章の巨額ワイロ事件)を結び遼東半島を入手、シベリア鉄道を 建設して居座り、日露戦争の原因となった。

    22016/09/19 /中北朝 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(66)記事再録/ 日本の「戦略思想不在の歴史⑴」(記事再録)-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか①

2017年11月13日 日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起こったか 今から …

no image
日本の最先端技術『見える化』チャンネル-★再録『働き方改革EXPO(2008 /7/11、東京ビッグサイト)』でのプレゼンベスト5」★『富士ソフトブースでの「日本マイクロソフトが行った働き方改革」の実践。』

 2018/07/21日本の最先端技術『見える化』チャンネル再録 &n …

no image
◎<タイ駐在の若きM国際ビジネスマンのアジアレポート➀>『タイの経済/生活ぶりは・・大卒の初任給が20,000バーツ/月。約7万円です』★『日産Note(小型車)で70万バーツ。月給よりも高いスマートフォンもこちらでは当然、生活必需品で、皆、ムリして買っています』

  <タイ駐在の若き国際ビジネスマンのアジアレポート➀>    野水弘 …

no image
日本メルトダウン脱出法(824)「外国人客が激増?超使える5つの「接客英語」ー本当に「気が利く」表現はこれだ!」●「ブルームバーグ氏が出馬したら、米大統領選はどうなる? 票が割れ、「トランプ大統領」を生んでしまう恐れ」(英FT紙)●「油価下落で最大の試練を迎えたプーチン大統領 同様にCIS資源大国も呻吟、日本にとってはチャンス到来」

     日本メルトダウン脱出法(824)   外国人客が激 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉕』『ハゲタカ外資業界で勝負した男を球団社長にした三木谷氏の眼力は見事!』

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉕』 …