前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 世界、日本メルトダウン(1035)–『朝鮮半島チキンレースの行方はどうなる』★『連日、報道されている北朝鮮情勢緊迫について、北朝鮮、米国、関係各国の情報操作、プロパガンダ、ニセニュースが横行中』●『戦争の最初の犠牲者は真実である』●『空母の朝鮮半島派遣でトランプ政権が釈明 「今は朝鮮半島に向け航行中」』★『北朝鮮のミサイル実験失敗、米軍のサイバー攻撃の仕業か』

   

 世界、日本メルトダウン(1035)–

『朝鮮半島チキンレースの行方はどうなる!』

                                                           前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

連日、大々的に報道されている北朝鮮情勢の緊迫について、北朝鮮、米国、関係各国の情報操作か、プロパガンダ、ニセニュースが横行している。

「戦争の最初の犠牲者は真実である」とは第一次世界大戦の参戦を決めた時、米国のグラハム上院議員が言った有名な言葉である。

戦争で勝つためには敵を欺き、真実を隠蔽するのはどの国でも常套手段である。メディアや国民に有利な情報を流し、不利な情報はcensorship(検閲)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E9%96%B2

して書かせないという言論統制、情報操作、プロパガンダ(嘘、歪曲、情報操作、心理操作)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80

を行なってきたのが、戦争報道の歴史である。

今回の北朝鮮情勢の緊迫についても、熾烈な情報戦、サイバー戦争が繰り広げられている。

北朝鮮海域に向かうと発表された米原子力空母・カールビンソンが実際は正反対のオーストラリア沖にいたとか、15日に北朝鮮が発射してすぐ爆発し、失敗したミサイルについても、米軍がサイバー攻撃を仕掛けて爆発させたものだとか、

いずれも真実なのか、ニセニュースなのか、読者が氾濫する情報の真偽を見分けることはますます難しくなっている。

まさしく現在進行形の米北朝鮮チキンレースは「戦争の最初の犠牲者は真実である」。

 

空母の朝鮮半島派遣でトランプ政権が釈明 「今は朝鮮半島に向け航行中」

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7451.php

 

北朝鮮のミサイル実験失敗、米軍のサイバー攻撃の仕業か

http://newsphere.jp/world-report/20170421-1/

 

北朝鮮が世界の国家の中で、最悪の『独裁人権言論弾圧国家』としてブラックプロパガンダ(謀略、虚偽扇動)専門なのはみんな知っていることだが、民主主義国の旗手であったアメリカ・トランプ大統領が今や『フェイク・プレジデント(偽大統領)』の烙印をおされるほど、アメリカも地に墜ちている。

『ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)』(3月22日付朝刊)は社説で、トランプ氏が「誇張や証拠のない非難、信じがたい否定、うそを垂れ流しているとみられている」と主張。「トランプ氏が事実をより尊重しなければ、ほとんどの国民はトランプ氏を『フェイク・プレジデント(偽大統領)』だと結論づけるかもしれない」と警告した」

http://www.sankei.com/world/news/170323/wor1703230019-n1.html

 

FBI,NSA、司法省からも『トランプの嘘つき癖』を批判された。コミーFBI長官は320日の公聴会で、大統領選中にオバマ前政権から盗聴されたとするトランプの主張に「ツイッターでの指摘を裏付ける証拠はない」と明言。この公聴会にはNSAの局長、司法省のトップも出席したが、いずれも盗聴の証拠を確認できないと証言した。身内から『嘘つき』といわれたのだから、トランプの信用もメンツも丸つぶれだ。

戦争報道は速報と同時に、検証がそれ以上に大切、速報主義の戦況報道に自縛されてならない」

ペットドックになれ果てたメディアのサラリーマン(ジャーナリストではない)たちが、競馬レースで「ニセニュース」を流し、それをツイート、フェイスブックなどのSNSが世界中に瞬時に何億単位で拡散するので、収拾がつかなくなる。

「ニュースは速報以上に事実のチェック、チェック、チエック、事実検証、再検証、再三検証

しなければならない」のがメディアの掟である。

 

北朝鮮核問題、元米国防長官が語る現実的な解決策とは 「今が最後のチャンス」

http://newsphere.jp/world-report/20170417-3/

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人たちの百歳学(110)ー『屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典『群書索引』『広文庫』の奇跡の「106歳物語」②『 物集高量に匹敵する言語学者といえば、諸橋轍次(99歳)だが、この大学者も奇行、変人的なエピソードが多いが、それは誤解である』

屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典 …

no image
片野勧の衝撃レポート/太平洋戦争とフクシマ原発事故『悲劇はなぜ繰り返されるのか』<ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ>①

 片野勧の衝撃レポート   太平洋戦争とフクシマ原発事故 『 …

no image
日本メルトダウン脱出法(803)「にわかに危険度の増す米ロ核戦争、発端は間違い』●「FT執筆陣が占う2016年の世界、恒例の大予測:原油価格から米大統領選、サッカー欧州選手権まで」●「日本のイノベーションに光を当てたパイオニア 青色LEDで世界を変え、次の奇跡の開発に挑む中村修二氏」(英FT紙)

  日本メルトダウン脱出法(803) にわかに危険度の増す米ロ核戦争、発端は間違 …

no image
アルジャジ―ラの戦争報道―One Opinion The Other Opinion

1 東京新聞2003年10 月7 日夕刊文化面掲載 前坂 俊之(静岡県立大学国際 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(87)記事再録/★『単に金もうけだけの頭の経済人はゴマンとおり、少しも偉くない。本当に偉いのは儲けた金をいかに遣ったかである。儲けた金のすべてを社会に還元するといって数百億円以上を社会貢献、フィランソロフィーに遣いきったクラレ創業者・大原孫三郎こそ日本一の財界人だよ①

  2012/07/15    …

no image
産業経理協会月例講演会>2018年「日本の死」を避ける道は あるのか-日本興亡150年史を振り返る①

 <産業経理協会月例講演会> 2013年6月12日   20 …

By: Dick Thomas Johnson
日本リーダーパワー史(550)「国難日本、世界大乱を前に、「永田町の子供政治家」の「木をみて森をみず」「世界のスピード変化に目をつぶる」論議に、「これで日本タイムアウトか」?

  日本リーダーパワー史(550) 「日本沈没」国難日本、世界大乱を前 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(911)-米朝首脳会談(6/12日)はトランプ大統領が5月24日に中止を発表」③-『その理由は北朝鮮側の度重なる約束違反』★『役者が違うトランプ氏は「米軍は世界で最強だ。必要であれば、(軍事的措置の)準備はできている」と暴れん坊小僧の金正恩に、会談のテーブルに戻る様に促す。』

トランプ大統領は24日午前(日本時間25日夜)、米朝首脳会談(6月12日)を中止 …

no image
日本リーダーパワー史(848)ー『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか、いずれにしても「備えあれば憂いなし」である』★『リーダーの心得は「リスク計算して最悪に備える」「悲観的に準備し、楽観的に実施せよ」②』

日本リーダーパワー史(848)ー 安倍晋三首相は25日、官邸で記者会見し、28日 …

no image
野口恒の<インターネット江戸学講義⑩>第4章 網の目に広がった情報通信のネットワ-ク(下)―“町飛脚のネットワ-ク”

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑩>   第4章 網の …