前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界、日本メルトダウン(1031)ー「トランプのアメリカは単独でも行動するぞの本気度」★『朝鮮半島有事の可能性はついにレッドラインを超えつつある』●『  トランプ政権が画策する対北朝鮮「静かな先制攻撃」の全容 「発射の残骸」計画をご存じか 』★『アメリカは北朝鮮をすぐには空爆しない~米中首脳会談から見えたこと 日本人は、二つの点を誤解している』

   

 世界、日本メルトダウン(1031)

朝鮮半島有事の可能性はついにレッドラインを超えつつある。

 

北朝鮮の核開発問題、朝鮮半島有事の危険レベルの水位が上がり「新たな段階」に入った理由を「ニューズウイーク日本版」(3月21日号)『新次元の脅威』は特集を組んでいる。

バークシャー・ミラー(米外交問題評議会研究員)らの分析によると、以下のように指摘している。

➀3月6日、北朝鮮が日本海に向けて4発のミサイルを発射、3発は日本の排他的経済水城(EEZ)内に落ちたが、標的は「在日米軍基地」と明言した。

②5年目に入った正恩体制下での弾道ミサイル発射実験は70回、昨年は過去最多となる26発の弾道ミサイルくぉ試射した。核実験は5回。金正日時代をはるかに上回る。ICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発と核弾頭の小型化が進んでいる。4月のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射成功では従来の液体ではなく固形燃料が使用され、敵に探知されにくい「コールドローンチ」技術の開発、異なる標的に向けて同時に複数のミサイルを発射(既存のミサイル防衛網を無効化する)の成功と能力も着実に前進している。

③このため、日韓を恐怖に陥れる懸念が浮上、韓国はTHAAD(高高度ミサイル防衛の配備を前倒、日本でも地上配備型イージスシステムの導入やTHAADの新規配備といった選択肢を検討、敵の基地に対する先制攻撃能力を持つべきかの問題も国会で論議されている。

④2月、異母兄・金正男を神経ガスで殺害、13年には叔父で後見役の張成沢を粛清、党や軍の重鎮を次々と粛清したように金正恩は徹底して冷酷で残忍無比である。

しかも、金正男暗殺では致死性の高い神経剤ⅤⅩを使用したが、昨年5月、朝鮮労働党大会でⅤⅩやサリン、マスタードガスなどの化学兵器を5000トンも保有していると公言、化学兵器の使用も全くためらわないことを金正男殺害で証明した。

⑤金正恩体制になってから、北朝鮮は国内向けのプロパガンダで核兵器の抑止力をしきりと強調し、核戦争、化学兵器の使用を公言しており、その歩みは止まりそうにはない。

⑥ 金正日時代にはまだ、外交交渉や対話で話し合う余地を残していたが、金正恩は核開発・強硬路線1点張りで、交渉について全く触れてず、話し合う余地を残しておらず、金正日よりもはるかに危険である。条件次第では北朝鮮が自発的に核兵器を手放すと期待することは、もはや不可能な段階に来ている。

⑦さらに、この状況を悪化させたのは、韓国内の政治的混乱で、最悪のタイミングで起きた。3月10日、朴槿恵大統領の能免が決定した。朴のスキャンダルを受けて韓国政界では地殻変動が起こっており、5月9日投票の大統領選挙で北朝鮮に対して融和的な左派系の政権の「共に民主党」の文在寅前代表が誕生する可能性が高まった。

文在寅次期大統領となれば、対北朝鮮政策が融和路線に傾き、日米韓3国での抑止力強化にブレーキをかける。今は閉鎖されている開城工業団地の操業再開、THAADの配備の見直し「従軍慰安婦」を含む歴史問題で日本政府に蒸し返しを迫り日米間に大きな亀裂を生じさせる可能性が大きくなってきている。

 ———————————————————-

トランプ政権が画策する対北朝鮮「静かな先制攻撃」の全容 「発射の残骸」計画をご存じか http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51395

アメリカは北朝鮮をすぐには空爆しない~米中首脳会談から見えたこと 日本人は、二つの点を誤解している

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51439

強い米国がいよいよ始動、北朝鮮問題にも着手

もはや惰眠を貪ることができなくなった日本は何をすべきか

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49669

専守防衛から「積極防衛」への転換を

被害を前提にする防衛戦略では立ち直れない

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49666

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オンライン/『日中韓500年/オンライン世界史講義①』★『世界的権威ベルツの日韓衝突の背景、歴史が一番よくわかる講義①』★『明治天皇のドイツ人主治医・ベルツ(滞日30年)の『クイズ『坂の上の雲』ーベルツの『日本・中国・韓国』五百年の三国志①<日露戦争はなぜ起こったのか>

 <2011/02/27 記事再録>   クイズ『坂の上の雲 …

no image
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(212)』―『清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓-『ほっといたって、人問いつか死によるんやから、死ぬこ となんか考えてないの!』

百歳学入門(53) 清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓- ①  …

no image
速報(206)2012年、日本の新年の状況は・・放射能阻止50年長期戦争で、全面敗北中、太平洋戦争敗戦とのデジャヴュ

速報(206)『日本のメルトダウン』   2012年、日本の新年の状況 …

no image
速報(157)『日本のメルトダウン』<小出裕章情報>『20mSv被曝で子供の癌死80倍320人 』『原爆も原発も同じ憲法九条違反』

速報(157)『日本のメルトダウン』 ★<小出裕章情報>   『20m …

no image
速報(148)<小出裕章情報>『5市町村の緊急時避難準備区域の解除への批判 』『「さようなら原発集会」6万人参加は嬉しい 』

速報(148)『日本のメルトダウン』 ★<小出裕章情報> 『5市町村の緊急時避難 …

『リーダーシップの日本近現代史』(157)再録/『日本一『見事な引き際・伊庭貞剛の晩晴学②『「事業の進歩発達を最も害するものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈である。老人は少壮者の邪魔をしないことが一番必要である」』

    2010/10/25 &nbsp …

no image
「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「新聞に警鐘を鳴らし続けた」不屈の記者魂をたたえる。

「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「 …

no image
★『世界ランキング中の日本の順位は・』ー『日本の最下位が増加中!-『国の「悲惨さ」測る指標、日本が最下位の理由』★『なぜ?日本が最下位の調査・統計まとめ』●『AI時代に「何もしない」取り残される日本の危機 業務のデジタル化が進まぬ日本は34カ国中最下位に』★『世界でダントツ最下位!日本企業の社員のやる気はなぜこんなに低いのか?』

   『世界ランキング中の日本の順位』ー『日本最下位のレットカードが増加中!?』 …

no image
日本のメルトダウン(535)「ダボス会議の若手ボードメンバーが語る「本当は強い日本の“未来”」「東シナ海の戦争を避ける方法(英FT紙)

   日本のメルトダウン(535)  & …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(128)/記事再録★『明治のトップリーダーのインテリジェンスー日露戦争開戦前の大山厳、山本権兵衛の「軍配問答」(出口戦略)にみるリーダーパワー(指導力)』★『アベクロミクス、地球儀外交には出口戦略があるのか!?』★『日韓衝突は近衛外交の「国民政府は相手にせず』の轍を踏んではならない』

 2009/08/21  日本リーダーパワー史 ⑩ …