前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界、日本メルトダウン(1032)ー 「トランプの『中国が制御できなければアメリカが 単独でもやるするぞ』と恫喝した理由』ー『『制裁逃れは中国が助ける』(中国が北朝鮮制裁に賛成しながら、陰で制裁回避を支援する実態が国連報告書で明白に』★『  北朝鮮の制裁逃れ、中国が加担 ミサイル調達、金融取引…抜け穴多く 国連報告書で浮かぶ 』

   

 

世界、日本メルトダウン(1032)ー

「トランプの『中国が制御できなければアメリカが

単独でもやるするぞ』と恫喝した理由』ー

 

「ニューズウイーク日本版」(2017/03/21)の『制裁逃れは中国が助ける』によると、中国が北朝鮮制裁に賛成しながら陰で制裁回避を支援する実態が国連報告書で明らかになった。

『国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門家パネルが最近公表した報告書』によるとー

➀昨年12月の段階で中国は、国連が科した北朝鮮からの1カ月の石炭輸入量の上限100万トンの2倍を購入している。しかも石炭輸入に関して、国連安保理の北朝鮮制裁委員会への報告義務を怠った。

②北朝鮮の金融機関や企業各社は中国国内にフロント企業を設立してビジネスの網を張り巡らせ、国際金融市場に入り込んで制裁を回避してきた。現金や金地金を取引したり、外国や外国人が形成するネットワークに隠れる形で金融取引を行っている。

③中国は国連安保理で北朝鮮の核技術関連貿易を止めるための制裁決議に次々と賛成する。だが、制裁措置には積極的に実施したがらない。しかも北朝鮮制裁委員会(非公開で全会一致制だ)での権限を利用し、着実に制裁実施の引き延ばしを図っている。

④昨年2月7日に発射された弾道ミサイルの部品を韓国海軍が回収した際、12年12月に発射されたミサイルの英国製の圧力電送器と、同じモデルが使用されていた。12年時点で台湾の中間業者が北朝鮮に納入していたが、16年時点では北京に本社を置く中国の業者から購入していたという。

台湾の業者からの調達が難しくなり、調達先を変えたとみられる。報告書では「北朝鮮は同じ外国製部品でさえ、調達先を多様化させることが可能だ」指摘、中国の取り組みを批判している。

⑤06年以来、北朝鮮は核実験を5回実施。ミサイル技術は大きく進歩し、昨年は過去最多となる26発の弾道ミサイルを試射した。4月の潜水艦発射型では、従来の液体ではなく固体燃料が使用されていた。

報告書によると「調査対象期間中の核実験と弾道ミサイル発射実験の頻度と活発さは前例がなく、大量破壊兵器の技術向上に大きくつながった。

⑥北朝鮮の制裁逃れを手助けする中国企業の役割があきらかにされており、安保理決議の制裁対象となっているが北朝鮮の大同信用銀行(DCB)は中国の大連、丹東、藩陽で営業を継続している。

大連の事務所の代表者である制裁対象の「キム・チョルス」という人物について、「数百万ドルに上る金融取引を行っている」と指摘した。この人物は韓国人を装った偽の身分証を使用し、香港や中国に金融機関として登録していない偽装会社を設立、国際的な金融システムにアクセスしていた。

⑦2011年7月に中国企業がDCBの持ち分の株式の60%を買収したことを根拠に、中国側が同行の支配権を確立したといわれる。北朝鮮の銀行が「金融機関としての登録なしにその働きをするフロント企業を利用することで、外国での活動を可能にしている」とし、全ての資産、経済的資源を凍結すべきだとしている。

⑧中国の北朝鮮救済網はアンゴラやマレーシア、カリブ海諸国に広がっており、北朝鮮の外交官や起業家、密輸業者、外国の仲介者が活動し、金や石炭、レアアースの輸出のほか、ロケット、スカッドミサイルの部品、先端技術を使った軍用通信機器などの闇取引を行なっている。

➈エリトリアで押収された機器には、マレーシアに本拠を置くグローバル・コミュニケーションズ社(グローコム)の製品で。グローコムを運営するのは、マレーシアと中国のフロント企業や代理会社を統括する北朝鮮のパン・システムズ平壌支社。グローコムはシンガポールにも支社を持っている。

➉報告書の結論は

「このグローバルなネットワークには中国、インドネシア、マレーシア、シンガポール、中東の個人・企業・銀行口座が関わっており、活動の大元締めは、パン・システムズなどのフロント企業を運営する北朝鮮の国防委員会偵察総局だ。手口が高度化した結果、制裁逃れの規模と範囲、巧妙さが増している」

 また報告書では対北制裁の実効性を高めるためには中国の協力が欠かせないが、昨年3月の安保理制裁決議で盛り込まれた北朝鮮の石炭輸出の原則禁止に対し、中国は「民生目的」という例外規定を利用して取引を続行するなど、安保理の制裁は事実上、骨抜きになっている実態を明らかにしている。

今回のマレーシアでの金正男暗殺事件のように東南アジアでは北朝鮮の工作員らが活発な活動を展開しており、北朝鮮のフロント企業が軍事用通信機器の製造・輸出のほか、国際的な金融取引も行っている。

北朝鮮の友好国が多いアフリカでは54カ国中、昨年3月の決議の履行状況を報告したのは11カ国にとどまる。モザンビークやスーダンなど、北朝鮮から兵器を輸入している例も多数報告されている。

 

北朝鮮の制裁逃れ、中国が加担 ミサイル調達、金融取引…抜け穴多く 国連報告書で浮かぶ

http://www.sankei.com/world/news/170307/wor1703070029-n2.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑫』李氏朝鮮国妃・閔妃と舅の大院君の 勢力争いこそ朝鮮滅亡の引き金に

  『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑫』 &n …

no image
「東京モーターショー2013」(11/23→12/1)が 開催,テーマは「世界にまだない未来を競え」③YAMAHA、ベンツ、三菱FUSO、BOSCH

   ★「東京モーターショー2013」(11/23&rarr …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『六十、七十,洟たれ小僧の湘南海山ぶらぶら日記』/『つり竿さげて、鎌倉海をカヤックフィシングでさかな君と遊べば楽しいよ』★『「半筆半漁」「晴釣雨読」「鉄オモリをぶら下げて」鎌倉古寺を散歩すれば、悠々自適!』

以下は2011年7月7日に書いた「湘南海山ぶらぶ日記」の再録である。約10年前は …

no image
日本メルトダウン( 981)『トランプ米大統領の波紋!?』★『「米中新秩序」到来!日本はついに中国との関係を見直す時を迎えた 対抗ではなく、協調路線でいくしかない』●『トランプ支持層と「ナチス台頭時」に支持した階層はきわめて似ている』●『麻生大臣を怒らせた、佐藤慎一・財務事務次官の大ポカ なぜこんな人を次官に据えたのか』★『さよなら米国。トランプの「米国ファースト」がもたらす世界の終わり』★『若者が動画で自己表現するのはなぜ? 古川健介氏が語る、スマホ世代の“3つの仮説”』★『スピーチを自在に編集できる“音声版Photoshop”登場か–アドビが開発中の技術を披露』

      日本メルトダウン( 981) —トランプ米大統領の波紋! …

no image
日本メルトダウン脱出法(587)●『ユーロ圏:世界最大の経済問題(英エコノミスト誌)●「お・も・て・な・しは日本人の自己満足か-」

     日本メルトダウン脱出法(587 …

no image
日本リーダーパワー史(137) 関東大震災での山本権兵衛首相、渋沢栄一の決断と行動力に学ぶ

 日本リーダーパワー史(137) 関東大震災での山本権兵衛首相、渋沢栄一の決断と …

no image
日本リーダーパワー史(522)『「明治の国家参謀・杉山茂丸に学ぶ」⑦「児玉源太郎、桂太郎と 「日露戦争開戦」の秘密結社を作る」

   日本リーダーパワー史(522)   『「明治大発展の国家参謀・杉山茂丸の国 …

no image
熊本地震を考える①『被災動画』と政府、気象庁、御用学者の『地震予知連絡会』の無能を追及する」★『東大のロバート・ゲラー教授は「日本政府は、欠陥手法を用いた確率論的地震動予測も、仮想にすぎない短期的地震予知も即刻やめるべきだ」と主張

  熊本地震を考える① 『被災動画』と政府、気象庁、御用学者の『地震予 …

no image
『中国紙『申報』が報道した『明治日本』―日中韓150年パーセプションギャップの研究』②現在の日中韓対立情況と全く同じ

   『中国紙『申報』が報道した『明治日本』― 日中韓150 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉓『大日本帝国最後の日⑦阿南陸相の徹底抗戦とその日の陸軍省、参謀本部』

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉓   『大日本帝国最後の …