前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界、日本メルトダウン(1032)ー 「トランプの『中国が制御できなければアメリカが 単独でもやるするぞ』と恫喝した理由』ー『『制裁逃れは中国が助ける』(中国が北朝鮮制裁に賛成しながら、陰で制裁回避を支援する実態が国連報告書で明白に』★『  北朝鮮の制裁逃れ、中国が加担 ミサイル調達、金融取引…抜け穴多く 国連報告書で浮かぶ 』

   

 

世界、日本メルトダウン(1032)ー

「トランプの『中国が制御できなければアメリカが

単独でもやるするぞ』と恫喝した理由』ー

 

「ニューズウイーク日本版」(2017/03/21)の『制裁逃れは中国が助ける』によると、中国が北朝鮮制裁に賛成しながら陰で制裁回避を支援する実態が国連報告書で明らかになった。

『国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門家パネルが最近公表した報告書』によるとー

➀昨年12月の段階で中国は、国連が科した北朝鮮からの1カ月の石炭輸入量の上限100万トンの2倍を購入している。しかも石炭輸入に関して、国連安保理の北朝鮮制裁委員会への報告義務を怠った。

②北朝鮮の金融機関や企業各社は中国国内にフロント企業を設立してビジネスの網を張り巡らせ、国際金融市場に入り込んで制裁を回避してきた。現金や金地金を取引したり、外国や外国人が形成するネットワークに隠れる形で金融取引を行っている。

③中国は国連安保理で北朝鮮の核技術関連貿易を止めるための制裁決議に次々と賛成する。だが、制裁措置には積極的に実施したがらない。しかも北朝鮮制裁委員会(非公開で全会一致制だ)での権限を利用し、着実に制裁実施の引き延ばしを図っている。

④昨年2月7日に発射された弾道ミサイルの部品を韓国海軍が回収した際、12年12月に発射されたミサイルの英国製の圧力電送器と、同じモデルが使用されていた。12年時点で台湾の中間業者が北朝鮮に納入していたが、16年時点では北京に本社を置く中国の業者から購入していたという。

台湾の業者からの調達が難しくなり、調達先を変えたとみられる。報告書では「北朝鮮は同じ外国製部品でさえ、調達先を多様化させることが可能だ」指摘、中国の取り組みを批判している。

⑤06年以来、北朝鮮は核実験を5回実施。ミサイル技術は大きく進歩し、昨年は過去最多となる26発の弾道ミサイルを試射した。4月の潜水艦発射型では、従来の液体ではなく固体燃料が使用されていた。

報告書によると「調査対象期間中の核実験と弾道ミサイル発射実験の頻度と活発さは前例がなく、大量破壊兵器の技術向上に大きくつながった。

⑥北朝鮮の制裁逃れを手助けする中国企業の役割があきらかにされており、安保理決議の制裁対象となっているが北朝鮮の大同信用銀行(DCB)は中国の大連、丹東、藩陽で営業を継続している。

大連の事務所の代表者である制裁対象の「キム・チョルス」という人物について、「数百万ドルに上る金融取引を行っている」と指摘した。この人物は韓国人を装った偽の身分証を使用し、香港や中国に金融機関として登録していない偽装会社を設立、国際的な金融システムにアクセスしていた。

⑦2011年7月に中国企業がDCBの持ち分の株式の60%を買収したことを根拠に、中国側が同行の支配権を確立したといわれる。北朝鮮の銀行が「金融機関としての登録なしにその働きをするフロント企業を利用することで、外国での活動を可能にしている」とし、全ての資産、経済的資源を凍結すべきだとしている。

⑧中国の北朝鮮救済網はアンゴラやマレーシア、カリブ海諸国に広がっており、北朝鮮の外交官や起業家、密輸業者、外国の仲介者が活動し、金や石炭、レアアースの輸出のほか、ロケット、スカッドミサイルの部品、先端技術を使った軍用通信機器などの闇取引を行なっている。

➈エリトリアで押収された機器には、マレーシアに本拠を置くグローバル・コミュニケーションズ社(グローコム)の製品で。グローコムを運営するのは、マレーシアと中国のフロント企業や代理会社を統括する北朝鮮のパン・システムズ平壌支社。グローコムはシンガポールにも支社を持っている。

➉報告書の結論は

「このグローバルなネットワークには中国、インドネシア、マレーシア、シンガポール、中東の個人・企業・銀行口座が関わっており、活動の大元締めは、パン・システムズなどのフロント企業を運営する北朝鮮の国防委員会偵察総局だ。手口が高度化した結果、制裁逃れの規模と範囲、巧妙さが増している」

 また報告書では対北制裁の実効性を高めるためには中国の協力が欠かせないが、昨年3月の安保理制裁決議で盛り込まれた北朝鮮の石炭輸出の原則禁止に対し、中国は「民生目的」という例外規定を利用して取引を続行するなど、安保理の制裁は事実上、骨抜きになっている実態を明らかにしている。

今回のマレーシアでの金正男暗殺事件のように東南アジアでは北朝鮮の工作員らが活発な活動を展開しており、北朝鮮のフロント企業が軍事用通信機器の製造・輸出のほか、国際的な金融取引も行っている。

北朝鮮の友好国が多いアフリカでは54カ国中、昨年3月の決議の履行状況を報告したのは11カ国にとどまる。モザンビークやスーダンなど、北朝鮮から兵器を輸入している例も多数報告されている。

 

北朝鮮の制裁逃れ、中国が加担 ミサイル調達、金融取引…抜け穴多く 国連報告書で浮かぶ

http://www.sankei.com/world/news/170307/wor1703070029-n2.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン(945)★『中国と同じ「ガラパゴス国家統制・不自由資本主義体制の強化へ、日本沈没先延ばし愚策!』●『4社に1社、公的マネーが筆頭株主 東証1部―市場機能低下も』●『株式市場は「隷属への道」を歩む 小平龍四郎』●『マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁』●『事なかれ主義の「無責任の体系」が日本を滅ぼすー法を超える「過剰なコンセンサス」のリスク(池田信夫)』

  日本メルトダウン(945)  ➀中国と同じ『日本ガラパゴス国家統制、 管理不 …

no image
日本リーダーパワー史(402)●『原発廃炉国難に当たり<原発ゼロ>にリーダーパワーを発揮できるのは小泉元首相しかない

    日本リーダーパワー史(402) …

no image
終戦70年目に「アジア・太平洋戦争」のウソと真実をーフリー電子書籍「真相はこうだ」(GHQ編、1946年)で読み解く。

    終戦70年目に「アジア・太平洋戦争」の真実をー フリー電子書籍「真相はこ …

no image
速報(108)①『放射線、内部被ばくの恐るべき脅威―児玉龍彦東大教授』『②細野豪志・原発事故担当相のステップ1が実現』

速報(108)『日本のメルトダウン』 ☆☆★★(必見の動画対決)①『放射線、内部 …

no image
 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1056)>『中国政府を批判し有罪となり、服役中にノーベル平和賞を受賞した人権活動家の劉暁波氏が7月13日、肝臓がんのため中国・瀋陽の病院で亡くなった。』★『日清戦争の原因の1つとなった「金玉均暗殺事件」はこの中国の人権弾圧、テロ国家の体質から生まれた、同じケースである』

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1056) …

no image
<日本最強の参謀ー「杉山茂丸」の経済雄弁術⑦ 細かい数字を百年の国策に取り交ぜ、談論風発、相手を煙幕に巻く。

 日本リーダーパワー史(481) <日本最強の参謀は誰か– …

no image
日本リーダーパワー史(71)明治のトップリーダーの素顔は・中江・山県・川上・・・<頭山満が語る明治リーダー真の姿>

日本リーダーパワー史(71) 明治のトップリーダーの素顔・中江・山県・川上   …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(208 )』★『サウジ主導で中東3カ国がカタールとの外交断絶-湾岸危機深刻化 』●『トランプは、中東でサウジを中心としたスンニ派連合を再結成して、イランを中心とするシーア派連合と対峙する古典的な戦略をとる様です。』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(208)』 サウジ主導で中 …

no image
日本リーダーパワー史 (24) 「 鎖につながれた知の巨人」熊楠の全貌がやっと明らかに(下)。

日本リーダーパワー史 (24) 「鎖につながれた知の巨人」熊楠の全貌がやっと明ら …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(192)』ー『人工知能 病名突き止め患者の命救う 国内初か | NHK』◎『近い将来、人工知能は人間の手を離れる 機械の未来を予測した哲学者が警鐘を鳴らす理由』◎『人工無脳とは何か』◎『トピック「人工知能」のまとめ324件』◎『Microsoftが人工知能でGoogleに勝てる理由とは?』

   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(192)』 …