前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界、日本メルトダウン(1033)ー『米中会談の内幕は・』★『中国が北朝鮮問題を解決すれば、米国との通商の取り決めは中国に良いものになる」とブラフ外交、ディール外交(取引外交』を展開』●『トランプ氏は「まず外交,不調なら軍事行動の2段階論」を安倍首相に説明した』

      2017/04/15

世界、日本メルトダウン(1033)ー

 

『まず外交,不調なら軍事行動の2段階論』を説明した。

注目の米中会談から1週間、世界のパワーバランスは時々刻々と変化している。米国のシリア攻撃をめぐって米ロ関係は一転して最悪となり、シリアの化学兵器使用に関しての国連安保理の制裁決議には、ロシアは従来通り反対したものの、中国は棄権して、これまでの立場を変えて米国に同意する側に回った。

 

【独占スクープ】安倍首相は「金正恩包囲網」をトランプに助言した

http://ironna.jp/article/6306

ロシア・中国・シリア――トランプ米政権が驚きの方針転換

http://www.cnn.co.jp/world/35099725.html

トランプ外交が急転換 中国・習近平と蜜月、対ロ関係は悪化

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7404.php

 

米中会談の内幕は・・・

(「世界が注目したトランプ大統領対習近平国家主席の「米中会談」は『シリアへの先制攻撃』というトランプマジックで、一挙に吹き飛び「世界の2大国関係」としての待遇を求めてやってきた中国は完全にメンツをつぶされた形だ。

「歓迎晩餐会」の真最中に、トランプは突然、シリア攻撃を開始、「北朝鮮は自ら問題を起こそうとしている。中国が米国に協力しないなら中国抜きで問題を解決する」と習氏に説明、恫喝外交で1発パンチを浴びせた。

金正恩独裁「ならず者国家」への見せしめで、中国に100日間の期限付きで圧力をかけた。

「中国が北朝鮮問題を解決すれば、米国との通商の取り決めは中国にとってより良いものになる」とブラフ外交(おどし、はったり)ディール外交(取引外交)、こん棒外交(20世紀の帝国主義的外交)を展開したのです。

 

この外交をたとえれば、最近、ハリウッドでは製作されていないが、昔の西部劇の決闘シーンを見る思いだね。ジョン・ウエーンやクリント・イーストウッドが無法者と1対1の決闘となり、「このクソ野郎め」『ハック野郎!』「度胸があれば先に撃て!」とさんざん罵って挑発、相手が腰の拳銃を抜こうとする瞬間に、0・1秒の目にもとまらぬ早業で撃ち殺す、あの米国流のケンカシーンだよね(笑)

 

オバマの理念外交はシリア攻撃に参加せず「腰抜け外交」と批判された点をトランプ氏はよく見ており、強硬策に打って出たわけだ。

米、最強爆弾「全爆弾の母」を初使用 アフガンでイスラム国に トランプ氏、軍事力誇示

http://www.sankei.com/world/news/170414/wor1704140010-n1.html

この結果、世界のメディアの米中会談の報道は、2番手、3番手にがた落ちした。

トランプは動画中心の情報操作をしており、空母からシリアへの巡航ミサイルが発射される映像がトップニュースとして流され続けた。トランプ氏のプロレス流ド派手なショウマンシップ」『反則パンチ』にスポットライトがあたり、習近平氏のぎこちなく緊張した表情との圧倒的な落差、その交渉力、インテリジェンスギャップ、演出力の違いを見せつけたといえるでしょう。

この米中会談の前にいろいろな仕掛け、伏線がある。

6,7日に米中会談は設定されたが、北朝鮮はその前に断続的に10発以上のミサイルを国連安保決議に違反して、発射しており、トランプ氏は『1線(レッドラインを超えた』と激怒していた。この北朝鮮の挑発行為に米下院の外交委員会は3月29日、北朝鮮への圧力を強化して、北朝鮮のテロ支援国家再指定と大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を非難する決議などを採択した。

4月3日、米下院は本会議で、「中国に北朝鮮への圧力強化を求める決議」を可決し、中国、北朝鮮の包囲網は整った。4月6日から始まる米中首脳会談で、トランプ氏はこれを忠実に守ったということです。

シリアのサリン使用が伝えられたのは米中会談の2日前のこと。

トランプ氏は『これまでと違った新しい方法論で対処する』と軍事攻撃も辞さないと言明したが、その前からワシントンのペンタゴン(国防省)、米軍関係者や外交政策関係者たちの間で『軍事攻撃のシナリオ』が真剣に協議されていたので、これは偶然の一致でしょうがタイミングがピタリと合い、これをチャンスとばかり利用した。

最低までに落ち込んだ支持率回復のためにも、最高のタイミングでのサプライズ、アタックカード(攻撃カード)を切ったわけですね。「『強い外交』には『強い軍事』が必要というのが米国覇権外交です。

トランプ氏はこの会談の内容を9日に安倍晋三首相との電話協議で伝え、

『ボールはいまや中国にある』と語り、中国が制裁強化に踏み切るかどうか、当面見極めるとして、『まず外交,不調なら軍事行動の2段階論』を説明したという。

トランプ氏は「制裁以上」との表現を用いて、強力な軍事オプションを用意していることを強調。「あらゆることを日本と相談する」と述べ、対北朝鮮で仮に軍事行動を検討する際も、日本政府と事前協議すると語った、という。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『アジア開国の父』福沢諭吉の「韓国独立支援」なぜ逆恨みされたか③ー井上角五郎は孤立無援で新聞「漢城旬報」発行にまい進

    「日本開国の父」『アジア開国の父』の福沢諭吉 の義侠心からの「韓国独立支 …

no image
日本リーダーパワー史(256)川上操六(35)◎日本が民主国家になれない原因ー秘密結社としての山県有朋の陸軍】

  日本リーダーパワー史(256)  『明治の巨大国家プロジェクトを組み立て、戦 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(56)A級戦犯指定・徳富蘇峰 『なぜ日本は敗れたのか』⑧大東亜戦争では陸軍、海軍、外交、廟謨(びょうぼ、政府戦略)はそれぞれバラバラ、無統制であった。

  終戦70年・日本敗戦史(56) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰 …

no image
世界を制した日本人ー「ハリウッド」を制したイケメン・ナンバーワンは-「セッシュウ・ハヤカワ」とは何者かー②

世界を制した日本人     映画の都「ハリウッド」を制したイ …

no image
日本のメルトダウン(532) 「ニューエコノミーを目指す中国の奮闘」(英FT紙)◎「アメリカで叫ばれ始めた「台湾放棄論」―

 日本のメルトダウン(532)     ◎「荒れる …

no image
『ニューヨーク・タイムズ』で読む日本近現代史①ー日本についての最初の総括的なレポート<「日本および日本人ー国土、習慣

  <『ニューヨーク・タイムズ』で読む日本近現代史 の方がよくわかる① …

no image
速報(439)『日本のメルトダウン』●『データでみるアベノミクス効果』◎『中国の資金逼迫:リーマンショックとは違うが』

   速報(439)『日本のメルトダウン』 &nb …

no image
日本リーダーパワー史(221)<大宰相・原敬の観光立国論>『観光政策の根本的誤解―『観光の意味とは』 

 日本リーダーパワー史(221)   <大宰相・原敬の観光立 …

no image
『日本世界史』-生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか②ー<英国「タイムズ」の150年前の報道>

 『日本世界史(グローバル・異文化・外交コミュ二ケーション史)』 <日 …

no image
★10最重要記事再録/日本リーダーパワー史(812)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉗『日本最大の国難・日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→ 参謀次長)に降下して、 全軍指揮したスーパートップ リーダー児玉源太郎がいなければ、日露戦争勝利は なかった ーいまの政治家にその胆識はあるのか?』★『トランプ米大統領の出現で、世界は『混乱の時代』『戦国時代に逆戻りか」 に入ったが、日本の国民にその見識 と胆力があるのかー問われている」

                                         …