前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日中朝鮮150年戦争史(49)副島種臣外務卿(外相)の「明治初年外交実歴談」➀李鴻章との会談、台湾出兵、中国皇帝の謁見に成功、『談判をあまりに長く引き延ばすので、 脅してやろうとおもった』

      2017/08/19

 日中朝鮮150年戦争史(49)

副島種臣外務卿(外相)➀

李鴻章との会談、台湾出兵、中国皇帝の謁見

に成功、「談判をあまりに長く延ばすので、

脅してやろうとおもった」

Wiki副島種臣

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E5%B3%B6%E7%A8%AE%E8%87%A3

 

○清水君 李鴻章に御合ひになりましたのは何時頃でございますか。

○副島伯 これは台湾人が琉球人を殺したことがある。

其前に琉球は日本の版図(国土)になって居る、即ち琉球人は日本国民であったもんであるから仇討をしなければならぬ。

仇討をするに付ては、政府が仇討が出来ぬければ、薩摩が一手で討つなんと云ふことぢやつたから、何もさうするには及ばない、

政府で討つべきものであるから必ず討つことにすると云ふ諭して見た所が、其評議の席へは三條公は固より出て居られた。岩倉公は留守であったが、西郷が居る、勝安房が海軍卿の名で来て居った。

又川村伯等も来て居られた。

そこで現在の船だけで台湾に渡ることが出来るかと云ふことになった所が、勝は、十分とはいかぬけれども渡れと云ふ仰せであるならば渡りますと云ふ答であった。

所が出兵することになると支那があぶないと云ふ論が出た。

そう云ふ人等は支那はまだ余程強い国と思って居ったらしい。併し私は支那は決して気支(きずか)はないと云ふ説であった。西郷も異説であった。

 

けれども多数は支那があぶないと云ふものであるから、支那の承諾を得るやうにと云ふことであったが、其前に宇和島の伊達公が支那と結ばれた条約に日清両国互に相助け合ふと云ふやうな事が書いてある。

そこで支那のやうな国と手を携へ助け合ふたのは詰らぬと云ふ議論がやかましくあったけれども、何もかも私が引受けて、支那に一度行って話をしようと云ふことで、それから支那に参るやうになった。

○曽田井君 それは明治何年でございますか。

○副島伯 明治六年になる。

○富井君 共時に初めて李鴻章などに御合になったのですか。

○副島伯 さうです。

○高橋君 それから台湾に兵隊を送ったのでございますか。

○副島伯  まだ話がはさまつて居る。それから支那に参った時に謁見論が初つて居った。是は康煕帝の時に露西亜の使節が謁見例になって面倒になって居った。

即ち階下で座礼をさせられたので、丁度此時分も支那では支那の流儀で礼をさせると云ふので、各国はいやがつたが、支那の流儀であると云ふことであって、かつまた。全権公使、弁理公使、代理公使も上下なしに早う行ったものが上席、そこで私は大使で行ったから大使の体面を保たなければならぬ。

そこで是は余程、むづかしかつたけれども、各国が談じ合ふて支那を承知させるが宜しいとなって来た。

そこで談判をしたが中々長く引延ばす。私は初めから支那の流儀も幾許は知って居ったが、行って見て果して然りと思った。

私は全権大使と云ふので賢良寺と云ふ所に旅籠を設けられて食事などは向ふの賄ひであるけれども、私は公用のあるもんであるから、談判の出来た上では支那の飯も食ふけれども、それまでは食はぬと云ふので、此方からコックを数人連れて行ったから、書記官以下の者には支那の御馳走を食はしたけれども、私1人は別にして食って居った。

それから何処へ御見物に御案内するとか、何とか云ふて来るけれども、談判の済むまでは此坐を動かないと云ふて、ちょっともわき目も振らなかった。

それが二三月頃から七月頃までであった。

さうして余り長う延ばさうとするもんであるから果てがないに依て、一つおどしてやらう、おどすばかりでない都合に依ったら軍艦を二艘持って居るから、【芝罘】(チーフ)位は打破って呉れやうと思った。最もその時、随従して居られたのは有名なる樺山資紀伯等であった。土佐の者では林有造等であった。

そこで斯く談判を延ばすに於ては、日本大使は永らく遊んで居ることは出来ぬに依て、最早明日締る積りであると言って置いて、口ばかりではいかぬから、樺山君等に先づ荷造をして立たせた。

さうすると直ぐ恭親王が詫びに来られて、それから談判を開くことになって、斯く永らく引ずって置くと水掛論になって三年でも五年でも捌けはせぬと思ふたに依て、柳原書記官に命じて薫毛昶と云ふ者に合ふて、先づ三箇條彼等に向つて問はせた。

第二番に◎(さんずいに奥)門はポルトガルに呉れきってあるか、なお支那領であるか此儀を御尋ねすると、とんでもない所からやった。

さうしたれば呉れきってはないと云ふ。然らば朝鮮は條約の締結は各国に自由に許してあるが、和親の権を許してあるか、

若し許してあらば和親破るれば戦となり、戦さに負ければ亡ぶると云ふことは御承知であるぢやらうと問はせた。其頃、私は交際が上手になって居ったから、支那が亜米利加にやった書簡を米国公使ロー氏から貫って居った。

 

其書簡には和戦両条支那輿からぬと云ふことが書いてある。そこで亜米利加(アメリカ)には斯様に御答になったさうで、此のところに写しがあると云ふので、柳原をしてそれを彼等に示させたもんだから、そこで和戦南条興からぬと云ふことになった。

それから台湾の生蕃、これも初めは貴国の管轄と思ふて居った。思ふて居ったが台湾人が我国民-琉球と言はず我国民と言ふた。

其時には琉球の議論はさせぬ積りであったから、私が言ふた通り柳原も言ふとるに違ひない。我国民を殺したから此仇を討たねばならぬ。

然るに先年、亜米利加人(アメリカ人)が台湾の牡丹社に殺された。其の時に亜米利加は牡丹社を討ったが支那政府は黙諾されてござった。

さうして見れば支那の管轄と経も支那の憶利が及ばぬ所であるから、各国が勝手にしても宜い場所であらうとやった。

それで台湾も管轄外と云ふことは承知せぬとか何とか言ふたけれども、今の亜米利加の征伐した一条で詰まられたやうで承諾をしましたと云ふて来た。

それが済むと恭親王、文中堂から三日ばかり滞在して呉れるやうにと言ふて来て、それから謁見するやうになった。その時に日本刀を支那では怖がるから日本刀だけは脱して呉る~やうにと云ふことであった。

そこで日本は礼儀の図である。再の前へ出る時には必ず刀を帯びて出なければならぬ。若し支那帝に無礼を加へて宜いと云ふ恩召ならば脱して出ませうと云ふたら、イヤ無礼はどうぞ御断りをすると云ふことであった。それで帯刀の帯刀のまま立礼しました。

それで日本の大使が第一席、それから各国の全権公使、弁理公使、代理公使の席順で謁見することになった。それが済んでから総理衛門に挨拶を述べる。

就ては皇帝から食事を差上げたいと思われるが如何でござるちうと、露公使と英吉利公使は談じ合ったかして、此暑さであるから御断りしたうござると云ふた。

さうすると文中堂が日本大使もさうでござるかと云ふたから、イヤ皇帝の御招なら日本大使は喜んで頂戴を致すと答へた。

すると、英公使と露西亜公使は失策したと言ふて尻突合って居ったやうな事である。それからして李鴻章が君父を辱しめぬと云ふもんであるから、どんな敬礼でもしなければならぬと云ふて、帰る時には支那で打つたことのない祝砲を打つ。

それからガンボート一般で太活まで送って来た。私は其頃、西洋の事ちうても余計にも知らず、唯自分の流儀で人の眞似をせぬ積りであったもんだから、それが一つ支那全体に貫通したやうにある。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン(950)『福島原発のアンダーコントロールは「うそ」-小泉元首相が特派員協会で原発批判』(動画)●『東日本大震災 福島第1原発 凍土壁2カ所、溶けた状態に』●『財政再建へ独立機関設置を、IMF、日本に提言』●『小池知事、報酬半減案を提出へ9月議会に』●『日本人アスリート初! 本田圭佑、マサチューセッツ工科大の特別研究員に就任』

   日本メルトダウン(950)   アンダーコントロールは「うそ」- …

no image
『日中韓対立のルーツを知るために」ー『日清戦争始末』(明治30年刊)、徳富蘇峰の「風雲漫録」(日清戦争従軍記)を読もう

     ①  私は日中韓の対立のルーツ …

no image
知的巨人の百歳学(126)『天才老人/禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』➂★『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)』★『すべきことに三昧になってその外は考えない。結果は死か、 生か、苦かわからんがすべき仕事をする。 これが人間の心構えの基本でなければならなぬ。』

 記事再録/百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 …

no image
知的巨人の百歳学(114)徳富蘇峰(94歳)の長寿人生論「体力養成は品性養成とともに人生の第一義。一日一時間でも多く働ける体力者は一日中の勝利者となり、継続すれば年中の勝利者、人生の勝利者となる』★『世界的作家の執筆量ベスト1は一体だれか。『近世日本国民史』(百巻)の徳冨蘇峰か?!』

 知的巨人の百歳学(114) 体力養成は品性養成とともに人生の第一義。 …

no image
日本リーダーパワー史(343) 『最強のリーダーシップー西郷隆盛の国難突破力』 『情においては女みたいな人』(大久保利通の西郷評)

日本リーダーパワー史(343)  ● 『最強のリーダーシップ …

no image
速報(133)『日本のメルトダウン』★『野田政権は東電破綻処理を急げー巨額賠償請求の餌食』 『新首相を待ち受けるハワイAPECの罠? 』

速報(133)『日本のメルトダウン』   ★☆『野田政権は東電破綻処理 …

no image
◎「日本・スリランカ友好の恩人」ジャヤワルデネ前スリランカ大統領ー感謝の記念碑は鎌倉大仏の境内にある(動画)

     ★★<日本独立のサンフランシスコ講和条約 …

no image
日本リーダーパワー史(437)正体を現した残忍無比の独裁処刑国家・北朝鮮金正恩体制は脱出者も激増させる

  日本リーダーパワー史(437) 正体を現した残忍無比の独 …

no image
イラク戦争報道 (上) 2003 年6 月20日

1 イラク戦争を米メディアはどう報道したか 前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部 …

no image
日本リーダーパワー史 ⑨若き日の昭和天皇の海外旅行とホームステイ―体験は・・

日本リーダーパワー史 ⑨若き日の昭和天皇の海外旅行とホームステイ―体験は・・   …