前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(373)ダルビッシュの活躍と松井秀喜の国民栄誉賞の受賞> ヤンキース松井秀喜の<勝負脳>に学べ

   

  日本リーダーパワー史(373

<ダルビッシュの活躍と松井秀喜の国民栄誉賞の受賞>

 

   イチロー、松井、ダルビッシュの活躍こそ『日本の将来像』の手本がある。つまり、世界で活躍できる人材の
養成こそ教育の急務であり、日本の未来を開いてくれる。

   三人とも『日本のプロ野球』というドメスティックで閉鎖的な空間から、世界一の舞台にチャレンジして勝負して
、その頂点を極めている。ここでは結果、成績には正当な対価が支払われ、成績を残さなければすぐ、
クビになるプロフェツショナルな勝負の、極限の世界である。

   日本の政治家も公務員も経済人も結果責任、プロフェッショナルにならなければ成らない。日本社会で最も
欠けているのは、本来、プロフェツショナルでなければならない職業人(政治家、公務員、大学人、
マスコミ関係者を筆頭に)が、そうでない点である。

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

F国際ビジネスマンのコメント> 

ダルビッシュの活躍、手に汗を握る一人ですが、昨日の活躍を角度を変えて多彩な記事を載せているのは、毎日新聞だけです。ファン心理をよく分かっています。 

http://mainichi.jp/sports/news/m20130403k0000e050205000c.html

 http://mainichi.jp/feature/news/20120531dde012040079000c2.html

  

それにしても、松井秀喜への、当時のトーリ監督、ダルビッシュへのワシントン監督
いずれも選手への眼差しの広く深いこと、実に秀逸です。愛情一杯です
今日のダルビッシュ、
痛恨の一球です。

一年間の経験が、これ程までに自信を与えるのですね。 
それにしても人生は良くできています。
 

http://www.youtube.com/watch?v=huiy3JrZQO0&sns=em

 

 ヤンキース・松井秀喜の<勝負脳>に学べ

 

『MVPを獲得した松井選手は日本最強の宮本武蔵なり』
2009/12/31)
           

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

2009年を振り返って、一番印象に残ったことを書く。

 

ちょうど1年前にオバマ大統領が黒人初のアメリカ大統領として登場した。

世界を変える「チェンジ」がキーワードとなり、日本でも明治以来150年、本格的な政権交代が起こり鳩山民主政権が20099月に誕生した。2010年を前に急速に21世紀のパラダイムシフト、新しい世界への胎動が始まったのだ。

 

鳩山首相はしゃべる前にまず決定力を

 

地球環境問題、100年に1度という大不況、金融資本主義の暴走、中国の台頭と新興国の躍進、その逆に日本の長期停滞からの沈没というグローバルゼーションの中で大国のパワーゲームの勝ち負けの結果、各国の興亡、浮沈、明暗がよりはっきり出てきている。

 

この地球規模の大変革の大波の中で、隣国中国の著しい躍進とは対照的に、「失われた20年」から経済不況を自力で脱出できず、グローバリズムに飲みこまれ、翻弄され、敗北し、巨額の財政赤字と少子高齢化で沈没寸前の「日本丸」の姿が、日本人のわれわれの目にはより強く焼きついており、日本全体に強い閉そく感、敗北意識、悲観的空気が蔓延している。

 

どうしてこうなったのか。

 

それは第一にリーダーの決定力、問題解決能力のなさ、問題先送り体質、リーダーパワーの不足である。相手の力によって負けているのではなく、オウンゴール(自殺点)で敗北を繰り返す日本的体質、サッカーにたとえるならフォワードの決定力がない日本、シュートが打つべき肝心の時に、横にパスをする日本人、同じく勝負、対立を避けて政治でも経済でも外交でも勝負での勝つ力、それも国際的なゲーム、外交、競争で勝利する絶対的パワー、決定力の不足である。

これは日本人の宿命的な弱点といえるが、近年この傾向がますます強くなっているのじゃな。

 

日本のトップリーダーの鳩山首相の勝負力がいかに弱いか。あきれかえる。

 

そのインテリジェンスの欠如にはたまげる、この100日間をみても何も決められない、決断しない、決断できないひ弱さ、すべて会議、会議で検討、先送りと国民はあきれ返っているのよ。

それなのに、マスコミのぶら下がりには必要以上にリップサービスをして、国家の最重要問題をペラペラと途中でしゃべる。

それも毎日状況が変わっていくことがらを「ノーコメント、もう少し煮詰まってからお知らせしますので・・」と断っとけばよいものを、毎回、馬鹿丁寧にコメントして、しかも「しゃりべり過ぎと批判されていますので・・」と前置きしながら、またまたその時の感情でしゃべるんだから。

 

これがころころ変わるため情報の混乱に一層拍車をかけている現状ですね。これに各大臣がそれぞれ問題途中の経過、印象を断片的にしゃべり情報を何重にも混乱させ、もつれさせているのよ。普天間の問題を質問されて「これは私の意見ですが・・」と前置きしてコメントしていたのにも驚いたね、鳩山首相は個人ではありえない、私の意見などない、あなたは総理、首相で日本国のトップリーダーで決定権者なのですよ。

 

この無自覚、ノー天気な危機管理のなさでは、普天間基地をめぐる問題、日米安保協議も米側が不信感を増幅させて、世界は鳩山政権を心配するのもやむえなくもない。

 

政府にとってメディアコントロールが一番、重要課題なのに全く分かっていない、各大臣も政府統一見解をしっかり分きまえろ、鳩山首相は閣議で叱責しなければダメじゃ。

 

 

松井選手の勝負脳に学べ

 

さて、さていやになる。こうした自民党政策失敗不況から民主党になっても相変わらずぱっとしない、ていたらくの中で、米メジャーリーグのワールドシリーズには胸がスーと、

 

大興奮しました。

 唯一、日本最強のサムライ、剣士ともいうべき松井選手のワールドシリーズでの大活躍にはしびれたね。0.001秒の居合切り、バットコントロールの決定力、優勝をきめた試合での2階席ぶち込んだ大ホームランの迫力は今年一番印象に残ったばかりか、ワールドシリーズの名勝負のベスト3には入るのでは・・。とにかく松井の勝負脳と決定力に鳩山首相も政治家もビジネスマンも日本人すべてが学ぶべきものじゃね。

 

 松井の超人的な活躍について書く。

http://maesaka-toshiyuki.com/detail/290

 

第1戦6-1でフィリーズ勝利、松井1安打

2―6回裏、フィリーズの名投手マルチネスの好投で3番カシアナ、4番A・ロッドが連続三振で倒れたあと、松井は見送ればボールの低めの難しいカーブをすくいあげてライトにホームラン、21と勝ち越して第一戦から続く嫌なムードを断ち切った。この試合は3対1でヤンキースが1

以下に続くよ
http://maesaka-toshiyuki.com/detail/290


 - 人物研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(363)明石元二郎ー「日本版国家安全保障会議(NSC)」の創設に明石の<インテリジェンス>を学べ。

      &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(475)<日本最強の参謀は誰だったのかー「明治国家の大参謀」杉山茂丸の研究①>

  日本リーダーパワー史(475)   <日本最強 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(337)-「日本の深刻化する高齢者問題―大阪を中心にその貧困率、年金破綻と生活保護、介護殺人、日本の格差/高齢者/若者/総貧困列島化を考える」(下)★『日本の生活保護費は対GDP比は0.6%、生活保護費はOECD平均の4分の1』★『「生きる権利を主張すべき」ー本人が申請しないと役所は動かない』

  2016年(平成28)3月24日  講演会全記録   「大阪の高齢 …

no image
日本リーダーパワー史(131) 空前絶後の名将・川上操六⑳ 児玉源太郎の辣腕と寺内正毅の狭量

日本リーダーパワー史(131) 名将川上操六⑳児玉源太郎と寺内正毅の器量の違い …

no image
 日本リーダーパワー史(830)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )②』★『ル大統領は金子特使を大歓迎 ー米国到着、米国民はアンダー・ドッグを応援』

 日本リーダーパワー史(830)(人気記事再録)『明治維新150年』★ &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(154)野球の神様・川上哲治の『常勝の秘訣』とはー「窮して変じ、変じて通ず」

 日本リーダーパワー史(154)  「国難脱出に名将から学ぶ」 (野球 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟はなぜ結ばれたのか」①1902(明治35)年2月12日付『英タイムズ』『大英帝国と日本、重要な協約』(日英同盟の締結)

「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」① 1902 …

no image
日本メルトダウンの脱出法(552)ー W杯サッカーの完敗はー「死に至る日本病」(ガラパゴス・ジャパンシステム)である

   日本メルトダウンの脱出法(552)     ●「W杯サッカーの完 …

no image
日本リーダーパワー史(802)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑱『10年以上続く北朝鮮核開発疑惑の無軌道行動に、国連安保理は手を焼いているが、100年前のロシアの極東への侵攻経緯,日露戦争の原因となった満州撤兵の約束無視と朝鮮への侵攻とダブって見える』★『『ロシアの恫喝外交』対『日本の交渉下手、我慢我慢外交』のすれ違いから、ついに堪忍袋を緒をきって、先制攻撃するパターンが日本の戦争のやり方』

 日本リーダーパワー史(802)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』し …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(231)/2020年は終戦75年目ー『昭和史の大誤算を振り返る』★「国を焦土と化しても」と国際連盟脱退した「昭和最大の外交大失敗」を冒した荒木陸相、森恪、松岡洋右のコンビと、それを一致協力して支持した新聞の敗北』★『日本は諸外国との間で最も重要な橋を自ら焼き捨すてた」とグルー米駐日大使は批判した』

    2015/08/17 &nbsp …