前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集(22)『間を利用する』(小池聰行)『時間の贅沢をする』(浦上浩)

   

 ·          

<名リーダーの名言・金言・格言・
苦言
・千言集(22          前坂 俊之選

 

●『ストレスを味方にする』

 

大正海上火災保険社長・石川武

 

自己暗示が石川のストレス解消法だが、いざ仕事に臨むと「ストレスが多いときのほうが、能力が最大限に発揮され
、良い仕事ができる」と、ストレスをむしろ歓迎している。

トップとしてストレスに直面することは宿命であり、自分自身に適度な緊張感を与えるものとして
、プラスのエネルギーに転換させるのだ。

 

◎『間(ま)を利用する』

 オリコン会長・小池聰行

 

小池は

「頼まれごとは言下に断らない」

「ほめるときは直接ほめない」

「叱るときは人前を避ける」

「社長裁断は三日延ばす」

4点を信条にしている。

すぐに断らないことで誠意を、直接ほめないことで感動を、人前を避けることで反省を、
裁断を延ばすことで新しい発見をすることがある、と間の利用を提唱する。

 

◎『振り子は大きく振る』

 

ホンダ副社長・西田通弘

 

これは西田の先輩副社長、藤沢武夫の言葉だ
。西田は「変化に対応する、あるいは変化を求めるときは思い切ってやりなさい。
おそるおそるやってみるとか、最初からこの辺だろうと決めてかかるのはだめですよ」ということだと解説。
そのホンダは本田宗一郎の後継に、大きく振り子を振って45歳の河島喜好を選んだ。

 

◎『時間の贅沢をする』

 リョービ社長・浦上浩

 

経営トップは24時間仕事をしている状態にある。

しかし毎日スケジュールに追われていても、自分で時間をコントロールできる立場にあるのが社長だ。
浦上はそれをうまく利用して時間の贅沢をせよ、と強調する。

好きなスポーツや趣味に没頭することでゆとりが生まれ、ピンチになったときの備えにもなる。

 

★『モノづくりの原点は質の追求せよ』

 

花王会長・常磐文克

 

「市場は量的に飽和することはあっても、質的に成熟するということはありえない」と常盤は言い切る。

 健康でキレイでいたいとか、豊かで快適な暮らしをしたいという基本的な欲求は限りがなく、
常によりよいモノを人々は求めている。量ではなく、質の追求をする姿勢がモノづくりの基本であり、原点だというのだ。

 

◎『比較は自分自身とだけ行え』

東芝会長・土光敏夫 

 

企業内での自分に対しての評価はわかりにくく、つい自分に与えられたポストで一喜一憂してしまう。

 土光は「肩書きは人間の時価を指し示すだけであり、真価ではない」と喝破する
続けて「人間の真価は自分で自分を磨く以外にない。納得できる生き方をしたかどうかだ」と、
冷静な判断と自己鍛錬を求める。

 

●『人事は電光石化でやれ』

 

 三洋電機客員・後藤清一

 

後藤は企業の危機を全社にわたって訴える最良策として、人事異動を挙げる。

 管理職、平社員の区別なく行うことで社内に緊張感が走り、人心を変えるのだ。そこで肝心なことは
電光石火であることだという。特に管理職については1週間以内に実施しないと、デマと混乱を招くと強調している。
 

●『サービス業のキーワードは「で・あ・い」』

ダイエーホークス社長・高塚猛

 

最初の「で」は、「でたらめ」の「で」で、実際の現象にのっとって判断する偶然性を大切すること。

 次の「あ」は「あきらめ」の「あ」。ダメなものはダメとあきらめて、別の有効な作戦はないか、
と発想を転換すること。

 最後の「い」は「いいかげん」の「い」で、細かく計算するのではなく、ほどよく加減すること。

 

 

●『ディスクロージャーを徹底する』

 

ダイナム社長・佐藤洋治

 佐藤は「企業はそこで働く人や消費者との関係で開放的でなくてはならない。そのためには情報は
すべての人と共有できなけばいけない」と、自分を含めて幹部社員が何をやっているか、ディスクロージャー
を徹底している。その佐藤がトップに立つダイナムは、パチンコホールのナンバーワンとして疾走中だ。

 

◎『メーカーは大根役者でよい』

アサヒビール会長・樋口廣太郎

ヒット商品を求めるメーカーは、人気タレントのように多くのお客から支持されないといけない。しかしメーカーとして自分は才能があると思い上がって、受けを狙った商品を開発してはいけないと樋口は諌める。目立とうとするのではなく、地味な大根役者としてコツコツ努力する謙虚な姿勢を続けなさいということ。


 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー史(768)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む②『我々日本の人民は今日の文明において治にも乱にも殺戮の毒害を見ず、罪を犯さざる限りはその財産、生命、栄誉を全うしているが、隣国の朝鮮を見れば、その野蛮の惨状は700年前のわが源平の時代を再演している』

 日本リーダーパワー史(768) 『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルー …

no image
日本リーダーパワー史(428)上原浩治投手の<土壇場完勝力>「どんどん行く、結果がどうであれ、1日ごとに気持ちを リセット、真っ向勝負<瞬殺>」

 日本リーダーパワー史(428)   「米ワールドシリーズで …

no image
福沢諭吉の「韓国独立支援」はなぜ逆恨みされたか⑥「華兵(中国兵)凶暴」の記事が支那側から激しい抗議があり、辞職、帰国した。

  「日本開国の父」『アジア開国の父』の福沢諭吉 の義侠心からの「韓国独立支援」 …

no image
日本リーダーパワー史(38) 『ニューヨーク・タイムズ』がみた明治のトップリーダー・伊藤博文の英語力、対外発信力とは

日本リーダーパワー史(38) 『ニューヨーク・タイムズ』がみた明治のトップリーダ …

ダウンロード
百歳生涯現役入門(178)-『晩年の達人の渋沢栄一(91歳)③』★『別に特種の健康法はないが、いかなる不幸に会おうともそれが人生なのだと達観し、決して物事に屈托せざるが(くよくよしない)私の健康法です』★『いつまでも「若々しい」人はドコが違うのか 中曽根元首相に茂木健一郎氏が聞いた秘訣』

 百歳生涯現役入門(178)ー 『生涯現役/晩年の達人の渋沢栄一③』 筆者は現在 …

no image
日本リーダーパワー史(656)「大宰相・吉田茂の見た『明治』と『昭和前期』のトップリーダーの違い」日本は、昭和に入ってなぜ破滅の道を歩んだのか。 『栄光の明治』と、『坂の上から転落した昭和の悲惨』

  日本リーダーパワー史(656) 「大宰相・吉田茂の見た『明治』と『昭和前期』 …

no image
★5世界が認めた日本人アスリートの活躍(2016/4月間賞)前田健太、岡崎慎司、香川信司、イチロー

世界が認めた日本人アスリートの活躍(2016/4月間賞) 前田健太、岡崎慎司、香 …

24218556654a52a56386131.06020478734199268
最高に面白い人物史➄人気記事再録★「日本最強の参謀・戦略家は日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)』

日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(62) 『世界史の中の『日露戦争』ー <まと …

images
日本リーダーパワー史(666)昭和の大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治・長寿健康法は『マッカーサーと昭和天皇の会談が13回、 吉田は合計75回も面会』●『「長生きの秘けつ」は「そりゃカスミを食うこと、いや人を食うことだな」

  日本リーダーパワー史(666) 昭和の大宰相・吉田茂(89歳)の晩 …

no image
日本リーダーパワー史(741)『だまされるなよ!安倍ロシア外交の行方』(対ロシア外交は完敗の歴史、その復習問題)●『ロシャに対しては、日本式な同情、理解で 仕事をしたら完全に失敗する。 ロシャは一を得て二を望み、二を得て三を望む国であり、 その飽くところを知らず、このようなものに実力を示さずして 協調することは彼らの思うままにやれと彼らの侵略に 同意するのと同じことだ」 (ロシア駐在日本公使・西徳二郎)』

  日本リーダーパワー史(741)『だまされるなよ!安倍ロシア外交の行 …