前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集(22)『間を利用する』(小池聰行)『時間の贅沢をする』(浦上浩)

   

 ·          

<名リーダーの名言・金言・格言・
苦言
・千言集(22          前坂 俊之選

 

●『ストレスを味方にする』

 

大正海上火災保険社長・石川武

 

自己暗示が石川のストレス解消法だが、いざ仕事に臨むと「ストレスが多いときのほうが、能力が最大限に発揮され
、良い仕事ができる」と、ストレスをむしろ歓迎している。

トップとしてストレスに直面することは宿命であり、自分自身に適度な緊張感を与えるものとして
、プラスのエネルギーに転換させるのだ。

 

◎『間(ま)を利用する』

 オリコン会長・小池聰行

 

小池は

「頼まれごとは言下に断らない」

「ほめるときは直接ほめない」

「叱るときは人前を避ける」

「社長裁断は三日延ばす」

4点を信条にしている。

すぐに断らないことで誠意を、直接ほめないことで感動を、人前を避けることで反省を、
裁断を延ばすことで新しい発見をすることがある、と間の利用を提唱する。

 

◎『振り子は大きく振る』

 

ホンダ副社長・西田通弘

 

これは西田の先輩副社長、藤沢武夫の言葉だ
。西田は「変化に対応する、あるいは変化を求めるときは思い切ってやりなさい。
おそるおそるやってみるとか、最初からこの辺だろうと決めてかかるのはだめですよ」ということだと解説。
そのホンダは本田宗一郎の後継に、大きく振り子を振って45歳の河島喜好を選んだ。

 

◎『時間の贅沢をする』

 リョービ社長・浦上浩

 

経営トップは24時間仕事をしている状態にある。

しかし毎日スケジュールに追われていても、自分で時間をコントロールできる立場にあるのが社長だ。
浦上はそれをうまく利用して時間の贅沢をせよ、と強調する。

好きなスポーツや趣味に没頭することでゆとりが生まれ、ピンチになったときの備えにもなる。

 

★『モノづくりの原点は質の追求せよ』

 

花王会長・常磐文克

 

「市場は量的に飽和することはあっても、質的に成熟するということはありえない」と常盤は言い切る。

 健康でキレイでいたいとか、豊かで快適な暮らしをしたいという基本的な欲求は限りがなく、
常によりよいモノを人々は求めている。量ではなく、質の追求をする姿勢がモノづくりの基本であり、原点だというのだ。

 

◎『比較は自分自身とだけ行え』

東芝会長・土光敏夫 

 

企業内での自分に対しての評価はわかりにくく、つい自分に与えられたポストで一喜一憂してしまう。

 土光は「肩書きは人間の時価を指し示すだけであり、真価ではない」と喝破する
続けて「人間の真価は自分で自分を磨く以外にない。納得できる生き方をしたかどうかだ」と、
冷静な判断と自己鍛錬を求める。

 

●『人事は電光石化でやれ』

 

 三洋電機客員・後藤清一

 

後藤は企業の危機を全社にわたって訴える最良策として、人事異動を挙げる。

 管理職、平社員の区別なく行うことで社内に緊張感が走り、人心を変えるのだ。そこで肝心なことは
電光石火であることだという。特に管理職については1週間以内に実施しないと、デマと混乱を招くと強調している。
 

●『サービス業のキーワードは「で・あ・い」』

ダイエーホークス社長・高塚猛

 

最初の「で」は、「でたらめ」の「で」で、実際の現象にのっとって判断する偶然性を大切すること。

 次の「あ」は「あきらめ」の「あ」。ダメなものはダメとあきらめて、別の有効な作戦はないか、
と発想を転換すること。

 最後の「い」は「いいかげん」の「い」で、細かく計算するのではなく、ほどよく加減すること。

 

 

●『ディスクロージャーを徹底する』

 

ダイナム社長・佐藤洋治

 佐藤は「企業はそこで働く人や消費者との関係で開放的でなくてはならない。そのためには情報は
すべての人と共有できなけばいけない」と、自分を含めて幹部社員が何をやっているか、ディスクロージャー
を徹底している。その佐藤がトップに立つダイナムは、パチンコホールのナンバーワンとして疾走中だ。

 

◎『メーカーは大根役者でよい』

アサヒビール会長・樋口廣太郎

ヒット商品を求めるメーカーは、人気タレントのように多くのお客から支持されないといけない。しかしメーカーとして自分は才能があると思い上がって、受けを狙った商品を開発してはいけないと樋口は諌める。目立とうとするのではなく、地味な大根役者としてコツコツ努力する謙虚な姿勢を続けなさいということ。


 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(421)<国際舞台で最も活躍した日本人・上原浩治投手から学ぶー過去は過去、今日明日を見た方が楽しい>

  日本リーダーパワー史(421) ―<今年、国際舞台で最も …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(195)記事再録/ 大宰相『吉田茂の思い出』を田中角栄が語る』★『吉田茂の再軍備拒否のリーダーシップ -「憲法九条があるかぎり軍隊は持たない」 「メシを食うことにも大変な日本が軍隊を持てるわけがない』

 2016/02/1/日本2リーダーパワー史(662)記事再録 &lt …

no image
「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「新聞に警鐘を鳴らし続けた」不屈の記者魂をたたえる。

「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「 …

no image
日中近代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(423)ー『現在進行中の米中貿易協議、米朝首脳会談』の先駆的ケーススタディ―」★『日中異文化摩擦―中国皇帝の謁見に「三跪九叩頭の礼」を求めて各国と対立』★『困難な日中外交を最初に切り開いた副島種臣外務卿(外相)の外交力』★『英「タイムズ」は「日中の異文化対応」を比較し、中国の排他性に対して維新後の日本の革新性とその発展を高く評価した』

日本リーダーパワー史(423)2015/01/01『各国新聞からみた東アジア日中 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(895)-『全世界に向け通商戦争を宣戦布告」したトランプ大統領の大罪』★『米国の覇権転落・経済敗戦を決定的にしたく第3次世界貿易戦争>の自爆攻撃をする暴君の忖度!』

世界/日本リーダーパワー史(895) 以下は3月10日までに書いた原稿です。 「 …

no image
『世界サッカー戦国史』②ー『W杯ロシア大会と日露戦争(1904)の比較』★『児玉源太郎参謀次長と西野新監督の戦略論は的確』★『W杯日露戦争で10対0で最強ロシアを破った児玉の戦略と東郷平八郎の決定力(1発必中の砲は100発一中の砲に勝つ)』

  W杯ロシア大会2018と日露戦争(1904)の戦略を比較すると、 …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・千言集⑨『汗馬でなければ、千里の道はいかぬ』(中上川彦次郎)『徹底してやる』(本田宗一郎)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集⑨       前坂 俊之選 &n …

p_tanaka
世界が尊敬した日本人(54)『地球温暖化、地球環境破壊と戦った公害反対の先駆者・田中正造』明治天皇直訴文は幸徳秋水が書いたが、正造は正直一途な男①

世界が尊敬した日本人(54) 月刊「歴史読本」(2009年6月号掲載) 『地球温 …

no image
日本リーダーパワー史(119)孫文を助けた岡山県人パワーの犬養毅・秋山定輔・坂本金弥ら

日本リーダーパワー史(119)孫文を助けた岡山県人パワーの犬養毅・秋山定輔・坂本 …

no image
  日本リーダーパワー史(751)ー歴史の復習問題『世界史の視点から見ないと日本人、日本史はわからない』●『 真田丸で人気の真田幸村や徳川家康よりも、世界史で最高に評価された 空前絶後の名将は「児玉源太郎」なのである。』『世界史の中の『日露戦争』ー <まとめ>日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)

  日本リーダーパワー史(751) 『歴史の復習問題『世界史の視点から見ないと日 …