前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(456) 「明治の国父・伊藤博文のグローバルリーダーシップ 『伊藤博文直話』(新人物文庫)」を読む⑧

   


   日本リーダーパワー史(456 

「明治の国父・初代総理大臣・伊藤博文の

国難突破のグローバルリーダーシップーに学ぶー

『伊藤博文直話』(新人物文庫」を読む⑧

 

前坂俊之(ジャーナリスト)

 


◎<暗殺直前まで語り下ろした幕末明治回顧録 新刊『伊藤博文直話』

―明治を創った男の最強のリーダーパワーに学ぶ


(以下は20103月の執筆の再録です)


今年は日本の内閣制皮の発足からちょうど百二十五年となり、国家最高のリーダーである内閣総理大臣は、現在の鳩山由紀夫首相で第九十三代、六十人目の総理大臣となります。初代の総理大臣はいうまでもなく伊藤博文ですが、歴代宰相の中で最年少の四十四歳で明治十八年(一八八五)に就任しています。

この時すでに西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允の‘維新三傑“はそろって悲運の最期を遂げ(明治10-11年)にこの世を去った後のことです。革命の前提である徳川幕藩体制を破壊したのは西郷らの大立者ですが、革命成就後の明治新政府の建設は、伊藤博文や山県有朋、大隈重信らの第二世代組によって行われ、このバトンタッチがスムーズにいったことが明治維新の成功のカギとなりました。


超大物らの目の上のコブが一挙にいなくなったことで、若手組の伊藤や山県らは大胆かつ自由に、西欧をモデルに、お雇い外国人や海外留学生を多数採用して新日本建設に取りかかることができたのです。

この結果、十九世紀末、世界地図に初めてデビューした、ちっぽけなアジア極東の島国日本は、アジア初の立憲国家を建設し、「富国強兵」「殖産振興」をスローガンに『坂の上の雲』をめざして明治三十八年(一九三八)の日露戦争の勝利によって一躍、西欧先進国に認められ、第一次世界大戦後の国際連盟では世界五大国の仲間入りを果たしました。

こうした「二十世紀世界史の奇跡」といわれたこの日本の明治期の大躍進で最高のリーダーパワーを発揮したのは、何といっても伊藤博文です。
 
日本帝国憲法制定の責任者、最初の内閣総理大臣、枢密院議長、初代政友会総裁、初代韓国統監を歴任するなど、元勲、元老として、㌶明治日本丸〃の船長として長くカジを握ったのです。

確かに毀誉褒貶はありますが、太閤秀吉にも匹敵するその出世ぶりと波乱万丈の人生、ざっくばらんな、庶民的な人柄があいまって、歴代宰相の中では最も人気が高く、たくさんの評伝、研究書があります。ちなみに国会図書館の蔵書を検索して比較すると、伊藤については四〇四件、田中角栄二四三件、山県有朋一〇二件などダントツに多い。

伊藤本人も自らの伝記を残すことに腐心して、大量の書輪や関係文書を保存しており、昭和戦後には「伊藤博文関係文書」(九巻)などや膨大な公的、私的、歴史史料(一次史料、二次史料ともに)が逐次、出版物として刊行されています。

また、一般向きとしては伊藤の手元に保管されていた手紙、手記を関係者が読みやすく解説した『国民新聞』の連載記事はその後、『正続伊藤博文秘録』(春秋社、昭和四、五年刊)として出版されるなど、その数は他の政治家に比べても段違いに多いのですが、自らを語った自叙伝的なものは、この小松線編『伊藤公直話』(昭和十一年版)一冊のみです。

これは、伊藤博文の伝記の決定版である小松線編『伊藤博文伝』(伊藤公全集刊行会、全三巻、昭和二年刊)の中におさめられた第三巻の部分の「伊藤へのインタビュー」を一冊にして出版したものです。内容は人物論、実歴談、修養談など、伊藤の人生で出会った明治維新の偉人、大物、人物の思い出、印象をざっくばらんに語っており、大変興味深い内容です。

編者の小松緑ですが、慶応元年(一八六五)九月、鹿目恒政の長男として会津若松に生まれ、会津藩士小松光明の養子となり、明治二十年に慶応義塾大学を卒業後、二十七年には米国エール大で法学士、二十八年にはプリンストン大学大学院修士号の学位を受けました。
 
帰国後は、陸奥宗光から語学の才能を認められ、外務省に入省し翻訳官に。明治三十三年にはアメリカ公使館書記官などを歴任。この間に伊藤博文の知遇を得て、特にその語学力を認められました。

明治三十九年、伊藤が初代統監としてソウルに赴任すると、伊藤の秘書的な存在として抜擢されて、十一年間にわたって朝鮮総督府外務部長、中枢院書記官長を歴任しています。

その後、豊富な外交官経験と語学力を生かして、著述家として活躍します。特に、『中外商業新報』(現在の日本経済新聞)に連載した『明治外交秘話』(昭和年)は小松の代表作で、読みやすい明治政治・外交史の決定版といってよいものです。

明治の政治や外交の内幕を小松自らの経験談と、直接当事者から再取材したデータ、海外の豊富な文献も混ぜ合わせて伊藤、山県、陸奥宗光、小村寿太郎ら明治の野性的な政治家、リーダー、梁山泊の活躍ぶりが活写され興味津々の裏面史に仕上げており、いま読み返しても大変面白い内容です。

このほか、『春畝公と含雪公』(学而書院、昭和九年)、『伊藤公と山県公』(千倉書房、昭和十一年)、『伊藤博文伝』(春畝公追頒会、全三巻、昭和十一年)の編者となっており、伊藤の伝記の第一人者で、昭和十七年一月に死去しています。

本書は、先に紹介した『伊藤公直話』(千倉書房、昭和十一年刊)を底本に再編集したものです。ク明治を創った男″伊藤博文の肉声に触れながら、そのリーダーパワーの秘密の一端を知る貴重な一冊です。

<目次>

大久保利通を語る
木戸孝允を語る
西郷南洲を語る
高杉晋作を語る
三条実美を語る
岩倉具視を語る
島津久光を語る
島津斉彬を語る
吉田松陰を語る
長井雅楽を語る藤田東湖を語る
大村益次郎を語る
佐久間象山を語る
サー・バーリー・パークスを語る
弘法大師を語る
狩野芳崖と橋本雅邦を語る
豊臣秀吉を語る
菅原道真を語る

第二編

堀田閣老要撃の余話
大橋順蔵逮捕の話
彦根藩迎賛真偽偵察の話
長井雅楽暗殺計画の話
来原良蔵割腹の話
御殿山焼打ち事件の話
水戸浪士との関係の話
薩長聯合経緯の話
海外密航と故国の風雲
各国艦隊の馬問砲撃の話
艦上の和議談判
長州の政府打倒の挙兵
長藩政府の内証の話
将軍暗殺の陰謀の話
雲隠れの木戸を迎うる話
江戸城処分の反対論
兵庫論として奸物視さる
外人の兵庫占領の話
最初の外臣謁見の日の事件
詰腹切った近藤親一郎の話
廃藩置県の決定

第三編

憲法立案の要旨と憲法政治の事
第四編
浴衣がけの予
大和民族の将来
人権政権の区別
忠義の二字
貯蓄と清廉
書簡の効用
自愛説
友情に泣く
文書に諭す
名所古蹟の保存
日本鉄道の起源

 

 

 

 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『クイズ『坂の上の雲』>明治陸軍の空前絶後の名将とは・・・児玉源太郎ではない参謀総長・川上操六②

『クイズ『坂の上の雲』>明治陸軍の空前絶後の名将とは・・児玉源太郎ではない参謀総 …

no image
日本メルトダウン(1028)ー『トランプ氏の未熟な政治交渉力、代替案撤回で露呈』●『トランプ米大統領、共和党保守派に宣戦布告 重要政策可決へフリーダム・コーカスに圧力』★『「森友解散」説ににじむ「1強」安倍政権の焦り 「軽率」と「誤算」の連鎖の果てに泥沼化』●『極右と安倍首相の親密関係こそ問題の本質だ 森友学園問題を欧米メディアはどう報じたか』★『中国人が辛辣指摘「日本企業9つの問題点」に知日派も喝采』●『日本語が堪能な外国人材ほど日本企業に失望する理由日本語が堪能な外国人材ほど日本企業に失望する理由』

 世界、日本メルトダウン(1028)ー トランプ氏の未熟な政治交渉力、代替案撤回 …

no image
『明治から150年― 日本の歴代大経営者(最初はみんな中小企業) の遺言、経営訓、名言のすべて』 ★『昭和経済大国』を築いた男・松下幸之助(94歳)の名言30選」★『松下の生涯は波乱万丈/『経済大国サクセスストーリー』● 『企業は社会の公器である』 ● 『こけたら立たなあかん』● 『ダム経営は経営の基本である』● 『経営は総合芸術である』●『無税国家」は実現できる』●『長生きの秘けつは心配すること』

  『明治から150年― 日本の歴代大経営者(最初はみんな中小企業) の遺言、経 …

no image
日本リーダーパワー史(56) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう立ち向かったか②ハワイ攻撃を発案

日本リーダーパワー史(56) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう 立ち向 …

pic_4
晩年長寿の知的巨人たちの百歳学(111)戦後の高度経済成長の立役者・財界の巨人「電力の鬼」 の松永安左衛門(95歳)の長寿10ヵ条ー「80歳の青年もおれば、20歳の老人もおる、年齢など気にするな」

  晩年長寿の知的巨人たちの百歳学(111) 戦後の高度経済成長の立役 …

no image
日本リーダーパワー史(974)ー記事再録/『2・26事件で襲撃をうけ九死に一生を得た大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎(82歳)の終戦決断力が『日本を救った』

大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎(82歳)の晩年   《2009/02 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉖ 『大日本帝国最後の日(8月15日)米内海相の突破力「陛下一人残して死ねない」

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉖   『大日本帝国最後の日― (1945年8月1 …

no image
日本天才奇人伝④近代の巨人・日中友好の創始者・岸田吟香は『230年ぶりに上海に住んだ最初の日本人』

日本天才奇人伝④       近代の巨人・日中友好の創始者・ …

no image
日本リーダーパワー史(223)『日本の政治家で最も少ないグローバルな戦略をもった経済政治家の先駆者―山本条太郎』 

日本リーダーパワー史(223)   <三井物産の中興の祖・山本条太郎> …

no image
日露300年戦争(4)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『ロシア皇帝・アレクサンドル一世の国書を持って、通商を求めてきた第2次遣日使節・ラスクマンに対しての幕府の冷淡な拒絶が報復攻撃に発展した』

   1783年(天明3)、日本の船頭・大黒屋光太夫https://ja.wik