前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「百歳・生き方・死に方・臨終学入門(117)斎藤緑雨、司馬江漢、正岡子規、高村光太郎の死に方入門

      2015/08/30

「百歳・生き方・死に方-臨終学入門(117)

 

明治の作家、斎藤緑雨(36)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E7%B7%91%E9%9B%A8

は、「万朝報」「読売新聞」などの記者で、幸徳秋水の友人。樋口一葉を評価し、明治29年)1月に手紙をやりとりし始め、緑雨は直截な批評を一葉に寄せるようになる。恋愛感情を持ったのでろう。樋口家を訪問しては一葉と江戸文学や当時の文壇について語り明かした。]、一葉没するまで2人の交流は続く。明治32年に、「一葉全集」の校訂を引き受け、遺族の生活を請け負っている。

奇行の多い人で、その性癖は、人生の最期においても発揮された。重病にかかったとき、友人が親切に、「東大病院に入れ。金のことは心配するな」と申し出たのに、「そんな道草をしないで、日暮里へ直行しようよ」とこの好意をことわった。当時、日暮里に、火葬場があったのだった。

いよいは臨終という時、病床から家人に命じて、東京の各新聞につぎの広告を出させた。

1904年(明治37)4月13日、馬場孤蝶に口述筆記させ「緑雨斎藤賢、本日目出度死去致候 此段謹告仕候也」、死亡広告を遺し、東京本所横網町の自宅で、36歳の若さで病死する。

 

緑雨はほんとうに死んだからよかった(?)が、死ぬ予定がないのに、死亡通知を出した変人がいる。

江戸時代後期の洋画家で、蘭学者で、自然科学者、〃万能の天才”型の人だった司馬江漢(71)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E6%B1%9F%E6%BC%A2

は、晩年のあるとき、何を思ってか、知人たちに自分の死亡通知を送り、以後、はほとんど家に閉じこもって暮らした。

たまたま外出したところ、その通知を送った知人の一人に出会ってしまった。知人が声をかけても、返事をしないで過ぎようとする。何度も声をかけてくるので、たまりかねて、

「死人がロをきくか!」。この江漢は無言道人″という号をもっていた人でもある。

明治の俳人で歌人の正岡子規(31)は

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%B2%A1%E5%AD%90%E8%A6%8F

半生を寝たきりで過どし、三十代半ばで亡くなった。死の前年に、かれはつぎのようなことを書いた。最後の著『墨汁一滴』にのっている、深刻にしてユーモラスな短文である。

1、人間一匹

右、返上申すべく侯。ただし、ときどき幽霊となって出られるよう、特別にお取りはからい下さるべく候なり。

明治三十四年 月 日  氏 名

地水火風御中

 

自分の死を他人のそれのように傍観し、客観視している、そこがス〈無心〉死生を超えた『達観』突き抜けた心境を感じさせる。

 

彫刻家で詩人の高村光太郎(73歳)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%91%E5%85%89%E5%A4%AA%E9%83%8E

は、戦争が敗戦に終わると、岩手県の片田舎に掘立小屋をたて、そに七年も独りで住んで、そこで死んだ。「自分を捨てた」というふうに、かたくなに自分を閉じこめ、ことさら無為に徹した。

そこは、五、六十センチも掘れば水がわくという湿地で、まわりにはマムシがウヨウヨとおり、村人さえもが住もうとはしない土地であった。雪がつもれば、道もなくなる。食生活も、飢えをしのぎうる最低のものであった。

この小屋で、『或る墓碑銘』と題する詩を書いた。1種の辞世というものであったろう。

 

一生を棒に振りし男 此処に眠る。
彼は無価値に生きたり。
彼は唯人生に遍満する不可見の理法に貫かれて動きたり。
彼は常に自己の形骸を放下せり。
彼は詩を作りたれど 詩歌の城を認めず
彼の造形美術は木材と岩石との構造にまで還元せり。
彼は人間の卑小性を怒り
その根源を価値感に帰せり。
かかるが故に彼は無価値に生きたり。
一生を棒に振りし男 此処に眠る。

戦争に協力する詩をつくった自分を攻めて、攻めて、地の果てに蟄居して自嘲、後悔、悔悟、責めさいなんだ末の魂からの叫びが聞こえてくる。

 

 - 健康長寿 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
120歳のギネス男性長寿者・泉重千代の健康長寿養生訓

120歳のギネス男性長寿者・泉重千代の長寿養生訓 前坂俊之(ジャーナリスト)

no image
日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞はどう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭吉、朝比奈知泉らの主張は・①『対朝鮮発言権は日本のみと』(徳富蘇峰)

  日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳 …

no image
日本メルトダウン( 982)『トランプ次期米大統領の波紋!』「安倍・トラ会談」が、かなり危なっかしい理由トップ会談お決まりの打ち合わせもなし』●『トランプ氏と安倍首相の初会談、準備段階で混乱、詳細決まらず』●『コラム:貿易やアジア外交、トランプ大統領を待ち受ける危険』●『コラム:トランプ勝利と、米国が主導する「世界秩序の死」』●『オピニオン:トランプ不安、日本の「改憲」後押し=エモット氏』●『TPP失敗なら中国に10兆円もの恩恵 米調査委が試算、トランプ氏の脱退方針に警告』

   日本メルトダウン( 982) —トランプ次期米大統領の波紋 「 …

no image
百歳学入門(155)文化勲章のもらい方ー文化勲章は大嫌いと断った「超俗の画家」の熊谷守一(97歳)と〝お金がもらえますからね″といって笑って答えた永井荷風〈当時72歳〉

百歳学入門(155)   私は新聞記者時代に春秋の叙勲の取材を何度かし …

no image
日本メルトダウン(949)【独占】小泉純一郎大いに語る「自民党は、どうかしている」●『「日本人よ、目を覚ませ!」市場が、黒田日銀をついに見放したのかもしれない 現れ出した「不自然な動き」』●『もう来なくていい!中国人の「ドタキャン」ひどすぎる』●『一代で年商500億を超えた「新しい億万長者」たちの仕事哲学 急成長のヒミツを徹底調査!

   日本メルトダウン(949)   【独占】小泉純一郎大いに語る「自 …

no image
百歳学入門(190)『日本画家・小倉遊亀(105歳)-『「老いて輝く。60代までは修行、70代でデビュー、百歳』★『人間というのは、ほめられるとそれにしがみついて、それより上には出られないものですね』★『まだダメ、まだダメ。こう思い続けているので年をとらないんですよ』★『いいなと思ったときは物みな仏』

百歳学入門(190)   105歳 日本画家・小倉遊亀 (1895年3 …

no image
日本メルトダウン脱出法(810)『 ツイッター、文字数制限を1万字に拡大か 3月導入を検討と米報道』●『中国経済のフリーランチ、終わりの始まりー世界連鎖株安は中国の市場封鎖で下げ止まる』●『「VRバブル」はどこまで続く? 3Dテレビ失敗から学ぶこと』

   日本メルトダウン脱出法(810)   ツイッター、文字数制限を1 …

no image
百歳学入門(21) 伝説上の100歳以上の長寿者たち(古代から徳川時代まで)

百歳学入門(21) 伝説上の長寿者たち(古代から徳川時代まで)     …

no image
連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」③『「全米メディアも大谷の『完全試合未遂』に大興奮『本当に人間か?』★『メジャー席巻の大谷翔平は「ハンサムで好感」米経済紙が“商品価値”を絶賛』★『 ペドロ・マルティネスが二刀流大谷のメジャーでの成功の秘密を解説!』

連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から <メジャーの星>になれるか …

no image
 世界、日本の最先端技術が『読める化』チャンネルー『国大慌て、「ノート7がここまで酷いとは!」-サムスンが落ちた「リコール10倍の陥穽」 』●『  シリコンバレーで起きている「食の異常事態」ー普通のレストランが消えつつある』●『人工知能の世界的権威が語る、テクノロジーがもたらす人類の未来』●『米グーグル、音声認識対応「Google Home」とWi-Fiルーター「Google WiFi」発表』●『「音声認識家電」は日本でもブレイクできるかー国内メーカーが揃い踏みしたが・・・』●『日本株、「暗黒の1987年」との共通点と相違点 ハンパない海外投資家の売り越しは終了?』

 世界、日本の最先端技術が『読める化』チャンネル   韓国大慌て、「ノート7がこ …