前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(122)作家・里見弴(94歳)「90歳になっても欲張った方がいいね」文章の極意は「過不及なし」、『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

      2015/09/14

知的巨人たちの百歳学(122)

作家・里見弴(さとみ とん)(94歳)

文章の極意は「過不及なし」、「文章はその時の言葉

で話すように書きさえすれば良い」

『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

「90歳になっても欲張った方がいいね」

里見弴(さとみ とん)1888~1983年(明治21~昭和58年)94歳

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8C%E8%A6%8B%E3%81%A8%E3%82%93

神奈川県横浜生まれ。実兄の有島武郎(作家)と有島生馬(洋画家)影響で文学に親しむ。東京帝国大学英文科を中退後、1910年武者小路実篤、志賀直哉らと同人雑誌『白樺』を創刊。1916年に「善心悪心」で作家としての地位を確立。代表作に『多情仏心』など。心理描写、会話の妙に定評がある。「文筆の仕事は道楽仕事」と言われた。

1914年(大正3年)、27歳になった里見は自分自身を確立させるため志賀直哉と別れ、家族の反対を押し切って芸者と結婚する。そして恋愛や友情など、自分自身の経験を綴った作品をつぎつぎに発表した。

親父に小説を書いていることがバレて、「文筆の仕事なんていうものは道楽仕事』と昔の人は言って、それで「髪床とかタイコ持ちのするような真似を、なにもお前がしなくていいじゃないか』と非常に怒られた。

そこで筆名、偽名を使っれ、小説を書き続けた。その時のペンネームの電話帳広げて、そこに錐を落したら里見という所だったので、そうして、トンはべつにつけたという。

里見に最も影響を与えたのは、「白樺』の同人で5歳年上の志賀直哉だった

志賀とは生涯の友だが、作家同士の友情と、尊敬と嫉妬、ライバルとしての反発がないまぜになって「往来で会ったって顔を背け合って」の8年間も絶交したり、また友人関係が復活したりのつきあい続いた。

里見の文章のうまさには処女作の時から定評があったが、それに人間観察の確かさが加わり、里見は独自の文学世界を構築したした。

文章の極意は「過不及なし」

その文章道についても89歳の時にこう語っている。三文作家の筆者にとっても大安心の発言である。

「文章というものはだね、その時の言葉で話すように書きさえすれば能事おわれるんだと。いちばんわかりやすいということが文章の目的で、美しく書こうとしたってわからないんじゃしょうがないからね、わかるためには口で言う通りにけた書けばいいんだよ。

「じゃ上手な話し方というのはどういうものかというと、『過不及なし』ってんだよ。「過』は過ぎる、『不及』は及ばずだね。そうでなけりやいいんだよ。余計なことを言ってくどくなったら『過』だね。過ぎるんだ。『不及』というのは、肝心な言わなくちゃならないところを抜かしちゃうんだね。それじゃお話にならんわな。だから心がけるとすれば過不及なく話そうと。その通り書こうと。これだけで良いんだよ、簡単なんだ。」

『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

同じく89歳の時の長生きについての質問にはーーー

「『90にもなって欲張るな』と言う人もあるかも知れないけど、そういうことは欲張った方がいいね。何かこれから先、楽しいことがあるとかないとか、そんな余計なこと考えなくていいんだ。ただ生きてれば良いと思うね。まあ人によっちゃあ”老醜〃と言う。『醜い』という字を書くな。『老醜』を人にさらすぐらいなら早く死んじやったほうがいい」なんてね、口ばかりじゃなく、いくらかそういう気持ちのある人は早く死んじゃうからね。少々〝醜〃になってもかまわずに。“醜〟を恐れちゃだめだよ。そりゃ多少歯は抜けるし、目はショポショボしてくるし、頭の毛はなくなっちゃうし。そういうことを〝醜〃だと思えば.醜だけど。そんなにみっともなくはないだろ……(笑い)」

出典「あの人に会いたい」NHKあの人に会いたい刊行委員会編 新潮文庫 平成20年刊(48-57P)

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

999999999
『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(185)』★『6月中旬梅雨盛り、鎌倉の古刹「長谷寺」の名物の紫陽花づくしのパラダイス』

『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(185)』 <湘南海山ぶらぶ …

no image
世界/ 日本メルトダウン(917)『英国、EU離脱で国家解体へ…経済的利益なし、「偉大なる大英帝国」復活という妄想』●『トランプ氏、TPP離脱を主張 米製造業に致命的な打撃』●『世界の原子力発電能力が急拡大、設備老朽化など課題も=IEA』●『イチローの大記録を支えているのは「驚異のルーティン」』

    世界/ 日本メルトダウン(917)   英国、EU離脱で国家解 …

Unknown-1
百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)   元祖ス-ローライフの達人・「超俗の画家」の熊谷守一(9 …

no image
『知的巨人の長寿学』の牧野富太郎(94)に学べ<植物研究と山歩きで、世界的な植物学者になる>

『知的巨人の長寿学』の牧野富太郎(94)に学べ<植物研究と山歩きで、世界的な植物 …

no image
 日本メルトダウン(1025)『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年』ー『l  ウエスチングハウス破産申請か 東芝に問われる保証責任』◎『福島原発事故から6年 「アンダーコントロール」からほど遠い現状、海外メディア伝える』★『3・11とメディア 福島 もう一つの真実』●『原発事故から6年。食品の汚染度は低下するも「食の安全」は本当に取り戻せたか?』◎『国の東芝支援はあり得ない…「ゾンビ企業」を保護する日本に海外メディアが苦言』★『廃炉措置機関の創設で国が責任を持つ体制に変えよ 福島事故6年目、ガバナンスの根本改革にとりかかるときだ』

 日本メルトダウン(1025) 『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年』 …

no image
湘南海山ぶらぶら日記 『この夏の鎌倉マリンスポーツ/ベスト動画選②』★『台風3連発接近の稲村が崎・音無川サーフィン(8/21am6,30) -残念、波なし、風なし、サーファー少なし』

湘南海山ぶらぶら日記 この夏の鎌倉マリンスポーツ/ベストショット選②   台風3 …

no image
日本メルトダウン脱出法(763)「中国は将来、必ず崩壊していく 欲望が自らを蝕む原理」●「独自の世界観を流布し始めた中国 ジンバブエ大統領に授与された中国版「平和賞」が意味すること』(英FT紙)

 日本メルトダウン脱出法(763)   韓日首脳会談:「韓国を見下す日本」と「日 …

no image
日中ロシア北朝鮮150年戦争史(48) 『日本・ロシア歴史復習問題』★『樺太(サハリン)はどうやってロシアに強奪されたのか』―樺太千島交換換事件の真相は・・『「ユーラシア大陸全域でのロシアの膨張・侵略・南下政策 の一環で、まず軍隊を派遣、武力で占領し 居座る常套手段で、日本側は手もなくひねられた。 三国干渉以後のロシアの遼東半島占領計画、 強奪とまるで同じ手口。』

  日中ロシア北朝鮮150年戦争史(48) 『日本・ロシア歴史復習問題 …

no image
<ネット・ブログ・youtubeで健康・長生きする法>湘南海山、自由勝手のぶらぶらビデオ散歩で、楽しく長生きできるよ

★<ネット・ブログ・youtubeで健康・長生きする法>   ①ブログ …

no image
日本メルトダウン脱出法(810)『 ツイッター、文字数制限を1万字に拡大か 3月導入を検討と米報道』●『中国経済のフリーランチ、終わりの始まりー世界連鎖株安は中国の市場封鎖で下げ止まる』●『「VRバブル」はどこまで続く? 3Dテレビ失敗から学ぶこと』

   日本メルトダウン脱出法(810)   ツイッター、文字数制限を1 …