前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(122)作家・里見弴(94歳)「90歳になっても欲張った方がいいね」文章の極意は「過不及なし」、『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

      2015/09/14

知的巨人たちの百歳学(122)

作家・里見弴(さとみ とん)(94歳)

文章の極意は「過不及なし」、「文章はその時の言葉

で話すように書きさえすれば良い」

『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

「90歳になっても欲張った方がいいね」

里見弴(さとみ とん)1888~1983年(明治21~昭和58年)94歳

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8C%E8%A6%8B%E3%81%A8%E3%82%93

神奈川県横浜生まれ。実兄の有島武郎(作家)と有島生馬(洋画家)影響で文学に親しむ。東京帝国大学英文科を中退後、1910年武者小路実篤、志賀直哉らと同人雑誌『白樺』を創刊。1916年に「善心悪心」で作家としての地位を確立。代表作に『多情仏心』など。心理描写、会話の妙に定評がある。「文筆の仕事は道楽仕事」と言われた。

1914年(大正3年)、27歳になった里見は自分自身を確立させるため志賀直哉と別れ、家族の反対を押し切って芸者と結婚する。そして恋愛や友情など、自分自身の経験を綴った作品をつぎつぎに発表した。

親父に小説を書いていることがバレて、「文筆の仕事なんていうものは道楽仕事』と昔の人は言って、それで「髪床とかタイコ持ちのするような真似を、なにもお前がしなくていいじゃないか』と非常に怒られた。

そこで筆名、偽名を使っれ、小説を書き続けた。その時のペンネームの電話帳広げて、そこに錐を落したら里見という所だったので、そうして、トンはべつにつけたという。

里見に最も影響を与えたのは、「白樺』の同人で5歳年上の志賀直哉だった

志賀とは生涯の友だが、作家同士の友情と、尊敬と嫉妬、ライバルとしての反発がないまぜになって「往来で会ったって顔を背け合って」の8年間も絶交したり、また友人関係が復活したりのつきあい続いた。

里見の文章のうまさには処女作の時から定評があったが、それに人間観察の確かさが加わり、里見は独自の文学世界を構築したした。

文章の極意は「過不及なし」

その文章道についても89歳の時にこう語っている。三文作家の筆者にとっても大安心の発言である。

「文章というものはだね、その時の言葉で話すように書きさえすれば能事おわれるんだと。いちばんわかりやすいということが文章の目的で、美しく書こうとしたってわからないんじゃしょうがないからね、わかるためには口で言う通りにけた書けばいいんだよ。

「じゃ上手な話し方というのはどういうものかというと、『過不及なし』ってんだよ。「過』は過ぎる、『不及』は及ばずだね。そうでなけりやいいんだよ。余計なことを言ってくどくなったら『過』だね。過ぎるんだ。『不及』というのは、肝心な言わなくちゃならないところを抜かしちゃうんだね。それじゃお話にならんわな。だから心がけるとすれば過不及なく話そうと。その通り書こうと。これだけで良いんだよ、簡単なんだ。」

『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

同じく89歳の時の長生きについての質問にはーーー

「『90にもなって欲張るな』と言う人もあるかも知れないけど、そういうことは欲張った方がいいね。何かこれから先、楽しいことがあるとかないとか、そんな余計なこと考えなくていいんだ。ただ生きてれば良いと思うね。まあ人によっちゃあ”老醜〃と言う。『醜い』という字を書くな。『老醜』を人にさらすぐらいなら早く死んじやったほうがいい」なんてね、口ばかりじゃなく、いくらかそういう気持ちのある人は早く死んじゃうからね。少々〝醜〃になってもかまわずに。“醜〟を恐れちゃだめだよ。そりゃ多少歯は抜けるし、目はショポショボしてくるし、頭の毛はなくなっちゃうし。そういうことを〝醜〃だと思えば.醜だけど。そんなにみっともなくはないだろ……(笑い)」

出典「あの人に会いたい」NHKあの人に会いたい刊行委員会編 新潮文庫 平成20年刊(48-57P)

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『百歳学入門』(210)-再録『白銀に描く100年の夢のシュプール/100歳でロッキー山脈を滑った生涯現役スキーヤー・三浦敬三氏は三浦雄一郎の父』★『「世界一のスキー・ファミリー」の 驚異の 長寿健康実践法とは・』

 2015/03/29「百歳・生涯現役学入門」(108) 息子に受け継がれた10 …

1111
⭐︎『湘南海山ぶらぶら日記・「地球環境異変はますます深刻化」⭐︎『豊穣の鎌倉海も海生物が激減』●『米離脱後のパリ会議の行方ははどうなる』

湘南海山ぶらぶら日記  「地球環境異変はますます深刻化」  ―米離脱後のパリ会議 …

no image
  日本リーダーパワー史(772)『金正男暗殺事件から10日目』●『[FT]金正男氏殺害で見えた北朝鮮と東南アジアの絆』★『  金正男氏殺害、「北朝鮮大使館員」が容疑者に 高麗航空関係者も含め2人=マレーシア警察』●『金正恩が見限られた? 中国が企む北朝鮮「金正男体制」の全貌』◎『国連の人権調査委が断罪した北朝鮮“歴代王朝”の暴虐と中国の罪』★『「金正男暗殺」は、20年前の事件とソックリだー故・金正日総書記のいとこ暗殺も2月だった』

 日本リーダーパワー史(772) 『金正男暗殺事件を追う』   [FT]金正男氏 …

no image
日本リーダーパワー史(717)(まとめ/イチロー伝説)「神となったイチロー」●『イチローは「1人ビートルズ」か「国宝」?」★「イチローは現代の「宮本武蔵」なり「鍛錬を怠るな<鍛とは千日(3年)、錬とは一万日(30年)の稽古なり>

 日本リーダーパワー史(717)   イチローはなぜキューバで「神」なのか マ軍 …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー 日本興亡150年史』(3)<『2050年の世界」で日本は衰退国ワーストワン になるのか!>

★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150年史』③― < …

no image
百歳学入門(22) 作家・野上弥生子(99歳)の最期まで書き続ける努力『今日は明日よりより善く生きる』

百歳学入門(22) 作家・野上弥生子(99歳)の最期まで書き続ける努力      …

no image
<健康長寿の名言>『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(1870~1966、九十五歳)の養生法から学べ』

 『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(1870~1966、九十五歳)から学 …

no image
百歳学入門(190)『日本画家・小倉遊亀(105歳)-『「老いて輝く。60代までは修行、70代でデビュー、百歳』★『人間というのは、ほめられるとそれにしがみついて、それより上には出られないものですね』★『まだダメ、まだダメ。こう思い続けているので年をとらないんですよ』★『いいなと思ったときは物みな仏』

百歳学入門(190)   105歳 日本画家・小倉遊亀 (1895年3 …

no image
湘南海山ぶらぶら日記 この夏の鎌倉稲村が崎サーフィン/ベストショット選①(8/8)am5,20-7全中継動画ー波は頭くらい、約3,40人が挑戦、みんなうまいね①

  湘南海山ぶらぶら日記 この夏の鎌倉マリンスポーツ/ベストショット選 …

no image
日本リーダーパワー史(721)『強中国夢』(中華思想単独覇権主義)をめざす習近平共産党政権は「近代中国の父・孫文」の『覇道より王道をめざせ」という日本への遺言を読み直さねばならない。<孫文「大アジア主義」の演説全文を再録>②

   日本リーダーパワー史(721) (再録)日本リーダーパワー史(204)『辛 …