前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(122)作家・里見弴(94歳)「90歳になっても欲張った方がいいね」文章の極意は「過不及なし」、『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

      2015/09/14

知的巨人たちの百歳学(122)

作家・里見弴(さとみ とん)(94歳)

文章の極意は「過不及なし」、「文章はその時の言葉

で話すように書きさえすれば良い」

『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

「90歳になっても欲張った方がいいね」

里見弴(さとみ とん)1888~1983年(明治21~昭和58年)94歳

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8C%E8%A6%8B%E3%81%A8%E3%82%93

神奈川県横浜生まれ。実兄の有島武郎(作家)と有島生馬(洋画家)影響で文学に親しむ。東京帝国大学英文科を中退後、1910年武者小路実篤、志賀直哉らと同人雑誌『白樺』を創刊。1916年に「善心悪心」で作家としての地位を確立。代表作に『多情仏心』など。心理描写、会話の妙に定評がある。「文筆の仕事は道楽仕事」と言われた。

1914年(大正3年)、27歳になった里見は自分自身を確立させるため志賀直哉と別れ、家族の反対を押し切って芸者と結婚する。そして恋愛や友情など、自分自身の経験を綴った作品をつぎつぎに発表した。

親父に小説を書いていることがバレて、「文筆の仕事なんていうものは道楽仕事』と昔の人は言って、それで「髪床とかタイコ持ちのするような真似を、なにもお前がしなくていいじゃないか』と非常に怒られた。

そこで筆名、偽名を使っれ、小説を書き続けた。その時のペンネームの電話帳広げて、そこに錐を落したら里見という所だったので、そうして、トンはべつにつけたという。

里見に最も影響を与えたのは、「白樺』の同人で5歳年上の志賀直哉だった

志賀とは生涯の友だが、作家同士の友情と、尊敬と嫉妬、ライバルとしての反発がないまぜになって「往来で会ったって顔を背け合って」の8年間も絶交したり、また友人関係が復活したりのつきあい続いた。

里見の文章のうまさには処女作の時から定評があったが、それに人間観察の確かさが加わり、里見は独自の文学世界を構築したした。

文章の極意は「過不及なし」

その文章道についても89歳の時にこう語っている。三文作家の筆者にとっても大安心の発言である。

「文章というものはだね、その時の言葉で話すように書きさえすれば能事おわれるんだと。いちばんわかりやすいということが文章の目的で、美しく書こうとしたってわからないんじゃしょうがないからね、わかるためには口で言う通りにけた書けばいいんだよ。

「じゃ上手な話し方というのはどういうものかというと、『過不及なし』ってんだよ。「過』は過ぎる、『不及』は及ばずだね。そうでなけりやいいんだよ。余計なことを言ってくどくなったら『過』だね。過ぎるんだ。『不及』というのは、肝心な言わなくちゃならないところを抜かしちゃうんだね。それじゃお話にならんわな。だから心がけるとすれば過不及なく話そうと。その通り書こうと。これだけで良いんだよ、簡単なんだ。」

『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

同じく89歳の時の長生きについての質問にはーーー

「『90にもなって欲張るな』と言う人もあるかも知れないけど、そういうことは欲張った方がいいね。何かこれから先、楽しいことがあるとかないとか、そんな余計なこと考えなくていいんだ。ただ生きてれば良いと思うね。まあ人によっちゃあ”老醜〃と言う。『醜い』という字を書くな。『老醜』を人にさらすぐらいなら早く死んじやったほうがいい」なんてね、口ばかりじゃなく、いくらかそういう気持ちのある人は早く死んじゃうからね。少々〝醜〃になってもかまわずに。“醜〟を恐れちゃだめだよ。そりゃ多少歯は抜けるし、目はショポショボしてくるし、頭の毛はなくなっちゃうし。そういうことを〝醜〃だと思えば.醜だけど。そんなにみっともなくはないだろ……(笑い)」

出典「あの人に会いたい」NHKあの人に会いたい刊行委員会編 新潮文庫 平成20年刊(48-57P)

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(180)★『人類が初めて遭遇する「寝たきり100歳社会」の悪夢〈医学の勝利が国家を亡ぼす』●『富士通 経営者フォーラム 「100歳社会への挑戦~リンダ・グラットン教授を迎えて』★『「平均寿命100歳を超える社会」にどう備えるか』

百歳学入門(180) 富士通 経営者フォーラム 「100歳社会への挑戦~リンダ・ …

no image
知的巨人の百歳学(127)ー禅の達人・鈴木大拙(95歳)④『1945年8月『日本敗戦』の混乱をみて <言葉を言い換えて事実の本質忘れて、無責任となる感情的な行動(センチメンタリズム)を脱せよ。感傷的でなく、もっと合理的、論理的に考なければならぬーと警告した。。

日本リーダーパワー史(279)   『日本沈没・崩壊は不可避なのか』- …

no image
『目からウロコ』『耳から感動」の世界のリーダー たちの名スピーチ集ー『オバマ大統領「自分が完全に正しくても、妥協することが必要」 自分の信念を実現するために覚えておくべき戦略』●『世界で一番貧しい大統領」ホセ・ムヒカ氏が語る、人生でもっとも重要なこと』●『「正しさを口にすることを恐れてはいけない」 ブルームバーグ氏によるハーバード卒業式祝辞』●『人食いバクテリア感染、四肢切断… 死の淵から生還した女性「すべてのトンネルの終わりには、光がある」』など7本

 『目からウロコ』『耳から感動」の世界のリーダー たちの名スピーチ集ー   オバ …

4651-100x100
 『 新選/ニッポン奇人・畸人・貴人・稀人・伝伝伝』② 『泉鏡花・幻想文学の先駆者は異常な潔癖症・』●『封筒が手を離れてポストの底に落ちても、まだ安心出来ない。原稿がポストの周囲に落ちていないだろうかと不安に襲われて、三回はポストの周囲を回わり、最後にもう一度振り返って見る』

 『 新選/ニッポン奇人・畸人・貴人・稀人・伝伝伝』② 『泉鏡花・幻想文学の先駆 …

no image
百歳学入門(58)江戸城無血開城で百万人を救った勝海舟(75歳) 『長寿法などない」「南光坊天海(107歳)を論ず」

 百歳学入門(58)   江戸城の無血開城で百万人の江戸ッ子を救った勝海舟(75 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑼」『高杉晋作のインテリジェンスと突破力②』●『上海租界地には「犬と中国人は入るべからず」の看板。ここは植民地である』★『内乱を抑えるために、外国の経済的、軍事的援助を受けることは国を滅ぼす』★『大砲を搭載した蒸気軍艦を藩に無断で7万両で購入幕府軍を倒すことに成功した、倒幕の第一歩!』

  1862年(文久2)5月6日に上海についた高杉一行はほぼ2ヵ月間、上海の植民 …

qqqq
最高に面白い人物史①人気記事再録★「日本人の知の限界値」「博覧強記」「奇想天外」「抱腹絶倒」―南方熊楠先生の書斎訪問記(酒井潔著)はめちゃ面白いよ①

    2015/04/29 &nbsp …

1111
「老いぼれ記者魂ー青山学院春木教授事件四十五年目の結末」(早瀬圭一、幻戯書房)ー「人生の哀歓が胸迫る事件記者の傑作ノンフィクション!』

  「老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の結末」 (早瀬 …

no image
百歳学入門(75) ●『三浦雄一郎さん、エベレスト登頂成功 史上最高齢80歳の記者会見動画(75分)

    百歳学入門(75)   &nbs …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(127)/記事再録★『「長崎の平和祈念像」を創った彫刻家・北村西望(102歳)★『わたしは天才ではないから、人より五倍も十倍もかかるのです」★「いい仕事をするには長生きをしなければならない』★ 『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』★『『日々継続、毎日毎日積み重ね,創造し続けていくと、カタツムリの目に見えないゆっくりした動きでも、1年、2年、10年、50年で膨大なものができていくのだ。』

     2018/01/17百歳学入門 …