前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「Z世代のための日本リーダーパワー史研究』★『「電力の鬼」松永安左エ門(95歳)の75歳からの長寿逆転突破力①』★『昭和戦後の日本が敗戦によるどん底から奇跡の復活を遂げたのは松永安左エ門(95歳)が電力増産の基盤(水力発電ダム)と9電力体制を万難を排して実現したことで高度経済成長が実現した』①

   

 
 2021/10/05「オンライン・日本史決定的瞬間講座⑩」記事再録

「電力の鬼」・松永安左エ門(95歳)の「岩は割れる」①

昭和戦後の日本が敗戦によるどん底から奇跡の復活を遂げたのは1つは昭和天皇の「聖断」とその後の国民の統合の象徴となったこと。2つ目は吉田茂首相の政治逆転突破力、3つ目は「電力の鬼」松永安左エ門(95歳)が電力増産の基盤インフラを万難を排して実現した「長寿逆転突破力」にある。「日本の資本主義の父」渋沢栄一が明治の「殖産振興」のリーダーとすれば、松永は、大正期の最大の経済人で、昭和戦後の経済大国への道を切り開いた逆転プロデユサーだったのです。

昭和戦時中の統制経済下は日本の全ての電力施設を国家が接収・管理した特殊法人「日本発送電株式会社」(日発電)が日本のエネルギー全体を牛耳っていた。戦後、松永はこれを独力でたたき壊し、各電力会社の自由競争で水力発電ダムを建設し、電力増産を進める方式に転換し「死に体」だった日本経済をよみがえらせた。

昭和天皇、吉田首相は「一身二生」(途中の逆転人生で、前半生と後半生では別々の人生を送った)生涯ですが、松永はさらに『一身三生』の波乱万丈の生涯を送っています。松永の生涯はまさに『逆転昭和史の奇跡の物語』です。

  • 元寇の役でモンゴル軍が攻めてきた時に生まれた混血児

  • 松永は1875年(明治8)12月、長崎県壱岐の素封家松永安左エ門の長男として生れた。「先祖は1274年の元寇の役でモンゴル軍が攻めてきた時に生まれた混血児で、代々漁師をしていた」というから、幼少期からの反骨精神がうかがえる。子供の時から野生児で、冒険心に満ちあふれ13歳の時、南アフリカの 金鉱採掘で巨富を得て英国の植民地首相セシルローズの英雄物語を読んで発奮し、米国に渡って、新大陸で事業家になろうとしたが、父から反対された。

 1890年(明治23)15歳で東京の慶応義塾予備科(現在の慶応大)に入学。ある日、松永が校庭で先生方にお辞儀をしていると、着流しに角帯、頭巾をかぶり長い杖を持った老人から肩をたたかれた。福沢諭吉だった。

「お前さん、うちでは先生にお辞儀をする必要はないんだ、虚礼めいたお辞儀なんかいちいちせん方がいい。この学校で先生はわしぐらいだが、わしにもお辞儀をする必要ない、単なる会釈だけでいい」と叱られた。入学最初から「人の上に人を作らず、人の下に人をつくらず」の人間平等、独立自尊の精神を叩き込まれた。早速、福沢先生の一番弟子となった。

藩閥、官界を嫌った独立自尊の精神の福沢から薫陶をうけて、松永自身も自らを徹底して実学で鍛え上げる自由主義経済人となった。福沢諭吉の女婿である福沢桃介と手を組んで、株で大もうけしたあと、電力事業に取組んで福岡市に福博電気軌道会社(西鉄の前身の一つ)を設立、電力事業に成功して、瞬く間に九州一円の電気、ガス会社を九州電灯鉄道にまとめあげた。1917年(大正6)、43歳で博多商工会議所会頭に収まり石炭にかわる「大電力時代」の到来を一早く予見した。このころ、ある雑誌の読者投票で日本3大美男子の1人に選ばれている。

大正当時、電灯会社は全国に乱立し、公益事業にあぐらをかき暴利をむさぼっている電灯会社も少なくなかった。松永は「大量の電力を安く消費者に」をスローガンに九州電灯で成功し、福沢桃介の名古屋電灯と合併した東邦電力社長となり、今度は東京に殴りこみをかけて成功、東京電力(三井財閥系)などを買収して全国制覇した。

1932年(昭和7)、58歳で名実ともに『電力王』に輝いた。日本で当時1億円以上の資本金をもつ巨大会社は満鉄(南満洲鉄道株式会社)、八幡製鉄、5大電力会社しかなく、松永の電力関係の支配資本は14億円に上り、日本一の資本家にのし上がったのです。この過程での松永の経営名言には裂ぱくの気迫がこもっています。

  • 「岩は割れる。筋を見つけよ」

「今、自分の前に大きな岩があるとする『ああダメだ。とても割れない』とあきらめたら負けだ。まず、勇猛心をわき立たせる。この精神力が岩を割る秘訣。どんな大きな岩でもスジがある。そのスジに、一カ月でも二カ月でも根気よくタガネを当てる。やってやりまくる。そのうちに、髪の毛ほどの筋が見えてくる。その筋に猛然とタガネをぶち込む。岩の持っ巨大な力で、自ら割れてしまう」事業も同じ、どこにタガネを打ち込むか見定めて全力をあげて取り組む。どんな苦境に立っても、自分で工夫、勉強し、サービスに努める、これは将来信用がおける人とみられれば、銀行は金を貸してくれる」

これが松永の経営哲学であり、戦後、不死鳥のように日本経済をよみがえらせる原動力となった「長寿逆転突破力」です。

  • 「バカになり切って、やるだけのものをやれ」

 もう1つがこれ。これは松永の「バカと利口の逆転の法則」でなかなか含蓄がある。「世の中、おかしなもので、同じ程度の利口の場合、利口そうな顔をしている方を利口と思い込み、バカな顔をしている方をバカと思い込む。これは大間違いだ。初め化けの皮ははげないが、そのうちはげると、利口そうなヤツは「案外バカな奴」と評価を下げる、逆に、バカな顔をしていた者は「案外こいつ利口だな」と評価が上がる。バカが利口に逆転する。秀吉は木下藤吉郎の時から、バカにされつつ、その実は、バカにする奴をバカにしながら、ついに天下を取った。これは、信長のゾウリ取りになってから、その持ち場、立場でバカになりきり働いた結果によるのだ」

官吏は人間の屑(くず)である

1936年(昭和11)、2・26事件が起こり、時代は軍部ファシズムに突入、国防力強化のために「電力国営論」が巻き起こった。電力連盟代表の松永は猛反対し、37年末の長崎での会合で商工省の進める産業合理化運動を批判し、「産業は民間の諸君の自主発奮と努力にまたねばならぬ。官庁に頼るなどもってのほかで、官吏は人間の屑である。」と極言した。激怒した若手官僚たちがピストルで射殺するという噂がとび、謝罪、陳謝に追い込まれ、批判の口が封じられた。自由主義者への弾圧もますます激しさを加えてきた。

ある時は東条英機陸相、及川古志郎海相らのいる前で、松永の盟友だった近衛文麿首相にも「戦争をするつもりで電力事業を国営にしようとしているが、国をあやまらせる」と面罵し軍部、警察から要注意人物としてマークされた。

1939年(昭和14)の国家総動員体制に基づく「電力国家管理法」で国が強制的に電力会社をトラスト(企業合同)する「日本発送電株式会社」(日発電)が設立された。松永が営々と築き上げた東邦電力やその関連事業のすべてが取り上げられてしまった。

軍閥、官僚との戦いに敗れた松永は関係する会社約百社のすべてを辞任、実業界から完全に引退した。松永65歳の時です。近衛首相から松永は大政翼賛会総裁、大蔵大臣に就任を要請されたが、公職を一切固辞して埼玉県柳瀬村(現所沢市)の山荘に引っ込んで、西伊豆の堂ケ島で一番安い家を買い茶室「一日庵」をつくり、「耳庵」と号して茶道三昧の隠遁生活に入った。耳庵とは『論語』の一節の「五十にして天命を知る。六十にして耳従う(六十で何を聞いても動じなくなった)からとった。国家の産業基盤の根幹の電力エネルギーの日米の圧倒的な格差を知っていた松永は「日米戦争になれば必ず日本が敗れる」を見抜いていたのです。

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オンライン講座/日本陸軍・失敗研究』★『大東亜戦争敗因を 陸軍軍人で最高の『良心の将軍』今村均(大将)が証言する②』★『陸海軍の対立、分裂」★「作戦可能の限度を超える」★ 「精神主義の偏重」★「慈悲心の欠如」★ 「日清日露戦争と日中戦争の違い」★「戦陣訓の反省」

 2016/05/25  日本リーダーパワー史(7 …

no image
日本リーダーパワー史(180)<国難突破力ナンバーワン・出光佐三を見習う②>『石油メジャーに逆転勝利』

 日本リーダーパワー史(180)   <国難突破力ナンバーワン・出光佐 …

no image
知的巨人の百歳学(161)/記事再録/百歳学入門(81)▼「長寿創造的経営者・大阪急グループ創業者の小林一三(84歳)の長寿経営健康十訓」

百歳学入門(81)▼「長寿創造的経営者・大阪急グループ創業者の小林一三(84歳) …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・千言集⑨『汗馬でなければ、千里の道はいかぬ』(中上川彦次郎)『徹底してやる』(本田宗一郎)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集⑨       前坂 俊之選 &n …

no image
日本メルトダウン脱出法(758)「アベノミクス「経済の秋」GDP600兆円は不可能な数字では無い!」●「中国の「中間層」が世界最大規模に、米に比べ成長2倍」●「コラム:英政府が「中国製」原発で払う高い代償」

日本メルトダウン脱出法(758) 「マイナス発信控えるべき」と提言 福田元首相が …

no image
『各国新聞からみた日中韓150年対立史⑦』●『朝鮮は中国の属国であり、一朝事あると中国が朝鮮を助ける』(『申報』)

 『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑦』   & …

no image
『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐/水野広徳③』-『その後半生は軍事評論家、ジャーナリストとして「日米戦わば、日本は必ず敗れる」と日米非戦論を主張、軍縮を、軍部大臣開放論を唱えるた』★『太平洋戦争中は執筆禁止、疎開、1945年10月に71歳で死亡』★『世にこびず人におもねらず、我は、わが正しと思ふ道を歩まん』

日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳③  &nb …

no image
日本メルトダウン脱出法(832)「日本は「構造改革」から逃げてはいけない」●「欧州諸国の関心は、日本より中国へ」●「起業家がデンマーク人の働き方に学ぶ4つのこと」●「コラム:マイナス金利でも円安進行は期待薄=山田修輔氏

 日本メルトダウン脱出法(832)   日本は「構造改革」から逃げては …

no image
日本リーダーパワー史 ⑪ 鳩山由紀夫首相誕生―鳩山家のルーツ・鳩山和夫のグローバルリテラシの研究①

鳩山由紀夫首相誕生―鳩山家ルーツ・鳩山和夫のグローバルリテラシー①   …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ウオッチ(220)『スマホ、タブレットが高すぎるappleから低廉高品質のHuaweiに切り替わるのはもう時間の問題です』

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(211) > htt …