前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン現代史講座/2・26事件の原因の1つは東北凶作による女性の身売りが激増』④『売られた娘たち ~東北凶作の中で!』★『東北の農村などでは人身売買の悪徳周旋屋が暗躍した」( 玉の井私娼解放運動に取組んだ南喜一の証言)

   

    

  「東北の凶作悲話ー娘の身売二百名」

  東北凶作は農民生活をどん底に叩き落とし、飯米の欠乏に脅かされ旧債の利子のために自作農から小作農へ転落するなど、その影響は深刻なものだが、もっとも非劇なのは娘の身売りで、これは即座にまとまった金が入るのと凶作時につけ込む斡旋屋の口車に乗って、親も娘も泣く泣く苦界に身を沈めるもので中には当座の飯米買入のために五十円の前借で酌婦にしたとか抵当の田地を取り上げられるのをおそれ百円足らずの金で娼妓に売るなど悲話が多くあった…。

 警察の調べによれば〇〇郡は芸妓、震、酌婦、女給、女中合わせて合計百九十七名に及んで居り、身代金はわずか五十円位から二百止まりという悲惨な状態である」その正確な数はつかめないが、昭和九(1934)年に東北6県から出稼ぎに出た女子は五万八〇〇〇名に及んだといわれる。」(朝日新聞昭和九年(1934)一〇月二一日)

こうして、明治以来の日本の近代化の過程の中で生み出されたさまざまな矛盾が、度重なる災害の中で、政治の僻地として取り残されたままのこの東北農山村に集約された形で露呈した

。東北農村の窮状は、政界財界への怨嗟へとつらなる一方で、軍隊の最大の温床であった農村出身の兵隊を媒体として青年将校の心情に訴え、彼らを五・一五事件(昭和七年)、二・二六事件(昭11年) などのテロへ駆りたてる要因の一つとなった。こうした農村出身者が血盟団事件、五・一五事件に農民決死隊として参加した。

 miuei_20201028_222140_1_resized_20201028_102335359 (2)

一方に政党、財閥への不信、一方には兵士と軍馬の供給源たる東北農村の危機で「この危機を軍部が見逃すことはなかった。林銑十郎(一八七六~一九四三)陸相は国防の強化の基盤作りとしての農村救済の必要を唱え、実行に移した。それは国民経済安定を旗印にした軍国化への出発にほかならなかった。(「証言・私の昭和史①昭和初期、売られた娘たち」文春文庫 1989年 203P)

東北凶作の惨状、飢餓、厳しさというものを身にしみて体験した農民以上に力のない女性や子供の上に最も顕著な形であらわれきたが、その1人の女性は次のように、小学校での体験を次のように語っている。」

 

 

 

 

 

本堂フミさんの話ー「私たちは小学校に長靴もなくて、わら靴をはいて一里(4キロ)上の道を高等科に通っていました。帰りにもまたその藁靴をはいて帰るので、夜になっていろりに乾しても、わら靴が凍ってしまっていて、いろりぐらいじゃ溶けませんでした。で、仕方がないから朝になるとまた凍ったままのわら靴をはいて学校へいったんです。すると一里近く歩いたころ、ようやく足のぬくもりでわら靴の氷が溶けたものでした。

お弁当なども稗(ひえ)ご飯とかソバモチを持ってきていました。それをみんなの前で広げるのが恥ずかしいので、学校の裏山の桑の木に登って食べる子もおりました。それから全くお米を入れないでひえたけのお弁当を持ってくる子もいました。

弁当を持ってこれない子どもには給食をしていましたが、かえって給食の子どもの方が良かったぐらいです。お米半分とひえ半分と申しましても、お米は見えなくて稗だけのようで、ボソボソしていて、熱いうちだからまだいいようなものの、とてもおつゆなしでは飲み下せないのです。

 おかずにしてもそのころの子どもはタクアンとか、梅干しとか、味噌漬けを持って参りました。お正月だけはお米のご飯を食べられました」「同上証言・私の昭和史①昭和初期、売られた娘たち」文春文庫 1989年 203P)

 売るべき作物もなく、払えぬ小作料は借金となって雪だるま等つに重なっていく。そうした農村山村の貧しい農民にとって残された現金収入の途の言が若者を出稼ぎに出すことしかない。中でも手取り早く、しかも割の良いのが娘の身売だった。

  こうして当時、芸者、娼妓、酌婦、女給、女中、子守、女工となって都会に働きに出た娘たちは、東北六県で数万人にのぼったといわれる。その中で、いわゆる悪徳周旋人の口車に乗せられた乙女たちのいきつく先が、各地都会の遊廓で、東京では吉原、玉ノ井などであった。

 

玉の井私娼解放運動に取り組んだ南喜一は「ガマの闘争」(三笠書房、1969年刊)などでこう語る。

「玉ノ井とか吉原の業者は、平常から東北の農村などに人身売買の周旋某を配置していました。

その土地の百姓に依頼してあるのですが、そういう連中は、百姓をしながら玉ノ井などの業者から小遣いをもらって娼妓の周旋をやっていたのです。近所の村の農家にもうすぐ学校を卒業する娘があることを聞くと、前もってその家に近づきになり、「どうだね。卒業してから百姓をするより、東京へ行って屋敷奉公をすると、行儀見習いも裁縫もいろんなことが習える。そのうえ月に五円でも一〇円でも送金することができる。そういう所へ娘さんをあずけたらどうだ」ともちかけるんです“

それを聞いた親たちは、少しでも現金収入の通があれば結構なことなので「そりゃいいことだ」というわけで、ある年、ある村から「七名の娘が村を出たんです。尋常高等小学校を出だといえば、156歳の女の子たちですね。

こうして、いっぺんに17名の娘たちが東京麹町の三番町のある屋敷に連れてこられた。この屋敷は、玉ノ井の淫売屋をやっている金持ちの屋敷だった。親たちへの手紙のやりとりはこの麹町の屋敷からするので親たちも安心しているが、娘たちは玉ノ井で働かされているわけです。田舎の親たちは、まさか娘が淫売屋で働いているとは夢にも思っていない。」

IMG_20201023_163359_resized_20201028_030733848 (1)

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
速報(97)『” グーグルの素早い行動が、日本で友人を勝ち取る事に成功している <ニューヨーク・タイムズ(7/10)』

   速報(97)『日本のメルトダウン』   『& …

no image
速報(267)★『「甲状腺がん」予防の検査態勢を急げ(池田龍夫』●『大阪府・市、全原発廃止提案へ』

速報(267)『日本のメルトダウン』   ★『「甲状腺がん」予防の検査 …

『日本死刑白書』(1982年版)内容ー「忘れられている死刑囚」★「死刑執行まで」★「誰が死刑囚になるのか」★『誤って殺される人たち』★『閉ざされる道」★「死刑廃止は是か、非か」★『人の生命は全地球よりも重し」★『世界の死刑白書』

『日本死刑白書』 前坂 俊之 19820430 三一書房,239p. &nbsp …

no image
知的巨人の百歳学(153)記事再録★『昭和経済大国』を築いた男・松下幸之助(94歳)の名言30選」/★『松下の生涯は波乱万丈/『経済大国サクセスストーリー』● 『企業は社会の公器である』 ● 『こけたら立たなあかん』● 『ダム経営は経営の基本である』● 『経営は総合芸術である』●『無税国家」は実現できる』●『長生きの秘けつは心配すること』

  2016/12/23 記事再録/『明治から150年― 日 …

no image
日本風狂人伝(26) 日本一の<ジョークの達人>内田百閒 のユーモア②

日本風狂人伝(26) 日本一のジョークの達人内田百閒 のユーモア②        …

世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記(2015 /10/10-18>「ペルー・リマかクスコへ向かう」スゴイ、感動、感激!水野国男(カメラマン)①

2015/10/28  <世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(104)/★『記事再録/<まとめ>日本最強の外交官・金子堅太郎ーハーバード大同窓生ルーズベルト米大統領を説得して、 いかに日露戦争を有利に進めたか、その驚異のディベート・テクニック』★『『ルーズベルト大統領は「旅順陥落」に大喜びー黙っていると”Silence is Consent”。 どしどし反論せよ』⑤』

     2015/01/22の連載記事 …

no image
片野勧の衝撃レポート(31)太平洋戦争とフクシマ④悲劇はなぜ繰り返されるのか「ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ」➍

  片野勧の衝撃レポート(31)   太平洋戦争と …

no image
日本リーダーパワー史(703)★100全リーダー必見、全国民必見の感動ビデオ★『佐藤 康雄東京都緊急消防援助隊総隊長: 3・11いかに原子炉災害の冷却作戦に臨んだか』(動画26分)

日本リーダーパワー史(703) 全リーダー必見、全国民必見の感動ビデオ &nbs …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑱』『米NYタイムズ、162年目の大改革』 ◎『スマホは人間をばかにする?』 

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑱』   &nb …