前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

長寿学入門(221)『96歳、平和でなければ走れない。人々に感謝し、走り歩くことが万病の薬となる』★『走る高齢者たちーオールドランナーズヒストリー』(福田玲三著、梨の木舎2020年6月刊)を読んで』★『『佐藤一斎(86歳)『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』★『作家・宇野千代(98歳)『生きて行く私』長寿10訓ー何歳になってもヨーイドン。ヨーイドン教の教祖なのよ』

      2020/08/03

『人々に感謝し、歩くことは万病の薬となる』

『走る高齢者たちーオールドランナーズヒストリー』(福田玲三著、梨の木舎2020年6月刊)。帯には「96歳、平和でなければ走れない」。このタイトルが気に入って一挙に読んで感銘した。「歩き」「走る」やる気にスイッチが入った。

2018年10月28日、94歳の福田さんは「スイス・ローザンヌマラソン大会」(参加者13、500人、国外から2、200人、日本16人)の「10キロノルディックウオーキング」部門に出場した。標高500m、気温5C、霧とみぞれの降りまじる最悪のコンディションの中を防寒着をきて毛糸の帽子、手袋にウオーキングポールを持ち、付き添いの長女とともに午前8時半にスタートした。コースはレマン湖沿いに、国際オリンピック本部や同博物館前、チャップリン博物館前を通る10キロだ。

寒さに震え帽子から流れおちる水滴に耐えて、息切れしながら汗をかきかき走っていると、折り返しの集団、観客からは「ブラボー」の声がひっきりなしにかかる。2時間42分11秒かって見事に完走した。94歳の最高齢者と思われる福田さんの世界チャレンジ達成の瞬間である。もし、これが「シニアオリンピック」だとすれば金メダルだったかもしれない。

1923年(大正12年)11月生まれ、岡山県津山市出身の福田さんは幼い時からひ弱だった。小学校の徒競走では、いつもビリから2番目、1944年(昭和19年)の学徒出陣で、大阪外国語学校フランス科(現大阪大学外国語学部)で徴兵検査を受けたときも、第2乙種「筋骨薄弱」だった。

マラソンを走りたいとおもったのは国鉄(現JR東日本)を定年する2年前の56歳の時、東京国際マラソンを見て「自分でのやれるのではないか」とその気になった。それから、ヒマを見つけて多摩川の岸辺を走った。

 第二次世界大戦(1945年)終戦まではマラソンをする人など皆無だった。そのマラソンに虚弱な自分が挑戦するのは、夢のまた夢、天上の花と思っていたが、いざ走ってみると、るとだんだん走れるようになった。距離が延び5キロ、10キロと完走できたことが無上の喜びとなり、虚弱な自分がやっと一人前になったと自信と元気がわいてきた。次には国内レースに出場する目標が生きがいとなり、トレーニングを毎日、積み重ねてきた。毎年、高齢者ランナーとして国内大会に出場してきた。

佐倉朝日健康マラソン(5時間制限、1982年→92年)、東京・荒川市民マラソン(7時間制限、99年―2008年)、大阪淀川市民マラソン(8時間制限、2009-11年)、伊豆大島(10時間制限、2013-15年)、そして、ホノノルル国際マラソン(2016年12月11日、無制限、記録は11時間2分7秒)とと30年にわたって挑戦を続けた。

同時に、詩人の福田さんは共に戦争の時代を生き抜いた全国各地の最高齢ランナーたちを訪ね歩き、その生き方、マラソンの食事、健康法などを記録して後世に伝えたいとして最後の章で「最高齢ランナーを訪ねて」でまとめている。この走る高齢者たちのほとんどが60歳前後からマラソンを始めており、その「楽しみ」「生きがい」によって90歳以上の晩年健康長寿のマラソン人生を達成していることにも心打たれた。

・中野陽子さん(84歳←マラソン開始71歳)~さわやか市民ランナー

・阿南重継さん(95歳←46歳)~2つのギネス認定証保持

・鈴木金作さん(94歳←61歳)~地域に根差したマラソン人生

・吉田隆一さん(91歳←57歳)′走れる幸せに感謝

・出島義男さん(98歳←61歳)~マラソン人生いろは大変面白い

・永田光司さん(99歳←60歳)~700回を超える大会出場歴

・塩田富治さん(93歳←64歳)~ホノルルマラソン炎のランナー

―以上の「マラソン人生訓には老いの知恵、生活訓、健康訓、養生訓がぎっしり詰まっている。

福田さんは出版の趣旨を「人生100年時代といわれる今、お金をかけないで健康を願っている人たちへのヒントになればと思い書いた。<人々に感謝し、歩くことこそが万病の薬となる>、私は今日も歩き、その途中で筋トレに励んでいる」と結んでいる。

60歳からスタートした遅咲きのマラソンランナーたちの30年以上にわたるこの挑戦物語には「毎日毎日、継続は力なり」「たゆまざる あゆみ恐ろし カタツムリ」(彫刻家・北村西望、101歳の言葉)をやる気と克己、努力と継続を積み重ねた人間がどれだけ高みに達するかを示している。

わが身を振り返り、人生の後半戦の7,80歳の最終コーナーをどう生きるか、ふらふら歩き「迷いに迷い」自問自答していた筆者にとって、この先輩たちの走る姿には比叡山千日回峰行「阿闍梨誕生」の修業がダブって見えてきて、深い啓示をうけた。

 さて、最後に現在、96歳となった福田さんの近況はー、昨年胃がんの手術をしたが、いまは回復して普段の生活に戻り、毎朝6時起床、その後フランス語原書購読1時間半。フローベルの『ボヴァリー夫人』を再読している、というから驚く。

儒学者・佐藤一斎(86歳)の言葉に「壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず」(『言志晩録』)とあるが、後続者にとって福田さんたち姿ははまさしく後光がさす「光輝高齢者/
超人ランナ-」と見えた。

 

『リーダーシップの日本近現代史』(270)★『佐藤一斎(86歳)いわく『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/38441.html

百歳学入門(55)作家・宇野千代(98歳)『生きて行く私』長寿10訓ー何歳になってもヨーイドン。ヨーイドン教の教祖なのよ

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/2064.html

 

 

IMG2222

 - 人物研究, 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(279)『日本沈没は不可避か』-鈴木大拙の一喝②感情的な行動(センチメンタリズム)を排せよ

  日本リーダーパワー史(279)   『日本沈没・崩壊は不 …

no image
日本リーダーパワー史(972)ー初代ベンチャー企業の「真珠王」御木本幸吉(97歳)★『「資源もない」「金もない」「情報もない」「技術もない」「学歴もない」「ないないづくし」の田舎で、独創力で真珠養殖に成功した不屈の発明魂』★『エジソンも「わたしもできなかった」と絶賛』★『『スタートアップ企業は御木本幸吉の戦略から学べ』

日本リーダーパワー史(972) 世界史を変えた『ミキモト真珠』ー『スタートアップ …

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル(10/13)』●『鎌倉を世界的な「サーフィン・パラダイス」にして外国人観光客を増やす方法』-

    『鎌倉サーフィンチャンネル(10/13)』 &nbs …

ダウンロード
『オンライン講座/財界巨人たちの長寿・晩晴学①』★『渋沢栄一、岩崎久弥、大倉喜八郎、馬越恭平、松永安左衛門―『<〝晩成〟はやすく〝晩晴″は難し>』★『晩晴は人生そのものを第一義とし、真に老いに透徹した達人でなければ達し得ぬ人生最高の境地こそ〝晩晴〟である』

  2012/12/29  百歳学入門( …

no image
日本リーダーパワー史(587)「 中国の沙漠をよみがえらせた奇跡の男・遠山正瑛」不毛の砂漠は約300万本のポプラの植栽並木と緑の農地によみがえった。

日本リーダーパワー史(587)  世界が尊敬した日本人(51)  中国の沙漠をよ …

hqdefault
★7『警世の名講演』 国際ジャーナリスト・前田康博氏の目からウロコの講義(動画60分)ー「朝鮮半島クライシス5つの要素」★(1)金正恩の核ミサイルに特化した新戦略 (2)文在寅の南北和解策の成否 (3)習近平の対米・朝鮮半島政策 (4)トランプ暴走から迷走へ一米国の分裂 (5)安倍政権、朝鮮半島分断の固定狙う」で日本の危機を学ぶ

国際ジャーナリスト・前田康博氏の目からウロコの名講義ー 『金正恩の核ミサイルに特 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『トランプ大統領は認知症なのかどうか』★『レーガン元大統領はアルツハイマー病を告白した』★『認知症ではないが、アルコール中毒の病歴があったブッシュ大統領(第43代)』

  CNNは1月15日、「トランプ米大統領は認知症ではないのか」と米、 …

mq2
『オンライン/GoTo トラベルで岡山に行こう』★『日本一の名園「岡山後楽園」日本庭園の傑作を見るにはここにに行けばよい』★『日本庭園・清流旭川・名城岡山城が三位一体の面的美観エリアを形成している』

  日本の絶景公園・岡山後楽園のすべてー紅葉が美しい日本庭園の最高傑作 …

no image
『日中韓150年戦争史年表』-『超大国・英国、ロシアの侵攻で「日中韓」の運命は? ―リスク管理の差が「日本の興隆」と「中・韓の亡国」を招いた』

日中韓150年戦争史年表 超大国・英国、ロシアの侵攻で「日中韓」の運命は? ―リ …

ダウンロード (1)
『リーダーシップの日本近現代史』(237)/『日本人に一番欠けているものは自由と正義への希求心』ー冤罪と誤判の追及に生涯をかけた正義の弁護士・正木ひろし氏を訪ねて』★『世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝12回連載一挙公開」』

    2017/08/10 &nbsp …