前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(184)再録ー『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル・植物学者・牧野富太郎(94)植物学者・牧野富太郎 (94)『草を褥(しとね)に木の根を枕 花を恋して五十年』「わしは植物の精だよ」

   

 

   

94歳 植物学者・牧野富太郎 (1862年5月22日~1957年1月18日)

「日本の植物学の父」といわれた牧野が植物研究半世紀年を回顧して詠んだ歌である。「私は植物の愛人としてこの世に生まれてきた。草木の精かも知れんと自分を疑います。」(『牧野富太郎自叙伝』=長嶋書房)。

高知県佐川町の造り酒屋の跡取り息子。子どものころから大の植物が好きで小学校を中退、植物学にのめり込み、20歳から東京帝大理学部植物学教室に出入りして31歳で帝国理科大助手となるが、学歴がないために長く不遇に苦しんだ。

77歳で東大講師を退任するまで北海道から南は遠く台湾、さらに満州(中国東北部)まで足をのばして植物採集。三十歳のころ「ヤマトグサ」を世界に発表して以来、日本産の植物は約六千種だが、このうち千五百種を発見、記載するなど生涯、発見した新種は六〇〇種にのぼり、採集した標本は約五〇万という超人的、世界的な研究成果を上げた。

この間、生活は「火の車」となり学者貧乏の極地。助手時代は十五円の安月給で、牧野宅は子供が多く大世帯の上、標本箱で少なくとも八畳二間が必要なので、小さな家に住むわけには行かない。二、三年で借金が二千円を突破。

借金取りにおわれて家財道具が競売され、食卓すらなくなったことも。家賃が払えず、何度も家主から追いたてを食った。毎年、大みそかになると、本郷かいわいを引っ越す生活が長く続いて、計十八回も引っ越した。

借金取りを避けるため家の門に赤旗が出し、妻が借金とりが来ているという赤信号にして知らせて、赤旗をみると、牧野は家に入らず、まわりをブラブラして、帰るのを待ったという笑えないエピソードがある。

こうした貧乏ぐらしの中で、大学では万年、助手生活という不遇と戦いながら、前人未到の業績を上げたのである。

  • 「わが姿 たとえ翁と見ゆるとも 心はいつも花の真盛り」

植物学者や本草学者には長寿者が多い。日本最初の理学博士で近代植物学の父と呼ばれた伊藤圭介(1803-1901)も98歳で、芸術家、学者らで好きなことを続けていると生涯現役の百寿者となるケースは、この本の中でも何人も紹介されている。中でも植物学者は、山野をフィールドワークして植物を採集するので、晩年まで元気になる。牧野は子供のころは病弱だったが、晩年まで健康だったのは「草木に恋して」山野を歩き、足腰が鍛えられたおかげだと述懐している。

そして、健康については86歳の時に生涯をふりかえり、次のように書いている。

学問のためにいつまでも自分の体力を支え行かねばならんと痛感し、特に心を平静に保つ事を大切にしている。私は老人、翁などと呼ばれるのが大嫌いで、

「わが姿 たとえ翁と見ゆるとも 心はいつも花の真盛り」の心境です。

食事は少食で何んでも食べる、胃腸が丈夫なのでよく食物を消化する。

昔は余り魚類を好きではなかったが、この頃はよく食べます。牛肉はスキだが、ニワトリはそうでもない。

コーヒーと紅茶は好き、抹茶はあまり飲まない。酒もタバコも嫌いで全く飲まない。

これが、どれほど健康に良かったか、この歳になっても少しも手がふるえず、字を書いても若々しく、また眼も良い方で老眼鏡は不用で、書いたり、精細な模写するとき場合も肉眼で描きます。

歯は虫歯なし、ただ、耳が大分遠くなって不自由です。頭痛、のぼせ、肩の凝り、体のだるさ、足腰の痛み

などは絶えてなく、指圧などは全く不用です。このように健康なので、別に養生法もしていないし、処世訓もない。

『いつまでも生きて仕事にいそしまん、また生まれ来ぬこの世なり

せば 何よりも貴とき宝もつ身には、富も誉れも願わざりけり』

 

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(761)「高齢者さえ増えなくなる人口減少の新局面でー日本は成長できるか?」●「軽減税率で貧富の格差は拡大するー公明党のポピュリズムは大混乱を招くだけ」●「こうして弾き出される!実体にそぐわない中国のGDP~中国の経済統計』

 日本メルトダウン脱出法(761)   高齢者さえ増えなくなる人口減少 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑫『いとしく,やさしい朝鮮』(「仏ル・タン」)

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報 …

無題11
★10『人気記事リクエスト再録』-20世紀に世界で最高にもてた日本人とは誰でしょうかー 答えは「ハリウッドを制したイケメンNo.1, 『ハリウッドの王者』うたわれた早川雪洲」★『映画の都「ハリウッド」を制したイケメン・ナンバー ワンは–「セッシュウ・ハヤカワ」とは何者かー チャップリンを超えた男』●『「働き中毒」「アメリカになじまず」「出稼ぎ労働者の日本人移民」は 「排日移民法、排日土地法」の成立でアメリカから追放され、セッシュウもパリに移った』

  20世紀に世界で最高にもてた日本人とは誰でしょうかー 答えは「ハリウッドを制 …

ダウンロード
『リーダーシップの日本近現代史』(289)★『お笑い・ジョークこそ長寿の秘訣『 日本一のガンコ、カミナリオヤジ・内田百閒ユーモア!?は超おもろいで』(生家の動画付き)★『 「美食は外道なりじゃ」』★『酒の味は空腹時が一番うまいのじゃ、美食の秘訣は空腹よ。』

    2011/06/28 &nbsp …

no image
日本メルダウン脱出法(645)アジア開銀(AIIB)参加問題で日本は1人「アジア巨大市場行きのバス」 に乗り遅れるのか、「君子は豹変せよ」

                   日本メルダウン脱出法の失敗か!( …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(250)/『2020年元旦/保釈中の日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の前代未聞のレバノンへの国外脱出劇 』★『現代版モンテクリスト伯の<ガラパゴスジャパン>への復讐計画が始まるのか①』

           前坂 俊之(ジャーナリスト) 2020年の元旦の …

no image
速報(244)★『フェースブックがあなたの人生をぶち壊す』●『日本エレクトロニクス総崩れの真因』など7本

 速報(244)『日本のメルトダウン』  ★『フェースブック …

no image
日本リーダーパワー史(242)『150年かわらぬ日本の弱力内閣制度の矛盾』(日本議会政治の父・尾崎咢堂のリーダーシップ)

日本リーダーパワー史(242)   <日本議会政治の父・尾崎咢堂 …

no image
記事再録/『中国/内モンゴルのゴビ沙漠の不毛の砂漠を300万本のポプラの木を植えてと緑の農地によみがえらせた奇跡の男・遠山正瑛(97歳)★『中国で、生前銅像が建てられたのは毛沢東と遠山の2人だけで、その台座には「90歳の高齢ながらたゆまず努力し、志を変えなかった」』

    2009/05/06 &nbsp …

no image
裁判員研修ノート⑥ 八海事件の真相は=真犯人は出所後に、自分のウソの証言を告白し、誤判を証明した(下)

  裁判員研修ノート⑥ 八海事件の真相は=真犯人は出所後に誤判を証明し …