前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

   

 

日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者
明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々

 

書評『記者ありきー六鼓菊竹淳の生涯』木村栄文著 
朝日新聞刊、1997年)

前坂俊之(静岡県立大学国際関係学部教授)

「ペンは剣より強し」と言われるが、日本のジヤーナリズムの歴史と照らし合わせてみると、全くこの逆である。

「ペンは剣より弱し」がほぼ常態であり、ジャーナリズムが敗退を続けた歴史の中で、ごくわずかペンが輝いた時があった、といったほうが適切であろう。特に、昭和戦前期のジャーナリズムは「剣はペンより強し」の下で、全滅した惨憺たる歴史であった。

 

そんな中でへ例外的に光を放っているのが菊竹六鼓(本名・淳)の5・15事件件での論説である。

昭和七年に犬養毅首相が海軍軍人に暗殺された、いわゆる5・15事件。この事件をきっかけに昭和戦前の議会政治は終止符を打たれ、急速に軍部ファシズムが確立されていくが、大部分の新聞が軍部におそれをなして沈黙し、テロを黙認した中で、ただ一紙「福岡日日新聞」(現・西日本新聞)の編集局長・菊竹は社説で徹底して批判しジャーナリズム史上に名をを残している。

三十年来、この稀有のジャーナリストに魅せられ続けている著者はこれまでに菊竹をテーマにしたテレビ作品で「記者ありき」(七七年)のほか、「編著六鼓菊竹淳・論説・手記・評伝』(葦書房)という大作をものにしているが、本書はこれらをベースにした詳細きわめた伝記である。

菊竹は5・15事件での論説のみが吃立して伝えられているが、明治末期から一義して女権擁護論や公娼廃止論、試験制度全廃論など今から見ても非常に進歩的であり、先駆的な一言論を展開している。菊竹はリベラリストであり、ヒューマニストであった。

「女子共同の敵」(明治四十五年二月十九日付)など女性の権利の拡墾擁護を論説で訴え続けて、普通選挙を唱える論者も婦人参政櫓になると反対したり、消極的になっている姿勢を批判して、性的差別の解消、男女同権論を大胆に主張している。

公娼廃止、娼妓の眉由廃業は山室軍平の日本救世軍が取り組んだが、菊竹はこの運動に参加して熱心に支援し、論説でも勇気あるヰヤンペーンを行い、自宅には連日、脅迫状が舞い込んだが、より激しく攻撃した。

博多は大陸浪人や遊廓業者が幅を効かせている所だが、菊竹は「日本の恥部をない」と主張して、一歩も退かず相手の心眼を寒からしめた。

「全教育過程から試験を全廃せよ」という試験制度全廃論も菊竹の持論で明治から昭和まで彼の論説で息ながく主張されており、どれをとっても先駆的、進歩的である。

戦時のジャーナリストによる言論抵抗については菊竹は桐生悠々と並び称されている。

信濃毎日新聞主筆として「関東防空演習を嗤う」を書いて、軍部の不覚運動にあって余儀なく退社に追い込まれ、個人雑誌「他山の石」を出して、鋭い時局批判を続けた桐生と、一貫して福岡日々の記者ともて社説書いてきた菊竹とは違う。

5・15事件では鋭い時局批判をみせた菊竹も「満州の権益は守れ」と声高に叫ぶナショナリストでlぁり、二・二六事件ではその厳しい時局批判のペンは全くみられなかった。

それに比べると、乃木大将の殉死に際して、その旧弊を徹底して批判し2・26事件ではさらに鋭い切れ味をみせた桐生は姿勢が一貫しており、リベラリスとして一段と高く評価される面もあるが、本書は菊竹のそうした言論活動の全貌にきっちりと光を当てている。

菊竹は公私に厳格、潔癖な性格であり、地元の有力者との招待宴会は一切こせわり、私的な交際を好まなかった。主義主張のためには親友とも絶交し、弾圧や翠刀にも屈しなかった。

その一方でジャーナリストというよりも詩人的な菊竹は生涯、恋愛問題悩み傷心を抱いて自殺を思う。明治の木鐸記者の人間性をまるごと描いた秀逸な評伝である。

(図書新聞1997年8月16日付掲載)

 

 - IT・マスコミ論, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊶『日本の軍備を論ず』(中国と日本の演習の違い)1893(明治26)年4月

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(66)A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑯ 日本の教育が日本を亡国させた。

                                        …

no image
日本のメルトダウン(526)「エネルギー革命と地政学:アメリカ石油国(英エコノミスト誌) 「アベノリンピック」で景気拡大(竹中平蔵)

  日本のメルトダウン(526)   ◎「エネルギ …

no image
日本リーダーパワー史(528)安倍首相は国難突破(ナローパス)に成功するか、 失敗するか瀬戸際にある。

    日本リーダーパワー史(528) &nbsp …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(127)『画家は長生き』・奥村土牛(101歳) 「牛のあゆみ」で我が長い長い道を行く』★『 60歳から代表作を次々に出した』

  2010/11/03  百歳学入門( …

no image
 世界も日本もメルトダウン(964)『東大よりプリンストン 渋幕・渋渋、国際人の育て方 渋谷教育学園理事長 田村哲夫氏』●『やばいぞ内申書優等生、仕事がなくなるかもー またもやらかした文科省、改善のはずが改悪に』●『ドゥテルテ大統領の超法規的殺人に隠された真実』●『トランプは負けた。アメリカ民主主義も負けた。』●『  石原慎太郎、伸晃、宏高親子は「永田町で終わった人」』●『ボブ・ディラン氏、ノーベル賞の熱狂と距離』

   世界も日本もメルトダウン(964) 東大よりプリンストン 渋幕・渋渋、国際 …

ダウンロード
長寿学入門(219)ー日本ジャーナリスト懇話会(2018/3/23)で『60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』を講演『私の調査による百歳長寿者の実像とは・・』★『「生死一如」-生き急ぎ、死に急ぎ、PPK(ピンピンコロリ)をめざす。』

日本ジャーナリスト懇話会  2018年3月23日 『60,70歳から先人に学ぶ百 …

no image
歴史は繰り返すのか!『現在の世界情勢は1937年8月の「アメリカ/ヨーロツパの情勢は複雑怪奇なり」とそっくり』★『この1週間後にドイツ・ソ連のポーランド侵攻により第2次世界大戦が勃発した★『日本は<バスに乗り遅れるな>とばかり日独伊三国同盟を結び、1941年12月、太平洋戦争に突入する』★『インテリジェンㇲの無知で亡んだ日本』

  「米欧情勢は複雑怪奇なり」   1939年(昭和14)8 …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑦』ー『最悪のシナリオから考えるー汚染水の処理策はどこに』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑦』   『最悪のシナリオから考えるー汚染 …

no image
日本メルトダウン(944)『コラム:黒田緩和検証、20の疑問(上下)=河野龍太郎氏』●『“角栄ブーム”政界でも?』●『日経新聞の連載「日本国債」は、この夏最大のホラーである~シン・ゴジラはリアルで怖いが、こちらは誤解だらけで怖い』●『コラム:問題はらむ世代間格差拡大、早めの政策対応を』

 日本メルトダウン(944) コラム:黒田緩和検証、20の疑問(上)=河野龍太郎 …