前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

歴史張本人の 「目からウロコの<日中歴史認識>講義」①袁世凱顧問の坂西利八郎の日中親善・対立戦争の歴史を語る①

      2015/01/01

  

 

 

 

日中両国民の必読の歴史張本人が語る

「目からウロコの<日中歴史認識>講義」①

  


袁世凱の政治・軍事顧問となった坂西利八郎

(在中国25年)が「日中親善・衝突・対立

・戦争の歴史ネジレ」について語る①

 

<義和団の乱以降『日支親善』は頂点に達した>

 

 

 

以下は坂西利八郎

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E8%A5%BF%E5%88%A9%E5%85%AB%E9%83%8E

 

1927年(昭和二)二月十八日に「大阪毎日新聞社講堂」で行った講演の全文である。

<「日中友好の捨石、秘録 土肥原賢二」芙蓉書房 昭和47年」に収録>

 

ここでは坂西が日中間の日清戦争からの対立、戦争、親善、対立、戦争を繰り返した歴史を20年間以上、現場にいて苦労した人間として、その対立の原因、国家体制の違い、日本人と中国人との民族性の違い、認識、行動のギャップについて、率直に語っている。現在の日中対立のルーツを知るうえで、また「中国の行動パターン」はこれを見ると、少しも変っていないので、今後、いかに付き合っていくべきか、これまでの失敗の教訓を知るためにも大いに参考になる講演録である。

 

 

日本に帰りまして私は、只今御紹介をいただきました如く、支那(中国)に勤務いたしますこと二十有余年になりますが、ただ長いばかりで格別、耳新しいことを申上げるだけの材料は持ちませんが、ただその間に、体験いたしましたことがもし御参考になりなれば、まことに仕合せと思いきて臆面もなくここに罷り出た次第でございます。

 

その上、私は不言実行ということを自らモットーといたしておりましたので、お話することが極く下手でございます。或はお判にならんことがあるかも知れんと思いますが、その点は御容赦を願います。殊に内地へは度々帰りはいたしましたけれども、自然日本のことがうとくなりました結果、或は案外お聞き下さる方が、すでに十分御承知のことを申上げて蛇足に類ることがあるかも知れません。

 

内地のことを知らないということは、甚だお恥しいわけでございますけれども、実は今日も或方とお話したのでございますが、東京へ帰りまして居酒屋というて非常に笑われました。近頃の人は、居酒屋なんということをいったってわかりはしないというから、それでは何というかと申すと、それはバーだという(笑声)

 

そういう時代遅れの人間でございます。また、この間、呉(広島県)にまいりまして、もう失策をいたしました。手紙を書く紙を買おうと、ある小さな店へまいりまして、手紙を書く紙をくれと申しましたが巻紙ですかという。巻紙でなくペンで縦に書く紙をくれといったが、なかなか店のものがわかりません。

 

そうこうしておると、奥から娘の子が出て来まして、それはお前さんレターぺーパーとだよといわれまして、初めて気がつき、それだというて買い得た(笑声)というような人間でございますから、或は皆さまの十分御承知のことをくどくど申上げるかも知れません。

 

 

 で何のために二十有余年も支那(中国)におったかということを、まず簡単に申上げたいと存じます。それを申上げますと、最近の支那の歴史がわかりますので、支那の前清時代-清朝時代から今日に至るまでの変遷を極く簡単に申上げて諸君の御参考に供したいと思います。

 

 

変法自

 

二十有余年と申しますと、実は最初まいりましたのは明治三十五年(1902)清朝の末の義和団事変

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C%E5%9B%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1

 

 

の後でございました。この二十五年の歴史を五分か十分で申上げるのでございますから、極力、かいつまんだことでありますが、ここに1つのコツがあります。そのコツは何かと申しますと、それはわれわれがよく

耳にもし、また口にもいうて、この頃ではいいあきてしまった言葉でございます。

 

それはすなわち「日支親善」(日中友好親善)

 

支那のことを論ずると、「日支親善」ということを申しますが、この「日支親善」の歴史浮き沈みの歴史とも申しますか。これに1つの歴史がございます。

 

それは御承知の如く、日清戦争すなわち明治二十七、八年(1895)の戦役というものは、支那と戦さをしたのでございますから、日支親善の全く出来なかかった時代であります。この時に支那は初めて日本からぶち破られて目がさめたのであります。

 

その時の支那の記録を見ますと、最初は日本は一弾丸黒子の島国である。日本何をなすものぞという考えをもって、日本と戦さをしたのであります。殊に李鴻章の如き人は、そういう考えを以てやったらしく、その様に記録に残っております。しかるに支那は負けた。

 

李は馬関(山口県)まで来て平和条約を結ばねはならんという破目になったのでございます。その李鴻章は、日本に負けたのが残念さに、ロシア、ドイツ、フランスの三国を引入れて三国干渉をやり、その結果、遼東半島の還付という問題が起したのであります。

 

日本は戦(いく)さに勝った。支那は負けた。そこで日が覚めてその当事支那で総督をしておりました

袁世凱

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%81%E4%B8%96%E5%87%B1

 

 

張子洞、

http://www46.atpages.jp/mzprometheus/%E4%B8%AD%E5%9B
%BD%E6%80%9D%E6%83%B3%E5%8F%B2/7904

 

 

劉坤一

https://www.google.co.jp/#q=%E5%8A%89%E5%9D%A4%E4%B8%80

 

 

などいう人が、これではならん、」どうしてもこの支那二百年来の古い制度を改めて、支那の改革をしなければならんということに気づいたのであります。

 

その時かの有名なる彼等の連名上奏なるものがありまして、その連名上奏ということに基いて「変法自法」というものを行うすべてのものの改革をやることを建議しました。

 

それは何故「変法自法」ということをやらねはならんかというと、支那は御承知の如く、康(こうき)皇帝、乾隆皇帝という非常に英明な君主が長い間、各六、七十年の間位におりましてすべての制度を決定したのであります。

 

それでありますから、前清時代のすべての制度というものはまるで重箱に入れた如くちゃんと極っておりまして、上は一総督、巡撫、下は一兵卒の月給から仕事にいたるまで、すべて『大清会典』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B8%85%E4%BC%9A%E5%85%B8

 

 

 

という書物の上に規定されたものであります。

 

そういういい制度を改めて支那を強くしなければならんと唱えたのであります。しかるにそれを唱えて、すべて改革をやらんとしている際に、かの義和団の事変が起ったのであります。

 

日本は、二十七、八年すなわち日清の役には支那の軍を打ち破り、敵味方となりましたが、明治三十三年(1900)の義和団の時には、非常に公明正大な態度をとりましたので、正義の軍はすなわちこれだぞということを北支那の支那人に示したのであります。

 

そこで支那人(中国人)は考えまして、自国の改革を計るには日本にならうのが一番いい方法であるということをその時気づいたのであります。何しろ文字が同じである。同じ外国語を学ぶにしても日本語は支那人の頭脳に入り易い。

 

またその他の文物制度を自分の国へ移すにも字が同じであるからやさしいということから、すべての範を日本にとることに極めたのであります。ちょうどその時-明治三十五年-に、私は支那へまいりまして、そうして三十七年に衰世凱がー北洋通商大臣直隷総督、すなわち北京の中央政府の所在地の殆んど対外政策、対外事務、外交事務を背負って立ってやっているところの衰世凱の幕中に入ったのであります。すなわちこの時が『日支親善』の一番頂点に達した時でございます。

 

                                                            つづく

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史③』150回連載の31回~40回まで』●『『アジア・太平洋戦争全面敗北に至る終戦時の決定力、決断力ゼロは「最高戦争指導会議」「大本営」の機能不全、無責任体制にあるー現在も「この統治システム不全は引き続いている』★『『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰(「百敗院泡沫頑蘇居士」)が語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史③ 』1 …

no image
速報(364)老害が国を亡ぼすのは、日本も中国も独裁国もいずこも同じ『長老政治』『老害リーダー』『2重権力』を排せ

速報(364)『日本のメルトダウン』   <総選挙12月16日投票と決 …

no image
知的巨人たちの百歳学(112)-『早稲田大学創立者/大隈重信(83歳)の人生訓・健康法ー『わが輩は125歳まで生きるんであ~る。人間は、死ぬるまで活動しなければならないんであ~る』

  『早稲田大学創立者・大隈重信の人生訓・健康法― ➀語学の天才になる …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1041)> 『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した』③『注目された米中会談(4/6,7)の内容とその結果は?・』★『朝鮮半島クライシス!』『トランプの北朝鮮威嚇で中国が高笑いの理由―ー北朝鮮をどんな形でもコントロールできる中国』●『朝鮮半島有事で日本に大量に「難民」が流入するの?』★『北朝鮮が中国を名指し批判――中国の反応は?』

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1041) …

no image
速報(465)●『世界から尊敬されるドイツ、警戒される日本』●『規制緩和を骨抜きにする霞ヶ関の常套手段

   速報(465)『日本のメルトダウン』   ● …

no image
日本史の復習問題/『日本で最高のリーダ―シップを発揮した英雄は・・西郷隆盛です』―『山県有朋から廃藩置県の相談を受けた西郷隆盛は「結構」と一言の基に了承、断固実行した➀』

    記事再録2012/03/23 /日本リーダーパワー史 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(29)-記事再録/関東大震災での山本権兵衛首相、渋沢栄一の決断と行動力 <大震災、福島原発危機を乗り越える先人のリーダーシップに学ぶ>

    2011/04/06 / 日本リ …

no image
日本メルトダウン(1001)<チャイナリスク高まる>ー『宮古沖で日本を挑発する中国の狙いは「日中開戦」なのか?』★『トランプ「一つの中国政策、堅持する必要ない」』●『日本、中国に厳重抗議 「空自機が妨害」との中国国防省発表に』●『インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑』●『カメラの前で泣けと――中国の人権派弁護士ら拘束から1年 安否気遣う家族』●『中国・李克強氏の「内通者非難」発言がネット流出した背景』●『「文明」外交術でエジプトに接近する中国 “対等な立場”で近づきアラブ世界への影響力を拡大』

   日本メルトダウン(1001)-チャイナリスク高まる 宮古沖で日本を挑発する …

no image
知的巨人の百歳学(156)記事再録/ 百歳学入門(155)文化勲章のもらい方ー文化勲章は大嫌いと断った「超俗の画家」の熊谷守一(97歳)と〝お金がもらえますからね″といって笑って答えた永井荷風〈当時72歳〉

    2016/07/22 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(562)「中国ディープニュース座談会ーAIIBには参加すべきか、否かで激論!」(60分)

 日本リーダーパワー史(562) 「中国ディープニュース座談会ーAIIBには参加 …