前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

歴史張本人の<日中歴史認識>講義」②袁世凱顧問の坂西利八郎 が「日中戦争の歴史、中国の外交術>」を語る②

      2015/01/01

  

 

 

日中両国民の必読の歴史の張本人が語る

「目からウロコの<日中歴史認識>講義」②

 

 

 

 

袁世凱の政治・軍事顧問となった坂西利八郎

(在中国25年)が「日中親善・衝突・対立

・戦争の歴史ネジレ」について語る②

 

<日清戦争後、数百人の日本軍人、教育者、

技術者が中国政府に雇われた。

中国の巧妙な外交術と日本側の対応>

 

 

 

 

 

 

以下は坂西利八郎

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E8%A5%BF%E5%88%A9%E5%85%AB%E9%83%8E

 

1927年(昭和二)二月十八日に「大阪毎日新聞社講堂」で行った講演の全文である。

<「日中友好の捨石、秘録 土肥原賢二」芙蓉書房 昭和47年」に収録>

 

 

ここでは坂西が日中間の日清戦争からの対立、戦争、親善、対立、戦争を繰り返した歴史を20年間以上、現場にいて苦労した人間として、その対立の原因、国家体制の違い、日本人と中国人との民族性の違い、認識、行動のギャップについて、率直に語っている。現在の日中対立のルーツを知るうえで、また「中国の行動パターン」はこれを見ると、少しも変っていないので、今後、いかに付き合っていくべきか、これまでの失敗の教訓を知るためにも大いに参考になる講演録である。

 

 

 

 日支親善(日中親善)の最頂点

 

 二十七、八年戦役(日清戦争)に日支親善が全く出来ていなかったために戦きをしたがそれから十年を経て日本の態度の公正なることに感じた支那の人は、この頃になって、日本を疎んずべきでない、日本と親しまなければならん、日本に頼らなければならんと言うことを初めて痛感したのであります。

 

そしてその時に、陸軍といわず、海軍の一部、殊に教育方面、或は農業、或は工業、警察すべての方面に沢山の日本人が支那に雇われました。単に陸軍の将校ばかりでも約百名に近い、将校下士合せて九十何名というものが、支那全国に雇われましたのであります。

 

直隷一省、即ち袁世凱の下にも将校だけが十九名おりました。

私もそのー人でございました。ところが今となっては、おかしな話でございますが、私どもは真に雇われると同時に昔の支那人の扮装で、頭の周囲の毛を剃りまして、中央の毛だけを伸ばして之を編んで後ろへ下げたのでございます。私どもの仲間の中にはこれを非常に憤慨して、何だ日本人が支那人の扮装をしてと申したものです、

 

その当時は、まだ日本では、支那人はちゃんちゃん坊主といって非常に軽蔑された時代でございます。私もその髪の毛を伸ばして、たまには日本に帰って来ます。日本に帰るために剃るわけにもまいりませんから、やはり伸ばしたままで、それを小さくまるめて帽子を冠って帰ってまい

 りましたが、私の娘などは一緒に散歩することをいやがった位です。(笑声)

なぜ伸ばしたか、そんな詰らぬ余計な扮装をせんでもいいじゃないかと申しますが、そこに支那の外交術といものがちゃんと潜んでおりました。

 

外交術が潜んでいるかといと、李鴻章が、日清戦争で負けた結果、日本のために遼東半島を取られた。が、しかし、これを取返すべき外交術で取返されたのでございます。遼東半島還付は、日本人にとって忘れられぬ屈辱でありました。その辱を雪ぐために、私共はそれから十年、臥薪嘗胆をやりました。そしてロシア語なんかを習って、ダアダアとか、ハラショーなんかいいにくいのを非常にやったものです。それは何だといと、李鴻章が、まんまと露独仏の三国を利用して、日本の手から遼東半島をもぎとられたからであります。その時に、李鴻章は、ロシアと約束いたしまして、もし軍隊の教官を雇ならば、ロシア人を先に雇え、雇いましょとい密約を結んだのであります。

 

もっとも、このことどもが日露戦争の主なる原因をなしたのであります。そこで私共は行きました。

けれども、日本の軍人には違いなくとも、日本人が支那軍隊の教官となることは表面できないので、教官ともいわず、顧問ともいわず、支那の人がいい考えを案出しまして「兵書翻訳官」とい名にいたしました。

日本人は字が同じである、支那文ができるといところから兵書翻訳官とい名にして、しかも顔も同じょぅであるから、頭へ髪の毛を伸ばして一緒にしておけばなかなか判りにくいといので、そ扮装をしてくれいといわれるのであります。

 

理窟は立派でありますし、またわれわれは仕事さえすればいい、目安の関係をよくすればいい、支那の軍隊がよくなればいいとい心で扮装なんぞほどうでもいいと、支那風の扮装をしました。私は元来あまり上等の扮装の出来ない男でありますから、なお更よく支那風が似合ったそであります。(笑声)

 

ことをいたしまして、支那に一緒に働きましたものが、その当時、北の方だけで十九名おった、そことから支那に関係をいたしました。

しかるに李鴻章のやった対露外交の結果、ロシアがだんだん支那の弱味につけ込んではびこり、朝鮮に対しては日露協約があるにも拘らず、ロシアは朝鮮に勝手に顧問を入れる、アレキセーフを財政顧問にするといったことから遂に日露戦争を招来することになりました。

そこでわれわれは臥薪嘗胆、ロシアに報べき時機を待ちました。そしてその時機が近づきつつある三十五年に支那にまいり、三十六年を支那で費し、三十七年支那側の人間になったのでありますが、その年、日露開戦は実現しました。

 

その頃、前に申したよに、支那の方は目安親書の熟が最頂点に達しておりますのでありますから、支那の人は日本と一緒に戦さをするとい決心をしたのであります。併しながら支那の兵隊はまだ十分に錬れていない、準備は出来ていない、一緒に戦さをされて負けてくれたら、日本は困ります。

 

故に支部は局外中立とい名の下にどっちの加勢もしないといことで遼河すなわち営口で樹海湾に注いでいる河の西岸は支那の領域で中立地帯とし東岸で日本軍は戦争をしたのであります。併しそれは表面のこと支那は、日本と一緒にやるといつもりで、ただ露軍に対して鉄砲を打たないだけである、この支那の親日的中立といことは、殊にわれわれ軍事上の関係者としては重大なる問題でございます。

 

すなわち国防上からまた作戦上から非常に重要な問題であります。もし遼河以西にいる支部兵が日本に、敵意をもっておる局外中立であったらどうでしょう。国防上から申しましても作戦上から考えましても、

 日支親善というものの程度を成るべく高めておくということが、支那のためにも必要であれば、日本のためにも必要であるということは言を待たぬのであります。

 

つづく

 

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メディア(出版、新聞、映画など)への検閲実態史➀『世界、日本の検閲史』★『徳川時代の検閲制度』★『「明治初期の言論恐怖時代″』★『大正の大阪朝日新聞「白虹事件」』★『出版警察の核心・検閲は発売頒布禁止で』 

日本メディア(出版、新聞、映画など)の検閲史 ➀    20 …

no image
 日本リーダーパワー史(761)-『日韓朝歴史ギャップの研究」●『金正男氏暗殺は正恩氏の指示 北朝鮮専門家ら分析』★『朝鮮暗殺史の復習問題ー福沢諭吉、犬養毅、玄洋社らが匿った親日派の朝鮮独立党・金玉均を上海に連れ出した暗殺事件が『日清戦争の原因』ともなった』

 日本リーダーパワー史(761) 北朝鮮の金正男暗殺事件がまた起きた。 『北朝鮮 …

no image
日本リーダーパワー史(454)「明治の国父・伊藤博文の国難突破のグローバル リーダーシップに安倍首相は学べ②」⑥

     日本リーダーパワー史(454) …

no image

日本リーダーパワー史(68)   勝海舟の外交コミュニケーション術・至 …

no image
◎「世界が尊敬した日本人―「司法の正義と人権擁護に 生涯をかけた正木ひろし弁護士をしのんで②」

   ◎「世界が尊敬した日本人―「司法の正義と人権擁護に 生 …

no image
日本リーダーパワー史(461)西郷隆盛論③王陽明学の始祖は中江藤樹、 吉田松陰、西郷隆盛と引き継がれ明治維新が成就した

 日本リーダーパワー史(461) 「敬天愛人」民主的革命家としての「西 …

no image
『日米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/『水野広徳著作集』(全8巻)雄山閣出版、1995年刊)

『日米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/   &n …

no image
日本リーダーパワー史(311)この国家非常時に最強のトップリーダー、山本五十六の不決断と勇気のなさ、失敗から学ぶ①

日本リーダーパワー史(311)     【世界最速の超老人国 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(15)日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力⑧『「蹇蹇録』の結論「他策なかりしを信ぜむと欲っす」(これ以外の策はなかった)最後の1戦だった」

  日中北朝鮮150年戦争史(15) 日清戦争の発端ー日本最強の陸奥宗光の外交力 …

no image
日本リーダーパワー史(245)尾崎咢堂の「宰相の資格(6)『宰相に最も必要なのは徳義。智慧・分別・学問は徳で使われる」

 日本リーダーパワー史(245)   <日本議会政治の父・尾崎咢 …