前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本敗戦史(54)A級戦犯指定徳富蘇峰の 『なぜ日本は敗れたのか』⑥「全体的大構想の欠如」烏合の衆の愚かな戦争になった。

      2015/04/11

 日本敗戦史(54)

マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る

『なぜ日本は敗れたのか』

全体的大構想の欠如」(今度の戦争は出合頭の衝突的な出来事で、

それが連続的に延長し、初めから終りまで、何ら確固たる政策

もなければ、作戦もなく、組織もなければ、統率もなく、

烏合の衆の愚かな戦争で終った。

全体的大構想の欠如」

最も大なる欠点は、一貫したる計画の欠乏した事であった。この点について、外人は皆な日本を誤解している。誤解というよりも、むしろ買いかぶっている。彼等は今回の戦争は、全く一定の筋書があって、それを順序正しく履行したものとして、その戦争指導を詮索している。しかし、もしその通りであれば、負けるはずはなく、たとえ負けても、こんな惨めな敗北にならない。

要するに今度の戦争は出合頭の衝突的な出来事で、それが連続的に延長したというまでであって、初めから終りまで、何ら確固たる政策もなければ、作戦もなく、組織もなければ、統率もなく、烏合の衆で、終ったという他はない。

 

もっとも局部的には計画もあり、筋書もあったかも知れぬが、それは全くそれだけの事であって、横にもタテにも、徹底した連絡もなければ、貫通したるパイプもなく、個々別々に、雑然と出で来ったものに過ぎなかった。孫子の「常山の蛇勢」とは「その首を撃てば、則ち尾至り、その尾を撃てば、則ち首至る。其の中を撃てば、則ち首尾ともに至る」という訳であったが、わが国の戦争には、頭は頭、醇は尻尾、胴体は胴体、皆な個個別々の働らきをして、その間に何ら全体的の大構想なるものは、含蓄していなかった。

これでは、局部では勝っても、全体には負ける事は、決まり切った事である。いわんやその局部の勝利さえも、緒戦だけの事で、やがては局部でも負け、全体でも負け、負け負け負けで連続し、ただその敗戦を、国民の眼中より覆い隠す(大敗北を終戦などと)ことだけに、成功したるに過ぎなかった。

わが陸海軍は、そのする事なす事、敵側には一切筒抜けであった事は、例えて言えば、山本五十六連合艦隊司令長官が、戦死したことも、日本では偶然のように考えているが、アメリカ側の発表する所によれば、山本が海軍諸基地の、巡視に出掛ける情報を、米国側では探りあて、それを当時の海軍長官ノックスより、現場の司令官に通報し、それによって山本の巡視を、途中に待ち受け、これを墜落せしめたるものであった。(米側の暗号解読で待ち伏せして撃墜された)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/4892.html

あたかも猪撃ちが、猪が必ずここを通るという報知を得て、そこに待ち構えていたのと同様である。これは一の例であるが、一以て十を知るべしである。

戦争は相手次第のものだから、わが思う通りに、ことごとく行くものではではない。しかし善く戦う者は、敵をして、わが思う壷に入れるように、働らき掛けるものである。戦って利ある時には、敵は戦いを欲しなくても、余儀なくわれに戦わせて、戦って不利なる時は、敵は戦わんと欲しても、戦わなくするように、仕掛けるのが戦争に長じた者の行動である。

日露戦争の如きは、初めから余計な勝利を考えていなかった。児玉源太郎参謀次長の如きは、五分五分の戦をすれば、それで日本は、得る所が多いと、言わねばならぬと言っていた。また大山厳参謀総長の如きは、出征に際し、見送りにきたる山本権兵衛海相に向い、「戦争はこっちでするが、戦争をやめる事は、そちらでよく肝煎ってもらいたい」と、ねんごろに告げて別れた。

当時の満洲軍の総司令官は、出征に際して、すでに如何なる場合に、講和す可べきかという事を考えて、出掛けていた。従って明治38年3月10日、奉天の大会戦以後は、軍の総参謀長たる児玉は、ひそかに東京に舞い戻り、さかんに当局者に対して、満洲における我軍の戦力は、既に峠を越している。速かに和平を講ぜよと、さかんに誘説した。

必ずしもこれがためというではなかったが、伊藤、山県、当時の首相桂、外相小村の如きも、深くそのことを考えて。遂にポーツマスの講和会議までもってくる事が出来た。一方には、国民に、戦争には余りあるの力ある事を示しつつ、他方にはさかんに裏面工作を以て、和平を将来したる事は、その苦心決して容易ではなかった。

これに反して今回の戦争は、鉄砲玉の如く、行くところまで行いた後は、帰る道を忘れた。そしてその先にまた一発を放った。戦争はただ鉄砲の弾丸を撃って、先から先にと進み、やがては敵から押され、押されれば退き、また押されれば退き、やがては城下の盟、露骨に言えば「雪隠(トイレ)で首をくくる」状態となって来た。海軍なども、技術の上から言っても、また巨砲堅艦(戦艦大和)、飛行機から言って見ても、今回の戦争は日露戦争に比すれば、天地の隔たりがあった。しかし軍令部長にせよ、海軍大臣にせよ、一個の山本権兵衛ほどの者はおろか、その片腕ほどの者もなかった。

海軍は、ただ最後は、海軍の名だけあって、実物は無く、幽霊海軍とし存在した。もし成功と言えば、国民の眼の前に、幽霊を実在と見せかけただけが、手際であったと、言わねばならぬ。陸軍に至っては、何と言ってよいか、ちょうと批評の言葉に苦しむ。

(昭和22年1月11日午前、晩晴草堂にて)

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(64)』「ワールドカップ初戦、ネイマールは 一発退場させるべきであった」

     『F国際ビジネスマン …

no image
2014年ー世界経済トレンド・ウオッチ④』◎「2014年の経済の見通し」ロバート・フェルドマン氏の記者会見動画(80分』

   2014年ー世界経済トレンド・ウオッチ④』 …

no image
日本メルトダウン脱出法(856)「トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由党内の結束力に大きな差、経済の安定も強い追い風に』●『中国の「欺瞞」外交にオバマもいよいよ我慢の限界ー口では協調を求め、裏では米国に大胆に挑戦(古森義久)』●『人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来』

日本メルトダウン脱出法(856) トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由 …

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)
日本リーダーパワー史(538)「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)からの『ゾンビ日本」への警告

             日本リーダーパワー史(538)   「FOR …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(244)/記事再録★『日本の「戦略思想不在の歴史⑮」ペリー来航45年前に起きたイギリス東洋艦隊の「フェートン号」の長崎港への不法入港事件」★『ヨーロッパでのナポレオンの戦争の余波が<鎖国日本>にも及んできた』

  記事再録 2017/12/10  「 …

no image
速報(11)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める!17日目ー福島原発東芝元設計部長のコメントほか、情報

速報(11)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める!17日目 福島原発東 …

978-4-7593-1555-4
日本リーダーパワー史(843)★『新刊「世界史を変えた『明治の奇跡』(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦、海竜社 2200円+税)を出版』★『川上のインテリジェンス(知性、智慧、智謀、スパイ、諜報、謀略なども含む概念)を知ることこそ、明治の奇跡を解くキーワード』

 日本リーダーパワー史(843)★ 『新刊「世界史を変えた『明治の奇跡』 (イン …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(45)『来年(2017)はアジア大乱、日米中の衝突はあるか」●『120年前の日清戦争の真相ー張り子トラの中国軍の虚像を暴露』(中)『日清戦争は偶発的な豊島沖海戦から始まった。』●『「高陞号」を撃沈した『浪速』艦長は東郷平八郎大佐であった  』●『「東郷平八郎の撃沈は正当」―ロンドン・タイムスの一声に鎮まる』

日中北朝鮮150年戦争史(45)   宮古沖で日本を挑発する中国の狙い …

no image
速報(390)『2月3日 Nuclear:原子力と核は同じ』(小出裕章)』★『田中伸男前IEA事務局長12.12.5 』(日本記者クラブ)

速報(390)『日本のメルトダウン』   ●『2月3日 Nu …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(630) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所を設立した荒尾精 「五百年に一人しか出ない男」(頭山満評)ー表の顔は「漢口楽尊堂店長」、実は参謀本部の海外駐在諜報武官。

日本リーダーパワー史(630)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23)   …