前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(67)』「今年度内に燃料電池車を売るトヨタの勝算」「燃料電池車の価格を700万円」

      2015/01/01

     『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(67)』

 

「今年度内に燃料電池車を売るトヨタの勝算」―

コストやステーションの課題解決には長期戦

●「トヨタが燃料電池車の価格を700万円に低減、ハイブリッド車
と部品を共用

★<化石燃料の使用禁止という大命題を実現出来ず、急速な地球温暖化で

人類破滅に向かう現在、トヨタが世界でいち早くFCVの商用化を実現

し、化石燃料ストップに踏み切ったことは、地球環境問題解決へ

の大きな貢献となります(F氏の評価)

 

◎「今年度内に燃料電池車を売るトヨタの勝算」―

コストやステーションの課題解決には長期戦

http://toyokeizai.net/category/auto

 

 

<F氏のコメント>

 

添付のFCV(燃料電池車)、ご承知の様に究極のエコカ

   ーといわれています。

前職では自動車メーカーとの付き合いが長いので、小生の記憶

はトヨタが FCVの研究を始めたのは40年以上前からです。

  そのFCVが量産、商用化されることに名状し難い感動を覚えて

おります。

 

トヨタは、「地球温暖化の進行と共に、化石燃料を大量消費す

る自動車メーカーは、早晩世界から糾弾され追放される」とい

う危機感をその当時以前から持っていました。特に奥田社長時

代からこの危機感が加速した様です。プリウスはその成果の一

つです。

しかし、HV(ハイブリッド車)やPHV(プラグインハ

イブリッド)は、エコカーとしては過渡的な手段です。

 

さすが、トヨタ、大したものと「自分の業界が世界から何れその存

在を否定される時が来る事を現実の問題として心配している」

ことに、当時は感嘆していました。しかし、小生が生きている時

  には、このFCVの商用化を目の前に見る事はないだろうと思って

おりました。

 

化石燃料の使用禁止という大命題を実現出来ず、急速な地球温暖

化で人類破滅に向かう現在、トヨタが世界でいち早くFCVの商

用化を実現し、化石燃料ストップに踏み切ったことは、地球環境

問題解決への大きな貢献となります。

 

また、これからの地球温暖化、異常気象の進行下、化石燃料対策

の緊急性が高まり、燃料電池車の経営への寄与度が高まり、トヨ

タそしてホンダの日本勢が、FCVの寄与で世界シェアを上げて行く

時期は近いと思われます。 


http://toyokeizai.net/articles/-/41386 

 

 

●「トヨタが燃料電池車の価格を700万円に低減、

ハイブリッド車と部品を共用

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1406/25/news141.html

 

●「ガソリン車で燃費トップ奪取、トヨタの危機感―

ハイブリッドだけでは戦えない

http://toyokeizai.net/articles/-/35469

 

 

◎『日本発のEV用急速充電規格「チャデモ」はなぜ

国際標準になれたのか (1/3)

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1406/17/news020.html

 

 

●「ミドリムシからバイオディーゼル!? いすゞとユーグレナが

共同開発へ

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1406/26/news021.html

 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(229)『50年後の人口は4000万人が減少―誰もいなくなる日本』『それなのに、座して死を待つのか自滅国家日本』

速報(229)『日本のメルトダウン』   ●『50年後の日本人口は40 …

images
お笑い日本文学史『文芸春秋編」②「ノーベル賞作家・川端康成は借金の天才だよ」

お笑い日本文学史『文芸春秋編」② ●「ノーベル賞作家・川端康成は借金の天才だよ」 …

118486930354a5eb67b11921.61888010859296389
新一万円札の肖像画となった渋沢栄一翁(91歳)は「日本株式会社の父」ー「すでに150年前に現在の米国型強欲資本主義」を超えた「道徳経済合一主義(仏教的資本主義)を実践した稀有の資本家」★「人生100歳時代の先駆者として、年をとっても楽隠居な考えを起さず死ぬまで社会に貢献する覚悟をもつ』

  日本リーダーパワー史(88)経済最高リーダー・渋沢栄一の『道徳経済 …

no image
日本メルダウン脱出法(634)『日本の格差:身分の保証された人vs貧しい人」『”動的な独占”こそが、技術革新を加速するピーター・ティールが語る「成功する起業など8本

 日本メルダウン脱出法(634) 『日本の格差:身分の保証された人vs貧しい人( …

no image
速報(248)『4号機・燃料棒取り出し困難さ「空中に釣り上げたら周辺の人達が死んでしまう被曝」小出裕章」3本

速報(248)『日本のメルトダウン』 ◎『「2月20日 4号機・燃料棒 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(324)★『日露300年戦争史』(7回連載)-『鎖国・平和一国主義の徳川時代の日露関係 /日露交渉の発端から侵略へ』★『こうしてロシアは千島列島と樺太を侵攻した』★『露寇(ろこう)事件とは何か』★『露寇事件」はロシアの大植民地主義者のレザノフの対米、対日植民地化戦略の一環として生まれた』

  日露300年戦争(1)-『徳川時代の日露関係 /日露交渉の発端の真 …

ダウンロード-1-150x150
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『(朝鮮政略) 一定の方針なし』(「時事新報」明治27年5月3日付〕』★『朝鮮は亡国寸前だが、李鴻章は属国として自由に意のままに支配しており、他国の侵攻の危機あるが、緊急の場合の日本側の対応策、政略は定まていない』★『北朝鮮リスクとまるで同じ』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(4)  「 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑫ 1902(明治35)年8月27日『ノース・チャイナ・ヘラルド』★「満州の将来ーロシアは満州から撤退すると中国に約束したが,その約束を実行しない限り、日露戦争は避けられない』●『ロシアの植民地獲得の常套手段は、まず軍事的な行動で占拠し、強引な居座り、条約無視、人口を増加させて、商業経済を活発化させ、軍事基地を建設して、自国の領土に組み込む。交渉しても満州からの撤退は絶対あり言えない。』

     ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑫  19 …

no image
★『2017年は世界大乱、アジア激震の幕開け』-『トランプ大統領誕生で『日本沈没は加速されるか』、「しぶとく生き抜くか」の瀬戸際』(上)

  トランプ大統領誕生で『日本沈没は加速されるか』「しぶとく生き抜くか」の瀬戸際 …

no image
速報(253)★『原発民間事故調報告書まとまる。これを見て<原子村>ではなく<ガラパゴス原子国家日本の悲劇>を考える

速報(253)『日本のメルトダウン』   ★『原発民間事故調報告書まと …