前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(21)『日本のメルトダウン』33日目ー10年後から今の混乱をフィードバックする時間思考力を持て●

      2015/01/02

速報(21)『日本のメルトダウン』33日目
5、10年後から今の混乱をフィードバックする時間思考力を持て●
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
4日13日午後11時までの状況―

●「廃炉・除染に最長100年」 英科学誌に専門家
「朝日」2011年4月13日11時41分

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104130132.html

 ●●「福島原発の廃炉作業に最長100年…英科学誌」
 
英科学誌ネイチャーの11日版の電子版によると、福島第一原発の廃炉作業には『数十から百年かかる』というレポートを掲載した。
チェルノブイリ原発では、放射性物質の汚染除去が2065年まで続く見通しだと指摘。米スリーマイル島(TMI)事故
の専門家らの見方として、福島第一原発は「原子炉が安定しておらず、さらに放射性物質が大量に放出される可能性
も残っており、はるかに時間がかかるだろう」という。東芝などの10年計画の廃炉には無理があるとして、
原発の廃炉や敷地の除染などには「数十年から100年かかる可能性がある」としている。
 

●『菅政権の「レベル7」決定の政治的な意味を考える 』
『ニューズウイーク』
2011年04月11日(月)12時10分

●『日本に政治はあるのか?』

『ニューズウイーク』2011年04月11日(月)12時10分
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2011/04/post-283.php

(注目情報)
●『東電、使用済み燃料棒の搬出を検討』
『産経、MSN』2011.4.13 11:50』


●「風評被害はなぜ起きたのか」
Lessons from a PR Failure
『ニューズウイーク』2011年04月13日(水)10時45分
 
●「少量の放射能は怖くない、百薬の長にもなる」
(放射線ホルミシス効果を報道しないメディアの重い責任2011.04.12(Tue)  織田 邦男 )http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5846
 
●『焦点:地震大国日本、首都直下型の防災計画を見直す必要』
「ロイター」( 2011年 04月 12日 21:34 JST)
 
 
●『【オピニオン】福島原発事故の長期的影響』デービッド・ブレナー
「ウオールストリートジャーナル」(2011年 4月 12日  16:27 JST)
 
●『IAEA「チェルノブイリと全く異なる」 福島第一事故』
『朝日』2011年4月13日10時24分
 
 
●『福島第1原発:「チェルノブイリ超える」東電担当者が発言』
毎日新聞 2011年4月12日
 22時34分(最終更新 4月13日 0時11分)http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110413k0000m040104000c.html
 
 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『世界日本史/歴史メモ➀』-『西郷隆盛(南洲)のおもしろエピソード』★『お妾さんを囲うのではなく、猟犬2頭を飼っていた西郷どん』★『元勲となっても長屋に住む』

  藤田東湖と橋本左内を高くい評価した西郷隆盛   西郷隆盛 …

no image
月刊誌『公評』7月号『異文化コミュニケーションの難しさ― <『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>➁『小保方氏は科学者か、論理的な説明がなぜできないのか』

         2015/0 …

no image
速報(128)『日本のメルトダウン』<徹底座談会・フクシマの教訓③>『事故原因、原子力村、事故処理システム、低線量被爆』(下)

  速報(128)『日本のメルトダウン』   <徹底座談会・ …

no image
<日中韓三国志・新聞資料編>『台湾出兵』(1874明治7年)についての英『タイムズ』報道』<尖閣列島問題の参考記事>

<日中韓三国志・新聞資料編>   『台湾出兵』(1874年・明治7年) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(98)記事再録/ 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(31)<川上参謀総長からロシアに派遣された田中義一大尉(後に陸相、首相)はペテルスブルグで活躍<ダンスを習いギリシャ正教に入信して情報収集に当たる>②

   2016/01/14/日本リーダーパワー史(638) …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(156)』『シャープ、新たに偶発債務 の浮上、契約延期、呆れて絶句です』焦点:シャープ偶発債務、鴻海再建案に不透明感 精査結果カギに』●『アベノミクスは最後の正念場を迎えているーGPIFの運用実績が政権にとって懸念材料に』●『コラム:共和党指名争い、トランプ氏「勝率9割」の理由』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(156)』   『シャー …

no image
速報(394)『日本のメルトダウン』『北朝鮮の核実験がもたらすもの―田中 宇』●『もはやイノベーションは大企業からは生まれない?」

速報(394)『日本のメルトダウン』   ●『北朝鮮の核実験がもたらす …

no image
日本リーダーパワー史(342) 水野広徳の『日本海海戦論⑤ 勝利は物的、人的な優秀さのみではなく、天運が大きい」

日本リーダーパワー史(342)  ● 政治家、企業家、リーダ …

By: Ryosuke Hosoi
日本リーダーパワー史(540)「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)の警告➂「TPP交渉、農業改革は今年前半がラストチャンス」

  日本リーダーパワー史(540)   「FOREIGN AFFAIR …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(64)』「ワールドカップ初戦、ネイマールは 一発退場させるべきであった」

     『F国際ビジネスマン …