前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(21)『日本のメルトダウン』33日目ー10年後から今の混乱をフィードバックする時間思考力を持て●

      2015/01/02

速報(21)『日本のメルトダウン』33日目
5、10年後から今の混乱をフィードバックする時間思考力を持て●
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
4日13日午後11時までの状況―

●「廃炉・除染に最長100年」 英科学誌に専門家
「朝日」2011年4月13日11時41分

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104130132.html

 ●●「福島原発の廃炉作業に最長100年…英科学誌」
 
英科学誌ネイチャーの11日版の電子版によると、福島第一原発の廃炉作業には『数十から百年かかる』というレポートを掲載した。
チェルノブイリ原発では、放射性物質の汚染除去が2065年まで続く見通しだと指摘。米スリーマイル島(TMI)事故
の専門家らの見方として、福島第一原発は「原子炉が安定しておらず、さらに放射性物質が大量に放出される可能性
も残っており、はるかに時間がかかるだろう」という。東芝などの10年計画の廃炉には無理があるとして、
原発の廃炉や敷地の除染などには「数十年から100年かかる可能性がある」としている。
 

●『菅政権の「レベル7」決定の政治的な意味を考える 』
『ニューズウイーク』
2011年04月11日(月)12時10分

●『日本に政治はあるのか?』

『ニューズウイーク』2011年04月11日(月)12時10分
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2011/04/post-283.php

(注目情報)
●『東電、使用済み燃料棒の搬出を検討』
『産経、MSN』2011.4.13 11:50』


●「風評被害はなぜ起きたのか」
Lessons from a PR Failure
『ニューズウイーク』2011年04月13日(水)10時45分
 
●「少量の放射能は怖くない、百薬の長にもなる」
(放射線ホルミシス効果を報道しないメディアの重い責任2011.04.12(Tue)  織田 邦男 )http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5846
 
●『焦点:地震大国日本、首都直下型の防災計画を見直す必要』
「ロイター」( 2011年 04月 12日 21:34 JST)
 
 
●『【オピニオン】福島原発事故の長期的影響』デービッド・ブレナー
「ウオールストリートジャーナル」(2011年 4月 12日  16:27 JST)
 
●『IAEA「チェルノブイリと全く異なる」 福島第一事故』
『朝日』2011年4月13日10時24分
 
 
●『福島第1原発:「チェルノブイリ超える」東電担当者が発言』
毎日新聞 2011年4月12日
 22時34分(最終更新 4月13日 0時11分)http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110413k0000m040104000c.html
 
 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
日本の最先端技術『見える化」チャンネル/「2019NEW 環境展」(3/13)ー「リョ―シンのAI選別ロボット」は、従来「人」の手で行われていた廃棄物の選別工程をAI(人工知能)が自動化します

日本の最先端技術『見える化」チャンネル 「2019NEW 環境展」(3/13)ー …

no image
日本メルトダウン脱出法(760)「米駆逐艦、南沙諸島の人工島12カイリに、対中国「航行は自由」』●「中国の100年マラソン」著書「China 2049」のM・ピルズベリー氏に聞く」

  日本メルトダウン脱出法(760) 米駆逐艦、人工島12カイリに 対中国「航行 …

no image
日本メルトダウン脱出法(727)「Google、今秋にも中国市場に再参入か、しかし困難も」●「なぜ中国からはノーベル賞が出ないのか ビジネス面から見える、技術軽視国家の弱点」

日本メルトダウン脱出法(727)   http://www.itmed

By: Masaru Kamikura
日本メルトダウン脱出法(612)「モバイル革命100年で3度目の大変革「E2E経済」の衝撃」『ギリシャ総選挙とユーロ危機の再来(英FT紙)

   日本メルトダウン脱出法(612)   2014年よ、さ …

no image
日本メルトダウン脱出法(707)安倍首相は戦後70年談話で謝罪してはならない-古田博司氏に聞く「続・東アジア3カ国との付き合い方」

   日本メルトダウン脱出法(707)   安倍首相は戦後70年談話で …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(125)』東芝の再興は開発型人材、創業型人材がどれだけいるか、異能の有無が問われます。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(125)』 「東芝は不採算事 …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(71)★『原発と国家』―封印された核の真実⑧(1960-1969) アカシアの雨がやむとき(下)

片野勧の衝撃レポート(71) ★『原発と国家』―封印された核の真実⑨(1960~ …

129246449954a54ba5f37b33.01512058570020656
百歳学入門(189)『大隈重信(83歳)の人生訓・健康法』➀語学の天才になる。②コミュニケーションの達人になる③楽天的、陽気な、話好きになり「大風呂敷を広げる』④『わが輩は125歳まで生きるんであ~る』⑤『人間は死ぬるまで活動しなければならないんであ~る』⑥『恐れるな、愚痴をいうな、過去を忘れよ』⑦『将来に望みをおけ、人のために善をなせ』

百歳学入門(189) 『早稲田大学創設者・大隈重信の人生訓― ➀語学の天才になる …

no image
日本リーダーパワー史(506)目からウロコの名講義『日中韓150年戦争史の背景』 前田康博国際ジャーナリストが語る

  日本リーダーパワー史(506)   &nbsp …

無題
★★(再録)日中関係がギグシャクしている今だからこそ、もう1度 振り返りたいー『中國革命/孫文を熱血支援した 日本人革命家たち①(16回→31回連載)犬養毅、宮崎滔天、平山周、頭山満、梅屋庄吉、 秋山定輔、ボース、杉山茂丸ら

 ★(再録)日中関係ギグシャクしている今こそ、 振り返りたい『辛亥革命/孫文を熱 …