前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(23)『日本のメルトダウン』35日目ー◎福島原発の廃炉はチェルノブイリより困難=独重機メーカー●

      2015/01/02

速報(23)『日本のメルトダウン』35日目
福島原発の廃炉はチェルノブイリより困難=独重機メーカー
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
4日15日午後2時までの状況―
 
●『米、汚染水貯蔵タンクを提供 日本政府要請受け輸送』
『朝日』2011年4月15日1時34分
 
(米国の、日本の原発、被災問題への協力は外国からの協力という意味では、且つて、類を見ないもの。同盟国?とはここ
までやるということか日本にはお返しが出来るのかな?とも思う。

ブッシュのアメリカは恣意的にバブルを起こし、世界を塗炭の苦しみに追い込んだが、オバマのリードで政治がかなり点数
を稼いでいる。ルース大使もオバマの腹心、シリコンバレーの経営者出身、実に献身的にやっている。防衛相は空母レーガン
へ飛び、米軍のトップと1000名以上の将兵に謝意。菅さんもこの辺りで、ルースを呼びオバマと米国民に謝辞を
伝えるべきと思います。お礼ですから、大使館へ赴くべきですね)
 
 
●『仏アレバ、原子力専門家20人を派遣-福島原発の事故対応支援で』
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=a6ZmjoLW12F8
(ジャーナリストなればAREVAを追えー『これがAREVACEOの発言。この20人からどういう現状分析と提案がが
出て来るか、がポイント。原子力事故対策のプロは、日本人にはいない。。

仏のAREVAIRSN、米のGEWHNRC MITSTFにお願いすべき。日本の原子力学者集団、プラント
工学関係者などの学会から現状の打開策、提案は音無の構えなのか,知恵がないのか・・』

福島原発の廃炉処理、チェルノブイリより困難=独重機メーカー』
(ロイター2011年 04月 15日 07:24 )JST
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-20632020110414
 
 
 
●新たな関東大震災の危機についても、『浜岡原発は大丈夫なのか』
外国紙も指摘している。
 
 
●『津波伴うM8級、1か月内にも再来…専門家』
(2011年4月14日19時01分  読売新聞)
 
 
●『中国、高速鉄道にブレーキ』
<ウオール・ストリート・ジャーナル>
2011年 4月 15日  10:09 JST>
●『ドイツ、脱原発を加速へ』
<ウオール・ストリート・ジャーナル>
2011年 4月 13日  15:16 JST
 
●【オピニオン】石炭は核よりも危ない」
ホルマン・ジェンキンス
<ウオール・ストリート・ジャーナル>
2011年 4月 14日  16:49 JST

 - 現代史研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード-1-150x150
『リーダーシップの日本近現代史』(319 )★『私の書いた『日本近代化の父・福沢諭吉に関する論考、雑文一覧 』検索結果 239 件(2020/3/20日現在)を一挙公開

 『地球の中の日本・世界史の中の日本人」(前坂俊之オフィシャルサイト) …

no image
速報(307)◎『5月31日関西広域連合限定再稼動を容認』●『4号機プール未使用燃料2体搬出リスクに小出裕章(MBS)』ほか

速報(307)『日本のメルトダウン』     ◎『5月31日 …

images
<日本の世界最先端技術「見える化」チャンネル>日本を救う知能ロボットがよくわかるMUJINの解説動画/国際物流総合展2018(9/12)-mujinによる「知能ロボットを要とした完全自動物流センター」

日本の世界最先端技術「見える化」チャンネル 日本を救う知能ロボットがよくわかるM …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなるー『2018年、米朝戦争はあるのか』④『米国内情勢―ロシアゲート事件、米アラバマ州の上院補選で 共和党敗北、中間選挙(11月)の行方はどうなる・・』

『2018年、米朝戦争はあるのか』④ 米国内情勢―ロシアゲート事件、米アラバマ州 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(3)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』③「高杉晋作のインテリジェンスがなければ、明治維新も起きず、日本は中国、朝鮮の二の舞になっていたかも知れない」

     2015/11/22&nbsp …

340-v180
日本リーダーパワー史(652) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(45)日清戦争勝利、『三国干渉』後の川上操六の戦略➡『日英同盟締結に向けての情報収集に福島安正大佐をアジア、中近東、アフリカに1年半に及ぶ長期秘密偵察旅行に派遣した』

  日本リーダーパワー史(652) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(45)  …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(133)』『 EUはVWに2年前にデバイスの欠陥を警告していた」(FT紙9/25) -「米国車、日本車に対抗する EU自動車業界の至上命題により、規制遵守や消費者保護よりも業界保護と世界シェアアップを重視した国家的犯罪!?」

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(133)』 『独 フォル …

no image
日本メルトダウン脱出法(846) 『習近平が振り回す「絶対権力」の危うさ』●『シャープ買収を目指す鴻海の異才・郭台銘は「炎上王」だった』●『注目される積極財政論、日本が抱える格下げリスク』●『「軍事のツボ】–北朝鮮の核とTHAAD』

 日本メルトダウン脱出法(846)   習近平が振り回す「絶対権力」の …

no image
『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(1)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み通す』

 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の『金玉均惨殺』から日清戦争開戦までの論説 …

no image
片野勧の衝撃レポート(48)太平洋戦争とフクシマ(23『なぜ悲劇は繰り返されるのかー 沖縄戦と原発(上) 

片野勧の衝撃レポート(48)  太平洋戦争とフクシマ(23)     『なぜ悲劇 …